perl-5.30.0
@INC

The array @INC contains the list of places that the do EXPR, require, or use constructs look for their library files. It initially consists of the arguments to any -I command-line switches, followed by the default Perl library, probably /usr/local/lib/perl. Prior to Perl 5.26, . -which represents the current directory, was included in @INC; it has been removed. This change in behavior is documented in PERL_USE_UNSAFE_INC and it is not recommended that . be re-added to @INC. If you need to modify @INC at runtime, you should use the use lib pragma to get the machine-dependent library properly loaded as well:

配列 @INC には、do EXPR, require, use によってライブラリファイルを 探すときに評価する場所のリストが納められています。 初期状態では、コマンドラインスイッチ -I の引数とデフォルトの Perl ライブラリディレクトリ (おそらく /usr/local/lib/perl5) を 順につなげたものです。 Perl 5.26 より前では、カレントディレクトリを表す .@INC に含まれていました; これは削除されました。 この振る舞いの変更は PERL_USE_UNSAFE_INC に文書化されていて、 @INC. を再追加するのは推奨されません。 実行時に @INC 変更する必要がある場合は、マシン依存のライブラリも正しく 読み込むために use lib を使うべきです:

    use lib '/mypath/libdir/';
    use SomeMod;

You can also insert hooks into the file inclusion system by putting Perl code directly into @INC. Those hooks may be subroutine references, array references or blessed objects. See "require" in perlfunc for details.

Perl のコードを直接 @INC に入れることで、ファイルインクルード機構に フックを挿入できます。 このフックはサブルーチンリファレンス、配列リファレンス、bless された オブジェクトが可能です。 詳細については "require" in perlfunc を参照してください。