5.34.0

名前

perlexperiment - A listing of experimental features in Perl

perlexperiment - Perl の実験的機能の一覧

説明

This document lists the current and past experimental features in the perl core. Although all of these are documented with their appropriate topics, this succinct listing gives you an overview and basic facts about their status.

この文書は perl コアでの過去と現在のの実験的機能の一覧です。 これらの全ては適切な見出しと共に文書化されていますが、 この簡潔な一覧は概観とそれぞれの状態に対する基本的な事実を与えます。

So far we've merely tried to find and list the experimental features and infer their inception, versions, etc. There's a lot of speculation here.

今のところ単に実験的機能を見つけて一覧化し、発端、バージョンなどを 推論しようとしています。 ここには多くの推測が含まれます。

現在の実験

Smart match (~~)

(スマートマッチング (~~))

Introduced in Perl 5.10.0

Perl 5.10.0 で導入されました。

Modified in Perl 5.10.1, 5.12.0

Perl 5.10.1, 5.12.0 で変更されました。

Using this feature triggers warnings in the category experimental::smartmatch.

この機能を使うと experimental::smartmatch カテゴリの警告が発生します。

The ticket for this experiment is [perl #13173].

この実験に関するチケットは [perl #13173]

Pluggable keywords

(プラガブルキーワード)

Introduced in Perl 5.11.2

Perl 5.11.2 で導入されました。

See "PL_keyword_plugin" in perlapi for the mechanism.

仕組みについては "PL_keyword_plugin" in perlapi を参照してください。

The ticket for this experiment is [perl #13199].

この実験に関するチケットは [perl #13199]

Regular Expression Set Operations

(正規表現設定操作)

Introduced in Perl 5.18

Perl 5.18 で導入されました。

Using this feature triggers warnings in the category experimental::regex_sets.

この機能を使うと experimental::regex_sets カテゴリの警告が発生します。

The ticket for this experiment is [perl #13197].

この実験に関するチケットは [perl #13197]

"Extended Bracketed Character Classes" in perlrecharclass も参照してください。

Subroutine signatures

(サブルーチンシグネチャ)

Introduced in Perl 5.20.0

Perl 5.20.0 で導入されました。

Using this feature triggers warnings in the category experimental::signatures.

この機能を使うと experimental::signatures カテゴリの警告が発生します。

The ticket for this experiment is [perl #13681].

この実験に関するチケットは [perl #13681]

Aliasing via reference

(リファレンス経由での別名)

Introduced in Perl 5.22.0

Perl 5.22.0 で導入されました。

Using this feature triggers warnings in the category experimental::refaliasing.

この機能を使うと experimental::refaliasing カテゴリの警告が発生します。

The ticket for this experiment is [perl #14150].

この実験に関するチケットは [perl #14150]

"Assigning to References" in perlref も参照してください。

The "const" attribute

("const" 属性)

Introduced in Perl 5.22.0

Perl 5.22.0 で導入されました。

Using this feature triggers warnings in the category experimental::const_attr.

この機能を使うと experimental::const_attr カテゴリの警告が発生します。

The ticket for this experiment is [perl #14428].

この実験に関するチケットは [perl #14428]

"Constant Functions" in perlsub も参照してください。

use re 'strict';

Introduced in Perl 5.22.0

Perl 5.22.0 で導入されました。

Using this feature triggers warnings in the category experimental::re_strict.

この機能を使うと experimental::re_strict カテゴリの警告が発生します。

The ticket for this experiment is [perl #18755]

この実験に関するチケットは [perl #18755]

"'strict' mode" in re を参照してください。

The <:win32> IO pseudolayer

(<:win32> IO 疑似層)

Using this feature triggers warnings in the category experimental::win32_perlio.

この機能を使うと experimental::win32_perlio カテゴリの警告が発生します。

The ticket for this experiment is [perl #13198].

