perl-5.20.1
${^TAINT}

Reflects if taint mode is on or off. 1 for on (the program was run with -T), 0 for off, -1 when only taint warnings are enabled (i.e. with -t or -TU).

汚染検査モードのオン・オフを反映します。 1 はオン(プログラムは -T 付きで実行されている)、0 はオフ、-1 は汚染 警告のみが有効になっている(つまり -t-TU)ことを意味します。

This variable is read-only.

この変数は読み込み専用です。

This variable was added in Perl v5.8.0.

この変数は Perl v5.8.0 で追加されました。