perl-5.26.1
study SCALAR
study

At this time, study does nothing. This may change in the future.

現時点では、study は何もしません。 これは将来変更されるかもしれません。

Prior to Perl version 5.16, it would create an inverted index of all characters that occurred in the given SCALAR (or $_ if unspecified). When matching a pattern, the rarest character from the pattern would be looked up in this index. Rarity was based on some static frequency tables constructed from some C programs and English text.

Perl バージョン 5.16 より前では、 与えられた SCALAR (または指定されていなかった場合は $_)に 現れた全ての文字の転置インデックスを作ります。 パターンにマッチングしたとき、 パターン中の最も頻度の少ない文字がこのインデックスから探されます。 頻度は、C プログラムと英語の文章から構築された静的頻度テーブルを 基にしています。