この実験に関するチケットは [perl #13198]

"PERLIO" in perlrun も参照してください。

Declaring a reference to a variable

(リファレンスを変数に宣言する)

Introduced in Perl 5.26.0

Perl 5.26.0 で導入されました。

Using this feature triggers warnings in the category experimental::declared_refs.

この機能を使うと experimental::declared_refs カテゴリの警告が発生します。

The ticket for this experiment is [perl #15458].

この実験に関するチケットは [perl #15458]

"Declaring a Reference to a Variable" in perlref も参照してください。

There is an installhtml target in the Makefile.

(Makefile の installhtml ターゲット)

The ticket for this experiment is [perl #12726].

この実験に関するチケットは [perl #12726]

(Limited) Variable-length look-behind

((制限された)可変長後読み)

Introduced in Perl 5.30.0.

Perl 5.30.0 で導入されました。

Variability of up to 255 characters is handled.

255 文字までの可変長を扱えます。

Using this feature triggers warnings in the category experimental::vlb.

この機能を使うと experimental::vlb カテゴリの警告が発生します。

The ticket for this experiment is [perl #18756].

この実験に関するチケットは [perl #18756]

参照: "(*positive_lookbehind:pattern)" in perlre"(*negative_lookbehind:pattern)" in perlre

Unicode private use character hooks

(Unicode 私用文字フック)

Introduced in Perl 5.30.0.

Perl 5.30.0 で導入されました。

This feature is part of an interface intended for internal and experimental use by the perl5 developers. You are unlikely to encounter it in the wild.

この機能は perl5 開発者によって内部で実験的な使用を意図した インターフェースの一部です。 普段これに出会うことはまずないでしょう。

Using this feature triggers warnings in the category experimental::private_use.

この機能を使うと experimental::private_use カテゴリの警告が発生します。

The ticket for this experiment is [perl #18758].

この実験に関するチケットは [perl #18758]

Unicode property wildcards

(Unicode 特性ワイルドカード)

Introduced in Perl 5.30.0.

Perl 5.30.0 で導入されました。

This feature allows regular expression matching against Unicode character properties to be expressed more concisely.

この機能は、より簡潔に記述するために、Unicode 文字特性に対して 正規表現マッチングができるようにします。

Using this feature triggers warnings in the category experimental::uniprop_wildcards.

この機能を使うと experimental::uniprop_wildcards カテゴリの警告が 発生します。

The ticket for this experiment is [perl #18759].

この実験に関するチケットは [perl #18759]

isa infix operator

(isa 二項演算子)

Introduced in Perl 5.32.0.

Perl 5.32.0 で導入されました。

Using this feature triggers warnings in the category experimental::isa.

この機能を使うと experimental::isa カテゴリの警告が発生します。

The ticket for this experiment is [perl #18754]

この実験に関するチケットは [perl #18754]

try/catch control structure

(try/catch 制御構文)

Introduced in Perl 5.34.0.

Perl 5.34.0 で導入されました。

Using this feature triggers warnings in the category experimental::try.

この機能を使うと experimental::try カテゴリの警告が発生します。

The ticket for this experiment is [perl #18760]

この実験に関するチケットは [perl #18760]

受け入れられた実験

These features were so wildly successful and played so well with others that we decided to remove their experimental status and admit them as full, stable features in the world of Perl, lavishing all the benefits and luxuries thereof. They are also awarded +5 Stability and +3 Charisma.

