5.10.0

名前

perlfaq2 - Obtaining and Learning about Perl ($Revision: 10144 $)

perlfaq2 - Perl の入手と学習 ($Revision: 10144 $)

説明

This section of the FAQ answers questions about where to find source and documentation for Perl, support, and related matters.

FAQ のこのセクションでは、Perl のソースや Perl に関するドキュメントが 手に入れられる場所に関する質問や、サポートとトレーニング、関連した 出来事に関する質問に回答しています。

perl はどんなマシンで動きますか? どこで入手できますか?

The standard release of perl (the one maintained by the perl development team) is distributed only in source code form. You can find this at http://www.cpan.org/src/latest.tar.gz , which is in a standard Internet format (a gzipped archive in POSIX tar format).

perlの標準リリース(perl 開発チームが保守しているもの)は ソースコード形式でのみ配布されています。 これは http://www.cpan.org/src/latest.tar.gz に インターネットで標準的なフォーマット(gzip された POSIX tar のアーカイブ)が あります。

Perl builds and runs on a bewildering number of platforms. Virtually all known and current Unix derivatives are supported (perl's native platform), as are other systems like VMS, DOS, OS/2, Windows, QNX, BeOS, OS X, MPE/iX and the Amiga.

Perl は驚くほど多くのプラットフォームでビルドされ、実行されています。 このソースはほとんどの UNIX システム(perl の本来の環境)を サポートしていますし、VMS, OS/2, Window, QNX, BeOS, MPE/iX, Amiga といった その他のシステムもサポートしています。

Binary distributions for some proprietary platforms, including Apple systems, can be found http://www.cpan.org/ports/ directory. Because these are not part of the standard distribution, they may and in fact do differ from the base perl port in a variety of ways. You'll have to check their respective release notes to see just what the differences are. These differences can be either positive (e.g. extensions for the features of the particular platform that are not supported in the source release of perl) or negative (e.g. might be based upon a less current source release of perl).

Apple などの幾つかの独占的システム用のバイナリ配布パッケージは http://www.cpan.org/ports/ というディレクトリで見つけられます。 これらは標準配布パッケージには含まれていないので、様々な面で基本的な perl の移植とは異なっています。 あなたはリリースノートを読んで、(標準のものと)なにが違っているのかを 確かめる必要があるでしょう。 そういった違いは、ポジティブなもの(標準リリースの perl では サポートされていないような、プラットフォーム特有の機能に対する 拡張機能など)もあればネガティブなもの(最新の標準 perl にあまり 基づいていないものなど)もあるでしょう。

バイナリ形式の perl はどうすれば入手できますか?

For Windows, ActiveState provides a pre-built Perl for free:

Windows 用は、ActiveState がビルド済みの Perl をフリーで提供しています:

        http://www.activestate.com/

Sunfreeware.com provides binaries for many utilities, including Perl, for Solaris on both Intel and SPARC hardware:

Sunfreeware.com は Intel と SPARC の両方の Solaris 向けに、 Perl を含む多くのユーティリティのバイナリを提供しています:

        http://www.sunfreeware.com/

If you don't have a C compiler because your vendor for whatever reasons did not include one with your system, the best thing to do is grab a binary version of gcc from the net and use that to compile perl with. CPAN only has binaries for systems that are terribly hard to get free compilers for, not for Unix systems.

あなたの使っているシステムのベンダーがシステムにコンパイラーを 含めていない等の理由で C コンパイラーが使えない場合、最も良い方法は ネットから gcc のバイナリを入手して、それをつかって perl を コンパイルするということです。 CPAN には、UNIX ではない、フリーなコンパイラーを入手することが恐ろしい程 困難なシステム用のバイナリしかありません。

Some URLs that might help you are:

幾つかの URL が助けになるでしょう:

        http://www.cpan.org/ports/
        http://www.perl.com/pub/language/info/software.html

Someone looking for a perl for Win16 might look to Laszlo Molnar's djgpp port in http://www.cpan.org/ports/#msdos , which comes with clear installation instructions.

Win16 用 Perl を探しているのなら、Laszlo Molnar による djgpp 版が 分かりやすいインストール方法と共に http://www.cpan.org/ports/#msdos にあります。

私は C コンパイラーを持っていません。どうすれば自分用の Perl インタプリタをビルドできますか?

Since you don't have a C compiler, you're doomed and your vendor should be sacrificed to the Sun gods. But that doesn't help you.

汝は C コンパイラーを持っていないが故に、汝は破滅し、汝のベンダーは Sun の神に対する贄となるべし。 しかし、それは汝を救うことはない。

What you need to do is get a binary version of gcc for your system first. Consult the Usenet FAQs for your operating system for information on where to get such a binary version.

あなたがする必要のあることは、まず始めにあなたの使っているシステム向けの gcc のバイナリを入手することです。 それを手に入れる場所については、あなたの使っているオペレーティング システム向けの Usenet FAQ をあたってください。

You might look around the net for a pre-built binary of Perl (or a C compiler!) that meets your needs, though:

ニーズを満たすような Perl (または C コンパイラ!) のビルド済みバイナリを ネットで探す必要があるかもしれませんが:

For Windows, Vanilla Perl ( http://vanillaperl.com/ ) and Strawberry Perl ( http://strawberryperl.com/ ) come with a bundled C compiler. ActivePerl is a pre-compiled version of Perl ready-to-use.

