5.10.1
Other versions:
5.14.1
5.12.1

NAME

perlre - Perl regular expressions

perlre - Perl 正規表現

説明

This page describes the syntax of regular expressions in Perl.

このページでは Perl での正規表現の構文について説明します。

If you haven't used regular expressions before, a quick-start introduction is available in perlrequick, and a longer tutorial introduction is available in perlretut.

もしこれまでに正規表現を使ったことがないのであれば、 perlrequick にクイックスタートが、perlretut に 長めのチュートリアルがあります。

For reference on how regular expressions are used in matching operations, plus various examples of the same, see discussions of m//, s///, qr// and ?? in "Regexp Quote-Like Operators" in perlop.

正規表現をマッチング操作でどのように使うかやそれに関する様々な例に 関しては、"Regexp Quote-Like Operators" in perlop にある m//, s///, qr//, ?? の説明を参照して下さい。

修飾子

Matching operations can have various modifiers. Modifiers that relate to the interpretation of the regular expression inside are listed below. Modifiers that alter the way a regular expression is used by Perl are detailed in "Regexp Quote-Like Operators" in perlop and "Gory details of parsing quoted constructs" in perlop.

マッチング操作には様々な修飾子(modifier)があります。 修飾子は正規表現内の解釈に関連する物で、次に一覧にしています。 Perl が正規表現を使う方法を変更する 修飾子は "Regexp Quote-Like Operators" in perlop 及び "Gory details of parsing quoted constructs" in perlop に 説明されています。

m

Treat string as multiple lines. That is, change "^" and "$" from matching the start or end of the string to matching the start or end of any line anywhere within the string.

文字列を複数行として扱います。 つまり、"^" 及び "$" は文字列の最初と最後に対するマッチングから、 文字列中の各行の先頭と末尾に対するマッチングへと変更されます。

s

Treat string as single line. That is, change "." to match any character whatsoever, even a newline, which normally it would not match.

文字列を 1 行として扱います。 つまり、"." は任意の 1 文字、通常はマッチングしない改行でさえも マッチングするように変更されます。

Used together, as /ms, they let the "." match any character whatsoever, while still allowing "^" and "$" to match, respectively, just after and just before newlines within the string.

/ms として共に使うと、"^" 及び "$" はそれぞれ 文字列中の改行の直前及び直後のマッチングでありつつ、"." は任意の文字に マッチングするようになります。

i

Do case-insensitive pattern matching.

大文字小文字を区別しないパターンマッチングを行います。

If use locale is in effect, the case map is taken from the current locale. See perllocale.

use locale が有効になっている場合には大文字小文字の対応表は 現在のロケールから取られます。 perllocale を参照してください。

x

Extend your pattern's legibility by permitting whitespace and comments.

空白やコメントを許可してパターンを読みやすくするように拡張します。

p

Preserve the string matched such that ${^PREMATCH}, {$^MATCH}, and ${^POSTMATCH} are available for use after matching.

${^PREMATCH}, {$^MATCH}, ${^POSTMATCH} といったマッチングされた 文字列をマッチングの後も使えるように維持します。

g and c

(g と c)

Global matching, and keep the Current position after failed matching. Unlike i, m, s and x, these two flags affect the way the regex is used rather than the regex itself. See "Using regular expressions in Perl" in perlretut for further explanation of the g and c modifiers.

グローバル(Global)なマッチング、及びマッチング失敗後の 現在位置の保持。 i, m, s, x とは違い、この二つのフラグは 正規表現そのものではなく正規表現の使われ方に作用します。 g 及び c 修飾子の詳細な説明は "Using regular expressions in Perl" in perlretut を参照してください。

These are usually written as "the /x modifier", even though the delimiter in question might not really be a slash. Any of these modifiers may also be embedded within the regular expression itself using the (?...) construct. See below.

これらは通常「/x 修飾子」のように記述され、これは区切りがスラッシュで なくてもそう記述されます。 また、これらはいずれも (?...) 構築子を使って正規表現内に 埋め込まれることもあります。

The /x modifier itself needs a little more explanation. It tells the regular expression parser to ignore whitespace that is neither backslashed nor within a character class. You can use this to break up your regular expression into (slightly) more readable parts. The # character is also treated as a metacharacter introducing a comment, just as in ordinary Perl code. This also means that if you want real whitespace or # characters in the pattern (outside a character class, where they are unaffected by /x), then you'll either have to escape them (using backslashes or \Q...\E) or encode them using octal or hex escapes. Taken together, these features go a long way towards making Perl's regular expressions more readable. Note that you have to be careful not to include the pattern delimiter in the comment--perl has no way of knowing you did not intend to close the pattern early. See the C-comment deletion code in perlop. Also note that anything inside a \Q...\E stays unaffected by /x.

/x に関してはもう少し説明が必要です。 これはバックスラッシュでエスケープされているか文字クラスの中にあるか以外の 空白文字を無視するように正規表現パーサに伝えます。 これを使うことで正規表現を(若干)より読みやすいパーツに分解できます。 そして # 文字は通常の Perl コードのようにコメントを始めるメタ文字として 扱われるようになります。 これはパターンの中(それも /x の影響を受けない文字クラスの外)で実際に 空白や # 文字を必要とするときには、エスケープするか 8 進数もしくは 16 進数エスケープ(バックスラッシュもしくは \Q...\E)を しなければなりません。 /x でこれらの機能を利用することで、Perl の正規表現をより 読み易くするのに非常に役立ちます。 ただ、コメントの中にパターン区切り子を書いてしまわないようには 注意してください -- perl にはパターンを早めに終わらせようとした 訳ではないことを知る方法がないのです。 C スタイルのコメントを削除するコードは perlop を参照してください。 また \Q...\E の内側になる箇所は /x の影響を受けないことに 注意してください。

正規表現

メタ文字

The patterns used in Perl pattern matching evolved from those supplied in the Version 8 regex routines. (The routines are derived (distantly) from Henry Spencer's freely redistributable reimplementation of the V8 routines.) See "Version 8 Regular Expressions" for details.

Perl のパターンマッチングで使われるパターンは Version 8 正規表現ルーチンで 提供されているものからの派生です。 (このルーチンは Henry Spencer の自由に再配布可能な V8 ルーチンの再実装から (遠く)派生しています)。 詳細は "Version 8 Regular Expressions" を参照してください。

In particular the following metacharacters have their standard egrep-ish meanings:

特に以下のメタ文字は標準の egrep 風の意味を持っています:

    \   Quote the next metacharacter
    ^   Match the beginning of the line
    .   Match any character (except newline)
    $   Match the end of the line (or before newline at the end)
    |   Alternation
    ()  Grouping
    []  Character class
    \   次のメタ文字をエスケープ
    ^   行の先頭にマッチング
    .   任意の文字にマッチング(但し改行は除く)
    $   行の終端にマッチング(または終端の改行の前)
    |   代替
    ()  グループ化
    []  文字クラス

By default, the "^" character is guaranteed to match only the beginning of the string, the "$" character only the end (or before the newline at the end), and Perl does certain optimizations with the assumption that the string contains only one line. Embedded newlines will not be matched by "^" or "$". You may, however, wish to treat a string as a multi-line buffer, such that the "^" will match after any newline within the string (except if the newline is the last character in the string), and "$" will match before any newline. At the cost of a little more overhead, you can do this by using the /m modifier on the pattern match operator. (Older programs did this by setting $*, but this practice has been removed in perl 5.9.)

デフォルトでは、文字 "^" は文字列の先頭にのみ、そして文字 "$" は 末尾(または末尾の改行の前)にのみマッチングすることを保証し、そして Perl は 文字列が 1 行のみを含んでいるという仮定でいくつかの最適化を行います。 埋め込まれている改行文字は "^" や "$" とはマッチングしません。 しかし文字列には複数行が格納されていて、"^" は任意の改行の後(但し 改行文字が文字列の最後の文字だった場合は除く)、そして "$" は任意の改行の前で マッチングさせたいこともあるでしょう。 小さなオーバーヘッドはありますが、これはパターンマッチングで /m 修飾子を 使うことで行うことができます。 (古いプログラムでは $* を設定することでこれを行っていましたが これは perl 5.9 では削除されています。)

To simplify multi-line substitutions, the "." character never matches a newline unless you use the /s modifier, which in effect tells Perl to pretend the string is a single line--even if it isn't.

複数行での利用を簡単にするために、文字 "." は /s 修飾子を 使って Perl に文字列を1行として処理すると伝えない限り 改行にはマッチングしません。

量指定子

The following standard quantifiers are recognized:

以下の標準的な量指定子を使えます:

    *      Match 0 or more times
    +      Match 1 or more times
    ?      Match 1 or 0 times
    {n}    Match exactly n times
    {n,}   Match at least n times
    {n,m}  Match at least n but not more than m times
    *      0 回以上のマッチング
    +      1 回以上のマッチング
    ?      1 回または 0 回のマッチング
    {n}    ちょうど n 回のマッチング
    {n,}   n 回以上のマッチング
    {n,m}  n 回以上 m 回以下のマッチング

(If a curly bracket occurs in any other context, it is treated as a regular character. In particular, the lower bound is not optional.) The "*" quantifier is equivalent to {0,}, the "+" quantifier to {1,}, and the "?" quantifier to {0,1}. n and m are limited to integral values less than a preset limit defined when perl is built. This is usually 32766 on the most common platforms. The actual limit can be seen in the error message generated by code such as this:

(これ以外のコンテキストで波かっこが使われたときには普通の文字として 使われます。 また、下限は省略可能ではありません。) "*" 量指定子は {0,} と、"+" 量指定子は {1,} と、 "?" 量指定子は {0,1} と等価です。 n 及び m は perl をビルドしたときに定義した既定の制限より小さな整数回に 制限されます。 これは大抵のプラットフォームでは 32766 回になっています。 実際の制限は次のようなコードを実行すると生成されるエラーメッセージで 見ることができます:

    $_ **= $_ , / {$_} / for 2 .. 42;

By default, a quantified subpattern is "greedy", that is, it will match as many times as possible (given a particular starting location) while still allowing the rest of the pattern to match. If you want it to match the minimum number of times possible, follow the quantifier with a "?". Note that the meanings don't change, just the "greediness":

デフォルトでは、パターンで行われる量指定は"貪欲"です; つまりそれはパターンの残りの部分が可能な範囲で、 (始めた地点から)可能な限り多くを先にあるパターンでマッチングさせます。 もし最小回数でのマッチングを行いたいのであれば、量指定子の後ろに "?" を続けます。 意味は変更されずに「貪欲さ」だけを変更できます:

    *?     Match 0 or more times, not greedily
    +?     Match 1 or more times, not greedily
    ??     Match 0 or 1 time, not greedily
    {n}?   Match exactly n times, not greedily
    {n,}?  Match at least n times, not greedily
    {n,m}? Match at least n but not more than m times, not greedily
    *?     0 回以上の貪欲でないマッチング
    +?     1 回以上の貪欲でないマッチング
    ??     0 回または 1 回の貪欲でないマッチング
    {n}?   ちょうど n 回の貪欲でないマッチング
    {n,}?  n 回以上の貪欲でないマッチング
    {n,m}? n 回以上 m 回以下の貪欲でないマッチング

By default, when a quantified subpattern does not allow the rest of the overall pattern to match, Perl will backtrack. However, this behaviour is sometimes undesirable. Thus Perl provides the "possessive" quantifier form as well.

デフォルトでは、パターンのうちの量指定された一部によってパターン全体が マッチングに失敗したとき、Perl はバックトラックを行います。 しかしこの振る舞いは望まれないこともあります。 そのため、Perl は「絶対最大量(possessive)」量指定形式も提供しています。

    *+     Match 0 or more times and give nothing back
    ++     Match 1 or more times and give nothing back
    ?+     Match 0 or 1 time and give nothing back
    {n}+   Match exactly n times and give nothing back (redundant)
    {n,}+  Match at least n times and give nothing back
    {n,m}+ Match at least n but not more than m times and give nothing back
    *+     0 回以上のマッチングでなおかつ全く戻らない
    ++     1 回以上のマッチングでなおかつ全く戻らない
    ?+     0 回または 1 回のマッチングでなおかつ全く戻らない
    {n}+   ちょうど n 回のマッチングでなおかつ全く戻らない (冗長)
    {n,}+  n 回以上のマッチングでなおかつ全く戻らない
    {n,m}+ n 回以上 m 回以下のマッチングでなおかつ全く戻らない

For instance,

例えば,

   'aaaa' =~ /a++a/

will never match, as the a++ will gobble up all the a's in the string and won't leave any for the remaining part of the pattern. This feature can be extremely useful to give perl hints about where it shouldn't backtrack. For instance, the typical "match a double-quoted string" problem can be most efficiently performed when written as:

は、a++ が文字列中の全ての a を飲み込んで しまい後に何も残さないためマッチングしません。 この機能はバックトラックするべきでない場所のヒントを perl に 与えるのに非常に便利です。 例えば、典型的な「ダブルクォート文字列のマッチング」問題で次のように 書くととても効率的になります:

   /"(?:[^"\\]++|\\.)*+"/

as we know that if the final quote does not match, backtracking will not help. See the independent subexpression (?>...) for more details; possessive quantifiers are just syntactic sugar for that construct. For instance the above example could also be written as follows:

見ての通り最後のクォートがマッチングしなかったとき、バックトラックは 役に立ちません。 詳細は独立したサブパターン (?>...) を参照してください; 絶対最大量指定子はまさにその構文糖です。 例えばこの例は次のようにも書けます:

   /"(?>(?:(?>[^"\\]+)|\\.)*)"/

エスケープシーケンス

Because patterns are processed as double quoted strings, the following also work:

パターンはダブルクォート文字列として処理されるため、 以下のエスケープ文字も動作します:

    \t          tab                   (HT, TAB)
    \n          newline               (LF, NL)
    \r          return                (CR)
    \f          form feed             (FF)
    \a          alarm (bell)          (BEL)
    \e          escape (think troff)  (ESC)
    \033        octal char            (example: ESC)
    \x1B        hex char              (example: ESC)
    \x{263a}    long hex char         (example: Unicode SMILEY)
    \cK         control char          (example: VT)
    \N{name}    named Unicode character
    \l          lowercase next char (think vi)
    \u          uppercase next char (think vi)
    \L          lowercase till \E (think vi)
    \U          uppercase till \E (think vi)
    \E          end case modification (think vi)
    \Q          quote (disable) pattern metacharacters till \E
    \t          タブ                  (水平タブ;HT、TAB)
    \n          改行                  (LF、NL)
    \r          復帰                  (CR)
    \f          フォームフィード      (FF)
    \a          アラーム (ベル)       (BEL)
    \e          エスケープ (troff 的) (ESC)
    \033        8進文字               (例: ESC)
    \x1B        16進文字              (例: ESC)
    \x{263a}    ロング16進文字        (例: Unicode SMILEY)
    \cK         制御文字              (例: VT)
    \N{name}    名前付きユニコード文字
    \l          次の文字を小文字に (vi 的)
    \u          次の文字を大文字に (vi 的)
    \L          \E まで小文字に (vi 的)
    \U          \E まで大文字に (vi 的)
    \E          変更の終端 (vi 的)
    \Q          \E までパターンメタ文字の無効化(Quote)

If use locale is in effect, the case map used by \l, \L, \u and \U is taken from the current locale. See perllocale. For documentation of \N{name}, see charnames.

use locale の影響下であれば、\l, \L, \u, \U による大文字小文字変換は現在のロケールで処理されます。 perllocale を参照してください。 \N{name} に関するドキュメントは charnames を参照してください。

You cannot include a literal $ or @ within a \Q sequence. An unescaped $ or @ interpolates the corresponding variable, while escaping will cause the literal string \$ to be matched. You'll need to write something like m/\Quser\E\@\Qhost/.

