perl-5.20.1
setpgrp PID,PGRP

Sets the current process group for the specified PID, 0 for the current process. Raises an exception when used on a machine that doesn't implement POSIX setpgid(2) or BSD setpgrp(2). If the arguments are omitted, it defaults to 0,0. Note that the BSD 4.2 version of setpgrp does not accept any arguments, so only setpgrp(0,0) is portable. See also POSIX::setsid().

指定した PID (0 を指定するとカレントプロセス) に 対するプロセスグループを設定します。 POSIX setpgrp(2) または BSD setpgrp(2) が実装されていないマシンでは、 例外が発生します。 引数が省略された場合は、0,0が使われます。 BSD 4.2 版の setpgrp は引数を取ることができないので、 setpgrp(0,0) のみが移植性があることに注意してください。 POSIX::setsid() も参照してください。

Portability issues: "setpgrp" in perlport.

移植性の問題: "setpgrp" in perlport