perl-5.22.1
$EFFECTIVE_GROUP_ID
$EGID
$)

The effective gid of this process. If you are on a machine that supports membership in multiple groups simultaneously, gives a space separated list of groups you are in. The first number is the one returned by getegid(), and the subsequent ones by getgroups(), one of which may be the same as the first number.

本プロセスの実効 gid を示します。 同時に複数のグループに所属できるマシンでは、所属するグループをスペースで 区切ったリストが得られます。 最初の数値は、getegid() で返されるものです; その後に getgroups() が 返す値が続き、その中の 1 つは、最初の値と同じかもしれません。

Similarly, a value assigned to $) must also be a space-separated list of numbers. The first number sets the effective gid, and the rest (if any) are passed to setgroups(). To get the effect of an empty list for setgroups(), just repeat the new effective gid; that is, to force an effective gid of 5 and an effectively empty setgroups() list, say $) = "5 5" .

同様に、$) へ代入する値はスペースで区切られた数値の リストでなければなりません。 最初の数値は実効 gid を設定し、残りの数値は(もしあれば) setgroups() に 渡されます。 setgroups() に空リストを渡したい場合は、単に新しい実効 gid を 繰り返してください; つまり、実効 gid を 5 にして、setgroups() に空リストを 渡したい場合は、 $) = "5 5" としてください。

You can change both the effective gid and the real gid at the same time by using POSIX::setgid() (use only a single numeric argument). Changes to $) require a check to $! to detect any possible errors after an attempted change.

POSIX::setgid() を使って、実効 GID と実 GID を同時に変更できます (1 つの数値引数だけが使えます)。 $) を変更した場合は、変更時に起こりうるエラーを検出するために $! の チェックが必要です。

$<, $>, $( and $) can be set only on machines that support the corresponding set[re][ug]id() routine. $( and $) can be swapped only on machines supporting setregid().

$<, $>, $(, $) は、実行するマシンで、 対応する set[re][ug]id() ルーティンがサポートされているときにのみ 設定可能です。 $($) の交換は、 setregid() がサポートされているマシンでのみ可能です。

Mnemonic: parentheses are used to group things. The effective gid is the group that's right for you, if you're running setgid.

記憶法: 括弧は、グループ化に使われます。 setgid で実行中であれば、実効 gid は right な、つまり正しいグループです。