Windows 用としては、Vanilla Perl ( http://vanillaperl.com/ ) と Strawberry Perl ( http://strawberryperl.com/ ) は、C コンパイラとセットに なっています。 ActivePerl はコンパイル済みですぐ使える Perl です。

For Sun systems, SunFreeware.com provides binaries of most popular applications, including compilers and Perl.

Sun のシステム用には、SunFreeware.com が、コンパイラと Perl を含む、 もっとも有名なアプリケーションのバイナリを提供しています。

perl のバイナリをあるマシンから別のマシンにコピーしたのだけど、スクリプトが動きませんでした

That's probably because you forgot libraries, or library paths differ. You really should build the whole distribution on the machine it will eventually live on, and then type make install. Most other approaches are doomed to failure.

それは多分、ライブラリをコピーするのを忘れたか、ライブラリパスが 違っているのでしょう。 実際に使用するマシンの上で配布パッケージ全体から ビルドをして、その後に make install とタイプするようにすべきです。 他のやり方ではほとんど失敗してしまうでしょう。

One simple way to check that things are in the right place is to print out the hard-coded @INC that perl looks through for libraries:

正しい場所がどこなのかを確かめる単純な方法の一つは、perl が ライブラリを検索する場所がハードコードされている @INC を出力することです。

    % perl -le 'print for @INC'

If this command lists any paths that don't exist on your system, then you may need to move the appropriate libraries to these locations, or create symbolic links, aliases, or shortcuts appropriately. @INC is also printed as part of the output of

もしこのコマンドの出力にあなたのシステムはないパスが含まれていたら、 適切なライブラリをそういった場所に移すか、シンボリックリンク、 エイリアス、ショートカットといったものを作成する必要があるでしょう。 @INC はまた以下のようにしても出力されます:

    % perl -V

"How do I keep my own module/library directory?" in perlfaq8 も チェックしておいたほうが良いかもしれません。

ソースを取ってきてコンパイルしようとしたのだけど、gdbm/dynamic loading/malloc/linking/... failed. となってしまった。動くようにするにはどうすればいいの?

Read the INSTALL file, which is part of the source distribution. It describes in detail how to cope with most idiosyncrasies that the Configure script can't work around for any given system or architecture.

ソースの配布パッケージに入っていた INSTALL というファイルを読んでください。 そこには一部のシステムやアーキテクチャーにおいて Configure スクリプトが 動作しないという問題のほとんどの場合に対処する方法が説明されています。

Perlに使えるモジュールとかエクステンションってなんですか? CPAN ってなに? CPAN/src/... ってどういう意味なんですか?

CPAN stands for Comprehensive Perl Archive Network, a multi-gigabyte archive replicated on hundreds of machines all over the world. CPAN contains source code, non-native ports, documentation, scripts, and many third-party modules and extensions, designed for everything from commercial database interfaces to keyboard/screen control to web walking and CGI scripts. The master web site for CPAN is http://www.cpan.org/ and there is the CPAN Multiplexer at http://www.cpan.org/CPAN.html which will choose a mirror near you via DNS. See http://www.perl.com/CPAN (without a slash at the end) for how this process works. Also, http://mirror.cpan.org/ has a nice interface to the http://www.cpan.org/MIRRORED.BY mirror directory.

CPAN は Comprehensive Perl Archive Network (総合 Perl アーカイブ ネットワーク)の略で、これは世界中にある数百のマシン上の数ギガバイトの アーカイブの写しです。 CPAN にはソースコード、ネイティブでない移植、ドキュメント、スクリプト、 多くのサードパーティーによるモジュールやエクステンションが収められていて、 商用データベースから web ウォーキングを制御するキーボード/スクリーン インターフェースと CGI スクリプトでデザインされています。 CPAN のメインウェブサイトは http://www.cpan.org/ にあります; また CPAN Multipler http://www.cpan.org/CPAN.html を使うと DNS 経由で あなたの近くになるミラーサイトを選ぶことができます。 これがどう動いているかは http://www.perl.com/CPAN (最後のスラッシュはありません) を見てください。 また、http://mirror.cpan.org/ は http://www.cpan.org/MIRRORED.BY ミラーディレクトリへのよいインターフェースを提供しています。

See the CPAN FAQ at http://www.cpan.org/misc/cpan-faq.html for answers to the most frequently asked questions about CPAN including how to become a mirror.

CPAN についてのよくある質問や、ミラーになる方法については、 CPAN FAQ http://www.cpan.org/misc/cpan-faq.html を参照してください。

CPAN/path/... is a naming convention for files available on CPAN sites. CPAN indicates the base directory of a CPAN mirror, and the rest of the path is the path from that directory to the file. For instance, if you're using ftp://ftp.funet.fi/pub/languages/perl/CPAN as your CPAN site, the file CPAN/misc/japh is downloadable as ftp://ftp.funet.fi/pub/languages/perl/CPAN/misc/japh .

