perl-5.22.1
$PROCESS_ID
$PID
$$

The process number of the Perl running this script. Though you can set this variable, doing so is generally discouraged, although it can be invaluable for some testing purposes. It will be reset automatically across fork() calls.

このスクリプトを実行している Perl のプロセス番号です。 この変数に値を設定することは 可能 ですが、そうすることは一般的に 非推奨です; しかしこれは一部のテストの目的には計り知れない価値があります。 fork() 呼び出しがあると自動的にリセットされます。

Note for Linux and Debian GNU/kFreeBSD users: Before Perl v5.16.0 perl would emulate POSIX semantics on Linux systems using LinuxThreads, a partial implementation of POSIX Threads that has since been superseded by the Native POSIX Thread Library (NPTL).

Linux および Debian GNU/kFreeBSD ユーザーに対する注意: Perl v5.16.0 より 前では perl は LinuxThreads を使って Linux システムで POSIX の意味論を エミュレートしていました; これは POSIX Threads の部分的な実装で、 Native POSIX Thread Library (NPTL) で置き換えられました。

LinuxThreads is now obsolete on Linux, and caching getpid() like this made embedding perl unnecessarily complex (since you'd have to manually update the value of $$), so now $$ and getppid() will always return the same values as the underlying C library.

LinuxThreads は Linux では古いもので、このように getpid() を キャッシュすると組み込み perl が不必要に複雑になります ($$ の値を手動で 更新する必要があるからです); それで今では $$getppid() は常に 基礎となる C ライブラリと同じ値を返します。

Debian GNU/kFreeBSD systems also used LinuxThreads up until and including the 6.0 release, but after that moved to FreeBSD thread semantics, which are POSIX-like.

Debian GNU/kFreeBSD システムは 6.0 リリースまで LinuxThreads を 使っていましたが、その後は POSIX 風の FreeBSD スレッドの意味論に 移行しました。

To see if your system is affected by this discrepancy check if getconf GNU_LIBPTHREAD_VERSION | grep -q NPTL returns a false value. NTPL threads preserve the POSIX semantics.

あなたのシステムがこの非一貫性の影響を受けるかどうかを調べるには、 getconf GNU_LIBPTHREAD_VERSION | grep -q NPTL が偽を返すかどうかを チェックしてください。 NTPL スレッドは POSIX の意味論を保存します。

Mnemonic: same as shells.

記憶法: シェルと同じ。