5.16.1
Other versions:
5.20.1
5.18.1
5.14.1
5.12.1
5.10.1

名前

perlutil - utilities packaged with the Perl distribution

perlutil - Perl 配布と共にパッケージされているユーティリティ

説明

Along with the Perl interpreter itself, the Perl distribution installs a range of utilities on your system. There are also several utilities which are used by the Perl distribution itself as part of the install process. This document exists to list all of these utilities, explain what they are for and provide pointers to each module's documentation, if appropriate.

Perl 配布は、Perl インタプリタ自身と共に、様々なユーティリティをシステムに インストールします。 また、Perl 配布自身がインストール処理の一部として使うユーティリティも あります。 この文書はこれらのユーティリティの一覧を示し、何をするものかを説明し、 もしあれば各モジュールの文書へのポインタを提供するために存在しています。

ユーティリティの一覧

文書

perldoc

The main interface to Perl's documentation is perldoc, although if you're reading this, it's more than likely that you've already found it. perldoc will extract and format the documentation from any file in the current directory, any Perl module installed on the system, or any of the standard documentation pages, such as this one. Use perldoc <name> to get information on any of the utilities described in this document.

Perl 文書のメインのインターフェースは perldoc ですが、これを読めていると いうことは、おそらくこれをすでに発見していることでしょう。 perldoc は、現在のディレクトリにあるファイル、システムに インストールされた Perl モジュール、(この文書のような) 標準文書ページを 抽出およびフォーマットします。 この文書に記述されているユーティリティに関する情報を得るには、 perldoc <name> を使ってください。

pod2man and pod2text

(pod2manpod2text)

If it's run from a terminal, perldoc will usually call pod2man to translate POD (Plain Old Documentation - see perlpod for an explanation) into a manpage, and then run man to display it; if man isn't available, pod2text will be used instead and the output piped through your favourite pager.

端末から実行すると、perldoc は普通は POD (Plain Old Documentation - 説明については perlpod を参照) を man ページに変換するのに pod2man を使い、それからこれを表示するために man を使います; もし man が利用できない場合は、代わりに pod2text が使われて出力は 好みのページャにパイプされます。

pod2html and pod2latex

(pod2htmlpod2latex)

As well as these two, there are two other converters: pod2html will produce HTML pages from POD, and pod2latex, which produces LaTeX files.

上述の二つと共に、もう二つのコンバータがあります: pod2html は POD から HTML ページを生成し、pod2latex は LaTeX ファイルを 生成します。

pod2usage

If you just want to know how to use the utilities described here, pod2usage will just extract the "USAGE" section; some of the utilities will automatically call pod2usage on themselves when you call them with -help.

単にここに記述されているユーティリティの使い方が知りたいだけなら、 pod2usage は "USAGE" の節のみを抽出します; 一部のユーティリティは -help 付きで呼び出されたときに自動的に自分自身に対して pod2usage を 呼び出します。

podselect

pod2usage is a special case of podselect, a utility to extract named sections from documents written in POD. For instance, while utilities have "USAGE" sections, Perl modules usually have "SYNOPSIS" sections: podselect -s "SYNOPSIS" ... will extract this section for a given file.

pod2usagepodselect の特殊ケースで、POD で書かれている文書から 特定の名前の節を抽出するためのユーティリティです。 例えば、ユーティリティには "USAGE" 節がありますが、Perl モジュールには 普通 "SYNOPSIS" 節があります: podselect -s "SYNOPSIS" ... は指定された ファイルからこの節を抽出します。

podchecker

If you're writing your own documentation in POD, the podchecker utility will look for errors in your markup.