CPAN/path/... は CPAN サイト上で入手できるファイルに対する名前づけの 規則です。 CPAN は CPAN のミラーリングしている基準ディレクトリを示し、パスの 残りの部分はそのディレクトリからファイルへの相対パスを示します。 たとえば、ftp://ftp.funet.fi/pub/languages/perl/CPAN があなたの 使っている CPAN サイトだとすると、CPAN/misc/japh というファイルは ftp://ftp.funet.fi/pub/languages/perl/CPAN/misc/japh から ダウンロードできます。

Considering that, as of 2006, there are over ten thousand existing modules in the archive, one probably exists to do nearly anything you can think of. Current categories under CPAN/modules/by-category/ include Perl core modules; development support; operating system interfaces; networking, devices, and interprocess communication; data type utilities; database interfaces; user interfaces; interfaces to other languages; filenames, file systems, and file locking; internationalization and locale; world wide web support; server and daemon utilities; archiving and compression; image manipulation; mail and news; control flow utilities; filehandle and I/O; Microsoft Windows modules; and miscellaneous modules.

アーカイブには 2006 年時点で 10000 以上のモジュールが既にあると いうことを考えれば、あなたが考えるようなものに近いものがあるという 可能性があります。 CPAN/modules/by-category/ の下のカテゴリーは現在のところ、Perl コアモジュール、開発サポート、オペレーティングシステムインターフェース、 ネットワーク、デバイス、プロセス間通信、データ型ユーティリティ、 データベースインターフェース、ユーザーインターフェース、 他の言語に対するインターフェース、ファイル名、ファイルシステム、 ファイルのロック、国際化とロケール、 ワールドワイドウェブのサポート、サーバーやデーモンのユーティリティ、 アーカイブと圧縮、イメージ操作、メールやニューズ、制御フロー ユーティリティ、ファイルハンドルと I/O、Microsoft Windows モジュール、 その他といったものが含まれます。

See http://www.cpan.org/modules/00modlist.long.html or http://search.cpan.org/ for a more complete list of modules by category.

カテゴリ別のモジュールのより完全なリストについては http://www.cpan.org/modules/00modlist.long.html か http://search.cpan.org/ を参照してください。

CPAN is a free service and is not affiliated with O'Reilly Media.

CPAN はフリーなサービスで、O'Reilly Media との関連はありません。

ISO や ANSI で認証された Perl はあるの?

Certainly not. Larry expects that he'll be certified before Perl is.

現時点ではありません。 Larry は Perl より先に自分が認証されるだろうと考えています。

Perl に関する情報はどこで手に入れられますか?

The complete Perl documentation is available with the Perl distribution. If you have Perl installed locally, you probably have the documentation installed as well: type man perl if you're on a system resembling Unix. This will lead you to other important man pages, including how to set your $MANPATH. If you're not on a Unix system, access to the documentation will be different; for example, documentation might only be in HTML format. All proper perl installations have fully-accessible documentation.

Perl に関する完全なドキュメントは Perl の配布パッケージに含まれています。 あなたが Perl をローカルにインストールしたのなら、ドキュメントも同様に インストールされているでしょう。 あなたの使っているシステムが UNIX に似たものであるなら、 man perl とタイプしてみてください。 $MANPATH の設定方法を含め、これは他の重要なマニュアルページへ 導くものとなるでしょう。 あなたの使っている UNIX でないのであれば、ドキュメントにアクセスするのには 違った方法になります。 たとえば、HTMLフォーマットのドキュメントだけが使えるかもしれません。 すべての適切な perl のインストールでは完全にアクセス可能な ドキュメントが存在します。

You might also try perldoc perl in case your system doesn't have a proper man command, or it's been misinstalled. If that doesn't work, try looking in /usr/local/lib/perl5/pod for documentation.

あなたの使っているシステムに適当な man コマンドがなければ、 perldoc perl を試してみてください。 これが駄目ならインストールはうまく行っていません。 もしうまく行かなかったのなら、/usr/local/lib/perl5/pod にある ドキュメントを探してみてください。

If all else fails, consult http://perldoc.perl.org/ which has the complete documentation in HTML and PDF format.

今までの方法が全部失敗してしまったなら、HTML と PDF フォーマットの 完全なドキュメントが収められている http://perldoc.perl.org/ を参照してください。

Many good books have been written about Perl--see the section later in perlfaq2 for more details.