\Q シーケンス内であっても $ 及び @ のリテラルは 含めることはできません。 エスケープされていない $ 及び @ は対応する変数の埋め込みとなり、 とはいえエスケープは リテラル文字列 \$ とのマッチングになります。 m/\Quser\E\@\Qhost/ といった感じに記述する必要があります。

文字クラス及び他の特殊なエスケープ

In addition, Perl defines the following:

加えて、Perl は以下のものを定義しています:

    \w       Match a "word" character (alphanumeric plus "_")
    \W       Match a non-"word" character
    \s       Match a whitespace character
    \S       Match a non-whitespace character
    \d       Match a digit character
    \D       Match a non-digit character
    \pP      Match P, named property.  Use \p{Prop} for longer names.
    \PP      Match non-P
    \X       Match eXtended Unicode "combining character sequence",
             equivalent to (?>\PM\pM*)
    \C       Match a single C char (octet) even under Unicode.
             NOTE: breaks up characters into their UTF-8 bytes,
             so you may end up with malformed pieces of UTF-8.
             Unsupported in lookbehind.
    \1       Backreference to a specific group.
             '1' may actually be any positive integer.
    \g1      Backreference to a specific or previous group,
    \g{-1}   number may be negative indicating a previous buffer and may
             optionally be wrapped in curly brackets for safer parsing.
    \g{name} Named backreference
    \k<name> Named backreference
    \K       Keep the stuff left of the \K, don't include it in $&
    \v       Vertical whitespace
    \V       Not vertical whitespace
    \h       Horizontal whitespace
    \H       Not horizontal whitespace
    \R       Linebreak
    \w       "単語" 文字にマッチング (英数字及び"_")
    \W       非"単語"文字にマッチング
    \s       空白文字にマッチング
    \S       非空白文字にマッチング
    \d       数字にマッチング
    \D       非数字にマッチング
    \pP      名前属性 P にマッチング. 長い名前であれば \p{Prop}.
    \PP      P以外にマッチング
    \X       拡張 Unicode "複合文字シーケンス (combining character sequence)"
             のマッチング、(?>\PM\pM*)と等価
    \C       1つの C 文字 (オクテット)にマッチング、Unicode 環境でも同じ
             補足: 文字をUTF-8バイト列へと変換するので、壊れた
             UTF-8 片となるかもしれません. 後読みはサポートしていません
    \1       指定したグループへの後方参照
             '1' には正の整数を指定できます
    \g1      指定したまたは前のグループへの後方参照
    \g{-1}   数値は前のバッファを示す負の値にもできます、また
             任意で安全にパースするために波かっこで括ることもできます
    \g{name} 名前指定の後方参照
    \k<name> 名前指定の後方参照
    \K       \K の左にある物を保持、$& に含めない
    \v       垂直空白
    \V       垂直空白以外
    \h       水平空白
    \H       水平空白以外
    \R       行区切り

A \w matches a single alphanumeric character (an alphabetic character, or a decimal digit) or _, not a whole word. Use \w+ to match a string of Perl-identifier characters (which isn't the same as matching an English word). If use locale is in effect, the list of alphabetic characters generated by \w is taken from the current locale. See perllocale. You may use \w, \W, \s, \S, \d, and \D within character classes, but they aren't usable as either end of a range. If any of them precedes or follows a "-", the "-" is understood literally. If Unicode is in effect, \s matches also "\x{85}", "\x{2028}", and "\x{2029}". See perlunicode for more details about \pP, \PP, \X and the possibility of defining your own \p and \P properties, and perluniintro about Unicode in general.

\w は単語全体ではなく、1つの英数字(アルファベットまたは数字)または _ にマッチングします。 Perl で識別子となる文字列(これは英単語とは異なります)に マッチングさせるためには \w+ を使います。 use locale の影響下であれば、\w で適用されるアルファベットは 現在のロケールから採用されます。 perllocale を参照してください。 \w, \W, \s, \S, \d, そして \D は文字クラスでも 利用できますが、範囲の両端には使えません。 その前後に "-" を使ったとき、その "-" はリテラルとして処理されます。 もし Unicode 環境下であれば \s は "\x{85}", "\x{2028}", "\x{2029}" にも マッチングします。 \pP, \PP, 及び \X の詳細と独自の \p 及び \P 属性を 定義することに関しては perlunicode を、そして Unicode 一般に関しては perluniintro を参照してください。

\R will atomically match a linebreak, including the network line-ending "\x0D\x0A". Specifically, is exactly equivalent to

\R はネットワーク行末 "\x0D\x0A" を含めた 行区切りにアトミックにマッチングします。 本質的に、\R は次と等価です。

  (?>\x0D\x0A?|[\x0A-\x0C\x85\x{2028}\x{2029}])

Note: \R has no special meaning inside of a character class; use \v instead (vertical whitespace).

補足: \R は文字クラスでは特別な意味を持ちません; 代わりに \v (垂直空白)を利用してください)。

The POSIX character class syntax

POSIX 文字クラス構文

    [:class:]

is also available. Note that the [ and ] brackets are literal; they must always be used within a character class expression.

も利用可能です。 [ 及び ] ブラケットは リテラルという点に注意してください; これらは 文字クラス式の中で常に使う必要があります。

    # this is correct:
    $string =~ /[[:alpha:]]/;

    # this is not, and will generate a warning:
    $string =~ /[:alpha:]/;

The available classes and their backslash equivalents (if available) are as follows:

利用可能な文字クラスとそれと等価な バックスラッシュ記法(提供されていれば)は以下の通りです:

    alpha
    alnum
    ascii
    blank               [1]
    cntrl
    digit       \d
    graph
    lower
    print
    punct
    space       \s      [2]
    upper
    word        \w      [3]
    xdigit
[1]

A GNU extension equivalent to [ \t], "all horizontal whitespace".

[ \t] と等価な GNU 拡張、「全ての水平空白」。

[2]

Not exactly equivalent to \s since the [[:space:]] includes also the (very rare) "vertical tabulator", "\cK" or chr(11) in ASCII.

[[:space:]] には(とても稀な)「垂直タブ」, "\cK" または ASCII での chr(11) が含まれるため \s と完全な等価ではありません。

[3]

A Perl extension, see above.

Perl 拡張、上述の通り。

For example use [:upper:] to match all the uppercase characters. Note that the [] are part of the [::] construct, not part of the whole character class. For example:

例えば全ての大文字にマッチングさせるためには [:upper:] を 使うことができます。 [][::] 構成子の一部であって、完全な文字クラスの一部ではありません。 例えば:

    [01[:alpha:]%]

matches zero, one, any alphabetic character, and the percent sign.

は, 0, 1, 任意の英字、そしてパーセント記号にマッチングします。

The following equivalences to Unicode \p{} constructs and equivalent backslash character classes (if available), will hold:

以下の Unicode \p{} 構成子及び等価なバックスラッシュ 文字クラス(提供されていれば)の等式:

    [[:...:]]   \p{...}         backslash

    alpha       IsAlpha
    alnum       IsAlnum
    ascii       IsASCII
    blank
    cntrl       IsCntrl
    digit       IsDigit        \d
    graph       IsGraph
    lower       IsLower
    print       IsPrint         (but see [2] below)
    punct       IsPunct         (but see [3] below)
    space       IsSpace
                IsSpacePerl    \s
    upper       IsUpper
    word        IsWord         \w
    xdigit      IsXDigit

For example [[:lower:]] and \p{IsLower} are equivalent.

例えば [[:lower:]]\p{IsLower} は等価です。

However, the equivalence between [[:xxxxx:]] and \p{IsXxxxx} is not exact.

しかし、[[:xxxxx:]] および \p{IsXxxxx} の等価性は正確ではありません。

[1]

If the utf8 pragma is not used but the locale pragma is, the classes correlate with the usual isalpha(3) interface (except for "word" and "blank").

utf8 プラグマは使われていなくて locale プラグマが 使われていた場合にはクラスは通常の isalpha(3) インターフェースと 相互に関連します(但し "word" 及び "blank" は除く)。

But if the locale or encoding pragmas are not used and the string is not utf8, then [[:xxxxx:]] (and \w, etc.) will not match characters 0x80-0xff; whereas \p{IsXxxxx} will force the string to utf8 and can match these characters (as Unicode).

しかし、もし locale プラグマや encoding プラグマが使われておらず、 文字列が utf8 でないなら、[[:xxxxx:]] (および \w など) は 文字 0x80-0xff にマッチングしません; 一方 \p{IsXxxxx} は文字列を utf8 に強制して、これらの文字に (Unicode として)マッチングします。

[2]

\p{IsPrint} matches characters 0x09-0x0d but [[:print:]] does not.

\p{IsPrint} は文字 0x09-0x0d にマッチングしますが [[:print:]] は マッチングしません。

[3]

[[:punct::]] matches the following but \p{IsPunct} does not, because they are classed as symbols (not punctuation) in Unicode.

[[:punct::]] は以下の物にマッチングしますが \p{IsPunct} は マッチングしません; なぜならこれらは Unicode では (句読点ではなく) シンボルにクラス分けされるからです。

$

Currency symbol

通貨記号

+ < = > | ~

Mathematical symbols

算術記号

^ `

Modifier symbols (accents)

修飾シンボル (アクセント)

The other named classes are:

その他の名前付きクラスは以下の通りです:

cntrl

Any control character. Usually characters that don't produce output as such but instead control the terminal somehow: for example newline and backspace are control characters. All characters with ord() less than 32 are usually classified as control characters (assuming ASCII, the ISO Latin character sets, and Unicode), as is the character with the ord() value of 127 (DEL).

任意の制御文字。 通常出力を生成する代わりにターミナルの制御を行う文字: 例えば改行や バックスペースは制御文字です。 ord() が 32 未満となる全ての文字は制御文字として 分類され(ASCII、ISO ラテン文字集合、及び Unicode を仮定)、 ord() が値 127 となる文字(DEL)も同様です。

graph

Any alphanumeric or punctuation (special) character.

全ての英数字及び句読点(特殊)文字。

print

Any alphanumeric or punctuation (special) character or the space character.

全ての英数字、句読点(特殊)文字、及び空白文字。

punct

Any punctuation (special) character.

全ての句読点(特殊)文字。

xdigit

Any hexadecimal digit. Though this may feel silly ([0-9A-Fa-f] would work just fine) it is included for completeness.

全ての 16 進数字。 これはばかばかしいと感じるかもしれませんが([0-9A-Fa-f] もちゃんと 動作します)、完全性のために含まれています。

You can negate the [::] character classes by prefixing the class name with a '^'. This is a Perl extension. For example:

クラス名の前に '^' をおくことで [::] 文字クラスの補集合を使うこともできます。 これは Perl での拡張です。 例:

    POSIX         traditional  Unicode

    [[:^digit:]]    \D         \P{IsDigit}
    [[:^space:]]    \S         \P{IsSpace}
    [[:^word:]]     \W         \P{IsWord}

Perl respects the POSIX standard in that POSIX character classes are only supported within a character class. The POSIX character classes [.cc.] and [=cc=] are recognized but not supported and trying to use them will cause an error.

Perl は POSIX 文字クラスにある POSIX 標準は文字クラスのみを サポートしていると考えます。 POSIX 文字クラス [.cc.] 及び [=cc=] は認識されますが、 サポートはされておらずそれを使うとエラーとなるでしょう。

言明

Perl defines the following zero-width assertions:

Perl は以下のゼロ幅のアサーションを定義しています:

    \b  Match a word boundary
    \B  Match except at a word boundary
    \A  Match only at beginning of string
    \Z  Match only at end of string, or before newline at the end
    \z  Match only at end of string
    \G  Match only at pos() (e.g. at the end-of-match position
        of prior m//g)
    \b  単語境界にマッチング
    \B  単語境界以外にマッチング
    \A  文字列の開始にのみマッチング
    \Z  文字列の終端または終端の改行前にのみマッチング
    \z  文字列の終端にのみマッチング
    \G  pos() の位置にのみマッチング (つまり前のm//gのマッチング終端位置)

A word boundary (\b) is a spot between two characters that has a \w on one side of it and a \W on the other side of it (in either order), counting the imaginary characters off the beginning and end of the string as matching a \W. (Within character classes \b represents backspace rather than a word boundary, just as it normally does in any double-quoted string.) The \A and \Z are just like "^" and "$", except that they won't match multiple times when the /m modifier is used, while "^" and "$" will match at every internal line boundary. To match the actual end of the string and not ignore an optional trailing newline, use \z.

単語境界(\b)は\W にマッチングする文字列の始まりと終わりを 連想するような、片側を \w、もう片側を \W で挟まれている点です。 (文字クラスにおいては \b は単語境界ではなくバックスペースを表します, ちょうどダブルクォート文字列と同じように。) \A 及び \Z は "^" 及び "$" と同様ですが、/m 修飾子が 指定されているときに "^" 及び "$" は全ての内部的な行境界に マッチングするのに対して \A 及び \Z は複数回のマッチングには なりません。 文字列の本当の末尾にマッチングさせ、省略可能である末尾の改行を 無視しないようにする \z を使います。

The \G assertion can be used to chain global matches (using m//g), as described in "Regexp Quote-Like Operators" in perlop. It is also useful when writing lex-like scanners, when you have several patterns that you want to match against consequent substrings of your string, see the previous reference. The actual location where \G will match can also be influenced by using pos() as an lvalue: see "pos" in perlfunc. Note that the rule for zero-length matches is modified somewhat, in that contents to the left of \G is not counted when determining the length of the match. Thus the following will not match forever:

\G アサーションはグローバルなマッチング(m//g)を連結するために 使います; これは "Regexp Quote-Like Operators" in perlop にも説明されています。 これは文字列に対していくつかのパターンを次々にマッチングさせたいといった、 lex 風のスキャナを書きたいときにも便利です; 同じリファレンスを 参照してください。 \G が実際にマッチングできる位置は pos() を左辺値として 使うことで変更できます: "pos" in perlfunc を参照してください。 ゼロ幅マッチングのルールは少し変化することに注意してください、 \G の左にある内容はマッチングの長さを決定するときに 数えられません。 従って次のコードは永遠にマッチングしません:

    $str = 'ABC';
    pos($str) = 1;
    while (/.\G/g) {
        print $&;
    }

It will print 'A' and then terminate, as it considers the match to be zero-width, and thus will not match at the same position twice in a row.

これはゼロ幅へのマッチングと見なされ、'A' を出力し終了するので、 行の中で同じ場所に二度はマッチングしません。

It is worth noting that \G improperly used can result in an infinite loop. Take care when using patterns that include \G in an alternation.

適切に使われていない \G は無限ループとなり何の価値もありません。 代替(alternation; |)の中に \G を含んでいるパターンを使う際には 十分注意してください。

捕捉バッファ

The bracketing construct ( ... ) creates capture buffers. To refer to the current contents of a buffer later on, within the same pattern, use \1 for the first, \2 for the second, and so on. Outside the match use "$" instead of "\". (The \<digit> notation works in certain circumstances outside the match. See the warning below about \1 vs $1 for details.) Referring back to another part of the match is called a backreference.

( ... ) を構成するブラケットは捕捉バッファを生成します。 同じパターンの後方で内容を参照するには、最初のものであれば \1 を、 2 番目のものであれば \2 を使います。 マッチングの外側では "\" の代わりに "$" を使います。 (\<数字> 記法はマッチングの外側でも特定の状況では動作します。 \1 と $1 に関する警告の詳細は後述を参照してください。) マッチングの別の部分を戻って参照することは、後方参照 (backreference)と 呼ばれます。

There is no limit to the number of captured substrings that you may use. However Perl also uses \10, \11, etc. as aliases for \010, \011, etc. (Recall that 0 means octal, so \011 is the character at number 9 in your coded character set; which would be the 10th character, a horizontal tab under ASCII.) Perl resolves this ambiguity by interpreting \10 as a backreference only if at least 10 left parentheses have opened before it. Likewise \11 is a backreference only if at least 11 left parentheses have opened before it. And so on. \1 through \9 are always interpreted as backreferences.

使用できるキャプチャされた部分文字列の数に制限はありません。 しかし Perl は \10, \11 などを \010, \011 などの別名として使います。 (0 は 8 進数を意味することを思い出してください; つまり \011 はあなたの コーディングしている文字集合での番号 9 にあたる文字になります; これは 10 番目の文字であり、ASCII においては水平タブになります。) Perl はこれを両方の意味で解釈し、少なくとも 10 の左かっこが使われていれば \10 を後方参照として解釈します。 同じように 11 の左かっこがあれば \11 を後方参照として解釈します。 その先も同様です。 \1 から \9 は常に後方参照として解釈されます。

In order to provide a safer and easier way to construct patterns using backreferences, Perl provides the \g{N} notation (starting with perl 5.10.0). The curly brackets are optional, however omitting them is less safe as the meaning of the pattern can be changed by text (such as digits) following it. When N is a positive integer the \g{N} notation is exactly equivalent to using normal backreferences. When N is a negative integer then it is a relative backreference referring to the previous N'th capturing group. When the bracket form is used and N is not an integer, it is treated as a reference to a named buffer.

後方参照を使ったパターンをより安全で簡単に構成するために、 Perl は \g{N} 記法を提供します(5.10.0 以降)。 波かっこは任意ですが、省略するとそれに続くテキストが変わると(つまり数字が 続く場合に)安全ではなくなります。 N が正の整数のとき、\g{N} は通常の後方参照とちょうど同じです。 N が負の整数の時、N 個前の捕捉グループを参照する相対的な後方参照になります。 ブラケット形式で N が整数でないときは名前付きバッファへの参照として 扱われます。

Thus \g{-1} refers to the last buffer, \g{-2} refers to the buffer before that. For example:

従って \g{-1} は最後のバッファを、\g{-2} はその前のバッファを 参照します。 例えば:

        /
         (Y)            # buffer 1
         (              # buffer 2
            (X)         # buffer 3
            \g{-1}      # backref to buffer 3
            \g{-3}      # backref to buffer 1
         )
        /x

and would match the same as /(Y) ( (X) \3 \1 )/x.