自身の文書を POD で書いたなら、podchecker ユーティリティは マークアップのエラーを探します。

splain

splain is an interface to perldiag - paste in your error message to it, and it'll explain it for you.

splainperldiag へのインターフェースです - エラーメッセージを ペースとして、あなたのために説明します。

roffitall

The roffitall utility is not installed on your system but lives in the pod/ directory of your Perl source kit; it converts all the documentation from the distribution to *roff format, and produces a typeset PostScript or text file of the whole lot.

roffitall ユーティリティはシステムにはインストールされませんが、 Perl そースキットの pod/ ディレクトリにいます; これは 配布の全ての文書を *roff 形式に変換して、 全体のタイプセット PostScript かテキストファイルを生成します。

コンバータ

To help you convert legacy programs to Perl, we've included three conversion filters:

レガシープログラムを Perl に変換するのを助けるために、三つの変換フィルタを 同梱しています:

a2p

a2p converts awk scripts to Perl programs; for example, a2p -F: on the simple awk script {print $2} will produce a Perl program based around this code:

a2pawk スクリプトを Perl プログラムに変換します; 例えば、 単純な awk スクリプトである {print $2}a2p -F: すると、 以下のようなコードを元にした Perl プログラムを生成します:

    while (<>) {
        ($Fld1,$Fld2) = split(/[:\n]/, $_, -1);
        print $Fld2;
    }
s2p and psed

(s2ppsed)

Similarly, s2p converts sed scripts to Perl programs. s2p run on s/foo/bar will produce a Perl program based around this:

同様に、s2psed スクリプトを Perl プログラムに変換します。 s/foo/bar に対して s2p を実行すると、以下のようなコードを 基にした Perl プログラムを生成します:

    while (<>) {
        chomp;
        s/foo/bar/g;
        print if $printit;
    }

When invoked as psed, it behaves as a sed implementation, written in Perl.

psed として起動すると、Perl で書かれた sed 実装のように振る舞います。

find2perl

Finally, find2perl translates find commands to Perl equivalents which use the File::Find module. As an example, find2perl . -user root -perm 4000 -print produces the following callback subroutine for File::Find:

最後に、find2perlfind コマンドを、File::Find モジュールを使った Perl の等価物に変換します。 find2perl . -user root -perm 4000 -print は、以下のような File::Find のためのコールバックサブルーチンを生成します:

    sub wanted {
        my ($dev,$ino,$mode,$nlink,$uid,$gid);
        (($dev,$ino,$mode,$nlink,$uid,$gid) = lstat($_)) &&
        $uid == $uid{'root'}) &&
        (($mode & 0777) == 04000);
        print("$name\n");
    }

As well as these filters for converting other languages, the pl2pm utility will help you convert old-style Perl 4 libraries to new-style Perl5 modules.

他の言語を変換するためのこれらのフィルタと同様に、 pl2pm ユーティリティは古いスタイルの Perl 4 ライブラリを新しい スタイルの Perl5 モジュールに変換するのを助けます。

管理

config_data

Query or change configuration of Perl modules that use Module::Build-based configuration files for features and config data.

昨日とデータ設定のための Module::Build ベースの設定ファイルを使っている Perl モジュールの設定の問い合わせと変更を行う。

libnetcfg

To display and change the libnet configuration run the libnetcfg command.

libnet 設定の表示と変更をするには libnetcfg コマンドを実行します。

perlivp

The perlivp program is set up at Perl source code build time to test the Perl version it was built under. It can be used after running make install (or your platform's equivalent procedure) to verify that perl and its libraries have been installed correctly.

perlivp プログラムはビルドされた Perl バージョンをテストするために Perl ソースコードをビルド時に設定します。 これは、perl やライブラリが正しくインストールされているかを検証するために、 make install (あるいはプラットフォームによる等価な手続き) の 後に実行されます。

開発

There are a set of utilities which help you in developing Perl programs, and in particular, extending Perl with C.

Perl プログラムの開発、特に Perl を C で拡張するのを助ける一群の ユーティリティがあります。

perlbug

perlbug is the recommended way to report bugs in the perl interpreter itself or any of the standard library modules back to the developers; please read through the documentation for perlbug thoroughly before using it to submit a bug report.

perlbug は、perl インタプリタ自身や標準ライブラリモジュールのバグを 開発者に報告するための推奨の方法です; バグ報告を投稿するために使う前に、perlbug の文書全体をよく 読んでください。

perlthanks

This program provides an easy way to send a thank-you message back to the authors and maintainers of perl. It's just perlbug installed under another name.

