5.16.1
Other versions:
5.18.0

名前

perlpolicy - Various and sundry policies and commitments related to the Perl core

perlpolicy - Perlコアにまつわるさまざまな方針、公約

説明

This document is the master document which records all written policies about how the Perl 5 Porters collectively develop and maintain the Perl core.

この文書はPerl 5 Portersが共同でどうPerlのコアを開発、維持していくかという 方針をまとめたものです。この文書が原本であり、明文化された方針はすべてこの文書に 記録されます。

※訳注:この翻訳は原本ではありません。必要な場合は常に英語の原典にあたってください。

GOVERNANCE

Perl 5 Porters

Subscribers to perl5-porters (the porters themselves) come in several flavours. Some are quiet curious lurkers, who rarely pitch in and instead watch the ongoing development to ensure they're forewarned of new changes or features in Perl. Some are representatives of vendors, who are there to make sure that Perl continues to compile and work on their platforms. Some patch any reported bug that they know how to fix, some are actively patching their pet area (threads, Win32, the regexp -engine), while others seem to do nothing but complain. In other words, it's your usual mix of technical people.

perl5-porters メーリングリストの購読者(「porters」自身)にもさまざまな種類の 人がいます。何かを知るために黙って投稿を読んでいるだけの人もいますし(彼らは、 開発に加わることはめったにないものの、開発の進捗をウオッチしてPerlの最新の変更や 機能を確実に先取りできるようにしているのです)、中にはベンダーを代表して、Perlが 自分たちのプラットフォームで確実にコンパイル・動作できるようにし続けている人も います。直し方を知っているバグレポートが来たらパッチをあてるという人もいますし、 自分の好きな分野(スレッド、Win32、正規表現エンジン)には積極的にパッチをあてる という人もいます。文句を言っているだけのように見える人もいます。別の言い方を すれば、よくある技術者たちの集まりだということです。

Over this group of porters presides Larry Wall. He has the final word in what does and does not change in any of the Perl programming languages. These days, Larry spends most of his time on Perl 6, while Perl 5 is shepherded by a "pumpking", a porter responsible for deciding what goes into each release and ensuring that releases happen on a regular basis.

このportersグループの頂点にいるのがLarry Wallです。LarryはPerlという プログラミング言語のあらゆる部分について、変える、変えないの最終決定権を持っています。 ただし、最近ではLarryがほとんどの時間をPerl 6に費やしているため、Perl 5の方は 「パンプキン(pumpking)」と呼ばれるporterが率いているようになっています。 パンプキンの仕事は、何をどのリリースに含めるかを決め、リリースが定期的に 行われるように手配することです。

Larry sees Perl development along the lines of the US government: there's the Legislature (the porters), the Executive branch (the -pumpking), and the Supreme Court (Larry). The legislature can discuss and submit patches to the executive branch all they like, but the executive branch is free to veto them. Rarely, the Supreme Court will side with the executive branch over the legislature, or the legislature over the executive branch. Mostly, however, the legislature and the executive branch are supposed to get along and work out their differences without impeachment or court cases.

LarryはPerlの開発をアメリカの行政機構になぞらえています。つまり、議会(porters)が あり、政府(パンプキン)があり、最高裁(Larry)があるというわけです。 議会は自分たちの好きなように議論し、パッチを政府に提出できますが、政府にはその パッチを拒否する自由があります。最高裁はよほどのことでもなければ議会より政府を 優先する立場をとったり、政府より議会を優先する立場をとったりしませんが、ふつうは 議会も政府も、訴追や裁判に訴えることなく、協力して意見の相違をすりあわせるものと されています。

You might sometimes see reference to Rule 1 and Rule 2. Larry's power as Supreme Court is expressed in The Rules:

ただし、ときにはルール1やルール2への言及を目にすることがあるかもしれません。 最高裁としてのLarryの権力を示すものとして、以下のようなルールがあります。

  1. Larry is always by definition right about how Perl should behave. This means he has final veto power on the core functionality.

    定義により、Perlがどう振る舞うべきかについては常にLarryが正しいことになって います。つまり、コア機能についてはLarryが最終的な拒否権を持っています。

  2. Larry is allowed to change his mind about any matter at a later date, regardless of whether he previously invoked Rule 1.

    Larryはいかなることについても、あとから考えを変えることが許されています。 以前にルール1を発動させたかどうかにかかわらずです。

Got that? Larry is always right, even when he was wrong. It's rare to see either Rule exercised, but they are often alluded to.