これらの機能は大きな成功を収め、多くの人によく使われたので、 実験的という状態を削除し、Perl の世界で完全で安定した機能であるものとして 認め、その利益を広く得られるようにしました。 そして安定性が +5、魅力が +3 上昇しました。

64-bit support

(64 ビット対応)

Introduced in Perl 5.005

Perl 5.005 で導入されました。

die accepts a reference

(die がリファレンスを受け付ける)

Introduced in Perl 5.005

Perl 5.005 で導入されました。

DB module

Introduced in Perl 5.6.0

Perl 5.6.0 で導入されました。

See also perldebug, perldebtut

perldebug, perldebtut も参照してください。

Weak references

(弱いリファレンス)

Introduced in Perl 5.6.0

Perl 5.6.0 で導入されました。

Internal file glob

(内部ファイルグロブ)

Introduced in Perl 5.6.0

Perl 5.6.0 で導入されました。

fork() emulation

(fork() エミュレーション)

Introduced in Perl 5.6.1

Perl 5.6.1 で導入されました。

See also perlfork

perlfork も参照してください。

-Dusemultiplicity -Duseithreads

Introduced in Perl 5.6.0

Perl 5.6.0 で導入されました。

Accepted in Perl 5.8.0

Perl 5.8.0 で受け入れられました。

Support for long doubles

(long double 対応)

Introduced in Perl 5.6.0

Perl 5.6.0 で導入されました。

Accepted in Perl 5.8.1

Perl 5.8.1 で受け入れられました。

The \N regex character class

(\N 正規表現文字クラス)

The \N character class, not to be confused with the named character sequence \N{NAME}, denotes any non-newline character in a regular expression.

名前付き文字並び \N{NAME} ではない \N 文字クラスで、 正規表現中の任意の非改行文字を意味します。

Introduced in Perl 5.12

Perl 5.12 で導入されました。

Exact version of acceptance unclear, but no later than Perl 5.18.

正確な受け入れバージョンは不明ですが Perl 5.18 よりは前です。

(?{code}) and (??{ code })

Introduced in Perl 5.6.0

Perl 5.6.0 で導入されました。

Accepted in Perl 5.20.0

Perl 5.20.0 で受け入れられました。

See also perlre

perlre も参照してください。

Linux abstract Unix domain sockets

(Linux 抽象 Unix ドメインソケット)

Introduced in Perl 5.9.2

Perl 5.9.2 で導入されました。

Accepted before Perl 5.20.0. The Socket library is now primarily maintained on CPAN, rather than in the perl core.

Perl 5.20.0 より前に受け入れられました。 Socket ライブラリは今では perl コアではなく CPAN で保守されています。

See also Socket

Socket も参照してください。

Lvalue subroutines

(左辺値サブルーチン)

Introduced in Perl 5.6.0

Perl 5.6.0 で導入されました。

Accepted in Perl 5.20.0

Perl 5.20.0 で受け入れられました。

See also perlsub

perlsub も参照してください。

Backtracking control verbs

(バックトラッキング制御動詞)

(*ACCEPT)

Introduced in Perl 5.10

Perl 5.10 で導入されました。

Accepted in Perl 5.20.0

Perl 5.20.0 で受け入れられました。

The <:pop> IO pseudolayer

(<:pop> IO 疑似層)

"PERLIO" in perlrun も参照してください。

Accepted in Perl 5.20.0

Perl 5.20.0 で受け入れられました。

\s in regexp matches vertical tab

(正規表現の \s は垂直タブにマッチングする)

Accepted in Perl 5.22.0

Perl 5.22.0 で受け入れられました。

Postfix dereference syntax

(後置デリファレンス文法)

Introduced in Perl 5.20.0

Perl 5.20.0 で導入されました。

Accepted in Perl 5.24.0

Perl 5.24.0 で受け入れられました。

Lexical subroutines

(レキシカルサブルーチン)

Introduced in Perl 5.18.0

Perl 5.18.0 で導入されました。

Accepted in Perl 5.26.0

Perl 5.26.0 で受け入れられました。

String- and number-specific bitwise operators

(文字列指定と数値指定のビット単位演算子)

Introduced in Perl 5.22.0

Perl 5.22.0 で導入されました。

Accepted in Perl 5.28.0

Perl 5.28.0 で受け入れられました。

Alphabetic assertions

(英字アサート)

Introduced in Perl 5.28.0

Perl 5.28.0 で導入されました。

Accepted in Perl 5.32.0

Perl 5.32.0 で受け入れられました。

Script runs

(用字並び)

Introduced in Perl 5.28.0

Perl 5.28.0 で導入されました。

Accepted in Perl 5.32.0

Perl 5.32.0 で受け入れられました。

削除された実験

These features are no longer considered experimental and their functionality has disappeared. It's your own fault if you wrote production programs using these features after we explicitly told you not to (see perlpolicy).

