perl-5.24.1
$EVAL_ERROR
$@

The Perl error from the last eval operator, i.e. the last exception that was caught. For eval BLOCK, this is either a runtime error message or the string or reference die was called with. The eval STRING form also catches syntax errors and other compile time exceptions.

最後の eval 操作子による Perl のエラーです; つまり、最後に補足された 例外です。 eval BLOCK の場合は、これは実行時エラーか、die が呼び出されたときの 文字列かリファレンスです。 eval STRING 型式は、文法エラーやその他のコンパイル時例外も捕捉します。

If no error occurs, eval sets $@ to the empty string.

エラーが起きなければ、eval$@ に空文字列を設定します。

Warning messages are not collected in this variable. You can, however, set up a routine to process warnings by setting $SIG{__WARN__} as described in "%SIG".

警告メッセージはこの変数に入りません。 しかし、"%SIG" に記述されている $SIG{__WARN__} にセットすることで 警告を処理するルーチンを設定できます。

Mnemonic: Where was the error "at"?

記憶法: どこで ("at") エラーが起ったか。