perl-5.26.1
push ARRAY,LIST

Treats ARRAY as a stack by appending the values of LIST to the end of ARRAY. The length of ARRAY increases by the length of LIST. Has the same effect as

ARRAY をスタックとして扱い、LIST 内の値を ARRAY の終わりに追加します。 ARRAY の大きさは、LIST の長さ分だけ大きくなります。 これは、

    for my $value (LIST) {
        $ARRAY[++$#ARRAY] = $value;
    }

but is more efficient. Returns the number of elements in the array following the completed push.

とするのと同じ効果がありますが、より効率的です。 push の処理終了後の配列の要素数を返します。

Starting with Perl 5.14, an experimental feature allowed push to take a scalar expression. This experiment has been deemed unsuccessful, and was removed as of Perl 5.24.

Perl 5.14 から、push がスカラ式を取ることが出来るという 実験的機能がありました。 この実験は失敗と見なされ、Perl 5.24 で削除されました。