perl-5.20.1
stat FILEHANDLE
stat EXPR
stat DIRHANDLE
stat

Returns a 13-element list giving the status info for a file, either the file opened via FILEHANDLE or DIRHANDLE, or named by EXPR. If EXPR is omitted, it stats $_ (not _!). Returns the empty list if stat fails. Typically used as follows:

FILEHANDLE か DIRHANDLE を通じてオープンされているファイルか、 EXPR で指定されるファイルの情報を与える、13 要素のリストを返します。 EXPR が省略されると、 $_ が用いられます (_ ではありません!)。 stat に失敗した場合には、空リストを返します。 普通は、以下のようにして使います:

    ($dev,$ino,$mode,$nlink,$uid,$gid,$rdev,$size,
       $atime,$mtime,$ctime,$blksize,$blocks)
           = stat($filename);

Not all fields are supported on all filesystem types. Here are the meanings of the fields:

全てのファイルシステムで全てのフィールドに対応しているわけではありません。 フィールドの意味は以下の通りです。

  0 dev      device number of filesystem
  1 ino      inode number
  2 mode     file mode  (type and permissions)
  3 nlink    number of (hard) links to the file
  4 uid      numeric user ID of file's owner
  5 gid      numeric group ID of file's owner
  6 rdev     the device identifier (special files only)
  7 size     total size of file, in bytes
  8 atime    last access time in seconds since the epoch
  9 mtime    last modify time in seconds since the epoch
 10 ctime    inode change time in seconds since the epoch (*)
 11 blksize  preferred I/O size in bytes for interacting with the
             file (may vary from file to file)
 12 blocks   actual number of system-specific blocks allocated
             on disk (often, but not always, 512 bytes each)
  0 dev      ファイルシステムのデバイス番号
  1 ino      inode 番号
  2 mode     ファイルモード (タイプとパーミッション)
  3 nlink    ファイルへの(ハード)リンクの数
  4 uid      ファイル所有者のユーザー ID の数値
  5 gid      ファイル所有者のグループ ID の数値
  6 rdev     デバイス識別子(特殊ファイルのみ)
  7 size     ファイルサイズ(バイト単位)
  8 atime    紀元から、最後にアクセスされた時刻までの秒数
  9 mtime    紀元から、最後に修正(modify)された時刻までの秒数
 10 ctime    紀元から、inode 変更(change)された時刻までの秒数 (*)
 11 blksize  ファイルとの相互作用のために適した I/O バイト数
             (ファイルごとに異なるかもしれない)
 12 blocks   ディスクに割り当てたシステム依存のブロック(常にでは
             ありませんがたいていはそれぞれ 512 バイト)の数

(The epoch was at 00:00 January 1, 1970 GMT.)

(紀元は GMT で 1970/01/01 00:00:00。)

(*) Not all fields are supported on all filesystem types. Notably, the ctime field is non-portable. In particular, you cannot expect it to be a "creation time"; see "Files and Filesystems" in perlport for details.

(*) 全てのフィールドが全てのファイルシステムタイプで対応しているわけでは ありません。 明らかに、ctime のフィールドは移植性がありません。 特に、これから「作成時刻」を想定することは出来ません; 詳細については "Files and Filesystems" in perlport を参照してください。

If stat is passed the special filehandle consisting of an underline, no stat is done, but the current contents of the stat structure from the last stat, lstat, or filetest are returned. Example:

下線だけの _ という特別なファイルハンドルを stat に渡すと、 実際には stat を行なわず、stat 構造体に残っている 前回の stat やファイルテストの情報が返されます。 例:

    if (-x $file && (($d) = stat(_)) && $d < 0) {
        print "$file is executable NFS file\n";
    }

(This works on machines only for which the device number is negative under NFS.)

(これは、NFS のもとでデバイス番号が負になるマシンでのみ動作します。)

Because the mode contains both the file type and its permissions, you should mask off the file type portion and (s)printf using a "%o" if you want to see the real permissions.