Perl について書かれた多くの良書があります--詳しくは perlfaq2 で後述する章を参照してください。

Tutorial documents are included in current or upcoming Perl releases include perltoot for objects or perlboot for a beginner's approach to objects, perlopentut for file opening semantics, perlreftut for managing references, perlretut for regular expressions, perlthrtut for threads, perldebtut for debugging, and perlxstut for linking C and Perl together. There may be more by the time you read this. These URLs might also be useful:

チュートリアルは Perl のリリースに含まれていて、オブジェクトの チュートリアルは perltoot、 初心者向けのオブジェクトへのアプローチは perlboot、 ファイルのオープンに関するものは perlopentut、 リファレンスの管理は perlreftut、 正規表現に関しては perlretut、 スレッドに関しては perlthrtut、 デバッグに関しては perldebtut、 C と Perl とのリンクは perlxstut にあります。 これを読むことによって得るものは多いでしょう。 以下の URL も有用でしょう:

    http://perldoc.perl.org/
    http://bookmarks.cpan.org/search.cgi?cat=Training%2FTutorials

Usenet にある Perl のニューズグループはなに? 質問はどこに投稿するの?

Several groups devoted to the Perl language are on Usenet:

Usenet には Perl 言語に関連するいくつかのグループがあります:

    comp.lang.perl.announce             Moderated announcement group
    comp.lang.perl.misc                 High traffic general Perl discussion
    comp.lang.perl.moderated        Moderated discussion group
    comp.lang.perl.modules              Use and development of Perl modules
    comp.lang.perl.tk                   Using Tk (and X) from Perl
    comp.lang.perl.announce             モデレートされたアナウンス用グループ
    comp.lang.perl.misc                 流量の多い Perl に関する一般的な議論
    comp.lang.perl.moderated            モデレートされた議論用グループ
    comp.lang.perl.modules              Perl モジュールの使用と開発
    comp.lang.perl.tk                   Perl から Tk(と X)を使う
    comp.infosystems.www.authoring.cgi  Writing CGI scripts for the Web.
    comp.infosystems.www.authoring.cgi  Web 用に CGI を書く

Some years ago, comp.lang.perl was divided into those groups, and comp.lang.perl itself officially removed. While that group may still be found on some news servers, it is unwise to use it, because postings there will not appear on news servers which honour the official list of group names. Use comp.lang.perl.misc for topics which do not have a more-appropriate specific group.

数年前、comp.lang.perl はこれらのグループに分割され、comp.lang.perl は 公式に削除されました。 まだこのグループが存在するサーバーもありますが、 これを使うのは賢明とは言えません。 なぜならここに投稿されたものは公式なグループ名のリストに従っている ニュースサーバーには現れないからです。 より適切な特有のグループがない話題については comp.lang.perl.misc を 使ってください。

There is also a Usenet gateway to Perl mailing lists sponsored by perl.org at nntp://nntp.perl.org , a web interface to the same lists at http://nntp.perl.org/group/ and these lists are also available under the perl.* hierarchy at http://groups.google.com . Other groups are listed at http://lists.perl.org/ ( also known as http://lists.cpan.org/ ).

perl.org が提供している Perl メイリングリストの Usenet ゲートウェイが nntp://nntp.perl.org に、この web インターフェースが http://nntp.perl.org/group/ にあります。 また、これらのリストは http://groups.google.com の perl.* 階層からも 利用可能です。その他のグループは http://lists.perl.org/ ( http://lists.cpan.org/ としても知られています) に一覧があります。

A nice place to ask questions is the PerlMonks site, http://www.perlmonks.org/ , or the Perl Beginners mailing list http://lists.perl.org/showlist.cgi?name=beginners .

質問をするのによい場所は PerlMonks サイト http://www.perlmonks.org/ または Perl Beginners メイリングリスト http://lists.perl.org/showlist.cgi?name=beginners です。

Note that none of the above are supposed to write your code for you: asking questions about particular problems or general advice is fine, but asking someone to write your code for free is not very cool.

上記のどれも自分のために自分のコードを書いてくれることを 想定していないことに注意してください。 特定の問題や一般的なアドバイスを得るのはよいことです。 しかし無料でだれかに自分のためのコードを書いてくれるように頼むのは 感心しません。

ソースコードはどこに投稿すべきなのですか?

You should post source code to whichever group is most appropriate, but feel free to cross-post to comp.lang.perl.misc. If you want to cross-post to alt.sources, please make sure it follows their posting standards, including setting the Followup-To header line to NOT include alt.sources; see their FAQ ( http://www.faqs.org/faqs/alt-sources-intro/ ) for details.

最も適切なグループに投稿すべきですが、comp.lang.perl.misc へ クロスポストするのはあなたの自由です。 もしあなたが alt.sources にもクロスポストしたいのならそこの投稿規則に従って、 alt.sources を 含まない Followup-To ヘッダーを設定してください。 詳しくは(投稿に関する) FAQ ( http://www.faqs.org/faqs/alt-sources-intro/ ) を参照してください。

If you're just looking for software, first use Google ( http://www.google.com ), Google's usenet search interface ( http://groups.google.com ), and CPAN Search ( http://search.cpan.org ). This is faster and more productive than just posting a request.

もしあなたが単にソフトウェアを探しているだけならば、まず最初に Google (http://www.google.com ), Google の usenet 検索 インターフェース ( http://groups.google.com ), CPAN Search (http://search.cpan.org ) をあたってみましょう。 それが、探し物の投稿をするよりも速くて生産的なやり方です。

Perl の書籍

A number of books on Perl and/or CGI programming are available. A few of these are good, some are OK, but many aren't worth your money. There is a list of these books, some with extensive reviews, at http://books.perl.org/ . If you don't see your book listed here, you can write to perlfaq-workers@perl.org .

