5.18.1

名前

perlrun - how to execute the Perl interpreter

perlrun - Perl インタプリタの起動方法

概要

perl [ -sTtuUWX ] [ -hv ] [ -V[:configvar] ] [ -cw ] [ -d[t][:debugger] ] [ -D[number/list] ] [ -pna ] [ -Fpattern ] [ -l[octal] ] [ -0[octal/hexadecimal] ] [ -Idir ] [ -m[-]module ] [ -M[-]'module...' ] [ -f ] [ -C [number/list] ] [ -S ] [ -x[dir] ] [ -i[extension] ] [ [-e|-E] 'command' ] [ -- ] [ programfile ] [ argument ]...

説明

The normal way to run a Perl program is by making it directly executable, or else by passing the name of the source file as an argument on the command line. (An interactive Perl environment is also possible--see perldebug for details on how to do that.) Upon startup, Perl looks for your program in one of the following places:

Perl プログラムを実行する普通の方法は、直接実行できる形にするか、 コマンドラインの引数としてソースファイルの名前を渡すことです。 (対話的な Perl 環境もあります -- どのようにするかの詳細については perldebug を参照して下さい。) 実行にあたって、Perl は指定されたプログラムを以下に示す場所で 探します:

  1. Specified line by line via -e or -E switches on the command line.

    コマンドライン上で -e-E のスイッチで指定された行。

  2. Contained in the file specified by the first filename on the command line. (Note that systems supporting the #! notation invoke interpreters this way. See "Location of Perl".)

    コマンドライン上で最初のファイル名として示されたファイルの中。 (#! 記法をサポートしているシステムでは、このようにして インタプリタを呼び出します。 "Location of Perl" を参照して下さい。)

  3. Passed in implicitly via standard input. This works only if there are no filename arguments--to pass arguments to a STDIN-read program you must explicitly specify a "-" for the program name.

    標準入力から暗黙に渡される。 ファイル名を示す引数が無い場合にのみうまくいきます--STDIN から読み込む プログラムに引数を渡すには、プログラム名として明示的に "-" を 指定しなくてはなりません、

With methods 2 and 3, Perl starts parsing the input file from the beginning, unless you've specified a -x switch, in which case it scans for the first line starting with #! and containing the word "perl", and starts there instead. This is useful for running a program embedded in a larger message. (In this case you would indicate the end of the program using the __END__ token.)

2 番目、3 番目の方法では、-x スイッチを指定した場合を除いて、 Perl は入力ファイルを最初から解析し始めます; -x スイッチを指定した 場合には、まず、最初に #! と "perl" という文字列を含む行を探し、 そこから解析を始めます。 これは、大きなテキストにプログラムを埋め込んで、実行するようなときに便利です。 (この場合、プログラムの終わりは、トークン __END__ を使って 示すとよいでしょう。)

The #! line is always examined for switches as the line is being parsed. Thus, if you're on a machine that allows only one argument with the #! line, or worse, doesn't even recognize the #! line, you still can get consistent switch behaviour regardless of how Perl was invoked, even if -x was used to find the beginning of the program.

#! を含む行のスイッチが必ず解析されるようになりました。 つまり、#! の行で引数が一つしか許されない、あるいはもっと悪く、 #! の行が認識されないといったシステムで運用している場合にも、-x で プログラムの開始位置を見つけた場合を含め、どのように Perl が起動されたかに よらず、一貫したスイッチの動作を期待できるようになっています。

Because historically some operating systems silently chopped off kernel interpretation of the #! line after 32 characters, some switches may be passed in on the command line, and some may not; you could even get a "-" without its letter, if you're not careful. You probably want to make sure that all your switches fall either before or after that 32-character boundary. Most switches don't actually care if they're processed redundantly, but getting a "-" instead of a complete switch could cause Perl to try to execute standard input instead of your program. And a partial -I switch could also cause odd results.

歴史的なオペレーティングシステムの中にはカーネルによる #! 行の解釈が、 エラーなしに 32 文字で打ち切られてしまうものがありますので、あるスイッチは コマンドラインに渡され、あるスイッチは渡されないといったことが起こります; 注意しないと、文字が続かない "-" だけが渡されるといったことも 起こり得ます。 すべてのスイッチが、確実に 32 文字境界の前か後ろかのどちらかに なるようにしたいことでしょう。 多くのスイッチは、余分に処理されても問題ありませんが、完全なスイッチの 代わりに "-" が入っていた場合には、プログラムの代わりに、標準入力を Perl に 実行させることになってしまいます。 -I スイッチが中途半端になった場合にもおかしな結果となり得ます。

Some switches do care if they are processed twice, for instance combinations of -l and -0. Either put all the switches after the 32-character boundary (if applicable), or replace the use of -0digits by BEGIN{ $/ = "\0digits"; }.

2 回実行されることに注意する必要のあるスイッチもあります; 例えば -l-0 の組み合わせです。 (可能なら) 両方のスイッチが 32 文字境界の後ろにいくようにするか、 -0digitsBEGIN{ $/ = "\0digits"; } で置き換えてください。

Parsing of the #! switches starts wherever "perl" is mentioned in the line. The sequences "-*" and "- " are specifically ignored so that you could, if you were so inclined, say

#! スイッチの解析は、行内で "perl" が示された位置から始まります。 とりわけ "-*" と "- " という文字の並びは無視されますので、以下のように 書くと:

    #!/bin/sh
    #! -*-perl-*-
    eval 'exec perl -x -wS $0 ${1+"$@"}'
        if 0;

to let Perl see the -p switch.

Perl に -p スイッチを渡すことができます。

A similar trick involves the env program, if you have it.

似たようなトリックは(持っていれば) env プログラムでも使えます。

    #!/usr/bin/env perl

The examples above use a relative path to the perl interpreter, getting whatever version is first in the user's path. If you want a specific version of Perl, say, perl5.14.1, you should place that directly in the #! line's path.

上の例は Perl インタプリタに相対パスを使って、 ユーザーの PATH で最初にあったバージョンを使います。 もし特定のバージョンの Perl、例えば perl5.14.1 が使いたいなら、 #! 行のパスに直接書くべきです。

If the #! line does not contain the word "perl" nor the word "indir" the program named after the #! is executed instead of the Perl interpreter. This is slightly bizarre, but it helps people on machines that don't do #!, because they can tell a program that their SHELL is /usr/bin/perl, and Perl will then dispatch the program to the correct interpreter for them.

#! 行に "perl" や "indir" という語が含まれていなければ、#! の後に 指定されたプログラムが Perl インタプリタの代わりに実行されます。 これは少し変わっていますが、#! が行なえないマシンを使っている方には 有効でしょう; プログラムに対して使っている SHELL が /usr/bin/perl だと 言っておけば、Perl が正しいインタプリタを起動してくれるからです。

After locating your program, Perl compiles the entire program to an internal form. If there are any compilation errors, execution of the program is not attempted. (This is unlike the typical shell script, which might run part-way through before finding a syntax error.)

プログラムの場所が特定できたなら、Perl はプログラム全体を内部形式に コンパイルし始めます。 コンパイルエラーが見つかった時には、プログラムの実行は行なわれません。 (これは、構文エラーがある場合にも、途中まで実行される可能性のある、 典型的なシェルのスクリプトと異なる点です。)

If the program is syntactically correct, it is executed. If the program runs off the end without hitting an exit() or die() operator, an implicit exit(0) is provided to indicate successful completion.

プログラムが構文的に正しければ、実行されることになります。 プログラムが、exit() 演算子にも die() 演算子にも当たらないで最後まで 到達すると、正常に完了したことを示すために、暗黙の exit(0) が 行なわれます。

非 Unix システムでの #! とクォート

Unix's #! technique can be simulated on other systems:

Unix の #! のテクニックは他のシステムでもシミュレートされています。

OS/2

Put

以下のように

    extproc perl -S -your_switches

as the first line in *.cmd file (-S due to a bug in cmd.exe's `extproc' handling).

*.cmd ファイルの最初の行に書いてください (-S は cmd.exe の `extproc' の扱いのバグを引き起こします)。

MS-DOS

Create a batch file to run your program, and codify it in ALTERNATE_SHEBANG (see the dosish.h file in the source distribution for more information).

プログラムを実行するバッチファイルを作って、ALTERNATE_SHEBANG で コード化してください (さらなる情報についてはソース配布パッケージの dosish.h ファイルを参照して下さい)。

Win95/NT

The Win95/NT installation, when using the ActiveState installer for Perl, will modify the Registry to associate the .pl extension with the perl interpreter. If you install Perl by other means (including building from the sources), you may have to modify the Registry yourself. Note that this means you can no longer tell the difference between an executable Perl program and a Perl library file.

Win95/NT でのインストールにおいて、ActiveState の Perl 用インストーラを 使った場合は、拡張子 .pl を Perl インタプリタに関連付けるよう レジストリを変更します。 他の方法で Perl をインストールした場合(ソースから構築した場合を含みます)、 レジストリを自分で変更する必要があります。 これは実行可能な Perl プログラムと Perl ライブラリファイルとの 違いがなくなってしまうことに注意してください。

VMS

Put

以下のように

 $ perl -mysw 'f$env("procedure")' 'p1' 'p2' 'p3' 'p4' 'p5' 'p6' 'p7' 'p8' !
 $ exit++ + ++$status != 0 and $exit = $status = undef;

at the top of your program, where -mysw are any command line switches you want to pass to Perl. You can now invoke the program directly, by saying perl program, or as a DCL procedure, by saying @program (or implicitly via DCL$PATH by just using the name of the program).

