perl-5.22.1
msgsnd ID,MSG,FLAGS

Calls the System V IPC function msgsnd to send the message MSG to the message queue ID. MSG must begin with the native long integer message type, be followed by the length of the actual message, and then finally the message itself. This kind of packing can be achieved with pack("l! a*", $type, $message). Returns true if successful, false on error. See also the IPC::SysV and IPC::SysV::Msg documentation.

System V IPC 関数 msgsnd を呼び出し、メッセージキュー ID に メッセージ MSG を送信します。 MSG の先頭は、ネイティブな long 整数のメッセージタイプでなければならず、 メッセージの長さ、メッセージ本体と続きます。 これは、pack("l! a*", $type, $message) として生成できます。 成功時には真を、エラー時には偽を返します。 IPC::SysVIPC::SysV::Msg の文書も参照してください。

Portability issues: "msgsnd" in perlport.

移植性の問題: "msgsnd" in perlport