perl-5.20.1
$REAL_GROUP_ID
$GID
$(

The real gid of this process. If you are on a machine that supports membership in multiple groups simultaneously, gives a space separated list of groups you are in. The first number is the one returned by getgid(), and the subsequent ones by getgroups(), one of which may be the same as the first number.

本プロセスの実 gid を示します。 同時に複数のグループに所属できるマシンでは、所属するグループをスペースで 区切ったリストが得られます。 最初の数値は、getgid() で返されるものです; その後に getgroups() が 返す値が続き、その中の 1 つは、最初の値と同じかもしれません。

However, a value assigned to $( must be a single number used to set the real gid. So the value given by $( should not be assigned back to $( without being forced numeric, such as by adding zero. Note that this is different to the effective gid ($)) which does take a list.

しかし、$( に代入された値は実際の gid に設定された値の 一つでなければなりません。 従って、 $( で与えられた値はゼロを足すことによって 数値化することなく $( に書き戻すべきではありません。 これはリストが得られる実行 GID ($)) とは違うことに注意してください。

You can change both the real gid and the effective gid at the same time by using POSIX::setgid(). Changes to $( require a check to $! to detect any possible errors after an attempted change.

POSIX::setgid() を使って、実 GID と実効 GID の両方を同時に変更できます。 $( を変更した場合は、変更しようとしたときに起こりうるエラーを検出するために $! をチェックする必要があります。

Mnemonic: parentheses are used to group things. The real gid is the group you left, if you're running setgid.

記憶法: 括弧は、グループ化に使われます。 setgid で実行中であれば、実 gid は left した、つまり離れたグループです。