プログラムの先頭に書いてください; ここで -mysw は Perl に渡したい コマンドラインスイッチです。 これで perl program として直接プログラムを起動できますし、 @program として(あるいは DCL$PATH 経由でプログラム名を使って) DSL 手続きとして起動できます。

This incantation is a bit much to remember, but Perl will display it for you if you say perl "-V:startperl".

この決まり文句は覚えるには少々長すぎますが、perl "-V:startperl" とすれば Perl がこれを表示してくれます。

Command-interpreters on non-Unix systems have rather different ideas on quoting than Unix shells. You'll need to learn the special characters in your command-interpreter (*, \ and " are common) and how to protect whitespace and these characters to run one-liners (see -e below).

非 Unix システムのコマンドインタプリタはクォートに関して Unix シェルと 異なった考え方をしています。 お使いのコマンドインタプリタの特殊文字について (*, \, " は 一般的です)、そして一行で起動するために(後述する -e を 参照して下さい)空白や特殊文字を保護する方法について学ぶ必要があるでしょう。

On some systems, you may have to change single-quotes to double ones, which you must not do on Unix or Plan 9 systems. You might also have to change a single % to a %%.

システムによってはシングルクォートをダブルクォートに変更する必要が あるかもしれません; しかし Unix や Plan9 のシステムでは してはいけません。 また、単体の % を %% に変更する必要があるかもしれません。

For example:

例えば:

    # Unix
    perl -e 'print "Hello world\n"'

    # MS-DOS, etc.
    perl -e "print \"Hello world\n\""

    # VMS
    perl -e "print ""Hello world\n"""

The problem is that none of this is reliable: it depends on the command and it is entirely possible neither works. If 4DOS were the command shell, this would probably work better:

問題は、これらはどれも信頼性がないことです: これはコマンドに依存し、どれも 動かないかもしれません。 4DOS がコマンドシェルなら、おそらくよりよく動きます:

    perl -e "print <Ctrl-x>"Hello world\n<Ctrl-x>""

CMD.EXE in Windows NT slipped a lot of standard Unix functionality in when nobody was looking, but just try to find documentation for its quoting rules.

Windows NT の CMD.EXE は誰も見ていない間に多くの標準 Unix 機能が 入り込んでいますが、クォートのルールに関しては ドキュメントを探してみてください。

There is no general solution to all of this. It's just a mess.

この辺りのことに関する一般的な解決方法はありません。 まったくぐちゃぐちゃです。

Perl の位置

It may seem obvious to say, but Perl is useful only when users can easily find it. When possible, it's good for both /usr/bin/perl and /usr/local/bin/perl to be symlinks to the actual binary. If that can't be done, system administrators are strongly encouraged to put (symlinks to) perl and its accompanying utilities into a directory typically found along a user's PATH, or in some other obvious and convenient place.

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、 Perl はユーザーが簡単に発見できる場合にのみ有用です。 可能なら、/usr/bin/perl/usr/local/bin/perl の両方に 実際のバイナリへのシンボリックリンクを置くというのはよい考えです。 もしこれが無理なら、システム管理者は Perl と付随するユーティリティ (への シンボリックリンク) を、典型的にユーザーの PATH で見付かるディレクトリか、 その他の明らかで便利な場所に置くべきです。

In this documentation, #!/usr/bin/perl on the first line of the program will stand in for whatever method works on your system. You are advised to use a specific path if you care about a specific version.

このドキュメントでは、#!/usr/bin/perl とプログラムの先頭に書けば システムの全てのメソッドが実行できるものとしています。 特定のバージョンを使いたい場合は、特定のパスを使うか:

    #!/usr/local/bin/perl5.14

or if you just want to be running at least version, place a statement like this at the top of your program:

あるいは単に最低限のバージョンを指定した場合は、 以下のような行をプログラムの先頭に置いてください:

    use 5.014;

コマンドスイッチ

As with all standard commands, a single-character switch may be clustered with the following switch, if any.

全ての標準コマンドと同様に、1 文字のスイッチは、次に続くスイッチが あれば、それとつなげることができます。

    #!/usr/bin/perl -spi.orig   # same as -s -p -i.orig

Switches include:

スイッチ一覧:

-0[octal/hexadecimal]

specifies the input record separator ($/) as an octal or hexadecimal number. If there are no digits, the null character is the separator. Other switches may precede or follow the digits. For example, if you have a version of find which can print filenames terminated by the null character, you can say this:

入力レコードセパレータ ($/) を 8 進数または 16 進数で示します。 digits を指定しないと、ヌル文字がセパレータになります。 他のスイッチを前に置いてもかまいませんし、digits のあとに つなげてもかまいません。 たとえば、ファイル名をヌル文字で区切って表示できる find があれば:

    find . -name '*.orig' -print0 | perl -n0e unlink

The special value 00 will cause Perl to slurp files in paragraph mode. Any value 0400 or above will cause Perl to slurp files whole, but by convention the value 0777 is the one normally used for this purpose.

00 という特別な値は、Perl にパラグラフモードで、ファイルを読ませます。 0400 以上の任意の値は、Perl にファイル全体を読ませることになりますが、 規約により、普通はこの目的のために値 0777 を使います。

You can also specify the separator character using hexadecimal notation: -0xHHH..., where the H are valid hexadecimal digits. Unlike the octal form, this one may be used to specify any Unicode character, even those beyond 0xFF. So if you really want a record separator of 0777, specify it as -0x1FF. (This means that you cannot use the -x option with a directory name that consists of hexadecimal digits, or else Perl will think you have specified a hex number to -0.)

16 進数の記法 -0xHHH... を使ってセパレータ文字を指定することもできます; ここで H は 16 進数として有効な文字です。 8 進数形式と違って、これは 0xFF を超えたものを含む任意の Unicode 文字を 指定するために使われるかもしれません。 それで、本当に 0777 のレコード区切りを使いたいなら、-0x1FF として 指定してください。 (これは -x オプションで 16 進数の数値からなるディレクトリ名を指定できない ことを意味します; さもなければ Perl は指定された 16 進数を -0 と 扱います。)

-a

turns on autosplit mode when used with a -n or -p. An implicit split command to the @F array is done as the first thing inside the implicit while loop produced by the -n or -p.

-n-p といっしょに用いると、自動 split モードになります。 -n-p で作られる暗黙のループ内の最初の文として、 配列 @F への暗黙の split コマンドが実行されます。

    perl -ane 'print pop(@F), "\n";'

is equivalent to

は以下のものと等価です。

    while (<>) {
        @F = split(' ');
        print pop(@F), "\n";
    }

An alternate delimiter may be specified using -F.

-F を使って区切文字を変更することができます。

-C [number/list]

The -C flag controls some of the Perl Unicode features.

-Cフラグは Perl Unicode 機能のいくつかを制御します。

As of 5.8.1, the -C can be followed either by a number or a list of option letters. The letters, their numeric values, and effects are as follows; listing the letters is equal to summing the numbers.

5.8.1 から、-C フラグは数値またはオプション文字のリストを つけることが出来ます。 指定可能な文字と数値およびその効果は以下の通りです; 文字のリストは数値の合計と同じです。

    I     1   STDIN is assumed to be in UTF-8
    O     2   STDOUT will be in UTF-8
    E     4   STDERR will be in UTF-8
    S     7   I + O + E
    i     8   UTF-8 is the default PerlIO layer for input streams
    o    16   UTF-8 is the default PerlIO layer for output streams
    D    24   i + o
    A    32   the @ARGV elements are expected to be strings encoded
              in UTF-8
    L    64   normally the "IOEioA" are unconditional, the L makes
              them conditional on the locale environment variables
              (the LC_ALL, LC_TYPE, and LANG, in the order of
              decreasing precedence) -- if the variables indicate
              UTF-8, then the selected "IOEioA" are in effect
    a   256   Set ${^UTF8CACHE} to -1, to run the UTF-8 caching
              code in debugging mode.
    I     1   STDIN は UTF-8 と仮定する
    O     2   STDOUT は UTF-8 と仮定する
    E     4   STDERR は UTF-8 と仮定する
    S     7   I + O + E
    i     8   UTF-8 は入力ストリームのデフォルト PerlIO 層
    o    16   UTF-8 は出力ストリームのデフォルト PerlIO 層
    D    24   i + o
    A    32   @ARGV の要素は UTF-8 でエンコードされた文字列と推測する
    L    64   通常は "IOEioA" は無条件ですが、
              L はロケール環境変数(LC_ALL, LC_TYPE, LANG, 優先度順)によって
              条件付きとなります  -- もし変数が UTF-8 を示していれば、
              選択された "IOEioA" が有効になります
    a   256   デバッグモードで UTF-8 キャッシュコードを実行するために、
              ${^UTF8CACHE} を -1 にセットする。

For example, -COE and -C6 will both turn on UTF-8-ness on both STDOUT and STDERR. Repeating letters is just redundant, not cumulative nor toggling.

