perl-5.22.1
$CHILD_ERROR
$?

The status returned by the last pipe close, backtick (``) command, successful call to wait() or waitpid(), or from the system() operator. This is just the 16-bit status word returned by the traditional Unix wait() system call (or else is made up to look like it). Thus, the exit value of the subprocess is really ($? >> 8), and $? & 127 gives which signal, if any, the process died from, and $? & 128 reports whether there was a core dump.

最後に close したパイプ、バッククォート (``) コマンド、 成功した wait() または waitpid() 呼び出し、system() 演算子が返した ステータス。 このステータスワードは伝統的な Unix の wait() システムコールが返した 16 ビットのステータス(またはそのように見えるもの)です。 従ってサブプロセスの exit 値は、実際には ($? >> 8) で、$? & 127 は、もしあれば、そのプロセスを止めたシグナルで、 $? & 128 はコアダンプがあるかどうかを示します。

Additionally, if the h_errno variable is supported in C, its value is returned via $? if any gethost*() function fails.

さらに、C で h_errno 変数に対応している場合は、 gethost*() が失敗したときに $? を通して返されます。

If you have installed a signal handler for SIGCHLD, the value of $? will usually be wrong outside that handler.

SIGCHLD のシグナルハンドラを設定した場合、 $? の値は通常ハンドラの外側では正しくない値となります。

Inside an END subroutine $? contains the value that is going to be given to exit(). You can modify $? in an END subroutine to change the exit status of your program. For example:

END サブルーチンの内側では $? には exit() に渡されようとしている 値を含みます。 プログラムの終了ステータスを変更するために、END サブルーチン 内で $? を変更できます。 例えば:

    END {
        $? = 1 if $? == 255;  # die would make it 255
    }
    END {
        $? = 1 if $? == 255;  # die は 255
    }

Under VMS, the pragma use vmsish 'status' makes $? reflect the actual VMS exit status, instead of the default emulation of POSIX status; see "$?" in perlvms for details.

VMS では、use vmsish 'status' を指定すると、 $? はPOSIX ステータスをエミュレートしたものではなく、 実際の VMS 終了ステータスを反映します; 詳細は "$?" in perlvms を 参照してください。

Mnemonic: similar to sh and ksh.

記憶法: shksh と同様。