perl-5.20.1
semop KEY,OPSTRING

Calls the System V IPC function semop(2) for semaphore operations such as signalling and waiting. OPSTRING must be a packed array of semop structures. Each semop structure can be generated with pack("s!3", $semnum, $semop, $semflag). The length of OPSTRING implies the number of semaphore operations. Returns true if successful, false on error. As an example, the following code waits on semaphore $semnum of semaphore id $semid:

シグナルを送信や、待ち合わせなどのセマフォ操作を行なうために、 System V IPC 関数 semop(2) を呼び出します。 OPSTRING は、semop 構造体の pack された配列でなければなりません。 semop 構造体は、それぞれ、pack("s!3", $semnum, $semop, $semflag) のように 作ることができます。 セマフォ操作の数は、OPSTRING の長さからわかります。 成功時には真を、エラー時には偽を返します。 以下の例は、セマフォ ID $semid のセマフォ $semnum で 待ち合わせを行ないます。

    $semop = pack("s!3", $semnum, -1, 0);
    die "Semaphore trouble: $!\n" unless semop($semid, $semop);

To signal the semaphore, replace -1 with 1. See also "SysV IPC" in perlipc, IPC::SysV, and IPC::SysV::Semaphore documentation.

セマフォにシグナルを送るには、-11 に変更してください。 "SysV IPC" in perlipc, IPC::SysV, IPC::SysV::Semaphore も 参照してください。

Portability issues: "semop" in perlport.

移植性の問題: "semop" in perlport