例えば、-COE-C6 はどちらも STDOUT と STDERR を UTF-8 化します。 同じ文字を繰り返しても冗長なだけで、加算されたりトグルになったりはしません。

The io options mean that any subsequent open() (or similar I/O operations) in the current file scope will have the :utf8 PerlIO layer implicitly applied to them, in other words, UTF-8 is expected from any input stream, and UTF-8 is produced to any output stream. This is just the default, with explicit layers in open() and with binmode() one can manipulate streams as usual.

io オプションは現在のファイルスコープで引き続く open() (あるいは同様の I/O 操作) において暗黙的に :utf8 PerlIO 層が適用されます; 言い換えると、 入力ストリームでは UTF-8 が想定され、出力ストリームはUTF-8 で出力されます。 これは単にデフォルトであり、通常どおり open() と binmode() で明示的に 変更できます。

-C on its own (not followed by any number or option list), or the empty string "" for the PERL_UNICODE environment variable, has the same effect as -CSDL. In other words, the standard I/O handles and the default open() layer are UTF-8-fied but only if the locale environment variables indicate a UTF-8 locale. This behaviour follows the implicit (and problematic) UTF-8 behaviour of Perl 5.8.0. (See "UTF-8 no longer default under UTF-8 locales" in perl581delta.)

-C が単体で(数値やオプションリストなし)起動されるか、 PERL_UNICODE 環境変数が空文字列 "" の場合、-CSDL と 同じ効果となります。 言い換えると、標準 I/O 操作とデフォルトの open() 層はロケール環境変数が UTF-8 ロケールを示している場合 のみ UTF-8 化されます。 この振る舞いは Perl 5.8.0 での 暗黙の (そして問題のある) UTF-8 に 関する振る舞いと同じです。 ("UTF-8 no longer default under UTF-8 locales" in perl581delta を 参照してください。)

You can use -C0 (or "0" for PERL_UNICODE) to explicitly disable all the above Unicode features.

-C0 (あるいは PERL_UNICODE"0") を指定すると 明示的に上記の全ての Unicode 機能を無効にします。

The read-only magic variable ${^UNICODE} reflects the numeric value of this setting. This variable is set during Perl startup and is thereafter read-only. If you want runtime effects, use the three-arg open() (see "open" in perlfunc), the two-arg binmode() (see "binmode" in perlfunc), and the open pragma (see open).

読み込み専用のマジック変数 ${^UNICODE} にこの設定の数値表現が 反映されます。 これは Perl 起動時にセットされる変数で、読み込み専用です。 実行中に効果を得たい場合は、3 引数の open() ("open" in perlfunc 参照), 2 引数の binmode() ("binmode" in perlfunc 参照), open プラグマ (open 参照) を使ってください。

(In Perls earlier than 5.8.1 the -C switch was a Win32-only switch that enabled the use of Unicode-aware "wide system call" Win32 APIs. This feature was practically unused, however, and the command line switch was therefore "recycled".)

(5.8.1 以前の Perl では -C スイッチは Win32 専用のスイッチで、 Unicode 対応の "ワイド文字システムコール" Win32 API を使うためのものでした。 この機能は事実上使われませんでしたが、コマンドラインスイッチは "再利用" されました。)

Note: Since perl 5.10.1, if the -C option is used on the #! line, it must be specified on the command line as well, since the standard streams are already set up at this point in the execution of the perl interpreter. You can also use binmode() to set the encoding of an I/O stream.

注意: perl 5.10.1 から、-C スイッチが #! 行で使われると、 コマンドラインでも指定しなければなりません; なぜなら標準ストリームは perl インタプリタ実行のこの地点で既に設定されているからです。 I/O ストリームのエンコーディングの設定に binmode() も使えます。

-c

causes Perl to check the syntax of the program and then exit without executing it. Actually, it will execute and BEGIN, UNITCHECK, or CHECK blocks and any use statements: these are considered as occurring outside the execution of your program. INIT and END blocks, however, will be skipped.

Perl にスクリプトの構文のチェックを行なわせ、実行せずに 終了するようにします。 実際には、BEGIN, UNITCHECK, CHECK ブロックと use 文は 実行します: これらはプログラムの実行の外側にあるものと 考えられます。 INITEND ブロックはスキップされます。

-d
-dt

runs the program under the Perl debugger. See perldebug. If t is specified, it indicates to the debugger that threads will be used in the code being debugged.

Perl デバッガの下でプログラムを実行します。 perldebug を参照してください。 t が指定されると、デバッグするコードがスレッドを使っていることを デバッガに示します。

-d:MOD[=bar,baz]
-dt:MOD[=bar,baz]

runs the program under the control of a debugging, profiling, or tracing module installed as Devel::MOD. E.g., -d:DProf executes the program using the Devel::DProf profiler. As with the -M flag, options may be passed to the Devel::MOD package where they will be received and interpreted by the Devel::MOD::import routine. Again, like -M, use --d:-MOD to call Devel::MOD::unimport instead of import. The comma-separated list of options must follow a = character. If t is specified, it indicates to the debugger that threads will be used in the code being debugged. See perldebug.

Devel::MOD としてインストールされる デバッグ、プロファイリング、 トレースモジュールの制御下でプログラムを実行します。 つまり、-d:DProfDevel::DProf プロファイラを使って プログラムを実行します。 -M フラグと共に使うと、オプションは Devel::MOD パッケージに渡され、 Devel::MOD::import ルーチンで解釈されます。 再び、-M と同様、インポートではなく Devel::MOD::unimport を 呼び出すには --d:-MOD を使ってください。 オプションをコンマ区切りのリストにするときは = の文字の後に 続けなければなりません。 t が指定されると、デバッグするコードがスレッドを使っていることを デバッガに示します。 perldebug を参照して下さい。

-Dletters
-Dnumber

sets debugging flags. To watch how it executes your program, use -Dtls. (This works only if debugging is compiled into your Perl.) Another nice value is -Dx, which lists your compiled syntax tree. And -Dr displays compiled regular expressions; the format of the output is explained in perldebguts.

デバッグフラグを設定します。 スクリプトがどのように実行されるかを見るには、-Dtls を使ってください。 (これは、デバッグ機能を盛り込んでコンパイルしたときにだけ働きます。) この他に役に立つ値としては、コンパイルされた構文ツリーを表示する、 -Dx があげられます。 -Dr は、コンパイルした正規表現を表示します; 出力形式については perldebguts に説明があります。

As an alternative, specify a number instead of list of letters (e.g., -D14 is equivalent to -Dtls):

文字のリストの代わりに数字を指定することもできます (たとえば、-D14-Dtls と等価です):

        1  p  Tokenizing and parsing (with v, displays parse stack)
        2  s  Stack snapshots (with v, displays all stacks)
        4  l  Context (loop) stack processing
        8  t  Trace execution
       16  o  Method and overloading resolution
       32  c  String/numeric conversions
       64  P  Print profiling info, source file input state
      128  m  Memory and SV allocation
      256  f  Format processing
      512  r  Regular expression parsing and execution
     1024  x  Syntax tree dump
     2048  u  Tainting checks
     4096  U  Unofficial, User hacking (reserved for private,
              unreleased use)
     8192  H  Hash dump -- usurps values()
    16384  X  Scratchpad allocation
    32768  D  Cleaning up
    65536  S  Op slab allocation
   131072  T  Tokenizing
   262144  R  Include reference counts of dumped variables (eg when
              using -Ds)
   524288  J  show s,t,P-debug (don't Jump over) on opcodes within
              package DB
  1048576  v  Verbose: use in conjunction with other flags
  2097152  C  Copy On Write
  4194304  A  Consistency checks on internal structures
  8388608  q  quiet - currently only suppresses the "EXECUTING"
              message
 16777216  M  trace smart match resolution
 33554432  B  dump suBroutine definitions, including special Blocks
              like BEGIN
        1  p  トークン化と構文解析 (v と併用されると、パーススタックの表示)
        2  s  スタックの表示 (v と併用されると、全てのスタックの表示)
        4  l  コンテキスト(ループ)スタックの処理
        8  t  実行のトレース
       16  o  メソッドとオーバーロードの解決
       32  c  文字列/数値変換
       64  P  プロファイリング情報、ソースファイル入力状態の表示
      128  m  メモリと SV の配置
      256  f  フォーマットの処理
      512  r  正規表現の解析と実効
     1024  x  構文トリーのダンプ
     2048  u  汚染チェック
     4096  U  非公式な、ユーザーハック (プライベートな、リリースされない利用法のために予約)
     8192  H  ハッシュのダンプ -- values() の横取り
    16384  X  スクラッチパッドの配置
    32768  D  全消去
    65536  S  op スラブアロケーション
   131072  T  トークン化
   262144  R  ダンプされた変数のリファレンスカウントを含む(-Dsのとき)
   524288  J  DB パッケージの中での s,t,P デバッグコードを表示(飛び越えない)
  1048576  v  詳細: 他のフラグと組み合わせて使う
  2097152  C  コピーオンライト
  4194304  A  内部構造の一貫性チェック
  8388608  q  静粛 - 現在のところ "EXECUTING" メッセージだけを抑制する
 16777216  M  スマートマッチングの解決をトレース
 33554432  B  BEGIN のような特殊ブロックを含む、suBroutine 定義のダンプ

All these flags require -DDEBUGGING when you compile the Perl executable (but see :opd in Devel::Peek or "'debug' mode" in re which may change this). See the INSTALL file in the Perl source distribution for how to do this. This flag is automatically set if you include -g option when Configure asks you about optimizer/debugger flags.

