perl-5.22.1
%OS_ERROR
%ERRNO
%!

Each element of %! has a true value only if $! is set to that value. For example, $!{ENOENT} is true if and only if the current value of $! is ENOENT; that is, if the most recent error was "No such file or directory" (or its moral equivalent: not all operating systems give that exact error, and certainly not all languages). The specific true value is not guaranteed, but in the past has generally been the numeric value of $!. To check if a particular key is meaningful on your system, use exists $!{the_key}; for a list of legal keys, use keys %!. See Errno for more information, and also see "$!".

%! の各要素は、$! がその値にセットされている場合にのみ真の値を持ちます。 例えば、$!{ENOENT} は、現在の $! の値が ENOENT の場合にのみ 真となります; これは、最近のエラーが "No such file or directory" (あるいは 倫理的に等価なもの: 全ての OS が正確に同じエラーを出すわけではないですし、 全ての言語で出るわけでもありません) の場合です。 The specific true value is not guaranteed, but in the past has generally been the numeric value of $!. あなたのシステムで特定のキーが意味があるかどうかを調べるには、 exists $!{the_key} を使ってください; 有効なキーのリストを得るには、 keys %! としてください。 さらなる情報に関しては Errno/$! を参照してください。 (TBT)

This variable was added in Perl 5.005.

この変数は Perl 5.005 で追加されました。