わかりましたね? Larryは常に正しいのです。たとえ過去の彼が間違っていたとしても。 どちらのルールも実際に発動されることはめったにありませんが、それとなく言われる ことはままあるものです。

MAINTENANCE AND SUPPORT

Perl 5 is developed by a community, not a corporate entity. Every change contributed to the Perl core is the result of a donation. Typically, these donations are contributions of code or time by individual members of our community. On occasion, these donations come in the form of corporate or organizational sponsorship of a particular individual or project.

Perl 5の開発にあたっているのはコミュニティであり、企業体ではありません。 Perlコアに加えられる変更はすべからく寄付によるものです。この寄付は、 典型的にはコミュニティに属する個人がコードや時間を提供するという形で 行われていますが、場合によっては企業、団体が特定個人ないしプロジェクトに 出資するという形をとることもあります。

As a volunteer organization, the commitments we make are heavily dependent on the goodwill and hard work of individuals who have no obligation to contribute to Perl.

ボランティアの集団である私たちの活動は個人の厚意や努力に大きく依存しています。 私たちにはPerlに貢献しなければならない義務があるわけではありません。

That being said, we value Perl's stability and security and have long had an unwritten covenant with the broader Perl community to support and maintain releases of Perl.

もっとも、私たちもPerlの安定性や安全性は大切に思っています。そのため、昔から、 より広い意味でのPerlコミュニティに属するみなさんとの暗黙の了解事項として、 過去にリリースされたPerlのサポートやメンテナンスもしてきました。

This document codifies the support and maintenance commitments that the Perl community should expect from Perl's developers:

この文書はそのサポートやメンテナンスの約束を成文化するためのものです。 PerlコミュニティがPerlの開発陣に期待してもよいものは以下の通りです。

  • We "officially" support the two most recent stable release series. 5.12.x and earlier are now out of support. As of the release of 5.18.0, we will "officially" end support for Perl 5.14.x, other than providing security updates as described below.

    私たちが「公式に」サポートするのは、最新の安定版とそのひとつ前の安定版のみです。 5.12.x以前のバージョンはもうサポートの対象外です。5.18.0がリリースされたら 「公式に」Perl 5.14.xのサポートを終了します。ただし、後述するセキュリティ アップデートの提供は例外とします。

  • To the best of our ability, we will attempt to fix critical issues in the two most recent stable 5.x release series. Fixes for the current release series take precedence over fixes for the previous release series.

    直近2つの安定版については、最善を尽くして致命的な問題の修正につとめます。 また、この現行版に対する修正は過去のリリースに対する修正より優先されます。

  • To the best of our ability, we will provide "critical" security patches / releases for any major version of Perl whose 5.x.0 release was within the past three years. We can only commit to providing these for the most recent .y release in any 5.x.y series.

    過去3年以内にバージョン5.x.0がリリースされたPerlに対する「致命的な」セキュリティ 問題については、最善を尽くしてパッチやリリースを提供します。ただし、提供を約束 できるのはそれぞれの5.x.yシリーズの最新リリースについてのみです。

  • We will not provide security updates or bug fixes for development releases of Perl.

    開発版のPerlに対するセキュリティアップデートやバグ修正は行いません。

  • We encourage vendors to ship the most recent supported release of Perl at the time of their code freeze.

    ベンダー各位にはベンダー各位のコードフリーズ時点でサポートされている 最新のPerlを同梱してくださるようお願いします。

  • As a vendor, you may have a requirement to backport security fixes beyond our 3 year support commitment. We can provide limited support and advice to you as you do so and, where possible will try to apply those patches to the relevant -maint branches in git, though we may or may not choose to make numbered releases or "official" patches available. Contact us at <perl5-security-report@perl.org> to begin that process.

    ベンダー各位には、Perlの開発陣が約束する3年間というサポート期間よりも古い バージョンにセキュリティフィックスをあてる必要があるかもしれません。その場合、 限定的なサポートや助言であれば提供できますし、可能ならばそのようなパッチを 関係する-maintブランチにもあてる努力はします。ただし、バージョンをあげて リリースをしたり「公式」パッチを提供する選択を行うかどうかはわかりません。 ご希望の方は<perl5-security-report@perl.org>までお知らせください。

BACKWARD COMPATIBILITY AND DEPRECATION

Our community has a long-held belief that backward-compatibility is a virtue, even when the functionality in question is a design flaw.