これらの全てのフラグは Perl 実行ファイルをコンパイルするときに -DDEBUGGING が指定されている必要があります (但しこれを変更するかもしれない Devel::Peek:opd"'debug' mode" in re を参照してください)。 そうするためにどうすればいいかについては Perl のソース配布パッケージの INSTALL ファイルを参照して下さい。 このフラグは Configure が最適化/デバッガフラグを尋ねたときに -g オプション込みで指定すれば自動的にセットされます。

If you're just trying to get a print out of each line of Perl code as it executes, the way that sh -x provides for shell scripts, you can't use Perl's -D switch. Instead do this

シェルスクリプトにおける sh -x のように、単に今実行している Perl の コードを表示したい場合は、Perl の -D スイッチは使えません。 代わりに以下のようにしてください:

  # If you have "env" utility
  env PERLDB_OPTS="NonStop=1 AutoTrace=1 frame=2" perl -dS program

  # Bourne shell syntax
  $ PERLDB_OPTS="NonStop=1 AutoTrace=1 frame=2" perl -dS program

  # csh syntax
  % (setenv PERLDB_OPTS "NonStop=1 AutoTrace=1 frame=2"; perl -dS program)

See perldebug for details and variations.

詳細とバリエーションについては perldebug を参照して下さい。

-e commandline

may be used to enter one line of program. If -e is given, Perl will not look for a filename in the argument list. Multiple -e commands may be given to build up a multi-line script. Make sure to use semicolons where you would in a normal program.

1 行のプログラムを指定するのに使用します。 -e が指定されると Perl は引数のリストからはファイル名を探しません。 複数の -e コマンドで、複数行のスクリプトを構成することができます。 通常のプログラムでセミコロンを置くところには、セミコロンを使うことに 気を付けてください。

-E commandline

behaves just like -e, except that it implicitly enables all optional features (in the main compilation unit). See feature.

-e と同様に振る舞いますが、暗黙に全てのオプション機能を(main コンパイル単位で)有効にします。 feature を参照してください。

-f

Disable executing $Config{sitelib}/sitecustomize.pl at startup.

起動時の $Config{sitelib}/sitecustomize.pl の実行を無効化します。

Perl can be built so that it by default will try to execute $Config{sitelib}/sitecustomize.pl at startup (in a BEGIN block). This is a hook that allows the sysadmin to customize how Perl behaves. It can for instance be used to add entries to the @INC array to make Perl find modules in non-standard locations.

Perl は実行時に (BEGIN ブロックの中で) デフォルトで $Config{sitelib}/sitecustomize.pl を実行しようとさせるように ビルドできます。 これはシステム管理者が、Perl がどのように振る舞うかをカスタマイズするための フックです。 例えば、Perl が非標準の位置にあるモジュールを見つけられるように @INC 配列に エントリを追加するために使えます。

Perl actually inserts the following code:

Perl は実際には以下のコードを挿入します:

    BEGIN {
        do { local $!; -f "$Config{sitelib}/sitecustomize.pl"; }
            && do "$Config{sitelib}/sitecustomize.pl";
    }

Since it is an actual do (not a require), sitecustomize.pl doesn't need to return a true value. The code is run in package main, in its own lexical scope. However, if the script dies, $@ will not be set.

実際には (require ではなく) do なので、sitecustomize.pl は 真の値を返す必要はありません。 このコードは main パッケージで、独自のレキシカルスコープで動作します。 しかし、スクリプトが die すると、$@ は設定されません。

The value of $Config{sitelib} is also determined in C code and not read from Config.pm, which is not loaded.

$Config{sitelib} の値は C コードで決定され、Config.pm は 読み込まれないので、ここの値は使われません。

The code is executed very early. For example, any changes made to @INC will show up in the output of `perl -V`. Of course, END blocks will be likewise executed very late.

コードは とても 早くに実行されます。 例えば、@INC への変更は `perl -V` の出力に表示されます。 もちろん、END ブロックは同様にとても遅くに実行されます。

To determine at runtime if this capability has been compiled in your perl, you can check the value of $Config{usesitecustomize}.

この機能がコンパイルされているかどうかを実行時に決定するために、 $Config{usesitecustomize} の値をチェックできます。

-Fpattern

specifies the pattern to split on if -a is also in effect. The pattern may be surrounded by //, "", or '', otherwise it will be put in single quotes. You can't use literal whitespace in the pattern.

-a も有効なときに、split を行なう正規表現を指定します。 パターンは //, "", '' で囲むか、シングルクォートの中に書きます。 パターン中にリテラルな空白は使えません。

-h

prints a summary of the options.

オプションの一覧を表示します。

-i[extension]

specifies that files processed by the <> construct are to be edited in-place. It does this by renaming the input file, opening the output file by the original name, and selecting that output file as the default for print() statements. The extension, if supplied, is used to modify the name of the old file to make a backup copy, following these rules:

<> の構文で処理されたファイルを置き換えるための拡張子を 指定します。 これは、入力ファイルをリネームし、元の名前で出力ファイルを open し、 print() 文のデフォルトとしてその出力ファイルを select することで行ないます。 extension が指定されると、昔の内容のバックアップを行なう ファイル名の拡張子として、元のファイル名に付け加えられます。

If no extension is supplied, and your system supports it, the original file is kept open without a name while the output is redirected to a new file with the original filename. When perl exits, cleanly or not, the original file is unlinked.

extension が指定されず、システムが対応しているなら、元の file は名前なしで 開いたままになる一方、出力は元の filename の新しいファイルに リダイレクトされます。 クリーンかどうかに関わらず、perl が終了した時点で、元の file は アンリンクされます。

If the extension doesn't contain a *, then it is appended to the end of the current filename as a suffix. If the extension does contain one or more * characters, then each * is replaced with the current filename. In Perl terms, you could think of this as:

extension に * が含まれていない場合、現在のファイル名の末尾に 接尾子として付け加えられます。 extension に一つ以上の * の文字がある場合、 それぞれの * は現在のファイル名で置き換えられます。 Perl 的に書くと、以下のようになります:

    ($backup = $extension) =~ s/\*/$file_name/g;

This allows you to add a prefix to the backup file, instead of (or in addition to) a suffix:

以下のようにすると、(接尾子の代わりに、あるいは接尾子に加えて) バックアップファイルに接頭子をつけることができます。

 $ perl -pi'orig_*' -e 's/bar/baz/' fileA  # backup to
                                           # 'orig_fileA'

Or even to place backup copies of the original files into another directory (provided the directory already exists):

元のファイルのバックアップコピーを(既にある)他のディレクトリに作ることも できます:

 $ perl -pi'old/*.orig' -e 's/bar/baz/' fileA  # backup to
                                               # 'old/fileA.orig'

These sets of one-liners are equivalent:

以下の一行スクリプトは全て等価です:

 $ perl -pi -e 's/bar/baz/' fileA          # overwrite current file
 $ perl -pi'*' -e 's/bar/baz/' fileA       # overwrite current file

 $ perl -pi'.orig' -e 's/bar/baz/' fileA   # backup to 'fileA.orig'
 $ perl -pi'*.orig' -e 's/bar/baz/' fileA  # backup to 'fileA.orig'

From the shell, saying

シェルから以下のように起動すると:

    $ perl -p -i.orig -e "s/foo/bar/; ... "

is the same as using the program:

プログラムで以下のようにするのと同じで:

    #!/usr/bin/perl -pi.orig
    s/foo/bar/;

which is equivalent to

以下とほぼ等価です:

    #!/usr/bin/perl
    $extension = '.orig';
    LINE: while (<>) {
        if ($ARGV ne $oldargv) {
            if ($extension !~ /\*/) {
                $backup = $ARGV . $extension;
            }
            else {
                ($backup = $extension) =~ s/\*/$ARGV/g;
            }
            rename($ARGV, $backup);
            open(ARGVOUT, ">$ARGV");
            select(ARGVOUT);
            $oldargv = $ARGV;
        }
        s/foo/bar/;
    }
    continue {
        print;  # this prints to original filename
    }
    select(STDOUT);

except that the -i form doesn't need to compare $ARGV to $oldargv to know when the filename has changed. It does, however, use ARGVOUT for the selected filehandle. Note that STDOUT is restored as the default output filehandle after the loop.

違うのは、-i の形式が、いつファイル名が変わったかを知るために、 $ARGV と $oldargv を比較する必要がないことです。 しかしながら、選択するファイルハンドルとして ARGVOUT は使用します。 ループのあとは、STDOUT がデフォルトのファイルハンドルとして再設定されます。

As shown above, Perl creates the backup file whether or not any output is actually changed. So this is just a fancy way to copy files:

上述の通り、Perl はバックアップファイルを実際に出力が変更されたかどうかに 関わらず作成します。 従って、以下はファイルをコピーする変わった方法となります:

    $ perl -p -i'/some/file/path/*' -e 1 file1 file2 file3...
or
    $ perl -p -i'.orig' -e 1 file1 file2 file3...

