perl-5.22.1
%ENV

The hash %ENV contains your current environment. Setting a value in ENV changes the environment for any child processes you subsequently fork() off.

ハッシュ %ENV には、その時点の環境変数が設定されています。 ENV に値を設定することで、 以後に fork() した子プロセスの環境変数を変更します。

As of v5.18.0, both keys and values stored in %ENV are stringified.

v5.18.0 から、%ENV に補完されたキーと値の両方は文字列化されます。

    my $foo = 1;
    $ENV{'bar'} = \$foo;
    if( ref $ENV{'bar'} ) {
        say "Pre 5.18.0 Behaviour";
    } else {
        say "Post 5.18.0 Behaviour";
    }

Previously, only child processes received stringified values:

以前は、子プロセスのみが文字列化された値を受け取っていました:

    my $foo = 1;
    $ENV{'bar'} = \$foo;

    # Always printed 'non ref'
    system($^X, '-e',
           q/print ( ref $ENV{'bar'}  ? 'ref' : 'non ref' ) /);

This happens because you can't really share arbitrary data structures with foreign processes.

これは、外部プロセスと本当に任意のデータ構造を共有することができないために 起きます。