Perlコミュニティは昔から後方互換性を美徳としてきました。 たとえ問題の機能が設計上の欠陥だったとしてもです。

We would all love to unmake some mistakes we've made over the past decades. Living with every design error we've ever made can lead to painful stagnation. Unwinding our mistakes is very, very difficult. Doing so without actively harming our users is nearly impossible.

過去何十年かのうちにしでかした失敗のいくつかをなかったものにしたいとは 誰しも願うことです。過去にしでかしたあらゆる設計ミスを甘受していては つらい停滞期にもつながりかねません。ただし、失敗をなかったことにするのは 本当に本当にむずかしいことですし、わざわざユーザを傷つけるようなことを せずにすますのはほとんど不可能です。

Lately, ignoring or actively opposing compatibility with earlier versions of Perl has come into vogue. Sometimes, a change is proposed which wants to usurp syntax which previously had another meaning. Sometimes, a change wants to improve previously-crazy semantics.

Down this road lies madness.

最近は過去のバージョンとの互換性を無視したり、わざわざ互換性をなくすような動きが 流行しています。以前は別の意味を持っていたシンタックスを無理矢理別の意味で使うような 変更が提案されることもありますし、以前のとんでもないセマンティクスを改善しようとする 変更もあります。

この道の先にあるのは、狂気です。

Requiring end-user programmers to change just a few language constructs, even language constructs which no well-educated developer would ever intentionally use is tantamount to saying "you should not upgrade to a new release of Perl unless you have 100% test coverage and can do a full manual audit of your codebase." If we were to have tools capable of reliably upgrading Perl source code from one version of Perl to another, this concern could be significantly mitigated.

エンドユーザのプログラマに多少であっても言語の構築要素を変更するよう強制するのは、 たとえそれが十分な教育を受けた開発者ならわざわざ使ったりはしないような要素であっても ひどいことですし、「コードベースのテストカバレッジ率が100%で、十分な手動チェックを 行えるのでもなければ、Perlを最新版にアップグレードすべきではない」と言うようなものです。 特定バージョンのPerlから別のバージョンのPerlへと確実にソースコードをアップグレード できるツールでもあればこの懸念はかなり緩和されるでしょうが、そのようなものはまだありません。

We want to ensure that Perl continues to grow and flourish in the coming years and decades, but not at the expense of our user community.

私たちはこの先何年、何十年とPerlが成長、繁栄し続けるようにしたいと思っていますが、 そのためにユーザコミュニティを犠牲にするようなことはしたくありません。

Existing syntax and semantics should only be marked for destruction in very limited circumstances. If a given language feature's continued inclusion in the language will cause significant harm to the language or prevent us from making needed changes to the runtime, then it may be considered for deprecation.

既存のシンタックスやセマンティクスを破壊するのはごく限られた場合のみであるべきです。 特定の言語機能を残し続けることで将来その言語に著しい害を及ぼす、あるいはランタイムに 必要な変更を加えることができなくなるような場合は廃止の対象になるかもしれません。

Any language change which breaks backward-compatibility should be able to be enabled or disabled lexically. Unless code at a given scope declares that it wants the new behavior, that new behavior should be disabled. Which backward-incompatible changes are controlled implicitly by a 'use v5.x.y' is a decision which should be made by the pumpking in consultation with the community.

後方互換性を破壊するような言語の変更はレキシカルに有効、無効を切り替えられるように すべきですし、特定のスコープ内で新しい挙動を使いたいと宣言するコードがない限り、 その新しい挙動は無効にしておくべきです。また、後方非互換な変更のうち、 'use v5.x.y'によって暗黙のうちに管理されるものをどれにするかはパンプキンが コミュニティと相談して決めるべきことです。

When a backward-incompatible change can't be toggled lexically, the decision to change the language must be considered very, very carefully. If it's possible to move the old syntax or semantics out of the core language and into XS-land, that XS module should be enabled by default unless the user declares that they want a newer revision of Perl.

後方非互換な変更をレキシカルに切り替えられない場合、言語を変更する決断は 慎重に、慎重に検討しなければなりません。古いシンタックスやセマンティクスを 言語のコアから外してXSの世界に移すことができるとしても、そのXSモジュールは、 ユーザが新しいリビジョンのPerlがほしいと宣言しない限り、デフォルトで有効に すべきです。

Historically, we've held ourselves to a far higher standard than backward-compatibility -- bugward-compatibility. Any accident of implementation or unintentional side-effect of running some bit of code has been considered to be a feature of the language to be defended with the same zeal as any other feature or functionality. No matter how frustrating these unintentional features may be to us as we continue to improve Perl, these unintentional features often deserve our protection. It is very important that existing software written in Perl continue to work correctly. If end-user developers have adopted a bug as a feature, we need to treat it as such.

