URI-1.35 > uf_uristr

名前

URI::Heuristic - Expand URI using heuristics

uf_uristr - 経験則を使ったURIの展開

概要

 use URI::Heuristic qw(uf_uristr);
 $u = uf_uristr("perl");             # http://www.perl.com
 $u = uf_uristr("www.sol.no/sol");   # http://www.sol.no/sol
 $u = uf_uristr("aas");              # http://www.aas.no
 $u = uf_uristr("ftp.funet.fi");     # ftp://ftp.funet.fi
 $u = uf_uristr("/etc/passwd");      # file:/etc/passwd

説明

This module provides functions that expand strings into real absolute URIs using some built-in heuristics. Strings that already represent absolute URIs (i.e. that start with a scheme: part) are never modified and are returned unchanged. The main use of these functions is to allow abbreviated URIs similar to what many web browsers allow for URIs typed in by the user.

このモジュールは組み込まれた経験則を使って文字列を実際の絶対 URI に 展開する関数を提供します。 既に絶対 URI を表している(つまり スキーム: 部分から始まっている) 文字列は編集されず、変更無しに返されます。 これらの関数の主な使用法は、多くの Web ブラウザがユーザにより入力された URI に許していることに似ている、省略した URI を許すことです。

The following functions are provided:

以下の関数が提供されます:

uf_uristr($str)

Tries to make the argument string into a proper absolute URI string. The "uf_" prefix stands for "User Friendly". Under MacOS, it assumes that any string with a common URL scheme (http, ftp, etc.) is a URL rather than a local path. So don't name your volumes after common URL schemes and expect uf_uristr() to construct valid file: URL's on those volumes for you, because it won't.

引数として渡された文字列を適切な絶対 URI 文字列にしようとします。 頭についている "uf_" は "User Friendly" の略です。 MacOS では、共通の URL スキーム(http、ftpなど)がついた文字列はすべて、 ローカルパスではなく URL であると仮定されます。 そこであなたのボリュームを共通のスキームをにつけた名前にしないでください、 そして uf_uristr() が正しいファイル名を組みたてることを 期待しないで下さい: それらのボリュームでの URL はあなたのものです、それは そうでないのですから。

uf_uri($str)

Works the same way as uf_uristr() but returns a URI object.

uf_uristr() と同じように機能しますが URI オブジェクトを返します。

環境変数

If the hostname portion of a URI does not contain any dots, then certain qualified guesses are made. These guesses are governed by the following two environment variables:

URI のホスト名部分に一つも(ドット)が入っていなければ、特定の修飾された 答えが作られます。 これらの答えは以下の 2 つの環境変数により支配されます。

COUNTRY

The two-letter country code (ISO 3166) for your location. If the domain name of your host ends with two letters, then it is taken to be the default country. See also Locale::Country.

これはあなたのロケーションのための 2 文字の国コード(ISO 3166)です。 あなたのホストのドメイン名が 2 文字で終わっていれば、それがデフォルトの country として取られます。 Locale::Country も参照してください。

URL_GUESS_PATTERN

Contains a space-separated list of URL patterns to try. The string "ACME" is for some reason used as a placeholder for the host name in the URL provided. Example:

空白で区切られた、試す URL パターンのリストが入っています。 文字列 "ACME" はなぜか、提供される URL でのホスト名のためのプレースホルダです。 例:

 URL_GUESS_PATTERN="www.ACME.no www.ACME.se www.ACME.com"
 export URL_GUESS_PATTERN

Specifying URL_GUESS_PATTERN disables any guessing rules based on country. An empty URL_GUESS_PATTERN disables any guessing that involves host name lookups.

URL_GUESS_PATTERN を指定すると国をベースにした回答を無効にします。 空の URL_GUESS_PATTERN はホスト名検索を含んだ回答を無効にします。

コピーライト

Copyright 1997-1998, Gisle Aas

This library is free software; you can redistribute it and/or modify it under the same terms as Perl itself.