You can use eof without parentheses to locate the end of each input file, in case you want to append to each file, or reset line numbering (see example in "eof" in perlfunc).

個々のファイルの終わりに何かを付け加えたいときや、行番号を リセットしたいような場合に、個々の入力ファイルの終わりを知るために、 括弧の無い eof を使うことができます ("eof" in perlfunc の例を 参照してください)。

If, for a given file, Perl is unable to create the backup file as specified in the extension then it will skip that file and continue on with the next one (if it exists).

与えられたファイルに対して、Perl が指定された拡張子でバックアップファイルを 作れない場合、そのファイルはスキップされて(もしあれば)次のファイルに 移って継続します。

ファイルのパーミッションと -i に関する議論については、 "Why does Perl let me delete read-only files? Why does -i clobber protected files? Isn't this a bug in Perl?" in perlfaq5 を 参照して下さい。

You cannot use -i to create directories or to strip extensions from files.

-i は、ディレクトリを作ったり、ファイルの拡張子を取り除いたりは できません。

Perl does not expand ~ in filenames, which is good, since some folks use it for their backup files:

Perl は ~ を展開しません; これはバックアップファイルを以下のようにして 作る人々のためにはよいことです。

    $ perl -pi~ -e 's/foo/bar/' file1 file2 file3...

Note that because -i renames or deletes the original file before creating a new file of the same name, Unix-style soft and hard links will not be preserved.

-i は同じ名前で新しいファイルを作る前に元のファイルをリネームまたは 削除するので、Unix 形式のソフトリンクやハードリンクは保存されないことに 注意してください。

Finally, the -i switch does not impede execution when no files are given on the command line. In this case, no backup is made (the original file cannot, of course, be determined) and processing proceeds from STDIN to STDOUT as might be expected.

最後に、-i スイッチは、コマンドラインでファイルが指定されなくても 実行を妨げません。 この場合、バックアップファイルは作成されず(もちろん、元のファイルが 決定できません)、予想通り、STDIN から STDOUT に処理が行われます。

-Idirectory

Directories specified by -I are prepended to the search path for modules (@INC).

-I で指定されたディレクトリはモジュールの検索パス(@INC)に 加えられます。

-l[octnum]

enables automatic line-ending processing. It has two separate effects. First, it automatically chomps $/ (the input record separator) when used with -n or -p. Second, it assigns $\ (the output record separator) to have the value of octnum so that any print statements will have that separator added back on. If octnum is omitted, sets $\ to the current value of $/. For instance, to trim lines to 80 columns:

自動の行末処理を行なうようにします。 これには、2 つの独立した機能があります。 1 つには、-n-p を使ったときに、自動的に $/(入力レコード セパレータ)を chomp します。 2 つめに octnum を $\(出力レコードセパレータ) に代入し、print 文で セパレータを追加できるようにします。 octnum を指定しなかった場合には、その時点の $/ の値を$\ に 設定します。 たとえば、行を 80 カラムに切り詰めるには以下のようにします:

    perl -lpe 'substr($_, 80) = ""'

Note that the assignment $\ = $/ is done when the switch is processed, so the input record separator can be different than the output record separator if the -l switch is followed by a -0 switch:

$\ = $/ という代入は、-l スイッチが処理されるときに 実行されるときに行なわれますので、-l スイッチの後に -0 スイッチを置くようにすれば、入力レコードセパレータを、 出力レコードセパレータと違うようにもできます:

    gnufind / -print0 | perl -ln0e 'print "found $_" if -p'

This sets $\ to newline and then sets $/ to the null character.

これはまず、$\ に改行 ($/ のデフォルト値) を設定し、 それから $/ にヌル文字を設定します。

-m[-]module
-M[-]module
-M[-]'module ...'
-[mM][-]module=arg[,arg]...

-mmodule executes use module (); before executing your program.

-mmodule はプログラムの実行前に use module (); を 実行します。

-Mmodule executes use module ; before executing your program. You can use quotes to add extra code after the module name, e.g., '-MMODULE qw(foo bar)'.

-Mmodule はプログラムの実行前に use module ; を実行します。 モジュール名の後ろに追加のコードを加えるためにクォートを使うこともできます; つまり '-MMODULE qw(foo bar)' などです。

If the first character after the -M or -m is a dash (-) then the 'use' is replaced with 'no'.

-M または -m の後の最初の文字がダッシュ(-)の場合、 'use' の代わりに 'no' が使われます。

A little builtin syntactic sugar means you can also say -mMODULE=foo,bar or -MMODULE=foo,bar as a shortcut for '-MMODULE qw(foo bar)'. This avoids the need to use quotes when importing symbols. The actual code generated by -MMODULE=foo,bar is use module split(/,/,q{foo,bar}). Note that the = form removes the distinction between -m and -M.

小さい組み込みのシンタックスシュガーとして、 '-MMODULE qw(foo bar)' の 代わりに -mMODULE=foo,bar または -MMODULE=foo,bar と 書くことができます。 これで、インポートするシンボルにクォートを使わなくてもよいようになります。 -MMODULE=foo,bar で生成される実際のコードは use module split(/,/,q{foo,bar}) です。 = の形は -m-M の間の違いを取り除くことに注意してください。

A consequence of this is that -MMODULE=number never does a version check, unless MODULE::import() itself is set up to do a version check, which could happen for example if MODULE inherits from Exporter.

この結果、例えば MODULEExporter を継承していたりして、 MODULE::import() 自身がバージョンチェックを行うように設定されていない限り -MMODULE=number は決してバージョンチェックは行いません。

-n

causes Perl to assume the following loop around your program, which makes it iterate over filename arguments somewhat like sed -n or awk:

以下のようなループが、実際のプログラムの回りにあるかのように Perl に 指示します; sed -nawk のようにファイル名引数上で繰り返しを 行なうことになります:

  LINE:
    while (<>) {
        ...             # your program goes here
    }

Note that the lines are not printed by default. See "-p" to have lines printed. If a file named by an argument cannot be opened for some reason, Perl warns you about it and moves on to the next file.

デフォルトでは、各行が印字されることはありません。 各行の印字を行なうには "-p" を参照してください。 引数で指定されたファイルがなんらかの理由でオープンできなかった場合、 Perl は警告を出して次のファイルに移ります。

Also note that <> passes command line arguments to "open" in perlfunc, which doesn't necessarily interpret them as file names. See perlop for possible security implications.

また、<> はコマンドライン引数を "open" in perlfunc に渡し、これは ファイル名として解釈する必要はないことに注意してください。 可能性のあるセキュリティの影響については perlop を参照してください。

Here is an efficient way to delete all files that haven't been modified for at least a week:

以下にあげるのは、少なくとも 1 週間以上更新されていないファイルを効率的に 削除するものです:

    find . -mtime +7 -print | perl -nle unlink

This is faster than using the -exec switch of find because you don't have to start a process on every filename found. It does suffer from the bug of mishandling newlines in pathnames, which you can fix if you follow the example under -0.

これは、ファイル名が見つかるごとにプロセスを起動しなくて済みますので、 find-exec スイッチを使うよりも速くなります。 これはパス名に改行コードがあるとうまく扱えないバグの影響を受けますので、 -O の例に従うことで修正できます。

BEGIN and END blocks may be used to capture control before or after the implicit program loop, just as in awk.

awk と同じように、暗黙に実行されるプログラムループの前後に実行される コードを指定するために、BEGIN ブロックと END ブロックを 使うことができます。

-p

causes Perl to assume the following loop around your program, which makes it iterate over filename arguments somewhat like sed:

以下のようなループが、実際のプログラムの回りにあるかのように Perl に 指示します; sed のようにファイル名引数上で繰り返しを行なうことに なります:

  LINE:
    while (<>) {
        ...             # your program goes here
    } continue {
        print or die "-p destination: $!\n";
    }

If a file named by an argument cannot be opened for some reason, Perl warns you about it, and moves on to the next file. Note that the lines are printed automatically. An error occurring during printing is treated as fatal. To suppress printing use the -n switch. A -p overrides a -n switch.

引数で指定されたファイルが何らかの理由でオープンできない場合、 Perl は警告を出し、次のファイルに移ります。 各行は、自動的に印字されることになります。 印字中のエラーは致命的とみなされます。 印字を抑制するには、-n スイッチを使ってください。 -p-n スイッチを無効にします。

BEGIN and END blocks may be used to capture control before or after the implicit loop, just as in awk.

awk と同じように、暗黙に実行されるループの前後に実行されるコードを 指定するために、BEGIN ブロックと END ブロックを使うことができます。

-s

enables rudimentary switch parsing for switches on the command line after the program name but before any filename arguments (or before an argument of --). Any switch found there is removed from @ARGV and sets the corresponding variable in the Perl program. The following program prints "1" if the program is invoked with a -xyz switch, and "abc" if it is invoked with -xyz=abc.

コマンドライン上のプログラム名の後から、ファイル名引数 (または引数 --) の前までのスイッチのための、原始的な解析を 行なえるようにします。 ここで見つかったスイッチは、@ARGV から取り除かれ、対応する Perl プログラムの 変数に設定されます。 以下のプログラムは、-xyz というスイッチを付けて実行された時にだけ、 "1" と表示し、-xyz=abc と起動された時に "abc" と表示します。

    #!/usr/bin/perl -s
    if ($xyz) { print "$xyz\n" }

Do note that a switch like --help creates the variable ${-help}, which is not compliant with use strict "refs". Also, when using this option on a script with warnings enabled you may get a lot of spurious "used only once" warnings.