歴史的には、私たちは後方互換性よりもはるかに高い基準――後方バグ互換性――を 守ってきました。実装上のどんな事故も、コードの小片を実行したときの意図せぬ 副作用も、言語の一機能として、ほかのあらゆる機能と同じ熱意を持って守るべき ものとみなしてきたのです。このような意図せぬ機能がPerlの改善を続けていく うちにどんなにいらだたしいものになったとしても、多くの場合は残しておくだけの 価値はあります。Perlで書かれた既存のソフトウェアが正しく動作し続けることは 非常に大切なことであり、エンドユーザ側の開発者がバグを一機能として認めて しまったのであれば、私たちもそれをそのように扱う必要があるのです。

New syntax and semantics which don't break existing language constructs and syntax have a much lower bar. They merely need to prove themselves to be useful, elegant, well designed, and well tested.

新しいシンタックスやセマンティクスであっても、既存の言語要素やシンタックスを 破壊しないものについてははるかに障壁が低くなります。役に立ち、エレガントで、 しっかり設計され、よくテストされていることを証明しさえすればよいのです。

Terminology

To make sure we're talking about the same thing when we discuss the removal of features or functionality from the Perl core, we have specific definitions for a few words and phrases.

Perlのコアから機能を削除する話をする際の認識あわせを確実にするため、 特定の意味で使っている語句がいくつかあります。

experimental

If something in the Perl core is marked as experimental, we may change its behaviour, deprecate or remove it without notice. While we'll always do our best to smooth the transition path for users of experimental features, you should contact the perl5-porters mailinglist if you find an experimental feature useful and want to help shape its future.

Perlコアに入っているもので実験的(experimental)と銘打たれているものについては、 予告なく動作を変更したり、廃止したり、削除したりすることがあります。実験的な機能を 使っているユーザがスムーズに移行できるよういつでも最大限の努力はしますが、もし 何らかの実験的な機能について便利なので将来的にも残したいと思ったらperl5-porters メーリングリストに投稿してください。

deprecated

If something in the Perl core is marked as deprecated, we may remove it from the core in the next stable release series, though we may not. As of Perl 5.12, deprecated features and modules warn the user as they're used. If you use a deprecated feature and believe that its removal from the Perl core would be a mistake, please contact the perl5-porters mailinglist and plead your case. We don't deprecate things without a good reason, but sometimes there's a counterargument we haven't considered. Historically, we did not distinguish between "deprecated" and "discouraged" features.

Perlコアに入っているもので廃止(deprecated)と銘打たれているものについては、 次の安定版でコアから削除するかもしれません(しないかもしれません)。Perl 5.12以降、 廃止された機能やモジュールを使った場合は警告が出るようになりました。廃止された機能を 使っていて、Perlコアから削除してしまうのは間違いだと思う方はperl5-portersに投稿して ください。私たちは十分な理由がなければ廃止はしませんが、私たちが考慮しなかった反論が 出てくる場合もあります。歴史的には「廃止(deprecated)」した機能と「非推奨(discouraged)」 の機能の区別はありませんでした。

discouraged

From time to time, we may mark language constructs and features which we consider to have been mistakes as discouraged. Discouraged features aren't candidates for removal in the next major release series, but we may later deprecate them if they're found to stand in the way of a significant improvement to the Perl core.

私たちはときどき失敗だったと思われる言語要素や機能を非推奨(discouraged)と 銘打つことがあります。非推奨の機能は次のメジャーリリースでの削除対象にはなりませんが、 その後、Perlコアを大きく改善しようとする際に障害となることが判明した場合は廃止する ことはあります。

removed

Once a feature, construct or module has been marked as deprecated for a stable release cycle, we may remove it from the Perl core. Unsurprisingly, we say we've removed these things.

安定版リリースの際に一度廃止と銘打たれた機能や言語要素、モジュールについては、 Perlコアから削除することがあります。当然ながら、そのようなものについては 削除(removed)したと言います。

MAINTENANCE BRANCHES

  • New releases of maint should contain as few changes as possible. If there is any question about whether a given patch might merit inclusion in a maint release, then it almost certainly should not be included.

    新たなメンテナンスリリースをする場合、変更はなるべく少なくすべきです。 メンテナンスリリースに含める価値があるか疑問が残るパッチについては、ほぼ 確実に含めるべきではありません。

  • Portability fixes, such as changes to Configure and the files in hints/ are acceptable. Ports of Perl to a new platform, architecture or OS release that involve changes to the implementation are NOT acceptable.

