locale-1.00 > locale


locale - Perl pragma to use and avoid POSIX locales for built-in operations

locale - 組み込み演算子で POSIX ロケールを使う/使わないための Perl プラグマ


    @x = sort @y;       # ASCII sorting order
        use locale;
        @x = sort @y;   # Locale-defined sorting order
    @x = sort @y;       # ASCII sorting order again


This pragma tells the compiler to enable (or disable) the use of POSIX locales for built-in operations (LC_CTYPE for regular expressions, and LC_COLLATE for string comparison). Each "use locale" or "no locale" affects statements to the end of the enclosing BLOCK.

このプラグマは、組み込み演算での POSIX ロケール (正規表現では LC_CTYPE、 文字列比較では LC_COLLATE) の仕様を有効(または無効)にすることをコンパイラに 伝えます。 それぞれの "use locale" または "no locale" は、囲んでいる BLOCK の 終わりまでの分に影響します。

See perllocale for more detailed information on how Perl supports locales.

Perl がどのようにロケールに対応しているかに関するさらに詳細な情報については perllocale を参照してください。