perl-5.22.1
pipe READHANDLE,WRITEHANDLE

Opens a pair of connected pipes like the corresponding system call. Note that if you set up a loop of piped processes, deadlock can occur unless you are very careful. In addition, note that Perl's pipes use IO buffering, so you may need to set $| to flush your WRITEHANDLE after each command, depending on the application.

対応するシステムコールと同じように、接続されたパイプのペアを開きます。 パイプでプロセスをループにするときには、よほど気を付けないと、 デッドロックが起こり得ます。 さらに、Perl のパイプでは、IO のバッファリングを使ので、 アプリケーションによっては、コマンドごとに WRITEHANDLE を フラッシュするように、$| を設定することが必要になるかもしれません。

Returns true on success.

成功時には真を返します。

これらに関する例については、IPC::Open2, IPC::Open3, "Bidirectional Communication with Another Process" in perlipc を 参照してください。

On systems that support a close-on-exec flag on files, that flag is set on all newly opened file descriptors whose filenos are higher than the current value of $^F (by default 2 for STDERR). See "$^F" in perlvar.

ファイルに対する close-on-exec フラグをサポートしているシステムでは、 新しくオープンされたファイル記述子のうち、 fileno が現在の $^F の値(デフォルトでは STDERR の 2) よりも大きい ものに対してフラグがセットされます。 "$^F" in perlvar を参照してください。