perl-5.22.1
tell FILEHANDLE
tell

Returns the current position in bytes for FILEHANDLE, or -1 on error. FILEHANDLE may be an expression whose value gives the name of the actual filehandle. If FILEHANDLE is omitted, assumes the file last read.

FILEHANDLE の現在の位置を バイト数で 返します; エラーの場合は -1 を 返します。 FILEHANDLE は、実際のファイルハンドル名を示す式でもかまいません。 FILEHANDLE が省略された場合には、最後に読み込みを行なったファイルについて 調べます。

Note the in bytes: even if the filehandle has been set to operate on characters (for example by using the :encoding(utf8) open layer), tell() will return byte offsets, not character offsets (because that would render seek() and tell() rather slow).

バイト単位 に関する注意: ファイルハンドルが (例えば :encoding(utf8) 層を使って) 文字を操作するように設定されていたとしても、tell() は文字の オフセットではなくバイトのオフセットを返すことに注意してください (なぜならこれは seek() と tell() が遅くなってしまうからです)。

The return value of tell() for the standard streams like the STDIN depends on the operating system: it may return -1 or something else. tell() on pipes, fifos, and sockets usually returns -1.

STDIN のような標準ストリームに対する tell() の返り値は OS に依存します: -1 やその他の値が返ってくるかもしれません。 パイプ、FIFO、ソケットに対して tell() を使うと、普通は -1 が返ります。

There is no systell function. Use sysseek(FH, 0, 1) for that.

systell 関数はありません。 代わりに sysseek(FH, 0, 1) を使ってください。

Do not use tell() (or other buffered I/O operations) on a filehandle that has been manipulated by sysread(), syswrite(), or sysseek(). Those functions ignore the buffering, while tell() does not.

sysread(), syswrite(), sysseek() で操作されたファイルハンドルに tell() (またはその他のバッファリング I/O 操作) を使わないでください。 これらの関数はバッファリングを無視しますが、tell() は違います。