perl-5.20.1
shmwrite ID,STRING,POS,SIZE

Reads or writes the System V shared memory segment ID starting at position POS for size SIZE by attaching to it, copying in/out, and detaching from it. When reading, VAR must be a variable that will hold the data read. When writing, if STRING is too long, only SIZE bytes are used; if STRING is too short, nulls are written to fill out SIZE bytes. Return true if successful, false on error. shmread() taints the variable. See also "SysV IPC" in perlipc, IPC::SysV, and the IPC::Shareable module from CPAN.

System V 共有メモリセグメント ID に対し、アタッチして、コピーを行ない、 デタッチするという形で、位置 POS から、サイズ SIZE だけ、読み込みか書き込みを 行ないます。 読み込み時には、VAR は読み込んだデータを納める変数でなければなりません。 書き込み時には、STRING が長すぎても、SIZE バイトだけが使われます; STRING が 短すぎる場合には、SIZE バイトを埋めるために、ヌル文字が書き込まれます。 成功時には真を、エラー時には偽を返します。 shmread() は変数を汚染します。 "SysV IPC" in perlipc および IPC::SysV と、CPAN の IPC::Shareable も 参照してください。

移植性の問題: "shmread" in perlport"shmwrite" in perlport