その他の翻訳 > github.com

Perl/RFCs/rfcs/rfc0011 Command-line flag for slurping の翻訳

この文書は、Perl/RFCs/rfcs/rfc0011を翻訳したものです。

原題は「Command-line flag for slurping」です。

Command-line flag for slurping

(ファイルを一気に全部読むコマンドラインフラグ)

Preamble

翻訳注: こちらは、原文の情報です。

Author: Tomasz Konojacki <me@xenu.pl>
Sponsor:
ID: 0011
Status: Implemented

Abstract

新たなコマンドラインフラグ perl, -g の導入。それは $/undef をセットして slurp mode を有効にします。-0777 のシンプルなエイリアスです。

Introduce a new command-line flag for `perl`, `-g`, which sets `$/` to `undef`, and thus enables slurp mode. It is a simpler alias for `-0777`.

Motivation

ファイルを行ごとに読むかわりに、一気に全部読み込む "Slurping" はワンライナーで とてもよくある操作です。なので専用のものを持つことに値します。

Slurping (i.e. reading a whole file at once, instead of line by line) is a very common operation in one-liners, and therefore it deserves its own dedicated flag.

Rationale

現在のところ、ワンライナーにおいて -0777 がもっとも一般的な slurp mode を有効にする方法です。 これは -0number オプションの特別なやり方です。number0o377 より大きい場合、$/undef がセットされて slurp modeが有効になります。

Currently, `-0777` is the most common way to enable slurp mode in one-liners. It's a special case of `-0number`. When `number` is above `0o377` it sets `$/` to `undef`, which enables slurp mode.

-0number オプションは以下のような問題に苦しみます。

  • 入力値のセパレータが8進数で示されないといけないのはきわめて普通ではありません。

  • $/ にさまざまなキャラクターがセットできすぎます。ユーザーが undef or "\n" 以外の値を必要とするのは稀です。

  • slurp modeを有効にするのはもっとも一般的です。マジックナンバーは隠されます。

slurp modeのフラグがあれば、ユーザーは特殊性のある -0number を避けられます。

`-0number` suffers from the following problems: c69e9de8e9a14ea639fedeab70b33464 A dedicated flag for slurping would allow users to avoid the peculiarities of `-0number`.

Specification

-g-0777 と完全に等価です。

`-g` is an alias for `-0777`, they are completely equivalent.

Backwards Compatibility

後方互換を破ることはないと思います。 perl -g は現在は fatal error になります。

No breakage is expected. `perl -g` is currently a fatal error.

Security Implications

(セキュリティへの影響)

ないはず。

Hopefully none.

Examples

# collapse consecutive newlines:
perl -i -gpE 's/\n+/\n/g' file.txt

Future Scope

Rejected Ideas

(採用しなかった案)

  • --slurp という長いフラグはPerlがいまはサポートせず、この RFC の範囲外です。

  • -R, -o という -g より良さそうな別の文字も採用しませんでした。 残念ながら、もっとも自然な選択だと思われる -sすでに使われています

Open Issues

Copyright

Copyright (C) 2021 Tomasz Konojacki

This document and code and documentation within it may be used, redistributed and/or modified under the same terms as Perl itself.