perl-5.22.1
$EXTENDED_OS_ERROR
$^E

Error information specific to the current operating system. At the moment, this differs from $! under only VMS, OS/2, and Win32 (and for MacPerl). On all other platforms, $^E is always just the same as $!.

現在のオペレーティングシステムに特化したエラー情報です。 現在のところ、VMS, OS/2, Win32 (と MacPerl) のみで $! と異なる値をもちます。 その他のプラットフォームでは、$^E はいつも $! と同じです。

Under VMS, $^E provides the VMS status value from the last system error. This is more specific information about the last system error than that provided by $!. This is particularly important when $! is set to EVMSERR.

VMS では、$^E は最後のシステムエラーの VMS ステータス値です。 これは、最後のシステムエラーについて $! で提供されるものより 具体的な情報を示します。 これは特に $!EVMSERR にセットされた場合に重要です。

Under OS/2, $^E is set to the error code of the last call to OS/2 API either via CRT, or directly from perl.

OS/2 では、$^E は CRT 経由、または Perl から直接呼び出された 最後の OS/2 API のエラーコードがセットされます。

Under Win32, $^E always returns the last error information reported by the Win32 call GetLastError() which describes the last error from within the Win32 API. Most Win32-specific code will report errors via $^E. ANSI C and Unix-like calls set errno and so most portable Perl code will report errors via $!.

Win32 では、$^E は Win32 API での最後のエラーの内容を返す GetLastError() Win32 呼び出しで報告される最新のエラー情報を 返します。 ほとんどの Win32 固有のコードはエラーを $^E 経由で返します。 ANSI C と Unix 風の呼び出しは errno をセットするので、 ほとんどの移植性のある Perl コードは $! 経由で エラーを報告します。

Caveats mentioned in the description of $! generally apply to $^E, also.

$! の説明で触れた問題点は一般的に $^E にも適用されます。

This variable was added in Perl 5.003.

この変数は Perl 5.003 で追加されました。

Mnemonic: Extra error explanation.

記憶法: 追加の(Extra)エラーの説明。