--help のようなスイッチは変数 ${-help} を作成するので、 use strict "refs" を満たさないことに注意してください。 また、警告を有効にしたスクリプトでこのオプションを使うと、大量の "used only once" という偽警告がでることになります。

-S

makes Perl use the PATH environment variable to search for the program unless the name of the program contains path separators.

プログラム名にパスセパレータを含まないとき、 Perl がプログラムを探すときに環境変数 PATH を参照するようにします。

On some platforms, this also makes Perl append suffixes to the filename while searching for it. For example, on Win32 platforms, the ".bat" and ".cmd" suffixes are appended if a lookup for the original name fails, and if the name does not already end in one of those suffixes. If your Perl was compiled with DEBUGGING turned on, using the -Dp switch to Perl shows how the search progresses.

プラットフォームによっては、Perl はファイルを探すときに拡張子を 追加します。 例えば Win32 プラットフォームでは、元々のファイル名で検索が失敗した場合、 ".bat" と ".cmd" の拡張子が追加されます; 但し既にそのような拡張子が ついていない場合だけです。 Perl が DEBUGGING を有効にしてコンパイルされていた場合、-Dp スイッチを 使うことでどのように検索が行われているかを表示させることができます。

Typically this is used to emulate #! startup on platforms that don't support #!. It's also convenient when debugging a script that uses #!, and is thus normally found by the shell's $PATH search mechanism.

これは、#! をサポートしていないプラットフォームで、#! による実行を エミュレートするために使います。 また、#! を使ったスクリプトで、通常はシェルの $PATH 検索メカニズムで 見つけられるようなスクリプトをデバッグするのにも便利です。

This example works on many platforms that have a shell compatible with Bourne shell:

この例は Bourne shell 互換のシェルを持つ多くのプラットフォームで動きます:

    #!/usr/bin/perl
    eval 'exec /usr/bin/perl -wS $0 ${1+"$@"}'
            if $running_under_some_shell;

The system ignores the first line and feeds the program to /bin/sh, which proceeds to try to execute the Perl program as a shell script. The shell executes the second line as a normal shell command, and thus starts up the Perl interpreter. On some systems $0 doesn't always contain the full pathname, so the -S tells Perl to search for the program if necessary. After Perl locates the program, it parses the lines and ignores them because the variable $running_under_some_shell is never true. If the program will be interpreted by csh, you will need to replace ${1+"$@"} with $*, even though that doesn't understand embedded spaces (and such) in the argument list. To start up sh rather than csh, some systems may have to replace the #! line with a line containing just a colon, which will be politely ignored by Perl. Other systems can't control that, and need a totally devious construct that will work under any of csh, sh, or Perl, such as the following:

システムは、最初の行を無視し、プログラムを /bin/sh に渡し、 /bin/sh は Perl プログラムをシェルプログラムとして実行しようとします。 シェルは 2 行目を通常のシェルコマンドとして実行し、Perl インタプリタを 起動することになります。 $0 にフルパス名が入っているとは限らないシステムもありますので、 -S が Perl に必要に応じてプログラムを探すように指示します。 Perl がプログラムを見つけると、これらの行の解析を始めますが、 $running_under_some_shell が真になることがないため、 無視することになります。 プログラムが csh で解釈される場合には、たとえファイル名内に埋め込まれた スペースなどを扱うことができなくても ${1+"$@"}$* で 置き換える必要があるかもしれません。 csh ではなく、sh を起動するように、いくつかのシステムでは、#! の行を Perl も無視することになっている、コロンだけの行で置き換える必要が あるかもしれません。 そういった制御が効かないシステムでは、csh でも sh でも Perl でも使える、回りくどい方法を使うことが必要です:

        eval '(exit $?0)' && eval 'exec perl -wS $0 ${1+"$@"}'
        & eval 'exec /usr/bin/perl -wS $0 $argv:q'
                if $running_under_some_shell;

If the filename supplied contains directory separators (and so is an absolute or relative pathname), and if that file is not found, platforms that append file extensions will do so and try to look for the file with those extensions added, one by one.

ファイル名にディレクトリセパレータが含まれていた場合 (そしてそれが絶対パスまたは相対パスだった場合)、そしてそのファイルが なかった場合、ファイル拡張子を追加するプラットフォームでは ひとつずつ拡張子を追加して、ファイルを探します。

On DOS-like platforms, if the program does not contain directory separators, it will first be searched for in the current directory before being searched for on the PATH. On Unix platforms, the program will be searched for strictly on the PATH.

DOS 風のプラットフォームでは、プログラムにディレクトリセパレータが 含まれていなかった場合、PATH を探す前に最初にカレントディレクトリを 探します。 Unix プラットフォームでは、プログラムは厳密に PATH からのみ探されます。

-t

Like -T, but taint checks will issue warnings rather than fatal errors. These warnings can now be controlled normally with no warnings qw(taint).

-T と同様ですが、汚染チェックは致命的エラーではなく警告を発生させます。 この警告は通常通り no warnings qw(taint) で制御できます。

Note: This is not a substitute for -T! This is meant to be used only as a temporary development aid while securing legacy code: for real production code and for new secure code written from scratch, always use the real -T.

注意: これは -T の代用品ではありません! これは昔のコードを安全にするのを助けるために一時的に使用されるため だけの ものです: 本当の製品版コードと最初から書く安全なコードのためには常に本当の -T を使ってください。

-T

turns on "taint" so you can test them. Ordinarily these checks are done only when running setuid or setgid. It's a good idea to turn them on explicitly for programs that run on behalf of someone else whom you might not necessarily trust, such as CGI programs or any internet servers you might write in Perl. See perlsec for details. For security reasons, this option must be seen by Perl quite early; usually this means it must appear early on the command line or in the #! line for systems which support that construct.

「汚染」チェックをオンにして、テストできるようにします。 通常、このチェックは setuid や setgid のスクリプトを実行するときにだけ、 行なわれます。 CGI プログラムやインターネットサーバーを Perl で書くときのように、 信用できるとは限らない人が動かすようなプログラムではこれを明示的に 有効にするのはいい考えです。 詳細については perlsec を参照してください。 セキュリティ上の理由から、このオプションは Perl にかなり早く 渡さなければなりません; これは通常コマンドラインの最初の方につけるか、 #! 構造に対応するシステムではここに書くかです。

-u

This switch causes Perl to dump core after compiling your program. You can then in theory take this core dump and turn it into an executable file by using the undump program (not supplied). This speeds startup at the expense of some disk space (which you can minimize by stripping the executable). (Still, a "hello world" executable comes out to about 200K on my machine.) If you want to execute a portion of your program before dumping, use the dump() operator instead. Note: availability of undump is platform specific and may not be available for a specific port of Perl.

このスイッチはプログラムのコンパイル後、コアダンプを 行なうようにします。 理論的には、このコアダンプを持ってきて(Perl の配布では提供されていませんが) undump プログラムを使って、実行ファイルに変換することができます。 これは多少ディスク容量を食いますが (実行ファイルを sprit することで 少しは減ります)、実行開始を速くすることができます。 (減らしても、"hello world" の実行ファイルは、私のマシンで 200K 程に なります。) ダンプする前に部分的にプログラムを実行しておきたい場合には、 このスイッチの代わりに dump() 演算子を使ってください。 注意: undump が実行できるのは特定の環境下ですし、 これが使えない移植バージョンの Perl もあるでしょう。

-U

allows Perl to do unsafe operations. Currently the only "unsafe" operations are attempting to unlink directories while running as superuser and running setuid programs with fatal taint checks turned into warnings. Note that warnings must be enabled along with this option to actually generate the taint-check warnings.

Perl に安全でない操作を許可します。 現在のところ唯一の「安全でない」操作はスーパーユーザとして実行されている ときにディレクトリを削除しようとすることと、致命的な汚染チェックを 警告に変更して setuid プログラムを実行することです。 このオプションは実際に汚染チェック警告が 生成される ときに 有効でなければならないことに注意してください。

-v

prints the version and patchlevel of your perl executable.

Perl 実行ファイルのバージョンとパッチレベルを表示します。

-V

prints summary of the major perl configuration values and the current values of @INC.

Perl の主な設定値と @INC の現在の値を表示します。

-V:configvar

Prints to STDOUT the value of the named configuration variable(s), with multiples when your configvar argument looks like a regex (has non-letters). For example:

指定された設定変数の値を STDOUT に表示します; configvar 引数が正規表現のように見えるもの(英字以外を含んでいる)の 場合は複数表示します。 例えば:

    $ perl -V:libc
        libc='/lib/libc-2.2.4.so';
    $ perl -V:lib.
        libs='-lnsl -lgdbm -ldb -ldl -lm -lcrypt -lutil -lc';
        libc='/lib/libc-2.2.4.so';
    $ perl -V:lib.*
        libpth='/usr/local/lib /lib /usr/lib';
        libs='-lnsl -lgdbm -ldb -ldl -lm -lcrypt -lutil -lc';
        lib_ext='.a';
        libc='/lib/libc-2.2.4.so';
        libperl='libperl.a';
        ....

