perl-5.20.1
HANDLE->autoflush( EXPR )
$OUTPUT_AUTOFLUSH
$|

If set to nonzero, forces a flush right away and after every write or print on the currently selected output channel. Default is 0 (regardless of whether the channel is really buffered by the system or not; $| tells you only whether you've asked Perl explicitly to flush after each write). STDOUT will typically be line buffered if output is to the terminal and block buffered otherwise. Setting this variable is useful primarily when you are outputting to a pipe or socket, such as when you are running a Perl program under rsh and want to see the output as it's happening. This has no effect on input buffering. See "getc" in perlfunc for that. See "select" in perlfunc on how to select the output channel. See also IO::Handle.

0 以外に設定されると、その時点で選択されている出力チャネルを直ちにその場で フラッシュし、さらに write や print を行なうごとに、強制的にフラッシュします。 デフォルトでは 0 となっています(チャンネルが実際にシステムによって バッファリングされているかどうかは関知しません。 $| は Perl が明示的に毎回書き込みの後にフラッシュするかどうかのみを 示します)。 STDOUT は通常では、端末への出力時には行バッファリング、 それ以外ではブロックバッファリングであることに注意してください。 これは、Perl のスクリプトを rsh 配下で実行して、実行状況を確認したい 場合のように、パイプやソケットに出力するときに特に便利でしょう。 これは入力バッファリングには何の影響も与えません。 出力チャネルの選択方法については "select" in perlfunc を参照してください。 IO::Handle も参照してください。

Mnemonic: when you want your pipes to be piping hot.

記憶法: パイプをホットな状態にしておくために使う。