perl-5.22.1
push ARRAY,LIST
push EXPR,LIST

Treats ARRAY as a stack by appending the values of LIST to the end of ARRAY. The length of ARRAY increases by the length of LIST. Has the same effect as

ARRAY をスタックとして扱い、LIST 内の値を ARRAY の終わりに追加します。 ARRAY の大きさは、LIST の長さ分だけ大きくなります。 これは、

    for $value (LIST) {
        $ARRAY[++$#ARRAY] = $value;
    }

but is more efficient. Returns the number of elements in the array following the completed push.

とするのと同じ効果がありますが、より効率的です。 push の処理終了後の配列の要素数を返します。

Starting with Perl 5.14, push can take a scalar EXPR, which must hold a reference to an unblessed array. The argument will be dereferenced automatically. This aspect of push is considered highly experimental. The exact behaviour may change in a future version of Perl.

Perl 5.14 から、push はスカラの EXPR を取ることができるようになりました; これは bless されていない配列へのリファレンスでなければなりません。 引数は自動的にデリファレンスされます。 push のこの動作は高度に実験的であると考えられています。 正確な振る舞いは将来のバージョンの Perl で変わるかも知れません。

To avoid confusing would-be users of your code who are running earlier versions of Perl with mysterious syntax errors, put this sort of thing at the top of your file to signal that your code will work only on Perls of a recent vintage:

あなたのコードを以前のバージョンの Perl で実行したユーザーが不思議な 文法エラーで混乱することを避けるために、コードが最近のバージョンの Perl で のみ 動作することを示すためにファイルの先頭に以下のようなことを 書いてください:

    use 5.014;  # so push/pop/etc work on scalars (experimental)