/(Y) ( (X) \3 \1 )/x と同じマッチングとなります。

Additionally, as of Perl 5.10.0 you may use named capture buffers and named backreferences. The notation is (?<name>...) to declare and \k<name> to reference. You may also use apostrophes instead of angle brackets to delimit the name; and you may use the bracketed \g{name} backreference syntax. It's possible to refer to a named capture buffer by absolute and relative number as well. Outside the pattern, a named capture buffer is available via the %+ hash. When different buffers within the same pattern have the same name, $+{name} and \k<name> refer to the leftmost defined group. (Thus it's possible to do things with named capture buffers that would otherwise require (??{}) code to accomplish.)

加えて、5.10.0 時点では名前付き捕捉バッファ及び名前付き後方参照を 利用できます。 (?<name>...) で宣言し、\k<name> で参照します。 名前区切りに各かっこの代わりにアポストロフィを使うこともできます; そしてブラケットによる \g{name} 後方参照構文を使うこともできます。 名前付き捕捉バッファを通常通りに絶対及び相対番号で参照することもできます。 パターンの外においては、名前付き捕捉バッファは %+ ハッシュを通して 利用できます。 同じパターン内で異なるバッファが同じ名前を持っていたとき、$+{name} 及び \k<name> は一番左で定義されたグループを参照します。 (つまり処理のために C(<??{})> を必要とする別の方法の名前付き捕捉バッファで 行うこともできます.)

Examples:

例:

    s/^([^ ]*) *([^ ]*)/$2 $1/;     # swap first two words

    /(.)\1/                         # find first doubled char
         and print "'$1' is the first doubled character\n";

    /(?<char>.)\k<char>/            # ... a different way
         and print "'$+{char}' is the first doubled character\n";

    /(?'char'.)\1/                  # ... mix and match
         and print "'$1' is the first doubled character\n";

    if (/Time: (..):(..):(..)/) {   # parse out values
        $hours = $1;
        $minutes = $2;
        $seconds = $3;
    }

Several special variables also refer back to portions of the previous match. $+ returns whatever the last bracket match matched. $& returns the entire matched string. (At one point $0 did also, but now it returns the name of the program.) $` returns everything before the matched string. $' returns everything after the matched string. And $^N contains whatever was matched by the most-recently closed group (submatch). $^N can be used in extended patterns (see below), for example to assign a submatch to a variable.

いくつかの特殊変数もまた以前のマッチングの一部を参照しています。 $+ は最後のマッチングしたブラケットマッチングと返します。 $& はマッチングした文字列全体を返します。 (一頃は $0 もそうでしたが、現在ではこれはプログラム名を返します。) $` はマッチングした文字列の前の全てを返します。 $' はマッチングした文字列の後の全てを返します。 そして $^N には一番最後に閉じたグループ(サブマッチング)に マッチングしたものを含んでいます。 $^N は例えばサブマッチングを変数に格納するため等に拡張パターンの中でも 利用できます(後述)。

The numbered match variables ($1, $2, $3, etc.) and the related punctuation set ($+, $&, $`, $', and $^N) are all dynamically scoped until the end of the enclosing block or until the next successful match, whichever comes first. (See "Compound Statements" in perlsyn.)

数値によるマッチング変数($1, $2, $3 など)及び関連する記号変数 ($+, $&, $', $^N)はすべてブロックの終端または次のマッチング 成功までのどちらか先に満たした方の、動的なスコープを持ちます。 ("Compound Statements" in perlsyn を参照してしてください。)

NOTE: Failed matches in Perl do not reset the match variables, which makes it easier to write code that tests for a series of more specific cases and remembers the best match.

補足: Perl において失敗したマッチングはマッチング変数をリセットしません; これはより特殊化させる一連のテストを書くことや、 最善のマッチングを書くことを容易にします。

WARNING: Once Perl sees that you need one of $&, $`, or $' anywhere in the program, it has to provide them for every pattern match. This may substantially slow your program. Perl uses the same mechanism to produce $1, $2, etc, so you also pay a price for each pattern that contains capturing parentheses. (To avoid this cost while retaining the grouping behaviour, use the extended regular expression (?: ... ) instead.) But if you never use $&, $` or $', then patterns without capturing parentheses will not be penalized. So avoid $&, $', and $` if you can, but if you can't (and some algorithms really appreciate them), once you've used them once, use them at will, because you've already paid the price. As of 5.005, $& is not so costly as the other two.

警告: Perl は、一旦プログラム中のどこかで $&, $`, $' の いずれかを必要としていることを見つけると、全てのパターンマッチングで それらを提供しなければなりません。 これはあなたのプログラムを大幅に遅くさせるでしょう。 Perl は $1, $2, 等の生成にも同じメカニズムを使っているので、 キャプチャのかっこに含まれるそれぞれのパターンにも 同じ料金を払っています。 (グループ化の振る舞いを維持しつつこのコストを削減するには 拡張正規表現 (?: ... ) を代わりに使います。 (訳注:Perl拡張というだけで /x 修飾子は不要。)) ですが $&, $` または $' を一度も使わなければ、 キャプチャのかっこをもたないパターンではこの不利益はなくなります。 この為、可能であれば $&, $', 及び $` を削除しましょう: しかしそれができなかった(そしてそれらを 本当に理解しているアルゴリズムがあるのであれば)、一旦 それらを使った時点でそれ以降は自由にそれらを使うことができます; なぜならあなたは(一度使った時点で)既に代価を払っているので。 5.005 であれば $& は他の2つほど高価ではありません。

As a workaround for this problem, Perl 5.10.0 introduces ${^PREMATCH}, ${^MATCH} and ${^POSTMATCH}, which are equivalent to $`, $& and $', except that they are only guaranteed to be defined after a successful match that was executed with the /p (preserve) modifier. The use of these variables incurs no global performance penalty, unlike their punctuation char equivalents, however at the trade-off that you have to tell perl when you want to use them.

この問題に対する解決策として、Perl 5.10.0 からは $`, $&, $' と 等価だけれども /p (preseve) 修飾子を伴って実行されたマッチングが 成功した後でのみ定義されることが保証される ${^PREMATCH}${^MATCH} 及び ${^POSTMATCH} を導入しました。 これらの変数の使用は利用したいときに perl に伝える必要がある代わりに、 等価な記号変数とは違い全体的なパフォーマンスの低下を引き起こしません。

Backslashed metacharacters in Perl are alphanumeric, such as \b, \w, \n. Unlike some other regular expression languages, there are no backslashed symbols that aren't alphanumeric. So anything that looks like \\, \(, \), \<, \>, \{, or \} is always interpreted as a literal character, not a metacharacter. This was once used in a common idiom to disable or quote the special meanings of regular expression metacharacters in a string that you want to use for a pattern. Simply quote all non-"word" characters:

Perl においてバックスラッシュで表現されるメタ文字は \b, \w, \n のように英数字です。 他の正規表現言語とは異なり、英数字でないシンボルのバックスラッシュは ありません。 なので \\, \(, \), \<, \>, \{, \} といったものは全てメタ文字ではなく リテラル文字です。 これはパターンで使いたい文字列の中で正規表現のメタ文字としての特殊な意味を 無効化またはクォートするための一般的な指標として使われてきました。 「単語」でない全ての文字は単にクォートします:

    $pattern =~ s/(\W)/\\$1/g;

(If use locale is set, then this depends on the current locale.) Today it is more common to use the quotemeta() function or the \Q metaquoting escape sequence to disable all metacharacters' special meanings like this:

(もし use locale が有効であれば、これは現在のロケールに依存します。) 今日では特殊な意味を持つメタ文字を全て無効にするためには次のように quotemeta() 関数か \Q メタクォートエスケープシーケンスを使うのが より一般的です:

    /$unquoted\Q$quoted\E$unquoted/

Beware that if you put literal backslashes (those not inside interpolated variables) between \Q and \E, double-quotish backslash interpolation may lead to confusing results. If you need to use literal backslashes within \Q...\E, consult "Gory details of parsing quoted constructs" in perlop.

\Q 及び \E の間でリテラルとしてバックスラッシュをおくとき (埋め込んだ変数の中でではない)には、二重にクォートしたバックスラッシュの 埋め込みは困惑した結果となるでしょう。 もし \Q...\E でリテラルとしてのバックスラッシュを使う 必要がある のなら、 "Gory details of parsing quoted constructs" in perlop を参照してください。

拡張パターン

Perl also defines a consistent extension syntax for features not found in standard tools like awk and lex. The syntax is a pair of parentheses with a question mark as the first thing within the parentheses. The character after the question mark indicates the extension.

Perl は awklex といった標準的なツールでは見られない機能のための 拡張構文も定義しています。 構文は対のかっことかっこ内の最初に疑問符の形をとります。 疑問符の後の文字で拡張を区別します。

The stability of these extensions varies widely. Some have been part of the core language for many years. Others are experimental and may change without warning or be completely removed. Check the documentation on an individual feature to verify its current status.

拡張構文の安定度は様々です。 中には長年言語コアの一部となっている物もあります。 そうでなく実験的に追加され警告なしに変更されたり削除されるものも 中にはあります。 それぞれのステータスに関しては個々の機能のドキュメントを確認してください。

A question mark was chosen for this and for the minimal-matching construct because 1) question marks are rare in older regular expressions, and 2) whenever you see one, you should stop and "question" exactly what is going on. That's psychology...

疑問符は 1) それが古い正規表現で使われることは稀であること、そして 2) それを見かけると何が行われるのか本当に「疑問に」思って止まることから、 これのためと最小マッチング構成子のために選ばれました。

(?#text)

A comment. The text is ignored. If the /x modifier enables whitespace formatting, a simple # will suffice. Note that Perl closes the comment as soon as it sees a ), so there is no way to put a literal ) in the comment.

コメント。 テキストは無視されます。 /x 修飾子によって空白の整形が有効にされていれば単なる # でも十分です。 Perl は ) を見つけると直ぐにコメントを閉じる点に注意してください; この為リテラル ) をコメント中におくことはできません。

(?pimsx-imsx)

One or more embedded pattern-match modifiers, to be turned on (or turned off, if preceded by -) for the remainder of the pattern or the remainder of the enclosing pattern group (if any). This is particularly useful for dynamic patterns, such as those read in from a configuration file, taken from an argument, or specified in a table somewhere. Consider the case where some patterns want to be case sensitive and some do not: The case insensitive ones merely need to include (?i) at the front of the pattern. For example:

一つもしくは複数のパターンマッチング修飾子; パターンの残りまたは(もしあれば)包含しているパターングループの残りで 有効にする(または - が前置されていれば解除する)。 これは設定ファイルから読む、引数から取る、どこかのテーブルで 指定されている箇所からダイナミックなパターンを使うときに特に便利です。 パターンの一部では大文字小文字を区別したいけれども別の箇所では 区別しないといったケースを考えてみます: 区別をしない場所では 単にパターンの先頭に (?i) を含めるだけです。 例えば:

    $pattern = "foobar";
    if ( /$pattern/i ) { }

    # more flexible:

    $pattern = "(?i)foobar";
    if ( /$pattern/ ) { }

These modifiers are restored at the end of the enclosing group. For example,

これらの修飾子は包含しているグループの最後で復元(restore)されます。 例えば、

    ( (?i) blah ) \s+ \1

will match blah in any case, some spaces, and an exact (including the case!) repetition of the previous word, assuming the /x modifier, and no /i modifier outside this group.

blah に大文字小文字の区別なくマッチングし、 いくつかの空白、そして前の単語その物(大文字小文字の区別まで含めて!)に 再度マッチングします; ここではこのグループの外側で /x 修飾子を持ち、 /i 修飾子を持たないものとします。

Note that the p modifier is special in that it can only be enabled, not disabled, and that its presence anywhere in a pattern has a global effect. Thus (?-p) and (?-p:...) are meaningless and will warn when executed under use warnings.

p 修飾子は有効にできるのみで、無効にはできない点、そして パターンのどこかにあればパターン全体で有効になる点で特別です。 従って (?-p) 及び (?-p:...) は意味を持たず、use warnings の下では 警告を発します。

(?:pattern)
(?imsx-imsx:pattern)

This is for clustering, not capturing; it groups subexpressions like "()", but doesn't make backreferences as "()" does. So

これはキャプチャではなくクラスタです; これは "()" のように部分式を グループ化しますが "()" が行うような後方参照は行いません。 つまり、

    @fields = split(/\b(?:a|b|c)\b/)

is like

は次と同様ですが

    @fields = split(/\b(a|b|c)\b/)

but doesn't spit out extra fields. It's also cheaper not to capture characters if you don't need to.

余計なフィールドを引き出しません。 また不要であれば文字のキャプチャを行わないため低コストです。

Any letters between ? and : act as flags modifiers as with (?imsx-imsx). For example,

? 及び : の間の文字は (?imsx-imsx) のようなフラグ修飾子として 動作します。

    /(?s-i:more.*than).*million/i

is equivalent to the more verbose

はより冗長に書けば以下と等価です

    /(?:(?s-i)more.*than).*million/i
(?|pattern)

This is the "branch reset" pattern, which has the special property that the capture buffers are numbered from the same starting point in each alternation branch. It is available starting from perl 5.10.0.

これは各代替分岐において捕捉バッファを同じ番号から始める特殊な 属性を持っている、「ブランチリセット(branch reset)」パターンです。 これは perl 5.10.0 から提供されています。

Capture buffers are numbered from left to right, but inside this construct the numbering is restarted for each branch.

捕捉バッファは左から右へと番号が振られますが、この構成子の内側では 各分岐毎に番号はリセットされます。

The numbering within each branch will be as normal, and any buffers following this construct will be numbered as though the construct contained only one branch, that being the one with the most capture buffers in it.

各分岐内での番号付けは通常通りに行われ、この構成子の後に続くバッファは その中で捕捉バッファが一番多かった分岐のみが 格納されていたかのように番号付けされていきます。

This construct will be useful when you want to capture one of a number of alternative matches.

この構成子はいくつかの代替マッチングの1つを捕捉したいときに便利です。

Consider the following pattern. The numbers underneath show in which buffer the captured content will be stored.

以下のパターンを想像してみてください。 下側の番号は内容の格納されるバッファを示します。

    # before  ---------------branch-reset----------- after        
    / ( a )  (?| x ( y ) z | (p (q) r) | (t) u (v) ) ( z ) /x
    # 1            2         2  3        2     3     4  

Note: as of Perl 5.10.0, branch resets interfere with the contents of the %+ hash, that holds named captures. Consider using %- instead.

補足: Perl 5.10.0 時点では、ブランチリセットは 名前付きキャプチャを保持する%+ ハッシュの内容に干渉します。 %- を使うようにしてください。

Look-Around Assertions

Look-around assertions are zero width patterns which match a specific pattern without including it in $&. Positive assertions match when their subpattern matches, negative assertions match when their subpattern fails. Look-behind matches text up to the current match position, look-ahead matches text following the current match position.

先読み及び後読みの言明(assertion)は $& の中に 含めない特定のパターンにマッチングするゼロ幅のパターンです。 正の言明はその部分パターンがマッチングしたときにマッチングし、 負の言明はその部分パターンが失敗したときにマッチングします。 後読みのマッチングは今のマッチング位置までのテキストにマッチングし、 先読みの言明は今のマッチング位置の先にあるテキストにマッチングします。

(?=pattern)

A zero-width positive look-ahead assertion. For example, /\w+(?=\t)/ matches a word followed by a tab, without including the tab in $&.

ゼロ幅の正の先読み言明。 例えば、/\w+(?=\t)/ はタブが続く単語にマッチングしますが、タブは $& に含まれません。

(?!pattern)

A zero-width negative look-ahead assertion. For example /foo(?!bar)/ matches any occurrence of "foo" that isn't followed by "bar". Note however that look-ahead and look-behind are NOT the same thing. You cannot use this for look-behind.

ゼロ幅の負の先読み言明。 例えば /foo(?!bar)/ は "bar" が続かない全ての "foo" にマッチングします。 しかしながら先読みと後読みは同じ物では ない点に注意してください。 これを後読みに使うことはできません。

If you are looking for a "bar" that isn't preceded by a "foo", /(?!foo)bar/ will not do what you want. That's because the (?!foo) is just saying that the next thing cannot be "foo"--and it's not, it's a "bar", so "foobar" will match. You would have to do something like /(?!foo)...bar/ for that. We say "like" because there's the case of your "bar" not having three characters before it. You could cover that this way: /(?:(?!foo)...|^.{0,2})bar/. Sometimes it's still easier just to say:

もし "foo" が前にない "bar" を探しているのなら、 /(?!foo)bar/ では欲しい物にはなりません。 なぜなら (?!foo) は次のものが "foo" ではないとだけいっているのです -- そしてそうではなく、そこには "bar" があるので、"foobar" はマッチングします。 このような時には /(?!foo)...bar/ のような形で使う必要があるでしょう。 ここで "ような" といっているのは "bar" が場合によっては 3 文字ではないこともあるからです。 次のようにしてこれをカバーすることができます: /(?:(?!foo)...|^.{0,2})bar/。 またもっと簡単に次のようにできることもあるでしょう:

    if (/bar/ && $` !~ /foo$/)

For look-behind see below.