Additionally, extra colons can be used to control formatting. A trailing colon suppresses the linefeed and terminator ";", allowing you to embed queries into shell commands. (mnemonic: PATH separator ":".)

さらに、追加のコロンはフォーマットの制御に使います。 末尾のコロンは改行と終端子 ";" を抑制し、シェルコマンド中にクエリを 組み込めるようにします。 (記憶法: PATH セパレータ ":"。)

    $ echo "compression-vars: " `perl -V:z.*: ` " are here !"
    compression-vars:  zcat='' zip='zip'  are here !

A leading colon removes the "name=" part of the response, this allows you to map to the name you need. (mnemonic: empty label)

先頭のコロンはレスポンスの "name=" の部分を削除し、必要な名前に マッピングできるようにします。 (記憶法: 空ラベル)

    $ echo "goodvfork="`./perl -Ilib -V::usevfork`
    goodvfork=false;

Leading and trailing colons can be used together if you need positional parameter values without the names. Note that in the case below, the PERL_API params are returned in alphabetical order.

もし位置パラメータの値を名前なしで必要なら、先頭のコロンと末尾のコロンを 両方使えます。 以下の場合、PERL_API パラメータはアルファベット順に返されることに 注意してください。

    $ echo building_on `perl -V::osname: -V::PERL_API_.*:` now
    building_on 'linux' '5' '1' '9' now
-w

prints warnings about dubious constructs, such as variable names mentioned only once and scalar variables used before being set; redefined subroutines; references to undefined filehandles; filehandles opened read-only that you are attempting to write on; values used as a number that don't look like numbers; using an array as though it were a scalar; if your subroutines recurse more than 100 deep; and innumerable other things.

1 度しか使われない変数名、設定される前に使われている変数、サブルーチンの 再定義、未定義のファイルハンドルの参照や、読み込み専用でオープンした ファイルハンドルへの書き込み、数値に 見えない 値を数値として使った場合、 配列をスカラであるかのように使った場合、100 段階以上のサブルーティンの再帰、 その他たくさんの疑わしい事に警告を出します。

This switch really just enables the global $^W variable; normally, the lexically scoped use warnings pragma is preferred. You can disable or promote into fatal errors specific warnings using __WARN__ hooks, as described in perlvar and "warn" in perlfunc. See also perldiag and perltrap. A fine-grained warning facility is also available if you want to manipulate entire classes of warnings; see warnings or perllexwarn.

このスイッチは実際にはグローバルな $^W 変数を有効にするだけです; 普通は、レキシカルスコープの use warnings プラグマが推奨されます。 __WARN__ フックを使って特定の警告を無効にしたり致命的エラーにしたり できます; これについては perlvar"warn" in perlfunc を参照して下さい。 perldiagperltrap も参照して下さい。 もし警告のクラス全体を操作したいなら、粒度の細かい警告機能もあります; warningsperllexwarn を参照して下さい。

-W

Enables all warnings regardless of no warnings or $^W. See perllexwarn.

no warnings$^W の設定に関わらず全ての警告を有効にします。 perllexwarn を参照して下さい。

-X

Disables all warnings regardless of use warnings or $^W. See perllexwarn.

use warnings$^W の設定に関わらず全ての警告を無効にします。 perllexwarn を参照して下さい。

-x
-xdirectory

tells Perl that the program is embedded in a larger chunk of unrelated text, such as in a mail message. Leading garbage will be discarded until the first line that starts with #! and contains the string "perl". Any meaningful switches on that line will be applied.

メールのような大きな無関係のテキストのかたまりの中にプログラムが 埋め込まれている事を Perl に伝えます。 最初の #! で始まり、"perl" という文字列を含む行までの、先行するゴミは 捨てられます。 その行にある意味を持つスイッチは適用されます。

All references to line numbers by the program (warnings, errors, ...) will treat the #! line as the first line. Thus a warning on the 2nd line of the program, which is on the 100th line in the file will be reported as line 2, not as line 100. This can be overridden by using the #line directive. (See "Plain Old Comments (Not!)" in perlsyn)

プログラムによる行番号への全ての参照 (警告、エラー…) は #! 行を 最初の行として扱います。 従って、プログラムの 2 番目の行 (ファイルとしては 100 行目) での警告は 100 行目ではなく 2 行目として報告されます。 これは #line 指示子を使って上書きできます。 ("Plain Old Comments (Not!)" in perlsyn を参照してください)

If a directory name is specified, Perl will switch to that directory before running the program. The -x switch controls only the disposal of leading garbage. The program must be terminated with __END__ if there is trailing garbage to be ignored; the program can process any or all of the trailing garbage via the DATA filehandle if desired.

ディレクトリ名が指定されると、Perl はプログラムの実行前にそのディレクトリに 変更します。 -x オプションは前に付いているごみを捨てることのみを制御します。 もし後ろに無視する必要のあるごみが付いているなら、プログラムは __END__ で 終了していなければなりません; もし望むなら、DATA ファイルハンドル経由で 後ろに付いているごみの一部または全てをプログラムで処理できます。

The directory, if specified, must appear immediately following the -x with no intervening whitespace.

ディレクトリが指定される場合は、これは -x の直後、空白なしに 引き続かなければなりません。

環境変数

HOME

Used if chdir has no argument.

chdir の引数がないときに使われます。

LOGDIR

Used if chdir has no argument and HOME is not set.

chdir の引数がなく、HOME がセットされていないときに使われます。

PATH

Used in executing subprocesses, and in finding the program if -S is used.

サブプロセスを実行するときと、-S が指定されたときにプログラムを 探すのに使われます。

PERL5LIB

A list of directories in which to look for Perl library files before looking in the standard library and the current directory. Any architecture-specific and version-specific directories, such as version/archname/, version/, or archname/ under the specified locations are automatically included if they exist, with this lookup done at interpreter startup time. In addition, any directories matching the entries in $Config{inc_version_list} are added. (These typically would be for older compatible perl versions installed in the same directory tree.)

Perl のライブラリファイルを探すときに標準ライブラリディレクトリと カレントディレクトリを探す前に探すディレクトリのリストです。 特定の場所における version/archname/, version/, archname/ のような アーキテクチャ依存とバージョン依存のディレクトリは、もしあれば自動的に 追加されます; この検索はインタプリタ起動時に行われます。 さらに、$Config{inc_version_list} のエントリにマッチングするディレクトリが 追加されます。 (これらは典型的には同じディレクトリツリーにより古い互換性のある perl が インストールされている場合のためのものです)。

If PERL5LIB is not defined, PERLLIB is used. Directories are separated (like in PATH) by a colon on Unixish platforms and by a semicolon on Windows (the proper path separator being given by the command perl -V:path_sep).

PERL5LIB が定義されていなければ、PERLLIB が使われます。 ディレクトリは(PATH と同様に)Unix 風のプラットフォームではコロンで区切られ、 Windows ではセミコロンで区切られます(適切なパス区切り文字は perl -V:path_sep コマンドでわかります)。

When running taint checks, either because the program was running setuid or setgid, or the -T or -t switch was specified, neither PERL5LIB nor PERLLIB is consulted. The program should instead say:

プログラムが setuid または setgid で実行されているか、-T-t の スイッチが指定されて、汚染チェック付きで動作している場合、PERL5LIB も PERLLIB も使われません。 代わりにプログラム中で以下のようにするべきです:

    use lib "/my/directory";
PERL5OPT

Command-line options (switches). Switches in this variable are treated as if they were on every Perl command line. Only the -[CDIMUdmtwW] switches are allowed. When running taint checks (either because the program was running setuid or setgid, or because the -T or -t switch was used), this variable is ignored. If PERL5OPT begins with -T, tainting will be enabled and subsequent options ignored. If PERL5OPT begins with -t, tainting will be enabled, a writable dot removed from @INC, and subsequent options honored.

コマンドラインオプション(スイッチ)です。 この変数のスイッチは全ての Perl コマンドラインで指定されたかのように 扱われます。 -[CDIMUdmtwW] オプションのみが有効です。 (プログラムが setuid または setgid で実行されているか、-T または -t スイッチが指定されて)汚染チェック付きで動作している場合、この変数は 無視されます。 PERL5OPT が -T で始まっている場合、汚染チェックが有効となり、引き続く オプションは無視されます。 PERL5OPT が -t で始まっている場合、汚染チェックが有効となり、 書き込み可能なドットは @INC から削除され、引き続くオプションも有効に なります。

PERLIO

A space (or colon) separated list of PerlIO layers. If perl is built to use PerlIO system for IO (the default) these layers affect Perl's IO.

空白(またはコロン)で区切られた PerlIO 層のリストです。 perl が IO に PerlIO システムを使うようにコンパイルされている場合 (これがデフォルトです)、これらの層が perl の IO に影響を与えます。

It is conventional to start layer names with a colon (for example, :perlio) to emphasize their similarity to variable "attributes". But the code that parses layer specification strings, which is also used to decode the PERLIO environment variable, treats the colon as a separator.