    Configureやhintsディレクトリ内のファイルに対する修正など、移植性の問題 に対する修正は受け入れられます。ただし、新しいプラットフォームやアーキテクチャ、 OSリリースへの移植など、実装の変更が含まれる場合は受け入れられません。

  • Acceptable documentation updates are those that correct factual errors, explain significant bugs or deficiencies in the current implementation, or fix broken markup.

    ドキュメントの更新については、事実関係の誤りを正すもの、現在の実装の重大なバグや 欠陥を説明するもの、マークアップの崩れを訂正するものは受け入れられます。

  • Patches that add new warnings or errors or deprecate features are not acceptable.

    新しい警告やエラーを追加したり、機能を廃止するパッチは受け入れられません。

  • Patches that fix crashing bugs that do not otherwise change Perl's functionality or negatively impact performance are acceptable.

    クラッシュするバグを修正するパッチについては、ほかの機能を変更せず、性能を 劣化させないものは受け入れられます。

  • Patches that fix CVEs or security issues are acceptable, but should be run through the perl5-security-report@perl.org mailing list rather than applied directly.

    CVEやセキュリティの問題を修正するパッチは受け入れられますが、パッチを直接 適用するのではなく、perl5-security-report@perl.orgメーリングリストを 通してください。

  • Patches that fix regressions in perl's behavior relative to previous releases are acceptable.

    過去のリリースに比べてPerlの挙動が退行した場合、それを修正するパッチは 受け入れられます。

  • Updates to dual-life modules should consist of minimal patches to fix crashing or security issues (as above).

    デュアルライフモジュールの更新については、(上述の通り)クラッシュの修正や セキュリティ問題の修正を行う最小限のパッチのみ含むようにすべきです。

  • Minimal patches that fix platform-specific test failures or installation issues are acceptable. When these changes are made to dual-life modules for which CPAN is canonical, any changes should be coordinated with the upstream author.

    特定のプラットフォームに固有のテストの失敗やインストールの問題を修正する 最小限のパッチは受け入れられます。ただし、CPAN版が正統とされるデュアルライフ モジュールの場合は、どんな変更であっても上流の作者と調整しながら行うべきです。

  • New versions of dual-life modules should NOT be imported into maint. Those belong in the next stable series.

    デュアルライフモジュールの新版はメンテナンスブランチにインポートすべきではありません。 デュアルライフモジュールの新版は次の安定版に属するものです。

  • Patches that add or remove features are not acceptable.

    機能を追加、削除するパッチは受け入れられません。

  • Patches that break binary compatibility are not acceptable. (Please talk to a pumpking.)

    バイナリ互換性を破壊するパッチは受け入れられません(パンプキンに相談してください)。

Getting changes into a maint branch

Historically, only the pumpking cherry-picked changes from bleadperl into maintperl. This has...scaling problems. At the same time, maintenance branches of stable versions of Perl need to be treated with great care. To that end, we're going to try out a new process for maint-5.12.

歴史的に、bleadperlからmaintperlへ更新のチェリーピッキングを行っていたのは パンプキンだけでした。これは、スケールしないという問題があります。また、 安定版のメンテナンスブランチは細心の注意を払って取り扱う必要もあります。 そのため、maint-5.12については新しいやり方を試してみようとしています。

Any committer may cherry-pick any commit from blead to maint-5.12 if they send mail to perl5-porters announcing their intent to cherry-pick a specific commit along with a rationale for doing so and at least two other committers respond to the list giving their assent. (This policy applies to current and former pumpkings, as well as other committers.)

bleadからmaint-5.12については、コミッタなら誰でも、どのコミットでもチェリーピック できることとしました。ただし、コミットする人はperl5-portersにメールを送って、 特定のコミットをチェリーピックする旨と、そうする根拠を宣言し、最低でもほかに2人の コミッタからメーリングリストに賛成の反応が寄せられることを条件としました(この方針は 一般のコミッタだけでなく、過去、現在のパンプキンにも適用されています)。

CONTRIBUTED MODULES

A Social Contract about Artistic Control

What follows is a statement about artistic control, defined as the ability of authors of packages to guide the future of their code and maintain control over their work. It is a recognition that authors should have control over their work, and that it is a responsibility of the rest of the Perl community to ensure that they retain this control. It is an attempt to document the standards to which we, as Perl developers, intend to hold ourselves. It is an attempt to write down rough guidelines about the respect we owe each other as Perl developers.