後読みは以下を参照。

(?<=pattern) \K

A zero-width positive look-behind assertion. For example, /(?<=\t)\w+/ matches a word that follows a tab, without including the tab in $&. Works only for fixed-width look-behind.

ゼロ幅の正の後読みの言明。 例えば、/(?<=\t)\w+/ は タブに続く単語にマッチングしますが、タブは $& に 含まれません。 固定幅の後読みのみが動作します。

There is a special form of this construct, called \K, which causes the regex engine to "keep" everything it had matched prior to the \K and not include it in $&. This effectively provides variable length look-behind. The use of \K inside of another look-around assertion is allowed, but the behaviour is currently not well defined.

\K というこの構成子の特殊な形式もあります、 これは正規表現エンジンに対してそれが \K までにマッチングした すべてのものを"取っておいて"、$& には含めないようにさせます。 これは事実上可変長の後読みを提供します。 他の先読み及び後読みの言明の中での利用も可能ですが、その振る舞いは 今のところあまり定義されていません。

For various reasons \K may be significantly more efficient than the equivalent (?<=...) construct, and it is especially useful in situations where you want to efficiently remove something following something else in a string. For instance

いくつかの理由から、\K は等価な (?<=...) 構成子より非常に効率的で、文字列の中で何かに続いている何かを効率的に 取り除きたいようなシチュエーションで効果的に役立ちます。 例えば

  s/(foo)bar/$1/g;

can be rewritten as the much more efficient

次のようにより効率的に書き直せます

  s/foo\Kbar//g;
(?<!pattern)

A zero-width negative look-behind assertion. For example /(?<!bar)foo/ matches any occurrence of "foo" that does not follow "bar". Works only for fixed-width look-behind.

ゼロ幅の負の後読みの言明。 例えば /(?<!bar)foo/ は "bar" に続いていない任意の "foo" に マッチングします。 固定幅の後読みのみが動作します。

(?'NAME'pattern)
(?<NAME>pattern)

A named capture buffer. Identical in every respect to normal capturing parentheses () but for the additional fact that %+ or %- may be used after a successful match to refer to a named buffer. See perlvar for more details on the %+ and %- hashes.

名前付の捕捉バッファ。 通常のキャプチャかっこ () と同様ですがそれに加えて 成功したマッチングの後で名前付バッファを参照するために %+ もしくは %- を使うことが出来ます。 %+ 及び %- ハッシュに関する詳細は perlvar を 参照してください。

If multiple distinct capture buffers have the same name then the $+{NAME} will refer to the leftmost defined buffer in the match.

複数の異なる捕捉バッファが同じ名前を持っていたときには $+{NAME} はマッチングの中で一番左で定義されたバッファを参照します。

The forms (?'NAME'pattern) and (?<NAME>pattern) are equivalent.

二つの形式 (?'NAME'pattern) 及び (?<NAME>pattern) は等価です。

NOTE: While the notation of this construct is the same as the similar function in .NET regexes, the behavior is not. In Perl the buffers are numbered sequentially regardless of being named or not. Thus in the pattern

補足: これを構成する記法は 類似していている .NET での正規表現と 同じですが、振る舞いは異なります。 Perl ではバッファは名前がついているかどうかにかかわらず順番に番号が 振られます。 従って次のパターンにおいて

  /(x)(?<foo>y)(z)/

$+{foo} will be the same as $2, and $3 will contain 'z' instead of the opposite which is what a .NET regex hacker might expect.

$+{foo} は $2 と同じであり、$3 には .NET 正規表現に 慣れた人が予測するのとは異なり 'z' が含まれます。

Currently NAME is restricted to simple identifiers only. In other words, it must match /^[_A-Za-z][_A-Za-z0-9]*\z/ or its Unicode extension (see utf8), though it isn't extended by the locale (see perllocale).

現在のところ NAME はシンプルな識別子のみに制限されています。 言い換えると、/^[_A-Za-z][_A-Za-z0-9]*\z/ または その Unicode 拡張にマッチングしなければなりません (utf8 も参照); しかしロケールでは拡張されません (perllocale 参照)。

NOTE: In order to make things easier for programmers with experience with the Python or PCRE regex engines, the pattern (?P<NAME>pattern) may be used instead of (?<NAME>pattern); however this form does not support the use of single quotes as a delimiter for the name.

補足: Python や PCRE 正規表現エンジンになれたプログラマが 楽になるように、(?<NAME>pattern) の代わりに (?P<NAME>pattern) のパターンを使うことも できます; しかしこの形式は名前のデリミタとして シングルクォートの使用はサポートされていません。

\k<NAME>
\k'NAME'

Named backreference. Similar to numeric backreferences, except that the group is designated by name and not number. If multiple groups have the same name then it refers to the leftmost defined group in the current match.

名前による後方参照。 数値によってではなく名前によってグループを指定する点を除いて、名前による 後方参照と似ています。 もし同じ名前の複数のグループがあったときには現在のマッチングで 一番左に定義されているグループを参照します。

It is an error to refer to a name not defined by a (?<NAME>) earlier in the pattern.

パターン内で (?<NAME>) によって定義されていない名前を 参照するとエラーになります。

Both forms are equivalent.

両方の形式とも等価です。

NOTE: In order to make things easier for programmers with experience with the Python or PCRE regex engines, the pattern (?P=NAME) may be used instead of \k<NAME>.

補足: Python や PCRE 正規表現エンジンになれたプログラマが楽に なるように、\k<NAME> の代わりに (?P=NAME) のパターンを使うこともできます。

(?{ code })

WARNING: This extended regular expression feature is considered experimental, and may be changed without notice. Code executed that has side effects may not perform identically from version to version due to the effect of future optimisations in the regex engine.

警告: この拡張正規表現の機能は実験的なものと考えてください、 また追う通知なしに変更されるかもしれません。 副作用を持つコードの実行は今後の正規表現エンジンの最適化の影響で バージョン間で必ずしも同じになるとは限らないでしょう。

This zero-width assertion evaluates any embedded Perl code. It always succeeds, and its code is not interpolated. Currently, the rules to determine where the code ends are somewhat convoluted.

このゼロ幅アサーションは埋め込まれた任意の Perl コードを評価します。 これは常に(正規表現として)成功し、その code は埋め込まれません。 今のところ、code が終わる場所を認識するルールは少々複雑です。

This feature can be used together with the special variable $^N to capture the results of submatches in variables without having to keep track of the number of nested parentheses. For example:

この機能では一緒にネストしたかっこの数を数えなくとも1つ前の マッチング結果をキャプチャ特殊変数 $^N を使うことができます。

  $_ = "The brown fox jumps over the lazy dog";
  /the (\S+)(?{ $color = $^N }) (\S+)(?{ $animal = $^N })/i;
  print "color = $color, animal = $animal\n";

Inside the (?{...}) block, $_ refers to the string the regular expression is matching against. You can also use pos() to know what is the current position of matching within this string.

(?{...}) ブロックの中では $_ は正規表現をマッチングさせている文字列を 参照します。 pos() を使ってこの文字列で現在のマッチング位置を知ることもできます。

The code is properly scoped in the following sense: If the assertion is backtracked (compare "Backtracking"), all changes introduced after localization are undone, so that

code は次の感じで適切にスコープを持ちます: もしアサーションが バックトラックされている("Backtracking" 参照)のなら、 local されなかった後の全ての変更、つまり

  $_ = 'a' x 8;
  m<
     (?{ $cnt = 0 })                    # Initialize $cnt.
     (
       a
       (?{
           local $cnt = $cnt + 1;       # Update $cnt, backtracking-safe.
       })
     )*
     aaaa
     (?{ $res = $cnt })                 # On success copy to non-localized
                                        # location.
   >x;

will set $res = 4. Note that after the match, $cnt returns to the globally introduced value, because the scopes that restrict local operators are unwound.

$res = 4 を設定します。 マッチングの後で $cnt はグローバルに設定された値を返します; なぜなら local 演算子で制限されたスコープは巻き戻されるためです。

This assertion may be used as a (?(condition)yes-pattern|no-pattern) switch. If not used in this way, the result of evaluation of code is put into the special variable $^R. This happens immediately, so $^R can be used from other (?{ code }) assertions inside the same regular expression.

このアサーションは (?(condition)yes-pattern|no-pattern) スイッチとして 使われるかもしれません。 この方法で使われなかったのなら、code の評価結果は特殊変数 $^R に おかれます。 これはすぐに行われるので $^R は同じ正規表現内の他の $?{ code }) アサーションで使うことができます。

The assignment to $^R above is properly localized, so the old value of $^R is restored if the assertion is backtracked; compare "Backtracking".

この $^R への設定は適切にlocal化されるため、$^R の古い値は バックトラックしたときには復元されます; "Backtracking" を 見てください。

Due to an unfortunate implementation issue, the Perl code contained in these blocks is treated as a compile time closure that can have seemingly bizarre consequences when used with lexically scoped variables inside of subroutines or loops. There are various workarounds for this, including simply using global variables instead. If you are using this construct and strange results occur then check for the use of lexically scoped variables.

不運にも実装上の理由によりこれらのブロックに含まれる Perl コードは 関数やループ内でレキシカルスコープな変数とともに使うと 一見奇妙な結果を持つコンパイル時のクロージャとして扱われます。 これの対処方法は、単純にに代わりにグローバル変数を使うことも含めて 幾つかあります。 もしこの構成子を使って奇妙な結果が発生しているのなら、レキシカルスコープな 変数を使っているかどうかを確認してみてください。

For reasons of security, this construct is forbidden if the regular expression involves run-time interpolation of variables, unless the perilous use re 'eval' pragma has been used (see re), or the variables contain results of qr// operator (see "qr/STRING/imosx" in perlop).

セキュリティ的な理由により、正規表現を実行時に変数から構築することは、 危険な use re 'eval' プラグマが使われている(re 参照)か 変数が qr// 演算子("qr/STRING/imosx" in perlop 参照)の結果を 含んでいる時以外は拒否されます。

This restriction is due to the wide-spread and remarkably convenient custom of using run-time determined strings as patterns. For example:

この制限は、実行時に決まる文字列をパターンとして使う、とても広まっていて とても便利な風習のためのものです。 例えば:

    $re = <>;
    chomp $re;
    $string =~ /$re/;

Before Perl knew how to execute interpolated code within a pattern, this operation was completely safe from a security point of view, although it could raise an exception from an illegal pattern. If you turn on the use re 'eval', though, it is no longer secure, so you should only do so if you are also using taint checking. Better yet, use the carefully constrained evaluation within a Safe compartment. See perlsec for details about both these mechanisms.

Perl がパターンの中にあるコードを実行する方法を知る前はこの操作は不正な パターンで例外を発生させはしますがセキュリティ的な視点で完全に安全でした。 もし use re 'eval' を有効にしているのなら、これはもはやセキュアでは ありません; そして汚染チェックを使っているときにだけ行うべきです。 より良い方法としては、Safe の区画内で注意深く制限された評価を 使うべきでしょう。 この双方のメカニズムについての詳細は perlsec を参照してください。

Because Perl's regex engine is currently not re-entrant, interpolated code may not invoke the regex engine either directly with m// or s///), or indirectly with functions such as split.

Perl の正規表現エンジンは今のところ再入可能ではないので、埋め込まれた コードからは m// または s/// を使って直接的にでも split のような 関数を使って間接的にでも呼び出さないでください。

(??{ code })

WARNING: This extended regular expression feature is considered experimental, and may be changed without notice. Code executed that has side effects may not perform identically from version to version due to the effect of future optimisations in the regex engine.

警告: この拡張正規表現の機能は実験的なものと考えられており、 また通知なしに変更されるかもしれません。 副作用を持つコードの実行は今後の正規表現エンジンの最適化の影響で バージョン間で必ずしも同じになるとは限らないでしょう。

This is a "postponed" regular subexpression. The code is evaluated at run time, at the moment this subexpression may match. The result of evaluation is considered as a regular expression and matched as if it were inserted instead of this construct. Note that this means that the contents of capture buffers defined inside an eval'ed pattern are not available outside of the pattern, and vice versa, there is no way for the inner pattern to refer to a capture buffer defined outside. Thus,

これは「先送りされた」正規部分表現です。 code は実行時に評価され、そのときにこの部分表現にマッチングさせます。 評価の結果は正規表現として受け取られ、この構成子の代わりに 入れられていたかのようにマッチングされます。 これは eval されたパターン内部で定義された捕捉バッファの内容はパターンの 外側では提供されず、そしてその逆も同様になる点に注意してください; 内側のパターンが外側で定義された捕捉バッファを参照する方法はありません。 例えば、

    ('a' x 100)=~/(??{'(.)' x 100})/

will match, it will not set $1.

これはマッチング します が、$1 は設定 されません

The code is not interpolated. As before, the rules to determine where the code ends are currently somewhat convoluted.

code は埋め込まれません。 先の時と同様に code が終了していると決定するルールは少々複雑です。

The following pattern matches a parenthesized group:

次のパターンはかっこで囲まれたグループにマッチングします:

  $re = qr{
             \(
             (?:
                (?> [^()]+ )    # Non-parens without backtracking
              |
                (??{ $re })     # Group with matching parens
             )*
             \)
          }x;

See also (?PARNO) for a different, more efficient way to accomplish the same task.

同じタスクを行う別の、より効率的な方法として (?PARNO) も 参照してください。

Because perl's regex engine is not currently re-entrant, delayed code may not invoke the regex engine either directly with m// or s///), or indirectly with functions such as split.

Perl の正規表現エンジンは今のところ再入可能ではないので、 遅延されたコードからは m// または s/// を使って直接的にでも split のような関数を使って間接的にでも呼び出さないでください。

Recursing deeper than 50 times without consuming any input string will result in a fatal error. The maximum depth is compiled into perl, so changing it requires a custom build.

入力を消費しない 50 回を超える深い再帰は致命的なエラーとなります。 最大深度は perl にコンパイルされているので、これを変更するには 特別にビルドする必要があります。

(?PARNO) (?-PARNO) (?+PARNO) (?R) (?0)

Similar to (??{ code }) except it does not involve compiling any code, instead it treats the contents of a capture buffer as an independent pattern that must match at the current position. Capture buffers contained by the pattern will have the value as determined by the outermost recursion.

コードのコンパイルを伴わなず、その代わりに捕捉バッファの内容を現在の位置で マッチングすべき独立したパターンとして扱う、(??{ code }) と似た機能です。 パターンに内包されている捕捉バッファは一番外側の再帰として 決定されるという価値があります。

PARNO is a sequence of digits (not starting with 0) whose value reflects the paren-number of the capture buffer to recurse to. (?R) recurses to the beginning of the whole pattern. (?0) is an alternate syntax for (?R). If PARNO is preceded by a plus or minus sign then it is assumed to be relative, with negative numbers indicating preceding capture buffers and positive ones following. Thus (?-1) refers to the most recently declared buffer, and (?+1) indicates the next buffer to be declared. Note that the counting for relative recursion differs from that of relative backreferences, in that with recursion unclosed buffers are included.

PARNO はその値が再帰させる捕捉バッファのかっこ番号を反映する一連の 数字からなります(そして 0 からは始まりません)。 (?R) はパターン全体の最初から再帰します。 (?0)(?R) の別の構文です。 PARNO の前に正符号または負符号がついていた場合には相対的な位置として 使われます; 負数であれば前の捕捉バッファを、正数であれば続く 捕捉バッファを示します。 従って (-1) は一番最近宣言されたバッファを参照し、(?+1) は次に 宣言されるバッファを参照します。 相対再帰の数え方は相対後方参照とは違って、バッファに閉じていない再帰は 含まれることに注意してください,

The following pattern matches a function foo() which may contain balanced parentheses as the argument.

以下のパターンは引数にバランスのとれたかっこを含んでいるかもしれない関数 foo() にマッチングします。

  $re = qr{ (                    # paren group 1 (full function)
              foo
              (                  # paren group 2 (parens)
                \(
                  (              # paren group 3 (contents of parens)
                  (?:
                   (?> [^()]+ )  # Non-parens without backtracking
                  |
                   (?2)          # Recurse to start of paren group 2
                  )*
                  )
                \)
              )
            )
          }x;

If the pattern was used as follows

このパターンを以下のように使うと,

    'foo(bar(baz)+baz(bop))'=~/$re/
        and print "\$1 = $1\n",
                  "\$2 = $2\n",
                  "\$3 = $3\n";

the output produced should be the following:

次のように出力されます:

    $1 = foo(bar(baz)+baz(bop))
    $2 = (bar(baz)+baz(bop))
    $3 = bar(baz)+baz(bop)

If there is no corresponding capture buffer defined, then it is a fatal error. Recursing deeper than 50 times without consuming any input string will also result in a fatal error. The maximum depth is compiled into perl, so changing it requires a custom build.

