perl-5.22.1
$COMPILING
$^C

The current value of the flag associated with the -c switch. Mainly of use with -MO=... to allow code to alter its behavior when being compiled, such as for example to AUTOLOAD at compile time rather than normal, deferred loading. Setting $^C = 1 is similar to calling B::minus_c.

-c スイッチに関連付けられた現在の値です。 主に -MO=... と共に用いられ、例えば AUTOLOAD を通常の遅延ロードでは なくコンパイル時に実行するといった、コンパイル時の振る舞いを 変えるために用います。 $^C = 1 に設定することは B::minus_c を呼び出すのと似ています。

This variable was added in Perl v5.6.0.

この変数は Perl v5.6.0 で追加されました。