以下はアーティスティックコントロールについての声明です。アーティスティックコントロールは パッケージの作者がそのコードの命運を握り、作品の管理権を維持できるようにすることと 定義されます。これは、作品を管理するのは作者であるべきであり、Perlコミュニティに 属する人々には、作者がその管理権を確実に保持できるようにする責任がある、と認めるものです。 Perl開発者が遵守すべき規範を文書化しようという試みであり、Perl開発者同士尊重しあおうという 大まかなガイドラインを書き下ろす試みでもあります。

This statement is not a legal contract. This statement is not a legal document in any way, shape, or form. Perl is distributed under the GNU Public License and under the Artistic License; those are the precise legal terms. This statement isn't about the law or licenses. It's about community, mutual respect, trust, and good-faith cooperation.

この声明は法的な契約ではありませんし、いかなる意味、形式でも法律文書ではありません。 PerlはGNU Public LicenseとArtistic Licenseのもとで配布されています――これこそが 法律用語です。この声明は法律やライセンスに関するものではありません。この声明は コミュニティや相互尊重、信頼、誠実な協力についてのものです。

We recognize that the Perl core, defined as the software distributed with the heart of Perl itself, is a joint project on the part of all of us. From time to time, a script, module, or set of modules (hereafter referred to simply as a "module") will prove so widely useful and/or so integral to the correct functioning of Perl itself that it should be distributed with the Perl core. This should never be done without the author's explicit consent, and a clear recognition on all parts that this means the module is being distributed under the same terms as Perl itself. A module author should realize that inclusion of a module into the Perl core will necessarily mean some loss of control over it, since changes may occasionally have to be made on short notice or for consistency with the rest of Perl.

私たちは、Perlコア(Perl自身の本体として配布されているソフトウェアと定義されます)は 私たち全員が関与しているジョイントプロジェクトであると認識しています。ときどき、 あるスクリプトなりモジュールなりモジュール群なり(以降は単に「モジュール」と呼称します)が 非常に便利である、あるいはPerl自身の正しい動作に不可欠であると実証されて、Perlコアと ともに配布すべきだとされることもありますが、そのモジュールの作者が明示的に同意し、 そのモジュールがPerl自身と同じライセンスで配布されることになることも明確に認識 していない限り、そのようなことはすべきではありません。モジュールの作者は、モジュールを Perlのコアに含めることで必然的に支配権の一部を失うことになることは理解すべきです。 ときには、急な通告とともに、あるいはPerlのほかの部分と一貫性を保つために、変更が 加えられることもありうるためです。

Once a module has been included in the Perl core, however, everyone involved in maintaining Perl should be aware that the module is still the property of the original author unless the original author explicitly gives up their ownership of it. In particular:

ただし、モジュールがPerlコアに入ったからといって、原作者が明示的に所有権を 放棄しない限り、そのモジュールはまだ原作者の所有物である、ということを、 Perlのメンテナンスに関わっている人は皆、頭に入れておくべきです。 具体的に言うと、

  • The version of the module in the Perl core should still be considered the work of the original author. All patches, bug reports, and so forth should be fed back to them. Their development directions should be respected whenever possible.

    Perlコアに入っているバージョンもまだ原作者の作品であるとみなすべきであり、 パッチやバグレポートなどはすべて原作者にフィードバックすべきです。原作者の 開発方針は可能な限り尊重されるべきです。

  • Patches may be applied by the pumpkin holder without the explicit cooperation of the module author if and only if they are very minor, time-critical in some fashion (such as urgent security fixes), or if the module author cannot be reached. Those patches must still be given back to the author when possible, and if the author decides on an alternate fix in their version, that fix should be strongly preferred unless there is a serious problem with it. Any changes not endorsed by the author should be marked as such, and the contributor of the change acknowledged.

    パンプキンがモジュール作者の明示的な協力なしにパッチを適用してもよいのは、 そのパッチが非常に小さなもので、(緊急のセキュリティパッチなど)何らかの事情で 最優先で処理する必要がある場合、あるいはモジュール作者と連絡がつかない場合のみです。 このような場合も、パッチは可能ならばかならず作者に還元しなければなりません。 また、作者が自分のバージョンで別のやり方で修正を加える決断をした場合、その修正に 深刻な問題がない限り、作者側の修正を積極的に優先すべきです。作者の承認を得ていない 変更はすべからくそのように銘打つべきですし、その変更に貢献した人を明記すべきです。

  • The version of the module distributed with Perl should, whenever possible, be the latest version of the module as distributed by the author (the latest non-beta version in the case of public Perl releases), although the pumpkin holder may hold off on upgrading the version of the module distributed with Perl to the latest version until the latest version has had sufficient testing.