もし対応する捕捉バッファが定義されていなかったときには致命的な エラーとなります。 入力を消費しない 50 回を超える深い再帰も致命的なエラーとなります。 最大深度は perl にコンパイルされているので、これを変更するには特別に ビルドする必要があります。

The following shows how using negative indexing can make it easier to embed recursive patterns inside of a qr// construct for later use:

以下に後で使うパターンのために、qr// 構成子内で再帰を埋め込むのに 負数の参照を使うとどのように容易になるかを示します:

    my $parens = qr/(\((?:[^()]++|(?-1))*+\))/;
    if (/foo $parens \s+ + \s+ bar $parens/x) {
       # do something here...
    }

Note that this pattern does not behave the same way as the equivalent PCRE or Python construct of the same form. In Perl you can backtrack into a recursed group, in PCRE and Python the recursed into group is treated as atomic. Also, modifiers are resolved at compile time, so constructs like (?i:(?1)) or (?:(?i)(?1)) do not affect how the sub-pattern will be processed.

補足 このパターンは PCRE や Python での等価な形式の構成子と同じように 振る舞うわけではありません。 Perl においては再帰グループの中にバックトラックできますが、PCRE や Python ではグループへの再帰はアトミックに扱われます。 また、修飾子はコンパイル時に解決されるので、(?i:(?1)) や (?:(?i)(?1)) といった構成子はサブパターンがどのように処理されたかに 影響されません。

(?&NAME)

Recurse to a named subpattern. Identical to (?PARNO) except that the parenthesis to recurse to is determined by name. If multiple parentheses have the same name, then it recurses to the leftmost.

名前付きサブパターンへの再帰。 再帰するかっこが名前によって決定される点以外は (?PARNO) と等価です。 もし複数のかっこで同じ名前を持っていた場合には一番左のものに再帰します。

It is an error to refer to a name that is not declared somewhere in the pattern.

パターンのどこでも宣言されていない名前の参照はエラーになります。

NOTE: In order to make things easier for programmers with experience with the Python or PCRE regex engines the pattern (?P>NAME) may be used instead of (?&NAME).

補足: Python または PCRE 正規表現エンジンに慣れているプログラマが 簡単になるように (?&NAME) の代わりに (?P>NANE) を使うことも できます。

(?(condition)yes-pattern|no-pattern)
(?(condition)yes-pattern)

Conditional expression. (condition) should be either an integer in parentheses (which is valid if the corresponding pair of parentheses matched), a look-ahead/look-behind/evaluate zero-width assertion, a name in angle brackets or single quotes (which is valid if a buffer with the given name matched), or the special symbol (R) (true when evaluated inside of recursion or eval). Additionally the R may be followed by a number, (which will be true when evaluated when recursing inside of the appropriate group), or by &NAME, in which case it will be true only when evaluated during recursion in the named group.

条件付き式。 (condition) はかっこでくるまれた数値(対応するかっこ対が マッチングしたときに有効)、先読み/後読み/ゼロ幅で評価される言明、角かっこ もしくはシングルクォートでくるまれた名前(その名前のバッファが マッチングしたときに有効)、特殊なシンボル (R) (再帰または eval 内で 評価されているときに真)のいずれかです。 加えて R には数字(対応するグループ内で再帰しているときに真)、もしくは &NAME、こちらの時はその名前のグループで再帰している時にのみ真、を 続けることもできます。

Here's a summary of the possible predicates:

可能な述語の要約を次に示します:

(1) (2) ...

Checks if the numbered capturing buffer has matched something.

その番号の捕捉バッファが何かにマッチングしたかどうかを調べます。

(<NAME>) ('NAME')

Checks if a buffer with the given name has matched something.

その名前のバッファが何かにマッチングしたかどうかを調べます。

(?{ CODE })

Treats the code block as the condition.

コードブロックを条件として扱います。

(R)

Checks if the expression has been evaluated inside of recursion.

式が再帰の中で評価されているかどうかを調べます。

(R1) (R2) ...

Checks if the expression has been evaluated while executing directly inside of the n-th capture group. This check is the regex equivalent of

式がその n 番目の捕捉グループのすぐ内側で実行されているかどうかを調べます。 これは次のものと等価な正規表現です

  if ((caller(0))[3] eq 'subname') { ... }

In other words, it does not check the full recursion stack.

言い換えると、これは完全な再帰スタックを調べるわけではありません。

(R&NAME)

Similar to (R1), this predicate checks to see if we're executing directly inside of the leftmost group with a given name (this is the same logic used by (?&NAME) to disambiguate). It does not check the full stack, but only the name of the innermost active recursion.

(R1) と似ていて、この述語はその名前のつけられている一番左のグループの すぐ内側で実行されているかどうかをしらべます(一番左は (?NAME) と 同じロジックです)。 これは完全なスタックを調べずに、一番内部のアクティブな再帰の名前だけを 調べます。

(DEFINE)

In this case, the yes-pattern is never directly executed, and no no-pattern is allowed. Similar in spirit to (?{0}) but more efficient. See below for details.

この場合において、yes-pattern は直接は実行されず、no-pattern は 許可されていません。 (?{0}) と似ていますがより効率的です。 詳細は次のようになります。

For example:

例:

    m{ ( \( )?
       [^()]+
       (?(1) \) )
     }x

matches a chunk of non-parentheses, possibly included in parentheses themselves.

これはかっこ以外からなる固まりかかっこの中にあるそれらにマッチングします。

A special form is the (DEFINE) predicate, which never executes directly its yes-pattern, and does not allow a no-pattern. This allows to define subpatterns which will be executed only by using the recursion mechanism. This way, you can define a set of regular expression rules that can be bundled into any pattern you choose.

(DEFINE) は特殊な形式で、これはその yes-pattern を直接は実行せず、 no-pattern も許可していません。 これは再帰メカニズムの中で利用することでのみ実行されるサブパターンの 定義を許可します。 これによって、選んだパターンと一緒に正規表現ルールを定義できます。

It is recommended that for this usage you put the DEFINE block at the end of the pattern, and that you name any subpatterns defined within it.

この使い方において、DEFINE ブロックはパターンの最後におくこと、 そしてそこで定義する全てのサブパターンに名前をつけることが 推奨されています。

Also, it's worth noting that patterns defined this way probably will not be as efficient, as the optimiser is not very clever about handling them.

また、この方法によって定義されるパターンはその処理に関してそんなに 賢い訳ではないので効率的でないことに価値は何もないでしょう。

An example of how this might be used is as follows:

これをどのように使うかの例を次に示します:

  /(?<NAME>(?&NAME_PAT))(?<ADDR>(?&ADDRESS_PAT))
   (?(DEFINE)
     (?<NAME_PAT>....)
     (?<ADRESS_PAT>....)
   )/x

Note that capture buffers matched inside of recursion are not accessible after the recursion returns, so the extra layer of capturing buffers is necessary. Thus $+{NAME_PAT} would not be defined even though $+{NAME} would be.

再帰の内側でマッチングした捕捉バッファは再帰から戻った後には アクセスできないため、余分な捕捉バッファの レイヤは必要な点に注意してください。 従って $+{NAME} が定義されていても $+{NAME_PAT} は定義されません。

(?>pattern)

An "independent" subexpression, one which matches the substring that a standalone pattern would match if anchored at the given position, and it matches nothing other than this substring. This construct is useful for optimizations of what would otherwise be "eternal" matches, because it will not backtrack (see "Backtracking"). It may also be useful in places where the "grab all you can, and do not give anything back" semantic is desirable.

「独立した」部分式、スタンドアロンの pattern がその場所に 固定されてマッチングする部分文字列にマッチングし、 その文字列以外にはなにもマッチングしません。 この構成子は他の"外部"マッチングになる最適化に便利です; なぜならこれはバックトラックしないためです("Backtracking" 参照)。 これは "できる限りを取り込んで、後は戻らない"セマンティクスが 必要な場所でも便利です。

For example: ^(?>a*)ab will never match, since (?>a*) (anchored at the beginning of string, as above) will match all characters a at the beginning of string, leaving no a for ab to match. In contrast, a*ab will match the same as a+b, since the match of the subgroup a* is influenced by the following group ab (see "Backtracking"). In particular, a* inside a*ab will match fewer characters than a standalone a*, since this makes the tail match.

例: ^(?>a*)ab は何もマッチングしません、 なぜなら (?>a*) (前述のように、文字列の開始で固定されます)は 文字列のはじめにある全ての文字 a にマッチングし、 ab のマッチングのための a を残さないためです。 対照的に、a*aba+b と同じようにマッチングします、 これはサブグループ a* のマッチングは次のグループ ab の影響を 受けるためです ("Backtracking" 参照)。 特に、a*ab の中の a* は単独の a* より短い文字にマッチングします; これによって最後のマッチングが行えるようになります。

An effect similar to (?>pattern) may be achieved by writing (?=(pattern))\1. This matches the same substring as a standalone a+, and the following \1 eats the matched string; it therefore makes a zero-length assertion into an analogue of (?>...). (The difference between these two constructs is that the second one uses a capturing group, thus shifting ordinals of backreferences in the rest of a regular expression.)

(?>pattern) と似た効果は (?=(pattern))\1 でも達成できます。 これは単独の a+ と同じ部分文字列にマッチングし、それに続く \1 が マッチングした文字列を消費します; これはゼロ幅の言明が (?>...) の類似を作るためです。 (この2つの構成子は後者はグループをキャプチャするため、 それに続く正規表現の残りで後方参照の順序をずらす点で違いがあります)。

Consider this pattern:

次のパターンを考えてみてください:

    m{ \(
          (
            [^()]+              # x+
          |
            \( [^()]* \)
          )+
       \)
     }x

That will efficiently match a nonempty group with matching parentheses two levels deep or less. However, if there is no such group, it will take virtually forever on a long string. That's because there are so many different ways to split a long string into several substrings. This is what (.+)+ is doing, and (.+)+ is similar to a subpattern of the above pattern. Consider how the pattern above detects no-match on ((()aaaaaaaaaaaaaaaaaa in several seconds, but that each extra letter doubles this time. This exponential performance will make it appear that your program has hung. However, a tiny change to this pattern

これは 2 段階までのかっこでくるまれた空でないグループに効率的に マッチングします。 しかしながら、これはマッチングするグループがなかったときに長い 文字列においてはほとんど永遠に戻りません。 これは長い文字列をいくつかの部分文字列に分解する方法がいくつもあるためです。 これは (.+)+ が行うことでもあり、(.+)+ は このパターンの 部分パターンと似ています。 このパターンが ((()aaaaaaaaaaaaaaaaaa にはマッチングしないことを どうやって検出するかを少し考えてみましょう、 しかしここでは余計な文字を2倍にしてみます。 この指数的なパフォーマンスはプログラムのハングアップとして表面化します。 しかしながら、このパターンに小さな変更をいれてみます,

    m{ \(
          (
            (?> [^()]+ )        # change x+ above to (?> x+ )
          |
            \( [^()]* \)
          )+
       \)
     }x

which uses (?>...) matches exactly when the one above does (verifying this yourself would be a productive exercise), but finishes in a fourth the time when used on a similar string with 1000000 as. Be aware, however, that this pattern currently triggers a warning message under the use warnings pragma or -w switch saying it "matches null string many times in regex".

これは上で行っているように (?>...) マッチングを 使っています(これは自身で確認してみるとよいでしょう)が、 しかし 1000000 個の a からなる似た文字列を使ってみると、4 分の 1 の 時間で完了します。 しかしながら、このパターンは現在のところ use warnings プラグマまたは -w スイッチの影響下では "matches null string many times in regex" (正規表現において空文字列に何回もマッチングしました) という警告を 発するでしょう。

On simple groups, such as the pattern (?> [^()]+ ), a comparable effect may be achieved by negative look-ahead, as in [^()]+ (?! [^()] ). This was only 4 times slower on a string with 1000000 as.

パターン (?> [^()]+ ) のような簡単なグループでは、 比較できる影響は [^()]+ (?! [^()] ) のように負の先読みの 言明で達することができます。 これは 1000000 個の a からなる文字列において 4 倍だけ遅くなります。

The "grab all you can, and do not give anything back" semantic is desirable in many situations where on the first sight a simple ()* looks like the correct solution. Suppose we parse text with comments being delimited by # followed by some optional (horizontal) whitespace. Contrary to its appearance, #[ \t]* is not the correct subexpression to match the comment delimiter, because it may "give up" some whitespace if the remainder of the pattern can be made to match that way. The correct answer is either one of these:

最初の ()* のような正しい解法となる多くの状況において 「できる限りを取り込んで、後は戻らない」セマンティクスが望まれるものです。 任意で(水平)空白の続く # によって区切られるコメントのついたテキストの パースを考えてみます。 その出現と対比して、#[ \t]* はコメント区切りにマッチングする 正しい部分式ではありません; なぜならパターンの残りがそれのマッチングを 作ることができるのならそれはいくつかの空白を「あきらめてしまう」ためです。 正しい回答は以下のいずれかです:

    (?>#[ \t]*)
    #[ \t]*(?![ \t])

For example, to grab non-empty comments into $1, one should use either one of these:

例えば空でないコメントを $1 に取り込むためには次のいずれかを使います:

    / (?> \# [ \t]* ) (        .+ ) /x;
    /     \# [ \t]*   ( [^ \t] .* ) /x;

Which one you pick depends on which of these expressions better reflects the above specification of comments.

選んだ方はコメントの仕様をより適切に反映した式に依存します。

In some literature this construct is called "atomic matching" or "possessive matching".

いくつかの書籍においてこの構成子は「アトミックなマッチング」 または「絶対最大量マッチング(possessive matching)」と呼ばれます。

Possessive quantifiers are equivalent to putting the item they are applied to inside of one of these constructs. The following equivalences apply:

絶対最大量指定子はそれが適用されている項目をこれらの構成子の中に置くことと 等価です。 以下の等式が適用されます:

    Quantifier Form     Bracketing Form
    ---------------     ---------------
    PAT*+               (?>PAT*)
    PAT++               (?>PAT+)
    PAT?+               (?>PAT?)
    PAT{min,max}+       (?>PAT{min,max})

特殊なバックトラック制御記号

WARNING: These patterns are experimental and subject to change or removal in a future version of Perl. Their usage in production code should be noted to avoid problems during upgrades.

警告: これらのパターンは実験的なものであり、 Perl の今後のバージョンで変更または削除される可能性があります。 製品コードでこれらを使う際にはアップグレードによる問題を 避けるために明記するべきです。

These special patterns are generally of the form (*VERB:ARG). Unless otherwise stated the ARG argument is optional; in some cases, it is forbidden.

これらの特殊なパターンは (*VERB:ARG) という一般形式を持っています。 ARG が任意であると規定されていいないいくつかのケース以外では、それは 拒否されます。

Any pattern containing a special backtracking verb that allows an argument has the special behaviour that when executed it sets the current packages' $REGERROR and $REGMARK variables. When doing so the following rules apply:

引数を許可する特殊バックトラック制御記号を含んでいる全てのパターンは、 それが実行されると現在のパッケージの $REGERROR 及び $REGMARK 変数を 設定する特殊な振る舞いを持っています。 これが行われる時以下の手順が適用されます。

On failure, the $REGERROR variable will be set to the ARG value of the verb pattern, if the verb was involved in the failure of the match. If the ARG part of the pattern was omitted, then $REGERROR will be set to the name of the last (*MARK:NAME) pattern executed, or to TRUE if there was none. Also, the $REGMARK variable will be set to FALSE.

失敗時には $REGERROR 変数には、記号がマッチングの失敗の中で 使われていたのならその記号パターンの ARG の値がセットされます。 もしパターンの ARG 部分が省略されていたときには、$REGERROR には 最後に実行された (*MARK:NAME) パターンの名前、またはそれもなければ 真に設定されます。 また、$REGMARK 変数は偽に設定されます。

On a successful match, the $REGERROR variable will be set to FALSE, and the $REGMARK variable will be set to the name of the last (*MARK:NAME) pattern executed. See the explanation for the (*MARK:NAME) verb below for more details.

マッチングの成功時には、$REGERROR 変数は偽に設定され、$REGMARK 変数には 最後に実行された (*MARK:NAME) パターンの名前が設定されます。 詳細は (*MARK:NAME) 記号の説明を参照してください。

NOTE: $REGERROR and $REGMARK are not magic variables like $1 and most other regex related variables. They are not local to a scope, nor readonly, but instead are volatile package variables similar to $AUTOLOAD. Use local to localize changes to them to a specific scope if necessary.