このプログラムは perl の作者とメンテナに感謝のメッセージを送るための 簡単な方法です。 単に perlbug を別の名前でインストールしたものです。

h2ph

Back before Perl had the XS system for connecting with C libraries, programmers used to get library constants by reading through the C header files. You may still see require 'syscall.ph' or similar around - the .ph file should be created by running h2ph on the corresponding .h file. See the h2ph documentation for more on how to convert a whole bunch of header files at once.

Perl に C ライブラリと接続するための XS システムができる前、 プログラマは C ヘッダファイルを読み込むことでライブラリの定数を 読み込んでいました。 今でも require 'syscall.ph' のようなこともできます - .ph ファイルは 対応する .h ファイルに対して h2ph を実行して作成されるべきです。 ヘッダ全体を一度に変換する方法については h2ph の文書を 参照してください。

c2ph and pstruct

(c2phpstruct)

c2ph and pstruct, which are actually the same program but behave differently depending on how they are called, provide another way of getting at C with Perl - they'll convert C structures and union declarations to Perl code. This is deprecated in favour of h2xs these days.

c2phpstruct (実際には同じプログラムですがどのように 呼び出されるかで振る舞いが変わります) は、C を Perl から使うための もう一つの方法を提供します - C 構造体と共用体定義を Perl コードに 変換します。 これは最近は h2xs によって非推奨となっています。

h2xs

h2xs converts C header files into XS modules, and will try and write as much glue between C libraries and Perl modules as it can. It's also very useful for creating skeletons of pure Perl modules.

h2xs は C ヘッダファイルを XS モジュールに変換し、C と Perl モジュールとの 間をくっつけるコードを出来るだけ作成しようとします。 これはまた、ピュア Perl モジュールのスケルトンを作成するのにも 便利です。

enc2xs

enc2xs builds a Perl extension for use by Encode from either Unicode Character Mapping files (.ucm) or Tcl Encoding Files (.enc). Besides being used internally during the build process of the Encode module, you can use enc2xs to add your own encoding to perl. No knowledge of XS is necessary.

enc2xs は Unicode Character Mapping ファイル (.ucm) か Tcl Encoding Files (.enc) のどちらかから Encode で使うための Perl エクステンションを構築します。 enc2xs は、Encode モジュールのビルドプロセス中での内部での使用の他に 独自のエンコーディングを perl に追加するのにも使えます。 XS の知識は不要です。

xsubpp

xsubpp is a compiler to convert Perl XS code into C code. It is typically run by the makefiles created by ExtUtils::MakeMaker.

xsubpp は Perl XS コードを C コードに変換するコンパイラです。 これは典型的には ExtUtils::MakeMaker によって作成された makefile によって 実行されます。

xsubpp will compile XS code into C code by embedding the constructs necessary to let C functions manipulate Perl values and creates the glue necessary to let Perl access those functions.

xsubpp は、C の関数が Perl の値を操作するために必要な構造を 組み込むことで XS コードを C コードにコンパイルし、Perl がそれらの 関数にアクセスするために必要な糊コードを作成します。

prove

prove is a command-line interface to the test-running functionality of Test::Harness. It's an alternative to make test.

proveTest::Harness のテスト実行機能へのコマンドライン インターフェースです。 これは make test の代替です。

corelist

A command-line front-end to Module::CoreList, to query what modules were shipped with given versions of perl.

Module::CoreList へのコマンドラインインターフェースで、あるバージョンの perl にどのモジュールが出荷されたかを問い合わせます。

一般的なツール

A few general-purpose tools are shipped with perl, mostly because they came along modules included in the perl distribution.

