strict-1.04 > strict
strict-1.04
Other versions:
5.12.3
5.8.1
5.8.0

名前

strict - Perl pragma to restrict unsafe constructs

strict - 安全ではない構文を制限する Perl プラグマ

概要

    use strict;

    use strict "vars";
    use strict "refs";
    use strict "subs";

    use strict;
    no strict "vars";

説明

If no import list is supplied, all possible restrictions are assumed. (This is the safest mode to operate in, but is sometimes too strict for casual programming.) Currently, there are three possible things to be strict about: "subs", "vars", and "refs".

インポートリストを与えない場合は、利用可能な全ての制約を受けます。 (これは最も安全な動作モードですが、カジュアルプログラミングの ためには厳しすぎる場合もあります。) 今のところ、"subs"、"vars"、"refs" の 3 つの制約が用意されています。

strict refs

This generates a runtime error if you use symbolic references (see perlref).

シンボリックリファレンスが使われたときに実行時エラーになります。 (perlref を見てください。)

    use strict 'refs';
    $ref = \$foo;
    print $$ref;        # ok
    $ref = "foo";
    print $$ref;        # runtime error; normally ok
    $file = "STDOUT";
    print $file "Hi!";  # error; note: no comma after $file
    use strict 'refs';
    $ref = \$foo;
    print $$ref;        # ok
    $ref = "foo";
    print $$ref;        # ランタイムエラー; 普段は ok
    $file = "STDOUT";
    print $file "Hi!";  # エラー; 注意: $file の後にコンマがない

There is one exception to this rule:

このルールには 1 つの例外があります:

    $bar = \&{'foo'};
    &$bar;

is allowed so that goto &$AUTOLOAD would not break under stricture.

上記のものは許容されます; だから goto &$AUTOLOAD はこの制約下でも動きます。

strict vars

This generates a compile-time error if you access a variable that wasn't declared via our or use vars, localized via my(), or wasn't fully qualified. Because this is to avoid variable suicide problems and subtle dynamic scoping issues, a merely local() variable isn't good enough. See "my" in perlfunc and "local" in perlfunc.

ouruse varsmy() で宣言された変数や完全に修飾された 変数以外にアクセスしたときにコンパイル時エラーを出します。 変数が自殺してしまう問題や微妙な動的スコープの問題があるため、 local() 変数だけでは十分ではありません。 "my" in perlfunc"local" in perlfunc を見てください。

    use strict 'vars';
    $X::foo = 1;         # ok, fully qualified
    my $foo = 10;        # ok, my() var
    local $foo = 9;      # blows up
    use strict 'vars';
    $X::foo = 1;         # ok, 完全に修飾されています
    my $foo = 10;        # ok, my() 変数
    local $foo = 9;      # ダメ
    package Cinna;
    our $bar;                   # Declares $bar in current package
    $bar = 'HgS';               # ok, global declared via pragma
    package Cinna;
    our $bar;                   # パッケージ内で宣言された $bar
    $bar = 'HgS';               # ok, プラグマでグローバルに宣言された

The local() generated a compile-time error because you just touched a global name without fully qualifying it.

local() は、完全な修飾無しにグローバルな名前を触ってしまうため コンパイル時エラーを出します。

Because of their special use by sort(), the variables $a and $b are exempted from this check.

sort() によって特別扱いされるという理由で $a と $b はこのチェックの 適用外になっています。

strict subs

This disables the poetry optimization, generating a compile-time error if you try to use a bareword identifier that's not a subroutine, unless it is a simple identifier (no colons) and that it appears in curly braces or on the left hand side of the => symbol.

詩的な最適化を禁止し、サブルーチン以外の裸の識別子を使おうとしたとき、 それが(コロンのない)単純な識別子や中括弧の中 => シンボルの 左側でない場合にコンパイル時エラーを出します。

    use strict 'subs';
    $SIG{PIPE} = Plumber;       # blows up
    $SIG{PIPE} = "Plumber";     # just fine: quoted string is always ok
    $SIG{PIPE} = \&Plumber;     # preferred form
    use strict 'subs';
    $SIG{PIPE} = Plumber;       # ダメ
    $SIG{PIPE} = "Plumber";     # 問題なし: クォートされた文字は常に ok
    $SIG{PIPE} = \&Plumber;     # 好ましい方法

"Pragmatic Modules" in perlmodlib を見てください。

HISTORY

strict 'subs', with Perl 5.6.1, erroneously permitted to use an unquoted compound identifier (e.g. Foo::Bar) as a hash key (before => or inside curlies), but without forcing it always to a literal string.

Perl 5.6.1 での strict 'subs' は、(=> の前や中括弧の中での) ハッシュのキーのとして、クォートすることなしに(Foo::Bar のような) 複合の識別子を使えるようにしてしまっています; このことは間違いでした; それは、いつでもリテラル文字列です。

Starting with Perl 5.8.1 strict is strict about its restrictions: if unknown restrictions are used, the strict pragma will abort with

Perl 5.8.1 からの strict は、それらの制約事項について厳格です: もし、知られていない制約事項が使われるならば、strict プラグマは、 以下のような出力と共に中断します。

    Unknown 'strict' tag(s) '...'

As of version 1.04 (Perl 5.10), strict verifies that it is used as "strict" to avoid the dreaded Strict trap on case insensitive file systems.

バージョン 1.04 (Perl 5.10) から、大文字小文字の区別のない ファイルシステムでの恐ろしい "Strict" の罠を避けるために、strict は "strict" として使われているかを検証します。