Perl や CGI プログラミングに関する本はたくさん入手可能です。 そのうちの幾つかは良く(good)、一部はまあまあ(OK)といったところですが多くは お金を出すほどの価値がありません。 http://books.perl.org/ には、いくつかのレビュー付きの本のリストが あります。 もしあなたの本がこのリストにないなら、perlfaq-workers@perl.org に 書くことができます。

The incontestably definitive reference book on Perl, written by the creator of Perl, is Programming Perl:

Perl の創造者によって書かれた Perl に関する本の決定版は、 Programming Perl です:

        Programming Perl (the "Camel Book"):
        by Larry Wall, Tom Christiansen, and Jon Orwant
        ISBN 0-596-00027-8  [3rd edition July 2000]
        http://www.oreilly.com/catalog/pperl3/
        (English, translations to several languages are also available)
        Programming Perl (ラクダ本):
        by Larry Wall, Tom Christiansen, and Jon Orwant
        ISBN 0-596-00027-8  (英語版)
        ISBN 4873110963     (日本語版第一巻)
        ISBN 4873110971     (日本語版第二巻)
        http://www.oreilly.com/catalog/pperl3/
        (English, translations to several languages are also available)

The companion volume to the Camel containing thousands of real-world examples, mini-tutorials, and complete programs is:

現実世界の例、小さなチュートリアル、完全なプログラムを たくさん収録した、ラクダ本の副読本としては以下のものがあります:

        The Perl Cookbook (the "Ram Book"):
        by Tom Christiansen and Nathan Torkington,
            with Foreword by Larry Wall
        ISBN 0-596-00313-7 [2nd Edition August 2003]
        http://www.oreilly.com/catalog/perlckbk2/
        Perl クックブック (the "Ram Book"):
        by Tom Christiansen and Nathan Torkington,
            with Foreword by Larry Wall
        ISBN 0-596-00313-7 [2nd Edition August 2003]
        http://www.oreilly.com/catalog/perlckbk2/
        ISBN 4-87311-202-8 (日本語版第一巻)
        http://www.oreilly.co.jp/books/4873112028/
        ISBN 4-87311-203-6 (日本語版第二巻)
        http://www.oreilly.co.jp/books/4873112036/

If you're already a seasoned programmer, then the Camel Book might suffice for you to learn Perl. If you're not, check out the Llama book:

もしあなたがすでに経験を積んだシステムプログラマーであるなら、 ラクダ本で十分かもしれません。 もしそうでないのならリャマ本が良いでしょう:

        Learning Perl
        by Randal L. Schwartz, Tom Phoenix, and brian d foy
        ISBN 0-596-10105-8 [4th edition July 2005]
        http://www.oreilly.com/catalog/learnperl4/
        初めての Perl
        by Randal L. Schwartz, Tom Phoenix, and brian d foy
        ISBN 0-596-10105-8 [4th edition July 2005]
        http://www.oreilly.com/catalog/learnperl4/
        ISBN 4-87311-126-9 (第三版日本語版)
        http://www.oreilly.co.jp/books/4873111269/

And for more advanced information on writing larger programs, presented in the same style as the Llama book, continue your education with the Alpaca book:

リャマ本と同じスタイルで、より大きなプログラムを書くためのより 進んだ情報を得るためには、アルパカ本で勉強を続けるのがよいでしょう:

        Intermediate Perl (the "Alpaca Book")
        by Randal L. Schwartz and brian d foy, with Tom Phoenix (foreword by Damian Conway)
        ISBN 0-596-10206-2 [1st edition March 2006]
        http://www.oreilly.com/catalog/lrnperlorm/
        続・初めての Perl 改訂版 (アルパカ本)
        by Randal L. Schwartz and brian d foy, with Tom Phoenix (foreword by Damian Conway)
        ISBN 0-596-10206-2 [1st edition March 2006]
        http://www.oreilly.com/catalog/lrnperlorm/
        ISBN 4-87311-305-9 (日本語版)
        http://www.oreilly.co.jp/books/4873113059/

Addison-Wesley ( http://www.awlonline.com/ ) and Manning ( http://www.manning.com/ ) are also publishers of some fine Perl books such as Object Oriented Programming with Perl by Damian Conway and Network Programming with Perl by Lincoln Stein.

Addison-Wesley ( http://www.awlonline.com/ ) と Manning ( http://www.manning.com/ ) もまた Damian Conway による Object Oriented Programming with Perl や Lincoln Stein による Network Programming with Perl といった 素晴らしい Perl 本を出版しています。

An excellent technical book discounter is Bookpool at http://www.bookpool.com/ where a 30% discount or more is not unusual.

素晴らしい技術書の安売り屋である Bookpool ( http://www.bookpool.com/ ) では 30% 以上の値引きも 珍しくありません。

What follows is a list of the books that the FAQ authors found personally useful. Your mileage may (but, we hope, probably won't) vary.