いくつかの一般的な用途のツールが perl と共に出荷されています; ほとんどの 場合は perl 配布に含まれているモジュールに付いているものです。

piconv

piconv is a Perl version of iconv, a character encoding converter widely available for various Unixen today. This script was primarily a technology demonstrator for Perl 5.8.0, but you can use piconv in the place of iconv for virtually any case.

piconv は Perl 版の iconv で、最近の様々な Unix 系で幅広く 利用可能な文字エンコーディングコンバータです。 このスクリプトは元々は Perl 5.8.0 の機能デモでしたが、ほぼどのような 場合でも iconv を使う場面で piconv を使えます。

ptar

ptar is a tar-like program, written in pure Perl.

ptar は tar 風のプログラムで、ピュア Perl で書かれています。

ptardiff

ptardiff is a small utility that produces a diff between an extracted archive and an unextracted one. (Note that this utility requires the Text::Diff module to function properly; this module isn't distributed with perl, but is available from the CPAN.)

ptardiff は、展開されたアーカイブと展開されていないアーカイブの 差分を生成する小さいユーティリティです。 (このユーティリティは Text::Diff モジュールが正しく動作することが 必要であることに注意してください; このモジュールは perl と共に配布は されていませんが、CPAN から利用可能です。)

ptargrep

ptargrep is a utility to apply pattern matching to the contents of files in a tar archive.

ptargrep は、tar アーカイブ内のファイルの内容にパターンマッチングを 適用するユーティリティです。

shasum

This utility, that comes with the Digest::SHA module, is used to print or verify SHA checksums.

Digest::SHA モジュールと共に配布されているこのユーティリティは、 SHA チェックサムを表示または検証するために使われます。

zipdetails

zipdetails displays information about the internal record structure of the zip file. It is not concerned with displaying any details of the compressed data stored in the zip file.

zipdetails は zip ファイルの内部記録構造に関する情報を表示します。 これは zip ファイルに保管されている圧縮データの詳細について表示することは 考慮されていません。

インストール

These utilities help manage extra Perl modules that don't come with the perl distribution.

これらのユーティリティは perl 配布に含まれていない追加の Perl モジュールの 管理を助けます。

cpan

cpan is a command-line interface to CPAN.pm. It allows you to install modules or distributions from CPAN, or just get information about them, and a lot more. It is similar to the command line mode of the CPAN module,

cpan は CPAN.pm へのコマンドラインインターフェースです。 CPAN からモジュールやディストリビューションをインストールしたり、 単にこれらの情報を入手したり、その他にも多くの機能があります。 これは CPAN モジュールのコマンドラインモードと似ています。

    perl -MCPAN -e shell
cpanp

cpanp is, like cpan, a command-line interface to the CPAN, using the CPANPLUS module as a back-end. It can be used interactively or imperatively.

cpanpcpan と同様 CPAN へのコマンドラインインターフェースで、 バックエンドとして CPANPLUS を使います。 対話的と命令的両方で使えます。

cpan2dist

cpan2dist is a tool to create distributions (or packages) from CPAN modules, then suitable for your package manager of choice. Support for specific formats are available from CPAN as CPANPLUS::Dist::* modules.

cpan2dist は CPAN モジュールからディストリビューション(または パッケージ) を作成して、選択したパッケージマネージャに適したものにする ツールです。 特定の形式への対応は CPAN の CPANPLUS::Dist::* モジュールから 利用可能です。

instmodsh

A little interface to ExtUtils::Installed to examine installed modules, validate your packlists and even create a tarball from an installed module.

インストールしたモジュールの検査、packlists の検証、さらに インストールしたモジュールから tarball の作成まで出来る、 ExtUtils::Installed への簡単なインターフェースです。

SEE ALSO

perldoc, pod2man, perlpod, pod2html, pod2usage, podselect, podchecker, splain, perldiag, roffitall|roffitall, a2p, s2p, find2perl, File::Find, pl2pm, perlbug, h2ph, c2ph, h2xs, enc2xs, xsubpp, cpan, cpanp, cpan2dist, instmodsh, piconv, prove, corelist, ptar, ptardiff, shasum, zipdetails