perl-5.22.1
msgrcv ID,VAR,SIZE,TYPE,FLAGS

Calls the System V IPC function msgrcv to receive a message from message queue ID into variable VAR with a maximum message size of SIZE. Note that when a message is received, the message type as a native long integer will be the first thing in VAR, followed by the actual message. This packing may be opened with unpack("l! a*"). Taints the variable. Returns true if successful, false on error. See also "SysV IPC" in perlipc and the documentation for IPC::SysV and IPC::SysV::Msg.

System V IPC 関数 msgrcv を呼び出し、メッセージキュー ID から、 変数 VAR に最大メッセージ長 SIZE のメッセージを受信します。 メッセージが受信された時、ネイティブな long 整数のメッセージタイプが VAR の先頭となり、実際のメッセージが続きます。 このパッキングは unpack("l! a*") で展開できます。 変数は汚染されます。 成功時には真を、エラー時には偽を返します。 "SysV IPC" in perlipc および、IPC::SysV, IPC::SysV::Msg の文書も 参照してください。

Portability issues: "msgrcv" in perlport.

移植性の問題: "msgrcv" in perlport