補足: $REGERROR 及び $REGMARK$1 や他の多くの 正規表現関連の変数のようにマジック変数ではありません。 それらはスコープ内にローカルにならず、読み込み専用でもありませんが、 $AUTOLOAD と似た揮発するパッケージ変数です。 必要時に特定のスコープ内に変更を留めたいときには local を使ってください。

If a pattern does not contain a special backtracking verb that allows an argument, then $REGERROR and $REGMARK are not touched at all.

もしパターンが引数を許可する特殊バックトラック記号を含んでなかった場合には、 $REGERROR 及び $REGMARK は全く触られません。

Verbs that take an argument

(引数を取る動詞)

(*PRUNE) (*PRUNE:NAME)

This zero-width pattern prunes the backtracking tree at the current point when backtracked into on failure. Consider the pattern A (*PRUNE) B, where A and B are complex patterns. Until the (*PRUNE) verb is reached, A may backtrack as necessary to match. Once it is reached, matching continues in B, which may also backtrack as necessary; however, should B not match, then no further backtracking will take place, and the pattern will fail outright at the current starting position.

このゼロ幅のパターンは失敗でバックトラックしてきたときに現在の位置で バックトラックツリーを刈り取ります。 A (*PRUNE) B というパターンで A も B も複雑なパターンである時を 考えてみます。 (*PRUNE) に達するまでは、A はマッチングに必要であれば バックトラックしていきます。 しかし一旦そこに達して B に続くと、そこでも必要に応じてバックトラックします; しかしながら、B がマッチングしなかったときにはそれ以上のバックトラックは 行われず、現在の開始位置でのマッチングはすぐに失敗します。

The following example counts all the possible matching strings in a pattern (without actually matching any of them).

次の例ではパターンに対してマッチングできるすべての文字列を(実際には マッチングさせずに)数えます。

    'aaab' =~ /a+b?(?{print "$&\n"; $count++})(*FAIL)/;
    print "Count=$count\n";

which produces:

この出力:

    aaab
    aaa
    aa
    a
    aab
    aa
    a
    ab
    a
    Count=9

If we add a (*PRUNE) before the count like the following

次のように数える前に (*PRUNE) を加えると

    'aaab' =~ /a+b?(*PRUNE)(?{print "$&\n"; $count++})(*FAIL)/;
    print "Count=$count\n";

we prevent backtracking and find the count of the longest matching at each matching starting point like so:

バックトラックを妨げ次のように各開始位置での一番長いマッチングを 数えるようになります:

    aaab
    aab
    ab
    Count=3

Any number of (*PRUNE) assertions may be used in a pattern.

1つのパターン内で (*PRUNE) 言明はいくつでも使えます。

See also (?>pattern) and possessive quantifiers for other ways to control backtracking. In some cases, the use of (*PRUNE) can be replaced with a (?>pattern) with no functional difference; however, (*PRUNE) can be used to handle cases that cannot be expressed using a (?>pattern) alone.

バックトラックを制御する他の方法として (?>pattern) 及び絶対最大量指定子も参照してください。 幾つかのケースにおいては (*PRUNE) の利用は機能的な違いなしに (?>pattern) で置き換えることができます; しかしながら (*PRUNE)(?>pattern) 単独では表現できないケースを扱うために使えます。

(*SKIP) (*SKIP:NAME)

This zero-width pattern is similar to (*PRUNE), except that on failure it also signifies that whatever text that was matched leading up to the (*SKIP) pattern being executed cannot be part of any match of this pattern. This effectively means that the regex engine "skips" forward to this position on failure and tries to match again, (assuming that there is sufficient room to match).

このゼロ幅のパターンは *PRUNE と似ていますが、実行されている (*SKIP) パターンまでにマッチングしたテキストはこのパターンの どのマッチングの一部にもならないことを示します。 これは正規表現エンジンがこの位置まで失敗として「スキップ」して(マッチングに 十分な空間があれば)再びマッチングを試みることを効率的に意味します。

The name of the (*SKIP:NAME) pattern has special significance. If a (*MARK:NAME) was encountered while matching, then it is that position which is used as the "skip point". If no (*MARK) of that name was encountered, then the (*SKIP) operator has no effect. When used without a name the "skip point" is where the match point was when executing the (*SKIP) pattern.

(*SKIP:NAME) パターンの名前部分には特別な意味があります。 もしマッチングにおいて (*MARK:NAME) に遭遇すると、それは「スキップ 位置」として使われる位置になります。 その名前の (*MARK) と東宮していなければ、(*SKIP) 操作は効果を 持ちません。 名前がなければ「スキップ位置」は(*SKIP)パターンの実行されたときに マッチングポイントが使われます。

Compare the following to the examples in (*PRUNE), note the string is twice as long:

以下の例を (*PRUNE) と比べてみてください; 文字列が2倍になってることに注意してください:

    'aaabaaab' =~ /a+b?(*SKIP)(?{print "$&\n"; $count++})(*FAIL)/;
    print "Count=$count\n";

outputs

これの出力は

    aaab
    aaab
    Count=2

Once the 'aaab' at the start of the string has matched, and the (*SKIP) executed, the next starting point will be where the cursor was when the (*SKIP) was executed.

いったん文字列の最初の 'aaab' がマッチングして、(*SKIP) が実行されると、 次の開始位置は (*SKIP) が実行されたときのカーソルがいた位置になります。

(*MARK:NAME) (*:NAME) (*MARK:NAME) (*:NAME)

This zero-width pattern can be used to mark the point reached in a string when a certain part of the pattern has been successfully matched. This mark may be given a name. A later (*SKIP) pattern will then skip forward to that point if backtracked into on failure. Any number of (*MARK) patterns are allowed, and the NAME portion is optional and may be duplicated.

このゼロ幅のマッチングはパターン内の特定の箇所がマッチングに成功したときに、 文字列の中で達した位置を記録するために使われます。 このマークには名前をつけることもできます。 後者の (*SKIP) パターンは失敗時でバックトラックしたときにその箇所まで スキップします。 (*MARK) パターンはいくつでも使うことができて、NAME 部分は省略可能であり 重複することもあります。

In addition to interacting with the (*SKIP) pattern, (*MARK:NAME) can be used to "label" a pattern branch, so that after matching, the program can determine which branches of the pattern were involved in the match.

(*SKIP) パターンとの相互動作に加えて、(*MARK:NAME) はパターン分岐の 「ラベル」としても使うことができます; このためマッチングの後で、プログラムは そのマッチングにおいてパターンのどの分岐が使われたのかを知ることができます。

When a match is successful, the $REGMARK variable will be set to the name of the most recently executed (*MARK:NAME) that was involved in the match.

マッチングの成功時に、$REGMARK 変数はマッチングの中で一番最近に 実行された (*MARK:NAME) の名前を設定します。

This can be used to determine which branch of a pattern was matched without using a separate capture buffer for each branch, which in turn can result in a performance improvement, as perl cannot optimize /(?:(x)|(y)|(z))/ as efficiently as something like /(?:x(*MARK:x)|y(*MARK:y)|z(*MARK:z))/.

これは書く分岐で別々の捕捉バッファを使うことなしにパターンのどの分岐が マッチングしたのかを知るために使うことができます; これは perl は /(?:(x)|(y)|(z))//(?:x(*MARK:x)|y(*MARK:y)|z(*MARK:z))/ 程度に 効率的には最適化できないためパフォーマンスの向上をもたらします。

When a match has failed, and unless another verb has been involved in failing the match and has provided its own name to use, the $REGERROR variable will be set to the name of the most recently executed (*MARK:NAME).

マッチングが失敗して、そして他の記号がマッチングの失敗で行われずかつ名前を 持っているというのでなければ、$REGERROR 変数には一番最近に実行された 名前が設定されます。

See (*SKIP) for more details.

詳細は (*SKIP) を参照してください。

As a shortcut (*MARK:NAME) can be written (*:NAME).

(*MARK:NAME) の短縮形として (*:NAME) とも記述できます。

(*THEN) (*THEN:NAME)

This is similar to the "cut group" operator :: from Perl 6. Like (*PRUNE), this verb always matches, and when backtracked into on failure, it causes the regex engine to try the next alternation in the innermost enclosing group (capturing or otherwise).

これは Perl 6 の "cut group" 演算子 :: と似ています。 (*PRUNE) のように、この記号は常にマッチングし、そして失敗で バックトラックした時に正規表現エンジンに一番内側で閉じているグループ (キャプチャでもそうでなくとも)で次の代替を試みるようにさせます。

Its name comes from the observation that this operation combined with the alternation operator (|) can be used to create what is essentially a pattern-based if/then/else block:

この名前は代替演算子(|) と連結されたこの演算子で本質的にパターンベースの if/then/else ブロックとなるものを作るために使うことが できることからきています:

  ( COND (*THEN) FOO | COND2 (*THEN) BAR | COND3 (*THEN) BAZ )

Note that if this operator is used and NOT inside of an alternation then it acts exactly like the (*PRUNE) operator.

この演算子が使われていてそしてそれが代替の内側ではなければ これはちょうど (*PRUNE) 演算子のように動作します。

  / A (*PRUNE) B /

is the same as

は次と同じです

  / A (*THEN) B /

but

しかし

  / ( A (*THEN) B | C (*THEN) D ) /

is not the same as

は次と同じではありません

  / ( A (*PRUNE) B | C (*PRUNE) D ) /

as after matching the A but failing on the B the (*THEN) verb will backtrack and try C; but the (*PRUNE) verb will simply fail.

A にマッチングしたけれど B に失敗した後 (*THEN) 記号はバックトラックして C を試みます; しかし (*PRUNE) 記号であれば単純に失敗します。

(*COMMIT)

This is the Perl 6 "commit pattern" <commit> or :::. It's a zero-width pattern similar to (*SKIP), except that when backtracked into on failure it causes the match to fail outright. No further attempts to find a valid match by advancing the start pointer will occur again. For example,

これは Perl 6 の"コミットパターン" <commit> または ::: です。 これは (*SKIP) と似たゼロ幅のパターンですが、失敗でバックトラックした 際にマッチングがすぐに失敗する点で異なります。 それ以降で開始位置を進めて有効なマッチングを探す試行は行われません。 例えば、

    'aaabaaab' =~ /a+b?(*COMMIT)(?{print "$&\n"; $count++})(*FAIL)/;
    print "Count=$count\n";

outputs

は次を出力します

    aaab
    Count=1

In other words, once the (*COMMIT) has been entered, and if the pattern does not match, the regex engine will not try any further matching on the rest of the string.

言い換えると、いったん (*COMMIT) に入った後に、そのパターンが マッチングしなかったのなら、正規表現エンジンは文字列の残りに対して それ以上のマッチングを試みません。

Verbs without an argument
(*FAIL) (*F)

This pattern matches nothing and always fails. It can be used to force the engine to backtrack. It is equivalent to (?!), but easier to read. In fact, (?!) gets optimised into (*FAIL) internally.

このパターンは何にもマッチングせず常に失敗します。 これはエンジンを強制的にバックトラックさせるために使えます。 これは (?!) と等価ですが、より読みやすくなっています。 実際、(?!) は内部的には (*FAIL) に最適化されます。

It is probably useful only when combined with (?{}) or (??{}).

これはおそらく (?{}) または (??{}) と組み合わせた時にだけ 役に立つでしょう。

(*ACCEPT)

WARNING: This feature is highly experimental. It is not recommended for production code.

警告: この機能は強く実験的です。 製品コードでは推奨されません。

This pattern matches nothing and causes the end of successful matching at the point at which the (*ACCEPT) pattern was encountered, regardless of whether there is actually more to match in the string. When inside of a nested pattern, such as recursion, or in a subpattern dynamically generated via (??{}), only the innermost pattern is ended immediately.

このパターンマッチングは何もせず (*ACCEPT) パターンと遭遇した場所で 文字列の中で実際にもっとマッチングするものがあるかどうかにかかわらず 成功のマッチングを終了させます。 再帰、または (??{}) といったネストしたパターンの内側では、一番内側の パターンのみがすぐに終了します。

If the (*ACCEPT) is inside of capturing buffers then the buffers are marked as ended at the point at which the (*ACCEPT) was encountered. For instance:

(*ACCEPT) が捕捉バッファの内側で使われた場合捕捉バッファは (*ACCEPT) と遭遇した位置で終了とマークされます。 例えば:

  'AB' =~ /(A (A|B(*ACCEPT)|C) D)(E)/x;

will match, and $1 will be AB and $2 will be B, $3 will not be set. If another branch in the inner parentheses were matched, such as in the string 'ACDE', then the D and E would have to be matched as well.

はマッチングし、$1AB になり、$2B に、そして $3 は設定されません。 'ACDE' のようにかっこの内側で他の分岐がマッチングしたのなら、D 及び E もマッチングします。

バックトラック

NOTE: This section presents an abstract approximation of regular expression behavior. For a more rigorous (and complicated) view of the rules involved in selecting a match among possible alternatives, see "Combining RE Pieces".

補足: このセクションでは正規表現の振る舞いに関する抽象的な概要を 説明します。 可能な代替におけるマッチングの選択におけるルールの厳密な(そして複雑な) 説明は "Combining RE Pieces" を参照してください。

A fundamental feature of regular expression matching involves the notion called backtracking, which is currently used (when needed) by all regular non-possessive expression quantifiers, namely *, *?, +, +?, {n,m}, and {n,m}?. Backtracking is often optimized internally, but the general principle outlined here is valid.

正規表現マッチングの基本的な機能には最近(必要であれば)すべての強欲でない 正規表現量指定子、つまり、*, *?, +, +?, {n,m}, {n,m}? で 使われる バックトラッキング と呼ばれる概念が含まれています。

For a regular expression to match, the entire regular expression must match, not just part of it. So if the beginning of a pattern containing a quantifier succeeds in a way that causes later parts in the pattern to fail, the matching engine backs up and recalculates the beginning part--that's why it's called backtracking.

正規表現がマッチング知る時、その正規表現の一部ではなく、 全体 がマッチングしなければなりません。 そのためもしパターンの前半にパターンの後半部分を失敗させてしまう 量指定子が含まれているのなら、マッチングングエンジンはいったん戻って 開始位置を再計算します -- これがバックトラッキングと呼ばれる所以です。

Here is an example of backtracking: Let's say you want to find the word following "foo" in the string "Food is on the foo table.":

バックトラッキングの例をあげてみます: "Foo is on the foo table." という 文字列の中で "foo" に続く単語を取り出してください:

    $_ = "Food is on the foo table.";
    if ( /\b(foo)\s+(\w+)/i ) {
        print "$2 follows $1.\n";
    }

When the match runs, the first part of the regular expression (\b(foo)) finds a possible match right at the beginning of the string, and loads up $1 with "Foo". However, as soon as the matching engine sees that there's no whitespace following the "Foo" that it had saved in $1, it realizes its mistake and starts over again one character after where it had the tentative match. This time it goes all the way until the next occurrence of "foo". The complete regular expression matches this time, and you get the expected output of "table follows foo."

マッチングが実行される時、正規表現の最初の部分 (\b(foo)) は開始文字列の 右側で可能なマッチングを探します; そして $1 に "Foo" をロードします。 しかし、すぐにマッチングエンジンは $1 に保存した "Foo" の後に空白が 無いことを見つけ、それが失敗だったことを検出して仮にマッチングさせた 場所の1文字後から開始します。 この時次の "foo" の出現まで進みます。 この時に正規表現は完全にマッチングし、予測した出力 "table follows foo." を 得ます。

Sometimes minimal matching can help a lot. Imagine you'd like to match everything between "foo" and "bar". Initially, you write something like this:

最小マッチングが役立つこともあります。 "foo" と "bar" の間の全てにマッチングしたいと考えてください。 最初に、次のように書くかもしれません:

    $_ =  "The food is under the bar in the barn.";
    if ( /foo(.*)bar/ ) {
        print "got <$1>\n";
    }

Which perhaps unexpectedly yields:

しかしこれは考えたのと違う結果となるでしょう:

  got <d is under the bar in the >

That's because .* was greedy, so you get everything between the first "foo" and the last "bar". Here it's more effective to use minimal matching to make sure you get the text between a "foo" and the first "bar" thereafter.

これは .* が貪欲であり、そのために 最初の "foo" と 最後の "bar" の間にある全てを取り出してしまいます。 次に "foo" とその後の最初の "bar" の間にあるテキストを取り出す 最小マッチングを使ったもっと効率的な方法を示します:

    if ( /foo(.*?)bar/ ) { print "got <$1>\n" }
  got <d is under the >

Here's another example. Let's say you'd like to match a number at the end of a string, and you also want to keep the preceding part of the match. So you write this:

別の例も出してみます。 文字列の最後にある数字にマッチングさせて、そのマッチングの前の部分も 保持させてみましょう。 そしてあなたは次のように書くかもしれません。

    $_ = "I have 2 numbers: 53147";
    if ( /(.*)(\d*)/ ) {                                # Wrong!
        print "Beginning is <$1>, number is <$2>.\n";
    }

That won't work at all, because .* was greedy and gobbled up the whole string. As \d* can match on an empty string the complete regular expression matched successfully.