以下に挙げたリストは、FAQ の作者たちが個人的に便利だと思う本のリストです。 あなたの見方は違ったものかもしれません(が、そうではないと 私たちは願っています)。

Recommended books on (or mostly on) Perl follow.

Perl に関連していてお薦めの本は以下の通りです。

References
        Programming Perl
        by Larry Wall, Tom Christiansen, and Jon Orwant
        ISBN 0-596-00027-8 [3rd edition July 2000]
        http://www.oreilly.com/catalog/pperl3/

        Perl 5 Pocket Reference
        by Johan Vromans
        ISBN 0-596-00032-4 [3rd edition May 2000]
        http://www.oreilly.com/catalog/perlpr3/
Tutorials
        Beginning Perl
        by James Lee
        ISBN 1-59059-391-X [2nd edition August 2004]
        http://apress.com/book/bookDisplay.html?bID=344

        Elements of Programming with Perl
        by Andrew L. Johnson
        ISBN 1-884777-80-5 [1st edition October 1999]
        http://www.manning.com/johnson/

        Learning Perl
        by Randal L. Schwartz, Tom Phoenix, and brian d foy
        ISBN 0-596-10105-8 [4th edition July 2005]
        http://www.oreilly.com/catalog/learnperl4/

        Intermediate Perl (the "Alpaca Book")
        by Randal L. Schwartz and brian d foy, with Tom Phoenix (foreword by Damian Conway)
        ISBN 0-596-10206-2 [1st edition March 2006]
        http://www.oreilly.com/catalog/intermediateperl/

        Mastering Perl
        by brian d foy
        ISBN 0-596-52724-1 [1st edition July 2007]
        http://www.oreilly.com/catalog/9780596527242/
Task-Oriented
        Writing Perl Modules for CPAN
        by Sam Tregar
        ISBN 1-59059-018-X [1st edition Aug 2002]
        http://apress.com/book/bookDisplay.html?bID=14

        The Perl Cookbook
        by Tom Christiansen and Nathan Torkington
            with foreword by Larry Wall
        ISBN 1-56592-243-3 [1st edition August 1998]
        http://www.oreilly.com/catalog/cookbook/

        Effective Perl Programming
        by Joseph Hall
        ISBN 0-201-41975-0 [1st edition 1998]
        http://www.awl.com/

        Real World SQL Server Administration with Perl
        by Linchi Shea
        ISBN 1-59059-097-X [1st edition July 2003]
        http://apress.com/book/bookDisplay.html?bID=171
Special Topics
        Perl Best Practices
        by Damian Conway
        ISBN: 0-596-00173-8 [1st edition July 2005]
        http://www.oreilly.com/catalog/perlbp/

        Higher Order Perl
        by Mark-Jason Dominus
        ISBN: 1558607013 [1st edition March 2005]
        http://hop.perl.plover.com/

        Perl 6 Now: The Core Ideas Illustrated with Perl 5
        by Scott Walters
        ISBN 1-59059-395-2 [1st edition December 2004]
        http://apress.com/book/bookDisplay.html?bID=355

        Mastering Regular Expressions
        by Jeffrey E. F. Friedl
        ISBN 0-596-00289-0 [2nd edition July 2002]
        http://www.oreilly.com/catalog/regex2/

        Network Programming with Perl
        by Lincoln Stein
        ISBN 0-201-61571-1 [1st edition 2001]
        http://www.awlonline.com/

        Object Oriented Perl
        Damian Conway
            with foreword by Randal L. Schwartz
        ISBN 1-884777-79-1 [1st edition August 1999]
        http://www.manning.com/conway/

        Data Munging with Perl
        Dave Cross
        ISBN 1-930110-00-6 [1st edition 2001]
        http://www.manning.com/cross

        Mastering Perl/Tk
        by Steve Lidie and Nancy Walsh
        ISBN 1-56592-716-8 [1st edition January 2002]
        http://www.oreilly.com/catalog/mastperltk/

        Extending and Embedding Perl
        by Tim Jenness and Simon Cozens
        ISBN 1-930110-82-0 [1st edition August 2002]
        http://www.manning.com/jenness

        Perl Debugger Pocket Reference
        by Richard Foley
        ISBN 0-596-00503-2 [1st edition January 2004]
        http://www.oreilly.com/catalog/perldebugpr/

        Pro Perl Debugging
        by Richard Foley with Andy Lester
        ISBN 1-59059-454-1 [1st edition July 2005]
        http://www.apress.com/book/view/1590594541
        

Perl 関連の雑誌は?

The Perl Review ( http://www.theperlreview.com ) focuses on Perl almost completely (although it sometimes sneaks in an article about another language). There's also $foo Magazin, a german magazine dedicated to Perl, at ( http://www.foo-magazin.de ).

