perl-5.20.1
chroot FILENAME
chroot

This function works like the system call by the same name: it makes the named directory the new root directory for all further pathnames that begin with a / by your process and all its children. (It doesn't change your current working directory, which is unaffected.) For security reasons, this call is restricted to the superuser. If FILENAME is omitted, does a chroot to $_.

同じ名前のシステムコールと同じことをします: 現在のプロセス及び子プロセスに 対して、/で始まるパス名に関して指定されたディレクトリを新しい ルートディレクトリとして扱います。 (これはカレントディレクトリを変更しません; カレントディレクトリは そのままです。) セキュリティ上の理由により、この呼び出しはスーパーユーザーしか行えません。 FILENAME を省略すると、$_chroot します。

NOTE: It is good security practice to do chdir("/") (to the root directory) immediately after a chroot().

注意: chroot() の直後に (ルートディレクトリに) chdir("/") するのは セキュリティ上の良い習慣です。

Portability issues: "chroot" in perlport.

移植性の問題: "chroot" in perlport