    Perlに同梱されているバージョンは、可能ならば常に原作者が配布しているモジュールの 最新版(Perlの公開版の場合は最新の非ベータ版)であるべきです。ただし、最新版が 十分にテストされるまでパンプキンがPerlに同梱されているモジュールのアップグレードを 先送りにすることはあります。

In other words, the author of a module should be considered to have final say on modifications to their module whenever possible (bearing in mind that it's expected that everyone involved will work together and arrive at reasonable compromises when there are disagreements).

言い換えると、モジュールの修正に対する最終決定権は可能な限り常にモジュールの作者が 持っているとみなすべきです(ただし、意見の相違がある場合、関係者全員が協力して合理的な 妥協を行うことが期待されていることは念頭に入れておいてください)。

As a last resort, however:

ただし、最後の手段として、

If the author's vision of the future of their module is sufficiently different from the vision of the pumpkin holder and perl5-porters as a whole so as to cause serious problems for Perl, the pumpkin holder may choose to formally fork the version of the module in the Perl core from the one maintained by the author. This should not be done lightly and should always if at all possible be done only after direct input from Larry. If this is done, it must then be made explicit in the module as distributed with the Perl core that it is a forked version and that while it is based on the original author's work, it is no longer maintained by them. This must be noted in both the documentation and in the comments in the source of the module.

作者がそのモジュールを将来どうしたいかという展望と、パンプキンやperl5-porters全体の 展望とが著しく異なり、Perlに深刻な問題を引き起こす場合、パンプキンは、 作者がメンテナンスしているバージョンからPerlコアに入れるバージョンを公式に 枝分かれさせる選択をすることもあります。この選択は軽々しく行うべきでは ありませんし、可能な限りかならずLarryに直接指示をあおいだうえで行うべきです。 また、そうしてしまった場合は、Perlコアに同梱するモジュールには、もとのモジュール から分岐したバージョンであること、また原作者の作品に基づいているものの、もう 原作者がメンテナンスしているわけではないことを明記しなければなりません。 これはドキュメントだけでなく、モジュールのソースコードにもコメントとして 記載しなければなりません。

Again, this should be a last resort only. Ideally, this should never happen, and every possible effort at cooperation and compromise should be made before doing this. If it does prove necessary to fork a module for the overall health of Perl, proper credit must be given to the original author in perpetuity and the decision should be constantly re-evaluated to see if a remerging of the two branches is possible down the road.

繰り返しますが、これは最後の手段としてのみ使うべきです。理想的にはこのようなことは 決して起こるべきではありませんし、こうなる前にあらゆる努力を払って協力・妥協 すべきです。Perl全体の健全性を保つためにはどうしてもモジュールをフォークする 必要があると証明された場合も、原作者に対する適切なクレジット表示は永遠に残して おかなければなりませんし、その決断が正しかったかを定期的に再評価し、将来的に 2つのブランチをマージしなおすことができるか確認すべきです。

In all dealings with contributed modules, everyone maintaining Perl should keep in mind that the code belongs to the original author, that they may not be on perl5-porters at any given time, and that a patch is not official unless it has been integrated into the author's copy of the module. To aid with this, and with points #1, #2, and #3 above, contact information for the authors of all contributed modules should be kept with the Perl distribution.

提供されたモジュールの扱いについて、Perlをメンテナンスするすべての人が念頭に入れて おくべきことは、そのコードは原作者に属するものであり、いついかなるときもperl5-porters のものではないこと、パッチは作者側のモジュールに取り込まれるまで公式のものとは みなされないことです。そのためにも、また上記#1、#2、#3のためにも、提供されたすべての モジュールの作者の連絡先をPerlのディストリビューション内に保存しておくべきです。

Finally, the Perl community as a whole recognizes that respect for ownership of code, respect for artistic control, proper credit, and active effort to prevent unintentional code skew or communication gaps is vital to the health of the community and Perl itself. Members of a community should not normally have to resort to rules and laws to deal with each other, and this document, although it contains rules so as to be clear, is about an attitude and general approach. The first step in any dispute should be open communication, respect for opposing views, and an attempt at a compromise. In nearly every circumstance nothing more will be necessary, and certainly no more drastic measure should be used until every avenue of communication and discussion has failed.