モードにはファイルタイプとその権限の両方が含まれているので、 本当の権限を見たい場合は、(s)printf で "%" を使うことで ファイルタイプをマスクするべきです。

    $mode = (stat($filename))[2];
    printf "Permissions are %04o\n", $mode & 07777;

In scalar context, stat returns a boolean value indicating success or failure, and, if successful, sets the information associated with the special filehandle _.

スカラコンテキストでは、stat は成功か失敗を表す真偽値を返し、 成功した場合は、特別なファイルハンドル _ に結び付けられた 情報をセットします。

The File::stat module provides a convenient, by-name access mechanism:

File::stat モジュールは、便利な名前によるアクセス機構を提供します。

    use File::stat;
    $sb = stat($filename);
    printf "File is %s, size is %s, perm %04o, mtime %s\n",
           $filename, $sb->size, $sb->mode & 07777,
           scalar localtime $sb->mtime;

You can import symbolic mode constants (S_IF*) and functions (S_IS*) from the Fcntl module:

モード定数 (S_IF*) と関数 (S_IS*) を Fcntl モジュールから インポートできます。

    use Fcntl ':mode';

    $mode = (stat($filename))[2];

    $user_rwx      = ($mode & S_IRWXU) >> 6;
    $group_read    = ($mode & S_IRGRP) >> 3;
    $other_execute =  $mode & S_IXOTH;

    printf "Permissions are %04o\n", S_IMODE($mode), "\n";

    $is_setuid     =  $mode & S_ISUID;
    $is_directory  =  S_ISDIR($mode);

You could write the last two using the -u and -d operators. Commonly available S_IF* constants are:

最後の二つは -u-d 演算子を使っても書けます。 一般に利用可能な S_IF* 定数は以下のものです。

    # Permissions: read, write, execute, for user, group, others.

    S_IRWXU S_IRUSR S_IWUSR S_IXUSR
    S_IRWXG S_IRGRP S_IWGRP S_IXGRP
    S_IRWXO S_IROTH S_IWOTH S_IXOTH

    # Setuid/Setgid/Stickiness/SaveText.
    # Note that the exact meaning of these is system-dependent.

    S_ISUID S_ISGID S_ISVTX S_ISTXT

    # File types.  Not all are necessarily available on
    # your system.

    S_IFREG S_IFDIR S_IFLNK S_IFBLK S_IFCHR
    S_IFIFO S_IFSOCK S_IFWHT S_ENFMT

    # The following are compatibility aliases for S_IRUSR,
    # S_IWUSR, and S_IXUSR.

    S_IREAD S_IWRITE S_IEXEC

and the S_IF* functions are

一般に利用可能な S_IF* 関数は以下のものです。

    S_IMODE($mode)    the part of $mode containing the permission
                      bits and the setuid/setgid/sticky bits

    S_IFMT($mode)     the part of $mode containing the file type
                      which can be bit-anded with (for example)
                      S_IFREG or with the following functions

    # The operators -f, -d, -l, -b, -c, -p, and -S.

    S_ISREG($mode) S_ISDIR($mode) S_ISLNK($mode)
    S_ISBLK($mode) S_ISCHR($mode) S_ISFIFO($mode) S_ISSOCK($mode)

    # No direct -X operator counterpart, but for the first one
    # the -g operator is often equivalent.  The ENFMT stands for
    # record flocking enforcement, a platform-dependent feature.

    S_ISENFMT($mode) S_ISWHT($mode)

See your native chmod(2) and stat(2) documentation for more details about the S_* constants. To get status info for a symbolic link instead of the target file behind the link, use the lstat function.

S_* 定数に関する詳細についてはネイティブの chmod(2) と stat(2) の ドキュメントを参照してください。 リンクの先にあるファイルではなく、シンボリックリンクそのものの情報を 得たい場合は、lstat 関数を使ってください。

Portability issues: "stat" in perlport.

移植性の問題: "stat" in perlport