perl-5.22.1
mkdir FILENAME,MASK
mkdir FILENAME
mkdir

Creates the directory specified by FILENAME, with permissions specified by MASK (as modified by umask). If it succeeds it returns true; otherwise it returns false and sets $! (errno). MASK defaults to 0777 if omitted, and FILENAME defaults to $_ if omitted.

FILENAME で指定したディレクトリを、MASK で指定した許可モード(を umask で修正したもの) で作成します。 成功時には真を返します; さもなければ偽を返して $! (errno) を設定します。 MASK を省略すると、0777 とみなし、 FILENAME を省略すると、$_ を使います。

In general, it is better to create directories with a permissive MASK and let the user modify that with their umask than it is to supply a restrictive MASK and give the user no way to be more permissive. The exceptions to this rule are when the file or directory should be kept private (mail files, for instance). The perlfunc(1) entry on umask discusses the choice of MASK in more detail.

一般的に、制限された MASK を使ってユーザーがより寛容にする方法を 与えないより、寛容な MASK でディレクトリを作り、ユーザーが自身の umask で 修正するようにした方がよいです。 例外は、(例えばメールファイルのような)プライベートに保つべきファイルや ディレクトリを書く場合です。 perlfunc(1) の umask で、MASK の選択に関して詳細に議論しています。

Note that according to the POSIX 1003.1-1996 the FILENAME may have any number of trailing slashes. Some operating and filesystems do not get this right, so Perl automatically removes all trailing slashes to keep everyone happy.

POSIX 1003.1-1996 によれば、FILENAME には末尾に任意の数のスラッシュを つけることができます。 このようには動かない OS やファイルシステムもあるので、Perl はみんなが 幸せになれるように、自動的に末尾のスラッシュを削除します。

To recursively create a directory structure, look at the make_path function of the File::Path module.

ディレクトリ構造を再帰的に作成するには、File::Path モジュールの make_path 関数を参照してください。