The Perl Review ( http://www.theperlreview.com ) はほとんど完全に Perl を 対象としています(しかし時々他の言語に関する記事もあります)。 $foo Magazin という Perl 専門のドイツ語の雑誌も ( http://www.foo-magazin.de ) にあります。

Magazines that frequently carry quality articles on Perl include The Perl Review ( http://www.theperlreview.com ), Unix Review ( http://www.unixreview.com/ ), Linux Magazine ( http://www.linuxmagazine.com/ ), and Usenix's newsletter/magazine to its members, login: ( http://www.usenix.org/ )

Perl に関する高品質の記事を頻繁に掲載しているものとしては The Perl Review ( http://www.theperlreview.com ), Unix Review ( http://www.unixreview.com/ ), Linux Magazine ( http://www.linuxmagazine.com/ )と、 そして Usenix のメンバーに対する newsletter/magazine である login:( http://www.usenix.org/ ) などがあります。

The Perl columns of Randal L. Schwartz are available on the web at http://www.stonehenge.com/merlyn/WebTechniques/ , http://www.stonehenge.com/merlyn/UnixReview/ , and http://www.stonehenge.com/merlyn/LinuxMag/ .

Randal L. Schwartz の Perl コラムは以下で読むことが出来ます: http://www.stonehenge.com/merlyn/WebTechniques/ , http://www.stonehenge.com/merlyn/UnixReview/ , http://www.stonehenge.com/merlyn/LinuxMag/

The first (and for a long time, only) periodical devoted to All Things Perl, The Perl Journal contains tutorials, demonstrations, case studies, announcements, contests, and much more. TPJ has columns on web development, databases, Win32 Perl, graphical programming, regular expressions, and networking, and sponsors the Obfuscated Perl Contest and the Perl Poetry Contests. Beginning in November 2002, TPJ moved to a reader-supported monthly e-zine format in which subscribers can download issues as PDF documents. In 2006, TPJ merged with Dr. Dobbs Journal (online edition). To read old TPJ articles, see http://www.ddj.com/ .

最初の(そして長い間唯一の) Perl 専門誌である Perl Jounalには、 チュートリアル、デモ、ケーススタディ、アナウンス、などなどたくさんあります。 TPJには web 開発、データベース、Win32 版 Perl、 グラフィックプログラミング、正規表現、ネットワークに関するコラムがあり、 難解な Perl コンテスト(Obfuscated Perl Contest)と Perl 詩コンテストのスポンサーです。 2002 年 11 月始めに、TPJ は読者が支える月間の e-zine 形式となり、 購読者は PDF ドキュメントとしてダウンロードできます。 2006 年に、TPJ は Dr.Dobbs Journal (online edition) と合併しました。 古い TPJ の記事を読むには、http://www.ddj.com/ を参照してください。

Perlのためのメイリングリストって?

Most of the major modules (Tk, CGI, libwww-perl) have their own mailing lists. Consult the documentation that came with the module for subscription information.

主なモジュール(Tk, CGI, libwww-perl)はそれぞれのメイリングリストが あります。それぞれのモジュールに付属している申し込み情報を 調べてみてください。

A comprehensive list of Perl related mailing lists can be found at:

Perl に関連するメイリングリストの網羅的なリストは以下で見つかります。

        http://lists.perl.org/

comp.lang.perl.misc のアーカイブはどこにありますか?

The Google search engine now carries archived and searchable newsgroup content.

Google 検索エンジンは現在ニュースグループのコンテンツも収集し、 検索可能になっています。

http://groups.google.com/groups?group=comp.lang.perl.misc

http://groups.google.com/groups?group=comp.lang.perl.misc

If you have a question, you can be sure someone has already asked the same question at some point on c.l.p.m. It requires some time and patience to sift through all the content but often you will find the answer you seek.

何か質問がある場合、他の人が同じ質問を c.l.p.m でしていないか確認できます。 これには多少の時間がかかり、全てのコンテンツを調べるのに忍耐が必要ですが、 しばしば探していた答えが見つかります。

どこで商用版 perl を買うことができますか?

In a real sense, perl already is commercial software: it has a license that you can grab and carefully read to your manager. It is distributed in releases and comes in well-defined packages. There is a very large user community and an extensive literature. The comp.lang.perl.* newsgroups and several of the mailing lists provide free answers to your questions in near real-time. Perl has traditionally been supported by Larry, scores of software designers and developers, and myriad programmers, all working for free to create a useful thing to make life better for everyone.

実際のところ、perl は既に商用ソフトウェアです。 Perl にはあなたがマネージャーの心を捕らえたり、注意深く説明できるような ライセンスがありますし、Perl は良く定義されたパッケージでリリースされ、 配布されています。 そこには非常に大きなユーザーコミュニティと、広い文化があります。 comp.lang.perl.* ニューズグループと、幾つかのメイリングリストはあなたの 疑問に対してほぼリアルタイムで、無料で回答してくれます。 Perl は伝統的に Larry と、十数人のソフトウェアデザイナーやソフトウェア 開発者、それとたくさんのプログラマーによってサポートされてきました。 すべての作業は無料で、すべての人のためになされました。

However, these answers may not suffice for managers who require a purchase order from a company whom they can sue should anything go awry. Or maybe they need very serious hand-holding and contractual obligations. Shrink-wrapped CDs with perl on them are available from several sources if that will help. For example, many Perl books include a distribution of perl, as do the O'Reilly Perl Resource Kits (in both the Unix flavor and in the proprietary Microsoft flavor); the free Unix distributions also all come with perl.

