perl-5.20.1
time

Returns the number of non-leap seconds since whatever time the system considers to be the epoch, suitable for feeding to gmtime and localtime. On most systems the epoch is 00:00:00 UTC, January 1, 1970; a prominent exception being Mac OS Classic which uses 00:00:00, January 1, 1904 in the current local time zone for its epoch.

gmtimelocaltime への入力形式に合っている、 システムが紀元と考える時点からの連続秒数を返します。 ほとんどのシステムでは紀元は UTC 1970 年 1 月 1 日 00:00:00 です; 特徴的な例外としては、古い Mac OS ではローカルタイムゾーンの 1904 年 1 月 1 日 00:00:00 を紀元として使います。

For measuring time in better granularity than one second, use the Time::HiRes module from Perl 5.8 onwards (or from CPAN before then), or, if you have gettimeofday(2), you may be able to use the syscall interface of Perl. See perlfaq8 for details.

1 秒よりも細かい時間を計測するためには、Perl 5.8 以降(それ以前では CPANから)の Time::HiRes モジュールを使うか、 gettimeofday(2) があるなら、Perl の syscall インターフェースを 使ってください。 詳しくは perlfaq8 を参照してください。

For date and time processing look at the many related modules on CPAN. For a comprehensive date and time representation look at the DateTime module.

日付と時刻の処理は、多くの関連するモジュールが CPAN にあります。 包括的な日付と時刻の表現については、CPAN の DateTime モジュールを 参照してください。