最後になりますが、Perlコミュニティは、全体としては、コードの所有権を尊重することや、 アーティスティックコントロールを尊重すること、適切なクレジット表示、意図せぬひずみや コミュニケーションギャップを防ぐ積極的な努力をすることがコミュニティとPerl自身の 健全性を保つ重要な鍵であることを認識していますし、コミュニティのメンバーも、ふつうは ルールや法律に訴えずともお互いに付き合っていけるはずです。意図を明確にするために ルールが書いてありますが、この文書自体、姿勢や一般的なアプローチについてのものです。 論争解決の第一歩はオープンなコミュニケーションであり、対立する視点に対する敬意であり、 妥協の試みであるべきです。ほとんどどんな場合でもそれ以上のものは必要ないでしょうし、 あらゆるコミュニケーションや議論が失敗に終わるまで、それ以上の思い切った手段は とるべきではありません。

DOCUMENTATION

Perl's documentation is an important resource for our users. It's incredibly important for Perl's documentation to be reasonably coherent and to accurately reflect the current implementation.

Perlのドキュメントはユーザにとって重要なリソースであり、無理のない範囲で首尾一貫 していることや、現在の実装を正確に反映していることは本当に大切なことです。

Just as P5P collectively maintains the codebase, we collectively maintain the documentation. Writing a particular bit of documentation doesn't give an author control of the future of that documentation. At the same time, just as source code changes should match the style of their surrounding blocks, so should documentation changes.

P5Pが共同でコードベースをメンテナンスしているのと同様に、私たちはドキュメントの メンテナンスも共同で行っています。ドキュメントの特定の一部を執筆したからといって、 著者としてそのドキュメントの将来を管理する権利が与えられるわけではありません。 また、ソースコードを変更するときは周辺ブロックのスタイルにあわせるべきであるのと 同様に、ドキュメントを変更するときも周辺ドキュメントのスタイルにあわせるべきです。

Examples in documentation should be illustrative of the concept they're explaining. Sometimes, the best way to show how a language feature works is with a small program the reader can run without modification. More often, examples will consist of a snippet of code containing only the "important" bits. The definition of "important" varies from snippet to snippet. Sometimes it's important to declare use strict and use warnings, initialize all variables and fully catch every error condition. More often than not, though, those things obscure the lesson the example was intended to teach.

ドキュメント中の例は、そこで説明している概念を例証するものであるべきです。 言語機能の働きを示す最適なやり方として、読者が何の修正もなく実行できる小さな プログラムを用いる場合もありますが、それよりも、「重要な」部分のみを含む コード片を例とする方が多いです。何がどう「重要」かはコード片によって 異なります。use strictuse warningsを宣言し、すべての変数を初期化 して、あらゆる例外を完璧に捕捉することが重要な場合もありますが、たいていの 場合、これらは例示しようとしているレッスンの内容をわかりにくくしてしまいます。

As Perl is developed by a global team of volunteers, our documentation often contains spellings which look funny to somebody. Choice of American/British/Other spellings is left as an exercise for the author of each bit of documentation. When patching documentation, try to emulate the documentation around you, rather than changing the existing prose.

Perlはグローバルなボランティアチームによって開発されているため、私たちの ドキュメントには誰かにとってはおかしく見えるスペルが含まれていることも 多々ありますが、アメリカ式/イギリス式/その他の綴り方の選択はそのドキュメント の著者に任されています。ドキュメントにパッチをあてる際には、既存の書き方を 改めるのではなく、周囲のドキュメントのやり方にあわせるようにしてください。

In general, documentation should describe what Perl does "now" rather than what it used to do. It's perfectly reasonable to include notes in documentation about how behaviour has changed from previous releases, but, with very few exceptions, documentation isn't "dual-life" -- it doesn't need to fully describe how all old versions used to work.

一般論として、ドキュメントにはPerlが昔どう動作したかではなく、「今」どう動作するか 書くべきです。注意書きとして、過去のリリースからどう動作が変わったかを書くのは 完全に合理的なことですが、ごく一部の例外を除いて、ドキュメントは「デュアルライフ」 ではありませんので、過去のすべてのバージョンについてどう動いていたかを詳細に記述 する必要はありません。

CREDITS

"Social Contract about Contributed Modules" originally by Russ Allbery <rra@stanford.edu> and the perl5-porters.

"Social Contract about Contributed Modules" originally by Russ Allbery <rra@stanford.edu> and the perl5-porters.