しかし、こういった答えはソフトウェアを購入した会社を、そのソフトウェアに 何か不具合があったときに訴えることができることを要求するようなマネージャーを 満足させるものではないでしょう。 あるいは、彼ら(マネージャー)は、非常に重要な取っかかり(hand-holding)や 契約上の義務を必要としているのかもしれません。 そういったものがある、シュリンクラップされた CD に入った perl が幾つかの ところから入手できますが、これが助けになるかもしれません。 例えば、多くの Perl 本が Perl の配布キットを同梱しています。 そう、O'Reily の Perl リソースキット (Unix 版と Windows 版があります)が そうしているように。 フリーな UNIX を配布しているディストリビューターは perl を同梱しています。

バグレポートはどこへ送るの?

If you are reporting a bug in the perl interpreter or the modules shipped with Perl, use the perlbug program in the Perl distribution or mail your report to perlbug@perl.org or at http://rt.perl.org/perlbug/ .

perl インタープリターや Perl と一緒に出荷されているモジュールについての バグの報告ならば、Perl の配布パッケージにある perlbug というプログラムを 使うか、perlbug@perl.org に email で報告を送るか、 http://rt.perl.org/perlbug/ に送ってください。

For Perl modules, you can submit bug reports to the Request Tracker set up at http://rt.cpan.org .

Perl モジュールに対しては、http://rt.cpan.org にあるリクエストトラッカーに バグレポートを登録できます。

If you are posting a bug with a non-standard port (see the answer to "What platforms is perl available for?"), a binary distribution, or a non-standard module (such as Tk, CGI, etc), then please see the documentation that came with it to determine the correct place to post bugs.

標準ではない移植(``What platforms is perl available for?''の回答を 参照してください)、バイナリ配布、標準ではないモジュール(Tk、CGI など) といったものに関するバグであれば、そのパッケージなどに付属していた ドキュメントをよく読んで、適切な場所に報告してください。

Read the perlbug(1) man page (perl5.004 or later) for more information.

詳しい情報は(perl5.004 以降の) perlbug(1) マニュアルページを読んでください。

perl.com, Perl Mongers, pm.org, perl.org, cpan.org ってなんですか?

Perl.com at http://www.perl.com/ is part of the O'Reilly Network, a subsidiary of O'Reilly Media.

http://www.perl.com/ にある Perl.com は O'Reilly Media の子会社である O'Reilly Network の一部です。

The Perl Foundation is an advocacy organization for the Perl language which maintains the web site http://www.perl.org/ as a general advocacy site for the Perl language. It uses the domain to provide general support services to the Perl community, including the hosting of mailing lists, web sites, and other services. There are also many other sub-domains for special topics like learning Perl, Perl news, jobs in Perl, such as:

Perl Foundation は Perl 言語の一般的な支援をするための web サイト http://www.perl.org/ を管理している、Perl 言語の支援団体です。 Perl Foundation は このドメインを、メーリングリストのホスト、 Web サイト、およびその他のサービスを含む Perl コミュニティのための 一般的なサポートサービスを提供するためにドメインを使っています。 Perl の学習、Perl のニュース、Perl での仕事といった特別なトピックのための 多くのサブドメインもあります:

        http://learn.perl.org/
        http://use.perl.org/
        http://jobs.perl.org/
        http://lists.perl.org/

Perl Mongers uses the pm.org domain for services related to Perl user groups, including the hosting of mailing lists and web sites. See the Perl user group web site at http://www.pm.org/ for more information about joining, starting, or requesting services for a Perl user group.

Perl Mongers は Perl ユーザーグループに関係するサービスのために pm.org というドメインを使っています。 これにはメーリングリストや web サイトが含まれます。 Perl ユーザーグループへの参加、設立、あるいはサービス要求については Perl ユーザーグループ web サイト http://www.pm.org/ を参照して下さい。

http://www.cpan.org/ is the Comprehensive Perl Archive Network, a replicated worldwide repository of Perl software, see the What is CPAN? question earlier in this document.

http://www.cpan.org/ は the Comprehensive Perl Archive Network と 言って、Perl ソフトウェアの世界的な集積地です。 このドキュメントの最初の方の What is CPAN? を参照して下さい。

REVISION

Revision: $Revision: 10144 $

Date: $Date: 2007-10-31 13:50:01 +0100 (Wed, 31 Oct 2007) $

See perlfaq for source control details and availability.

AUTHOR AND COPYRIGHT

Copyright (c) 1997-2007 Tom Christiansen, Nathan Torkington, and other authors as noted. All rights reserved.

This documentation is free; you can redistribute it and/or modify it under the same terms as Perl itself.

Irrespective of its distribution, all code examples here are in the public domain. You are permitted and encouraged to use this code and any derivatives thereof in your own programs for fun or for profit as you see fit. A simple comment in the code giving credit to the FAQ would be courteous but is not required.