perl-5.20.1
${^UTF8CACHE}

This variable controls the state of the internal UTF-8 offset caching code. 1 for on (the default), 0 for off, -1 to debug the caching code by checking all its results against linear scans, and panicking on any discrepancy.

この変数は内部 UTF-8 オフセットキャッシュコードの状態を制御します。 1 はオン(デフォルト)、0 はオフ、-1 は全ての結果を線形走査と比較して、 矛盾があれば異常終了する、という形でキャッシュコードをデバッグします。

This variable was added in Perl v5.8.9. It is subject to change or removal without notice, but is currently used to avoid recalculating the boundaries of multi-byte UTF-8-encoded characters.

この変数は Perl v5.8.9 で追加されました。 これは予告なく変更されたり削除されたりするかもしれませんが、現在のところ 複数バイト UTF-8 エンコード文字の境界の再計算を避けるために使われます。