perl-5.20.1
%LAST_PAREN_MATCH
%+

Similar to @+, the %+ hash allows access to the named capture buffers, should they exist, in the last successful match in the currently active dynamic scope.

@+ と同様、%+ ハッシュは、現在アクティブな動的スコープで最後に成功した マッチングの名前付き捕捉バッファ(存在すれば)へのアクセスを可能にします。

For example, $+{foo} is equivalent to $1 after the following match:

例えば、$+{foo} は以下のマッチングの後の $1 と等価です:

    'foo' =~ /(?<foo>foo)/;

The keys of the %+ hash list only the names of buffers that have captured (and that are thus associated to defined values).

%+ ハッシュのキーは捕捉された(従って定義された値と結びついている) バッファの名前のみの一覧です。

The underlying behaviour of %+ is provided by the Tie::Hash::NamedCapture module.

%+ の基礎となる振る舞いは Tie::Hash::NamedCapture モジュールで 提供されています。

Note: %- and %+ are tied views into a common internal hash associated with the last successful regular expression. Therefore mixing iterative access to them via each may have unpredictable results. Likewise, if the last successful match changes, then the results may be surprising.

注意: %- and %+ は最後に成功した正規表現と関連付けられた共通の 内部ハッシュと tie されたビューです。 従って、each 経由で混ざった反復アクセスを行うと、予測不能の結果となります。 同様に、最後に成功したマッチングを変更すると、結果は驚くべきものとなります。

This variable was added in Perl v5.10.0.

この変数は Perl v5.10.0 で追加されました。

This variable is read-only and dynamically-scoped.

この変数は読み込み専用で動的スコープを持ちます。