perl-5.22.1
ioctl FILEHANDLE,FUNCTION,SCALAR

Implements the ioctl(2) function. You'll probably first have to say

ioctl(2) 関数を実装します。 正しい関数の定義を得るために、おそらく最初に

    require "sys/ioctl.ph";  # probably in
                             # $Config{archlib}/sys/ioctl.ph

to get the correct function definitions. If sys/ioctl.ph doesn't exist or doesn't have the correct definitions you'll have to roll your own, based on your C header files such as <sys/ioctl.h>. (There is a Perl script called h2ph that comes with the Perl kit that may help you in this, but it's nontrivial.) SCALAR will be read and/or written depending on the FUNCTION; a C pointer to the string value of SCALAR will be passed as the third argument of the actual ioctl call. (If SCALAR has no string value but does have a numeric value, that value will be passed rather than a pointer to the string value. To guarantee this to be true, add a 0 to the scalar before using it.) The pack and unpack functions may be needed to manipulate the values of structures used by ioctl.

としなくてはならないでしょう。 sys/ioctl.ph がないか、間違った定義をしている場合には、 <sys/ioctl.h>のような C のヘッダファイルをもとに、 自分で作らなければなりません。 (Perl の配布キットに入っている h2ph という Perl スクリプトが これを手助けしてくれるでしょうが、これは自明ではありません。) FOUNCTION に応じて SCALAR が読み書きされます; SCALAR の文字列値へのポインタが、実際の ioctl コールの 3 番目の引数として渡されます。 (SCALAR が文字列値を持っておらず、数値を持っている場合には、 文字列値へのポインタの代わりに、その値が渡されます。 このことを保証するためには、使用する前に SCALAR に0 を足してください。) ioctl で使われる構造体の値を操作するには、 pack 関数と unpack 関数が必要となるでしょう。

The return value of ioctl (and fcntl) is as follows:

ioctl (と fcntl) の返り値は、以下のようになります:

    if OS returns:      then Perl returns:
        -1               undefined value
         0              string "0 but true"
    anything else           that number
    OS が返した値:      Perl が返す値:
        -1               未定義値
         0               「0 だが真」の文字列
    その他                  その値そのもの

Thus Perl returns true on success and false on failure, yet you can still easily determine the actual value returned by the operating system:

つまり Perl は、成功時に「真」、失敗時に「偽」を返す ことになり、OS が実際に返した値も、以下のように簡単に知ることができます。

    $retval = ioctl(...) || -1;
    printf "System returned %d\n", $retval;

The special string "0 but true" is exempt from -w complaints about improper numeric conversions.

特別な文字列 "0 だが真" は、不適切な数値変換に関する -w 警告を回避します。

Portability issues: "ioctl" in perlport.

移植性の問題: "ioctl" in perlport