これは全く動作しません、なぜなら .* は貪欲であり文字列全体を 飲み込んでしまいます。 \d* は空の文字列にマッチングできるので正規表現は完全に正常に マッチングします。

    Beginning is <I have 2 numbers: 53147>, number is <>.

Here are some variants, most of which don't work:

動作しない主なバリエーションをあげておきます:

    $_ = "I have 2 numbers: 53147";
    @pats = qw{
        (.*)(\d*)
        (.*)(\d+)
        (.*?)(\d*)
        (.*?)(\d+)
        (.*)(\d+)$
        (.*?)(\d+)$
        (.*)\b(\d+)$
        (.*\D)(\d+)$
    };

    for $pat (@pats) {
        printf "%-12s ", $pat;
        if ( /$pat/ ) {
            print "<$1> <$2>\n";
        } else {
            print "FAIL\n";
        }
    }

That will print out:

これらの結果は次のようになります:

    (.*)(\d*)    <I have 2 numbers: 53147> <>
    (.*)(\d+)    <I have 2 numbers: 5314> <7>
    (.*?)(\d*)   <> <>
    (.*?)(\d+)   <I have > <2>
    (.*)(\d+)$   <I have 2 numbers: 5314> <7>
    (.*?)(\d+)$  <I have 2 numbers: > <53147>
    (.*)\b(\d+)$ <I have 2 numbers: > <53147>
    (.*\D)(\d+)$ <I have 2 numbers: > <53147>

As you see, this can be a bit tricky. It's important to realize that a regular expression is merely a set of assertions that gives a definition of success. There may be 0, 1, or several different ways that the definition might succeed against a particular string. And if there are multiple ways it might succeed, you need to understand backtracking to know which variety of success you will achieve.

このように、これは幾分トリッキーです。 重要なのは正規表現は成功の定義を定める主張の集合にすぎないことを 認識することです。 特定の文字列で成功となる定義には 0, 1 または複数の違ったやり方が存在します。 そしてもし成功する複数の方法が存在するのなら成功したうちのどれが目的と するものなのかを知るためにバックトラッキングを理解しておく必要があります。

When using look-ahead assertions and negations, this can all get even trickier. Imagine you'd like to find a sequence of non-digits not followed by "123". You might try to write that as

前読みの言明及び否定を使っている時にはこれはますますトリッキーになります。 "123" が後ろに続かない数字以外の列を探したいと考えてみてください。 あなたは次のように書くかもしれません。

    $_ = "ABC123";
    if ( /^\D*(?!123)/ ) {              # Wrong!
        print "Yup, no 123 in $_\n";
    }

But that isn't going to match; at least, not the way you're hoping. It claims that there is no 123 in the string. Here's a clearer picture of why that pattern matches, contrary to popular expectations:

ですがこれはマッチングしません; 少なくともなってほしかったようには。 これは文字列の中に 123 がないことを要求します。 よくある予想と比較してなぜパターンがマッチングするのかのわかりやすい 説明を次に示します:

    $x = 'ABC123';
    $y = 'ABC445';

    print "1: got $1\n" if $x =~ /^(ABC)(?!123)/;
    print "2: got $1\n" if $y =~ /^(ABC)(?!123)/;

    print "3: got $1\n" if $x =~ /^(\D*)(?!123)/;
    print "4: got $1\n" if $y =~ /^(\D*)(?!123)/;

This prints

これは次の出力となります

    2: got ABC
    3: got AB
    4: got ABC

You might have expected test 3 to fail because it seems to a more general purpose version of test 1. The important difference between them is that test 3 contains a quantifier (\D*) and so can use backtracking, whereas test 1 will not. What's happening is that you've asked "Is it true that at the start of $x, following 0 or more non-digits, you have something that's not 123?" If the pattern matcher had let \D* expand to "ABC", this would have caused the whole pattern to fail.

テスト 3 はテスト 1 のより一般的なバージョンなのでそれが失敗すると 考えたかもしれません。 この 2 つの重要な違いは、テスト 3 には量指定子(\D*)が含まれているので テスト1ではできなかったバックトラッキングを行うことが できるところにあります。 ここであなたは「$x のはじめで 0 個以上の非数字があるから 123 ではない 何かを得られるんじゃないの?」と聞くでしょう。 このパターンマッチングが \D* を "ABC" に展開させると これはパターン全体を失敗させることになります。

The search engine will initially match \D* with "ABC". Then it will try to match (?!123 with "123", which fails. But because a quantifier (\D*) has been used in the regular expression, the search engine can backtrack and retry the match differently in the hope of matching the complete regular expression.

探索エンジンは最初に \D* を "ABC" にマッチングさせます。 そして (?!123) を "123" にマッチングさせ、これは失敗します。 けれども量指定子 (\D*) が正規表現の中で使われているので、探索エンジンは バックトラックしてこの正規表現全体をマッチングさせるように異なるマッチングを 行うことができます。

The pattern really, really wants to succeed, so it uses the standard pattern back-off-and-retry and lets \D* expand to just "AB" this time. Now there's indeed something following "AB" that is not "123". It's "C123", which suffices.

このパターンは本当に、本当に 成功したいので、これは標準的なパターンの 後退再試行を行い、この時に \D* を "AB" のみに展開させます。 そして確かに "AB" の後ろは "123" ではありません。 "C123" は十分満たしています。

We can deal with this by using both an assertion and a negation. We'll say that the first part in $1 must be followed both by a digit and by something that's not "123". Remember that the look-aheads are zero-width expressions--they only look, but don't consume any of the string in their match. So rewriting this way produces what you'd expect; that is, case 5 will fail, but case 6 succeeds:

これは言明と否定の両方を使うことで処理することができます。 $1 の最初の部分は数字が続きかつそれは "123" ではないことを宣言します。 先読みはゼロ幅の式なのでそれがマッチングした文字列を全く消費しないことを 思い出してください。 そしてこれを必要なものを生成するように書き換えます; つまり、5 のケースでは失敗し、6 のケースは成功します:

    print "5: got $1\n" if $x =~ /^(\D*)(?=\d)(?!123)/;
    print "6: got $1\n" if $y =~ /^(\D*)(?=\d)(?!123)/;

    6: got ABC

In other words, the two zero-width assertions next to each other work as though they're ANDed together, just as you'd use any built-in assertions: /^$/ matches only if you're at the beginning of the line AND the end of the line simultaneously. The deeper underlying truth is that juxtaposition in regular expressions always means AND, except when you write an explicit OR using the vertical bar. /ab/ means match "a" AND (then) match "b", although the attempted matches are made at different positions because "a" is not a zero-width assertion, but a one-width assertion.

言い換えると、このそれぞれの次にある2つのゼロ幅の言明はちょうど何か組み込みの 言明を使ったかのようにそれらがともに AND されているかのように動作します: /^$/ は行の始まりで且つ同時に行の終了でる時にのみマッチングします。 もっと深部での真実は、併記された正規表現は垂直線を使って明示的に OR を 書いたとき以外は常に AND を意味します。 /ab/ は、"a" がゼロ幅の言明ではなく 1 文字幅の言明なので異なる場所で マッチングが行われはしますが、 "a" にマッチング且つ(そして) "b" に マッチングということを意味します。

WARNING: Particularly complicated regular expressions can take exponential time to solve because of the immense number of possible ways they can use backtracking to try for a match. For example, without internal optimizations done by the regular expression engine, this will take a painfully long time to run:

警告: 特にコンパイルされた正規表現はマッチングのために できる限りのバックトラックを非常に多くの回数行うので 解くために指数的な時間を必要とすることがあります。 例えば、正規表現エンジンの内部で行われる最適化がなかったときには、次の評価は 尋常じゃないくらい長時間かかります:

    'aaaaaaaaaaaa' =~ /((a{0,5}){0,5})*[c]/

And if you used *'s in the internal groups instead of limiting them to 0 through 5 matches, then it would take forever--or until you ran out of stack space. Moreover, these internal optimizations are not always applicable. For example, if you put {0,5} instead of * on the external group, no current optimization is applicable, and the match takes a long time to finish.

そしてもし内側のグループで 0 から 5 回にマッチングを制限する代わりに * を使うと、永久に、またはスタックを使い果たすまで 実行し続けることになります。 その上、これらの最適化は常にできるわけではありません。 例えば、外側のグループで * の代わりに {0,5} を使ったときに、現在の 最適化は適用されません; そしてマッチングが終わるまでの長い時間が 必要になります。

A powerful tool for optimizing such beasts is what is known as an "independent group", which does not backtrack (see (?>pattern)). Note also that zero-length look-ahead/look-behind assertions will not backtrack to make the tail match, since they are in "logical" context: only whether they match is considered relevant. For an example where side-effects of look-ahead might have influenced the following match, see (?>pattern).

そのような野獣のような最適化のためのパワフルなツールとして 知られているものに、「独立グループ」があります; これはバックトラックを 行いません ((?>pattern) を参照)。 ゼロ幅の先読み/後読みの言明も「論理的な」文脈なので末尾のマッチングを バックトラックしません: マッチングが関連して考慮されるかどうかだけです。 先読みの言明の副作用がそれに続くマッチングに影響する かもしれない 例は、 (?>pattern) を参照してください。

バージョン 8 正規表現

In case you're not familiar with the "regular" Version 8 regex routines, here are the pattern-matching rules not described above.

「通常の」バージョン 8 正規表現ルーチンに詳しくないのであれば、ここには これまでに説明されていないパターンマッチングルールがあります。

Any single character matches itself, unless it is a metacharacter with a special meaning described here or above. You can cause characters that normally function as metacharacters to be interpreted literally by prefixing them with a "\" (e.g., "\." matches a ".", not any character; "\\" matches a "\"). This escape mechanism is also required for the character used as the pattern delimiter.

すべての単一の文字は、それが個々でまたはこれまでに説明した特別な意味を 持っている メタ文字 である場合以外は、文字それ自身にマッチングします。 文字は "\" で前置されることで通常はメタ文字としての機能を持っている文字を リテラルとして処理させれるようになります(つまり、"\." は任意の 1 文字ではなく "." にマッチングするようになり、"\\" は "\" にマッチングするようになります。 このエスケープ機構はパターン区切りとして使われている文字でも必要です。

A series of characters matches that series of characters in the target string, so the pattern blurfl would match "blurfl" in the target string.

一連の文字は対象とする文字列の中で同じ一連の文字列にマッチングします; なので blurfl というパターンは対象とする文字列の中の "blurfl" に マッチングします。

You can specify a character class, by enclosing a list of characters in [], which will match any character from the list. If the first character after the "[" is "^", the class matches any character not in the list. Within a list, the "-" character specifies a range, so that a-z represents all characters between "a" and "z", inclusive. If you want either "-" or "]" itself to be a member of a class, put it at the start of the list (possibly after a "^"), or escape it with a backslash. "-" is also taken literally when it is at the end of the list, just before the closing "]". (The following all specify the same class of three characters: [-az], [az-], and [a\-z]. All are different from [a-z], which specifies a class containing twenty-six characters, even on EBCDIC-based character sets.) Also, if you try to use the character classes \w, \W, \s, \S, \d, or \D as endpoints of a range, the "-" is understood literally.

[] で文字のリストを囲むことで文字クラスを指定することができます; これはリストの中の任意の文字にマッチングします。 もし "[" の後の最初の文字が "^" だったときには、その文字クラスは リストの中にない任意の文字にマッチングします。 リストの中では、文字 "-" は範囲を意味します; なので a-z は "a" と "z" を 含めてそれらの間にあるすべての文字を表現します; 文字クラスの要素として "-" または "]" を使いたい時には、リストの先頭に (あるいは"^"の後に)置くか、バックスラッシュを使ってエスケープします。 "-" はリストの終端、リストを閉じる "]" の直前にあったときもリテラルとして 扱われます。 (次の例はすべて同じ3文字からなる文字クラスです: [-az], [az-], [a\-z]。 これらはすべて EBCDIC ベースの文字集合であっても26文字からなる文字集合 [a-z] とは異なります。) また、範囲の端点として文字クラス \w, \W, \s, \S, \d, \D を使ったときも "-" はリテラルとして 処理されます。

Note also that the whole range idea is rather unportable between character sets--and even within character sets they may cause results you probably didn't expect. A sound principle is to use only ranges that begin from and end at either alphabetics of equal case ([a-e], [A-E]), or digits ([0-9]). Anything else is unsafe. If in doubt, spell out the character sets in full.

範囲全体というアイデアは文字集合間でポータブルではありません -- そして 結果となる文字集合では予期したものではないでしょう。 ひとつの安全策としては同じケースの英字の([a-e], [A-E]), または数字([0-9])という範囲でのみ使うことです。 これ以外は安全ではありません。 もし信じられないのであれば文字集合を完全につづってみてください。

Characters may be specified using a metacharacter syntax much like that used in C: "\n" matches a newline, "\t" a tab, "\r" a carriage return, "\f" a form feed, etc. More generally, \nnn, where nnn is a string of octal digits, matches the character whose coded character set value is nnn. Similarly, \xnn, where nn are hexadecimal digits, matches the character whose numeric value is nn. The expression \cx matches the character control-x. Finally, the "." metacharacter matches any character except "\n" (unless you use /s).

文字は C でよく使われているようなメタ文字の構文を使って指定することも できます: "\n" は改行にマッチングし、"\t" はタブに、"\r" は復帰に、 "\f" はフォームフィードにといった具合にマッチングします。 より一般的に、\nnn (nnn は8進数字) はその文字集合でコード値 nnn の文字にマッチングします。 同じように、\xnn (nn は16進数字) は数値で nn になる文字に マッチングします。 式 \cx は制御文字 x にマッチングします。 そして最後に、"." メタ文字は (/s を使っていない限り) "\n" 以外の任意の 文字にマッチングします。

You can specify a series of alternatives for a pattern using "|" to separate them, so that fee|fie|foe will match any of "fee", "fie", or "foe" in the target string (as would f(e|i|o)e). The first alternative includes everything from the last pattern delimiter ("(", "[", or the beginning of the pattern) up to the first "|", and the last alternative contains everything from the last "|" to the next pattern delimiter. That's why it's common practice to include alternatives in parentheses: to minimize confusion about where they start and end.

"|" を使ってパターンを区切って一連の代替を指定することもできます; なので fee|fie|foe は対象の文字列の "fee"、"fie"、または "foe" のいずれかに (f(e|i|o)e のように)マッチングします。 最初の代替には最後のパターン区切り ("(", "[", またはパターンの始まり)から 最初の "|" までのすべてが含まれ、最後の代替には最後の "|" から 次のパターン区切りまでが含まれます。 通常代替をかっこの中に入れるのは、その開始位置と終了位置が少しはわかりやすく なるようにです。

Alternatives are tried from left to right, so the first alternative found for which the entire expression matches, is the one that is chosen. This means that alternatives are not necessarily greedy. For example: when matching foo|foot against "barefoot", only the "foo" part will match, as that is the first alternative tried, and it successfully matches the target string. (This might not seem important, but it is important when you are capturing matched text using parentheses.)

代替は左から右へと試されます、なので最初の代替がその完全な式で マッチングしたのならそれが選択されます。 これは代替は貪欲である必要はないということを意味します。 例えば: "barefoot" に対して foo|foot をマッチングさせると、最初の代替から 試されるので、"foo" の部分がマッチングし、これは対象の文字列に対して成功で マッチングします。 (これは重要ではないでしょうが、かっこを使ってマッチングしたテキストを 捕捉しているときには重要でしょう)。

Also remember that "|" is interpreted as a literal within square brackets, so if you write [fee|fie|foe] you're really only matching [feio|].

また "|" は角かっこの中ではリテラルとして処理されるので、 [fee|fie|foe] と書くとこれは実際には [feio|] にのみマッチングします。

Within a pattern, you may designate subpatterns for later reference by enclosing them in parentheses, and you may refer back to the nth subpattern later in the pattern using the metacharacter \n. Subpatterns are numbered based on the left to right order of their opening parenthesis. A backreference matches whatever actually matched the subpattern in the string being examined, not the rules for that subpattern. Therefore, (0|0x)\d*\s\1\d* will match "0x1234 0x4321", but not "0x1234 01234", because subpattern 1 matched "0x", even though the rule 0|0x could potentially match the leading 0 in the second number.