これらの機能はもはや実験的であると見なされず、その機能はなくなりました。 私たちが明示的にそうするべきではないと言った後にあなたがこれらの 機能を使った製品版プログラムを書いたのなら、それはあなた自身の過ちです (perlpolicy を参照してください)。

5.005-style threading

(5.005 型式のスレッド)

Introduced in Perl 5.005

Perl 5.005 で導入されました。

Removed in Perl 5.10

Perl 5.10 で削除されました。

perlcc

Introduced in Perl 5.005

Perl 5.005 で導入されました。

Moved from Perl 5.9.0 to CPAN

Perl 5.9.0 から CPAN に移動しました。

The pseudo-hash data type

(疑似ハッシュデータ型)

Introduced in Perl 5.6.0

Perl 5.6.0 で導入されました。

Removed in Perl 5.9.0

Perl 5.9.0 で削除されました。

GetOpt::Long Options can now take multiple values at once (experimental)

(GetOpt::Long オプションは一度に複数の値を取れる)

Getopt::Long upgraded to version 2.35

Getopt::Long はバージョン 2.35 に更新されました。

Removed in Perl 5.8.8

Perl 5.8.8 で削除されました。

Assertions

(アサート)

The -A command line switch

-A コマンドラインオプション。

Introduced in Perl 5.9.0

Perl 5.9.0 で導入されました。

Removed in Perl 5.9.5

Perl 5.9.5 で削除されました。

Test::Harness::Straps

Moved from Perl 5.10.1 to CPAN

Perl 5.10.1 から CPAN に移動しました。

legacy

The experimental legacy pragma was swallowed by the feature pragma.

実験的な legacy プラグマは feature プラグマに吸収されました。

Introduced in Perl 5.11.2

Perl 5.11.2 で導入されました。

Removed in Perl 5.11.3

Perl 5.11.3 で削除されました。

Lexical $_

(レキシカルな $_)

Using this feature triggered warnings in the category experimental::lexical_topic.

この機能を使うと experimental::lexical_topic カテゴリの警告が 発生していました。

Introduced in Perl 5.10.0

Perl 5.10.0 で導入されました。

Removed in Perl 5.24.0

Perl 5.24.0 で削除されました。

Array and hash container functions accept references

(配列とハッシュをコンテナとする関数がリファレンスを受け付ける)

Using this feature triggered warnings in the category experimental::autoderef.

この機能を使うと experimental::autoderef カテゴリの警告が 発生していました。

"Postfix dereference syntax" で置き換えられました。

Introduced in Perl 5.14.0

Perl 5.14.0 で導入されました。

Removed in Perl 5.24.0

Perl 5.24.0 で削除されました。

our can have an experimental optional attribute unique

(our は実験的なオプション属性 unique を取れる)

Introduced in Perl 5.8.0

Perl 5.8.0 で導入されました。

Deprecated in Perl 5.10.0

Perl 5.10.0 で廃止予定になりました。

Removed in Perl 5.28.0

Perl 5.28.0 で削除されました。

SEE ALSO

For a complete list of features check feature.

機能の完全な一覧については feature をチェックしてください。

作者

brian d foy <brian.d.foy@gmail.com>

Sébastien Aperghis-Tramoni <saper@cpan.org>

コピーライト

Copyright 2010, brian d foy <brian.d.foy@gmail.com>

ライセンス

You can use and redistribute this document under the same terms as Perl itself.