perl-5.20.1
@LAST_MATCH_END
@+

This array holds the offsets of the ends of the last successful submatches in the currently active dynamic scope. $+[0] is the offset into the string of the end of the entire match. This is the same value as what the pos function returns when called on the variable that was matched against. The nth element of this array holds the offset of the nth submatch, so $+[1] is the offset past where $1 ends, $+[2] the offset past where $2 ends, and so on. You can use $#+ to determine how many subgroups were in the last successful match. See the examples given for the @- variable.

この配列は、現在アクティブな動的スコープで最後に成功した部分マッチングの 最後へのオフセットを保持します。 $+[0] はマッチ全体の文字列の最後へのオフセットです。 これはマッチした変数に対して pos 関数を呼び出したときの返り値と同じです。 この配列の n 番目の要素は n 番目のサブマッチのオフセットを 保持しているので、$+[1] は過去の $1 の終わりのオフセット、$+[2]$2 のオフセット、という形になります。 $#+ は最後に成功したマッチでいくつサブグループがあるかを決定するのに 使えます。 @- 変数の例を参照して下さい。

This variable was added in Perl v5.6.0.

この変数は Perl v5.6.0 で追加されました。