パターンにおいて、後で参照するためにかっこで括って部分パターンを指定できます; してメタ文字 \n を使ってパターンの後の方で n 番目の部分パターンを 参照することができます。 部分パターンはその開きかっこの左から右への順に番号づけられます。 後方参照は評価された文字列の中でその部分パターンに実際にマッチングしたものに マッチングします。 従って、(0|0x)\d*\s\1\d* は "0x1234 0x4321" にはマッチングしますが、 "0x1234 01234" にはマッチングしません; なぜなら、0|0x は二つめ数字の 先頭にある 0 にマッチングすることができるのですが、 部分パターン 1 は "0x" にマッチングするためです。

$1 ではなく \1 だったときの警告

Some people get too used to writing things like:

次のように書くことになれている人も中にはいるでしょう:

    $pattern =~ s/(\W)/\\\1/g;

This is grandfathered for the RHS of a substitute to avoid shocking the sed addicts, but it's a dirty habit to get into. That's because in PerlThink, the righthand side of an s/// is a double-quoted string. \1 in the usual double-quoted string means a control-A. The customary Unix meaning of \1 is kludged in for s///. However, if you get into the habit of doing that, you get yourself into trouble if you then add an /e modifier.

sed 中毒な人をびっくりさせないための RHS 置換の祖先ですが、しかしこれは 汚らしい癖です。 Perl においては、s/// の右側はダブルクォートされた文字列と 考えられるためです。 通常のダブルクォートされた文字列の中では \1 は control-A を意味します。 \1 の Unix での習慣的な意味は s/// だけのその場しのぎです。 しかしながら、この癖に漬かっていると /e 修飾子を使ったときに トラブルとなるでしょう。

    s/(\d+)/ \1 + 1 /eg;        # causes warning under -w

Or if you try to do

または次のようにするかもしれません

    s/(\d+)/\1000/;

You can't disambiguate that by saying \{1}000, whereas you can fix it with ${1}000. The operation of interpolation should not be confused with the operation of matching a backreference. Certainly they mean two different things on the left side of the s///.

これを解消するために \{1}000 としないでください; ここでは ${1}000 とするべきです。 埋め込みの処理は後方参照にマッチングさせる操作より混乱は少ないでしょう。 特に s/// 側では2つの異なった意味になります。

ゼロ幅の部分文字列にマッチングするパターンの繰り返し

WARNING: Difficult material (and prose) ahead. This section needs a rewrite.

警告: この先には難しい(そして無味乾燥な)内容があります。 このセクションは書き直す必要があるでしょう。

Regular expressions provide a terse and powerful programming language. As with most other power tools, power comes together with the ability to wreak havoc.

正規表現は簡潔でパワフルなプログラミング言語を提供します。 他の多くの強力なツールとともに、力は破壊の源にもなります。

A common abuse of this power stems from the ability to make infinite loops using regular expressions, with something as innocuous as:

この力のよくある乱用は無害な何かとともに、正規表現使った 無限ループとなります。

    'foo' =~ m{ ( o? )* }x;

The o? matches at the beginning of 'foo', and since the position in the string is not moved by the match, o? would match again and again because of the * quantifier. Another common way to create a similar cycle is with the looping modifier //g:

o?'foo' の始まりにマッチングし、文字列中での位置はこの マッチングでは動かないので、o?* 量指定子によって何回も マッチングします。 同じような繰り返しを作るもう一つのよくある形として //g 修飾子を使った ループがあります:

    @matches = ( 'foo' =~ m{ o? }xg );

or

または

    print "match: <$&>\n" while 'foo' =~ m{ o? }xg;

or the loop implied by split().

または split() による暗黙のループ。

However, long experience has shown that many programming tasks may be significantly simplified by using repeated subexpressions that may match zero-length substrings. Here's a simple example being:

しかしながら、長きにわたる経験からいくつかのプログラミングタスクは ゼロ幅の部分文字列に対するマッチングを行う部分式の繰り返しで大幅に 単純にできることがわかりました。 簡単な例を挙げてみます:

    @chars = split //, $string;           # // is not magic in split
    ($whitewashed = $string) =~ s/()/ /g; # parens avoid magic s// /

Thus Perl allows such constructs, by forcefully breaking the infinite loop. The rules for this are different for lower-level loops given by the greedy quantifiers *+{}, and for higher-level ones like the /g modifier or split() operator.

このように Perl は 強制的に無限ループを砕く ことによってこういった構築を 可能にしています。 このためのルールは貪欲な量指定子 *+{} によって与えられる 低レベルなループとも、/g 修飾子や split() 演算子による 高レベルなループとも異なります。

The lower-level loops are interrupted (that is, the loop is broken) when Perl detects that a repeated expression matched a zero-length substring. Thus

低レベルなループは Perl がゼロ幅の部分文字列に対してマッチングする式が 繰り返されたことを検出すると 中断 されます (つまり、ループは壊されます)。 従って

   m{ (?: NON_ZERO_LENGTH | ZERO_LENGTH )* }x;

is made equivalent to

は次と等価にされます

   m{   (?: NON_ZERO_LENGTH )*
      |
        (?: ZERO_LENGTH )?
    }x;

The higher level-loops preserve an additional state between iterations: whether the last match was zero-length. To break the loop, the following match after a zero-length match is prohibited to have a length of zero. This prohibition interacts with backtracking (see "Backtracking"), and so the second best match is chosen if the best match is of zero length.

高レベルのループは各繰り返しの間に最後のマッチングがゼロ幅だったかどうかを 追加で保持しています。 ループを終えるために、ゼロ幅のマッチングの後のマッチングはゼロ幅と なることを拒否します。 この禁則処理はバックトラックと相互に動作し("Backtracking" 参照)、そして ベストな マッチングがゼロ幅だったのなら 2 番目にベストな マッチングが選択されます。

For example:

例:

    $_ = 'bar';
    s/\w??/<$&>/g;

results in <><b><><a><><r><>. At each position of the string the best match given by non-greedy ?? is the zero-length match, and the second best match is what is matched by \w. Thus zero-length matches alternate with one-character-long matches.

これは <><b><><a><><r><> となります。 文字列の各位置に於いて、貪欲でない ?? によって得られるベストな マッチングはゼロ幅のマッチングです、 そして 2 番目にベストなマッチングは \w によってマッチングするものです。 従ってゼロ幅のマッチングは 1 文字幅のマッチングの代替となります。

Similarly, for repeated m/()/g the second-best match is the match at the position one notch further in the string.

同じように、m/()/g の繰り返しでは文字列中の境界一つ遠い位置に 2 番目に ベストなマッチングがマッチングします。

The additional state of being matched with zero-length is associated with the matched string, and is reset by each assignment to pos(). Zero-length matches at the end of the previous match are ignored during split.

ゼロ幅にマッチングしている という追加の状態はマッチングした文字列に 関連づけられていて、pos() に対する割り当てによってリセットされます。 前のマッチングの終端でのゼロ幅のマッチングは split の間は無視されます。

RE の欠片の結合

Each of the elementary pieces of regular expressions which were described before (such as ab or \Z) could match at most one substring at the given position of the input string. However, in a typical regular expression these elementary pieces are combined into more complicated patterns using combining operators ST, S|T, S* etc (in these examples S and T are regular subexpressions).

これまでに説明された (ab\Z といった) 正規表現の基本的な欠片 それぞれは、入力文字列上の与えられた位置で多くとも1つの部分文字列に マッチングします。 しかしながら、典型的な正規表現ではこれらの基本的な欠片は結合演算 STS|TS* 等(ここで ST は正規表現の部分式)を使って より複雑なパターンへと合成することができます。

Such combinations can include alternatives, leading to a problem of choice: if we match a regular expression a|ab against "abc", will it match substring "a" or "ab"? One way to describe which substring is actually matched is the concept of backtracking (see "Backtracking"). However, this description is too low-level and makes you think in terms of a particular implementation.

このような合成には選択の問題を導くために代替を含めることができます: 正規表現 a|ab"abc" に対してマッチングさせようとしたとき、これは "a""ab" のどちらにマッチングするのか? 実際にどちらがマッチングするのかを説明する1つの方法として、 バックトラッキングのコンセプトがあります("Backtracking" 参照)。 しかしながら、この説明は低レベルすぎて特定の実装を考えなければなりません。

Another description starts with notions of "better"/"worse". All the substrings which may be matched by the given regular expression can be sorted from the "best" match to the "worst" match, and it is the "best" match which is chosen. This substitutes the question of "what is chosen?" by the question of "which matches are better, and which are worse?".

もう一つの説明は"より良い"/"より悪い"の考え方で始めます。 与えられた正規表現にマッチングするすべての部分文字列は「最良の」 マッチングから「最悪の」マッチングへとソートすることができます; そして 「最良の」マッチングが選択されます。 これは「どれが選ばれるのか?」という問いかけを「どのマッチングがより良くて、 それがより悪いのか?」という問いかけに置き換えることができます。

Again, for elementary pieces there is no such question, since at most one match at a given position is possible. This section describes the notion of better/worse for combining operators. In the description below S and T are regular subexpressions.

そして、基本的な要素ではそういった問いかけはありません; なぜならこれらは与えられた位置で可能なマッチングは多くとも1つだからです。 このセクションでは結合演算のより良い/より悪いの考え方で説明していきます。 以下の説明では S 及び T は正規表現の部分式です。

ST

Consider two possible matches, AB and A'B', A and A' are substrings which can be matched by S, B and B' are substrings which can be matched by T.

2つの可能なマッチング、AB 及び A'B' を考えます; ここで A 及び A'S にマッチングする部分文字列、 そして B 及び B'T にマッチングする部分文字列とします。

If A is better match for S than A', AB is a better match than A'B'.

もし AS に対して A' よりも良いマッチングであれば、 ABA'B' よりも良いマッチングです。

If A and A' coincide: AB is a better match than AB' if B is better match for T than B'.

もし AA' が同じであれば: BT に対して B' よりも 良いマッチングであれば ABAB' よりも良いマッチングです。

S|T

When S can match, it is a better match than when only T can match.

S がマッチングできる時は T のみがマッチングするよりも良い マッチングです。

Ordering of two matches for S is the same as for S. Similar for two matches for T.

S に対する2つのマッチングの順序は S と同じです。 T に対する2つのマッチングも同様です。

S{REPEAT_COUNT}

Matches as SSS...S (repeated as many times as necessary).

SSS...S (必要なだけ繰り返し)としてマッチングします。

S{min,max}

Matches as S{max}|S{max-1}|...|S{min+1}|S{min}.

S{max}|S{max-1}|...|S{min+1}|S{min} としてマッチングします。

S{min,max}?

Matches as S{min}|S{min+1}|...|S{max-1}|S{max}.

S{min}|S{min+1}|...|S{max-1}|S{max} としてマッチングします。

S?, S*, S+

Same as S{0,1}, S{0,BIG_NUMBER}, S{1,BIG_NUMBER} respectively.

それぞれ S{0,1}, S{0,BIG_NUMBER}, S{1,BIG_NUMBER} と同じです。

S??, S*?, S+?

Same as S{0,1}?, S{0,BIG_NUMBER}?, S{1,BIG_NUMBER}? respectively.

それぞれ S{0,1}?, S{0,BIG_NUMBER}?, S{1,BIG_NUMBER}? と同じです。

(?>S)

Matches the best match for S and only that.

S の最良のみマッチングします。

(?=S), (?<=S)

Only the best match for S is considered. (This is important only if S has capturing parentheses, and backreferences are used somewhere else in the whole regular expression.)

S の最良のマッチングのみが考慮されます。 (これは S がキャプチャかっこを持っていて、そして正規表現全体の どこかで後方参照が使われている時のみ重要です.)

(?!S), (?<!S)

For this grouping operator there is no need to describe the ordering, since only whether or not S can match is important.

このグループ演算子では、S がマッチングできるかどうかのみが重要なので、 順序についての説明は必要ありません。

(??{ EXPR }), (?PARNO)

The ordering is the same as for the regular expression which is the result of EXPR, or the pattern contained by capture buffer PARNO.

順序は EXPR の結果の正規表現、または捕捉バッファ PARNO に含まれている パターンと同じです。

(?(condition)yes-pattern|no-pattern)

Recall that which of yes-pattern or no-pattern actually matches is already determined. The ordering of the matches is the same as for the chosen subexpression.

既に決定している yes-pattern または no-pattern を実際に マッチングさせます。 マッチングの順序は選択された部分式と同じです。

The above recipes describe the ordering of matches at a given position. One more rule is needed to understand how a match is determined for the whole regular expression: a match at an earlier position is always better than a match at a later position.

ここにあげたレシピは与えられた位置でのマッチングの順序について 説明しています。 正規表現全体でマッチングがどのように決定されるかを理解するためには もう少しルールが必要です: より若い位置でのマッチングは後ろの方でのマッチングよりもより良いです。

カスタム RE エンジンの作成

Overloaded constants (see overload) provide a simple way to extend the functionality of the RE engine.

オーバーロードされた定数(overload 参照)を使って RE エンジンの機能を 拡張する簡単な方法を提供することができます。

Suppose that we want to enable a new RE escape-sequence \Y| which matches at a boundary between whitespace characters and non-whitespace characters. Note that (?=\S)(?<!\S)|(?!\S)(?<=\S) matches exactly at these positions, so we want to have each \Y| in the place of the more complicated version. We can create a module customre to do this:

新しい正規表現エスケープシーケンス、空白文字と非空白文字との 境界にマッチングする \Y| を作ってみることにします。 この位置には実際には (?=\S)(?<!\S)|(?!\S)(?<=\S) がマッチングするので、 この複雑なバージョンを \Y| で置き換えたいとします。 このために customre モジュールを作ります:

    package customre;
    use overload;

    sub import {
      shift;
      die "No argument to customre::import allowed" if @_;
      overload::constant 'qr' => \&convert;
    }

    sub invalid { die "/$_[0]/: invalid escape '\\$_[1]'"}

    # We must also take care of not escaping the legitimate \\Y|
    # sequence, hence the presence of '\\' in the conversion rules.
    my %rules = ( '\\' => '\\\\',
                  'Y|' => qr/(?=\S)(?<!\S)|(?!\S)(?<=\S)/ );
    sub convert {
      my $re = shift;
      $re =~ s{
                \\ ( \\ | Y . )
              }
              { $rules{$1} or invalid($re,$1) }sgex;
      return $re;
    }

Now use customre enables the new escape in constant regular expressions, i.e., those without any runtime variable interpolations. As documented in overload, this conversion will work only over literal parts of regular expressions. For \Y|$re\Y| the variable part of this regular expression needs to be converted explicitly (but only if the special meaning of \Y| should be enabled inside $re):

これで use customre することで正規表現定数の中で新しいエスケープを 使うことが出来ます; すなわち、これには何の実行時変数の埋め込みもいりません。 overload に書かれているように、この変換は正規表現のリテラル部分にのみ 動作します。 \Y|$re\Y| であればこの正規表現の変数部分は明示的に変換する 必要があります(とはいえ $re の中でも \Y| を有効にしたい時のみ)。

    use customre;
    $re = <>;
    chomp $re;
    $re = customre::convert $re;
    /\Y|$re\Y|/;

PCRE/Python サポート

As of Perl 5.10.0, Perl supports several Python/PCRE specific extensions to the regex syntax. While Perl programmers are encouraged to use the Perl specific syntax, the following are also accepted:

Perl 5.10.0 時点では Perl は幾つかの Python/PCRE 的な正規表現構文拡張を サポートします。 Perl プログラマはこれらの Perl としての構文を推奨しますが、以下のものも 受理されます:

(?P<NAME>pattern)

Define a named capture buffer. Equivalent to (?<NAME>pattern).

名前付の捕捉バッファの定義。 (?<NAME>pattern) と等価。

(?P=NAME)

Backreference to a named capture buffer. Equivalent to \g{NAME}.

名前付捕捉バッファへの後方参照。 \g{NAME} と等価。

(?P>NAME)

Subroutine call to a named capture buffer. Equivalent to (?&NAME).

名前付き捕捉バッファへの関数呼び出し。 (?&NAME) と等価。

バグ

This document varies from difficult to understand to completely and utterly opaque. The wandering prose riddled with jargon is hard to fathom in several places.

この文書は、理解が困難なところから、完全かつ徹底的に不明瞭なところまで さまざまです。 jargon に満ちたとりとめのない散文は幾つかの箇所で理解するのに 難儀ではあるでしょう。

This document needs a rewrite that separates the tutorial content from the reference content.

この文書はリファレンス的な内容からチュートリアル的な内容を分離して 書き直す必要があります。

SEE ALSO

perlrequick.

perlretut.

"Regexp Quote-Like Operators" in perlop.

"Gory details of parsing quoted constructs" in perlop.

perlfaq6.

"pos" in perlfunc.

perllocale.

perlebcdic.

Mastering Regular Expressions by Jeffrey Friedl, published by O'Reilly and Associates.

O'Reilly and Associates から出版されている、Jeffrey Friedl による Mastering Regular Expressions (詳説 正規表現)