perl-5.20.1
socket SOCKET,DOMAIN,TYPE,PROTOCOL

Opens a socket of the specified kind and attaches it to filehandle SOCKET. DOMAIN, TYPE, and PROTOCOL are specified the same as for the syscall of the same name. You should use Socket first to get the proper definitions imported. See the examples in "Sockets: Client/Server Communication" in perlipc.

指定した種類のソケットをオープンし、ファイルハンドル SOCKET にアタッチします。 DOMAIN, TYPE, PROTOCOL は、同名のシステムコールと同じように指定します。 適切な定義を import するために、まず、use Socket とするとよいでしょう。 "Sockets: Client/Server Communication" in perlipc の例を参照してください。

On systems that support a close-on-exec flag on files, the flag will be set for the newly opened file descriptor, as determined by the value of $^F. See "$^F" in perlvar.

ファイルに対する close-on-exec フラグをサポートしているシステムでは、 フラグは $^F の値で決定される、新しくオープンされたファイル記述子に対して セットされます。 "$^F" in perlvar を参照してください。