層名をコロンで始める (例えば :perlio) のは、変数の「属性」との 類似性を強調するための慣習です。 しかし層指定文字列をパースするコード(PERLIO 環境変数をデコードするためにも 使われます)は、コロンを区切りとして使います。

An unset or empty PERLIO is equivalent to the default set of layers for your platform; for example, :unix:perlio on Unix-like systems and :unix:crlf on Windows and other DOS-like systems.

PERLIO をセットしない、または空文字列をセットすると、プラットフォームの デフォルトの層の組み合わせと等価です; 例えば、Unix 風のシステムでは :unix:perlio で、Windows やその他の DOS 風のシステムは :unix:crlf です。

The list becomes the default for all Perl's IO. Consequently only built-in layers can appear in this list, as external layers (such as :encoding()) need IO in order to load them! See "open pragma" for how to add external encodings as defaults.

このリストは 全ての Perl の IO のデフォルトとなります。 従って組み込みの層のみがこのリストに記述可能です; なぜなら (:encoding() のような)外部読み込みの層はロードするために IO が必要だからです。 デフォルトとして外部エンコーディングを追加する方法については "open pragma" を参照してください。

Layers it makes sense to include in the PERLIO environment variable are briefly summarized below. For more details see PerlIO.

PERLIO 環境変数に加えることが妥当な層の簡単な一覧を以下に示します。 詳細については PerlIO を参照してください。

:bytes

A pseudolayer that turns the :utf8 flag off for the layer below; unlikely to be useful on its own in the global PERLIO environment variable. You perhaps were thinking of :crlf:bytes or :perlio:bytes.

以下に示す :utf8 フラグを 無効にする ための擬似層です; グローバルな PERLIO 環境変数にこれを含めるのが有用な場合は ありそうもないです。 おそらく :crlf:bytes:perlio:bytes のことを考えているのでしょう。

:crlf

A layer which does CRLF to "\n" translation distinguishing "text" and "binary" files in the manner of MS-DOS and similar operating systems. (It currently does not mimic MS-DOS as far as treating of Control-Z as being an end-of-file marker.)

"テキスト"と"バイナリ"ファイルを識別する CRLF から "\n" への変換を MS-DOS 及び似たようなオペレーティングシステムの方式で行う層です。 (現在のところ Control-Z をファイルの終わりと見なすところまで MS-DOS を まねてはいません。)

:mmap

A layer that implements "reading" of files by using mmap(2) to make an entire file appear in the process's address space, and then using that as PerlIO's "buffer".

ファイルの"読み込み"に mmap() を使ってファイル全体をプロセスの アドレス空間に割り当て、それを PerlIO の"バッファ"として使うための層です。

:perlio

This is a re-implementation of stdio-like buffering written as a PerlIO layer. As such it will call whatever layer is below it for its operations, typically :unix.

これは stdio 風のバッファリングを PerlIO 層として再実装したものです。 従ってどのような層からも操作時に呼び出されます(典型的には :unix)。

:pop

An experimental pseudolayer that removes the topmost layer. Use with the same care as is reserved for nitroglycerine.

先頭の層を除去するための実験的な擬似層です。 ニトログリセリンに対するのと同様の慎重さを持って使ってください。

:raw

A pseudolayer that manipulates other layers. Applying the :raw layer is equivalent to calling binmode($fh). It makes the stream pass each byte as-is without translation. In particular, both CRLF translation and intuiting :utf8 from the locale are disabled.

他の層を操作するための擬似層です。 :raw 層を適用することは binmode($fh) を呼び出すのと等価です。 これはストリームの各バイトを何の変換もなしに通過させます。 特に CRLF 変換やロケールからの :utf8 が無効になります。

Unlike in earlier versions of Perl, :raw is not just the inverse of :crlf: other layers which would affect the binary nature of the stream are also removed or disabled.

昔のバージョンの Perl と異なり、:raw:crlf の逆 ではありません: ストリームのバイナリの性質に影響を与える その他の層も除去されるか無効になります。

:stdio

This layer provides a PerlIO interface by wrapping system's ANSI C "stdio" library calls. The layer provides both buffering and IO. Note that the :stdio layer does not do CRLF translation even if that is the platform's normal behaviour. You will need a :crlf layer above it to do that.

この層はシステムの ANSI C "stdio" ライブラリコールをラップした PerlIO インターフェースを提供します。 この層はバッファリングと IO の両方を提供します。 :stdio 層は CRLF 変換を 行わない ことに注意してください; たとえそれが プラットフォームの通常の振る舞いであっても、です。 これを行うためには :crlf 層が必要です。

:unix

Low-level layer that calls read, write, lseek, etc.

read, write, lseek などを呼び出す低レベル層です。

:utf8

A pseudolayer that enables a flag in the layer below to tell Perl that output should be in utf8 and that input should be regarded as already in valid utf8 form. WARNING: It does not check for validity and as such should be handled with extreme caution for input, because security violations can occur with non-shortest UTF-8 encodings, etc. Generally :encoding(utf8) is the best option when reading UTF-8 encoded data.

出力が utf8 で、入力は既に妥当な utf8 の形になっていると下位の層に伝える フラグを有効にする擬似層です。 警告: 妥当性についてはチェックされないので、入力については非常に注意して 扱うべきです; 最短でない UTF-8 エンコーディングなどはセキュリティ侵害を 引き起こすかもしれないからです。 一般的に、UTF-8 でエンコードされたデータを読むときには :encoding(utf8) が 最善の選択肢です。

:win32

On Win32 platforms this experimental layer uses native "handle" IO rather than a Unix-like numeric file descriptor layer. Known to be buggy in this release (5.14).

Win32 プラットフォームにおいて、この 実験的 層は Unix 風の数値の ファイル記述子層の代わりにネイティブな "ハンドル" IO を使用します。 このリリースではバグっぽいことがわかっています (5.14)。

The default set of layers should give acceptable results on all platforms

全てのプラットフォームでデフォルトの層の組み合わせは納得できる結果に なっているはずです。

For Unix platforms that will be the equivalent of "unix perlio" or "stdio". Configure is set up to prefer the "stdio" implementation if the system's library provides for fast access to the buffer; otherwise, it uses the "unix perlio" implementation.

Unix プラットフォームではこれは "unix perlio" または "stdio" と等価です。 Configure スクリプトはシステムのライブラリがバッファへの高速アクセス方法を 提供する場合は "stdio" 実装を使うよう設定します; そうでなければ "unix perlio" 実装を使います。

On Win32 the default in this release (5.14) is "unix crlf". Win32's "stdio" has a number of bugs/mis-features for Perl IO which are somewhat depending on the version and vendor of the C compiler. Using our own crlf layer as the buffer avoids those issues and makes things more uniform. The crlf layer provides CRLF conversion as well as buffering.

このリリース (5.14) では Win32 でのデフォルトは"unix crlf"です。 Win32 の"stdio" は perl IO にとって、C コンパイラのベンダー/バージョン依存の 大量のバグ/仕様漏れがあります。 バッファとして自身の crlf 層を使うことでこれらの問題を回避し、 物事をより一貫したものにします。 crlf 層はバッファリング時に CRLF の変換を行います。

This release (5.14) uses unix as the bottom layer on Win32, and so still uses the C compiler's numeric file descriptor routines. There is an experimental native win32 layer, which is expected to be enhanced and should eventually become the default under Win32.

このリリース (5.14) では Win32 での基底層として unix を使うことで、未だに C コンパイラの数値のファイル記述子ルーチンを使います。 拡張を予定されている実験的なネイティブの win32 層があり、最終的には これが Win32 でのデフォルトとなる予定です。

The PERLIO environment variable is completely ignored when Perl is run in taint mode.

PERLIO 環境変数は、Perl が汚染モードで実行されるときには完全に無視されます。

PERLIO_DEBUG

If set to the name of a file or device, certain operations of PerlIO subsystem will be logged to that file, which is opened in append mode. Typical uses are in Unix:

ファイルまたはデバイスの名前をセットすると、PerlIO サブシステムのいくつかの 操作がそのファイルに追記モードで記録されます。 Unix での典型的な使い方は以下の通りです:

   % env PERLIO_DEBUG=/dev/tty perl script ...

and under Win32, the approximately equivalent:

Win32 では以下がほぼ等価です:

   > set PERLIO_DEBUG=CON
   perl script ...

This functionality is disabled for setuid scripts and for scripts run with -T.

この機能は、setuid されたスクリプトや -T で実行されているスクリプトでは 無効になります。

PERLLIB

A list of directories in which to look for Perl library files before looking in the standard library and the current directory. If PERL5LIB is defined, PERLLIB is not used.

Perl ライブラリを探すのに標準ライブラリとカレントディレクトリの前に 検索するディレクトリのリストです。 PERL5LIB が定義されていると、PERLLIB は使われません。

The PERLLIB environment variable is completely ignored when Perl is run in taint mode.

PERLLIB 環境変数は、Perl が汚染モードで実行されるときには完全に 無視されます。

PERL5DB

The command used to load the debugger code. The default is:

デバッガコードを読み込むのに使われるコマンドです。 デフォルトは以下の通り:

        BEGIN { require "perl5db.pl" }

The PERL5DB environment variable is only used when Perl is started with a bare -d switch.

PERL5DB 環境変数は Perl が裸の -d スイッチで開始されたときにのみ 使われます。

PERL5DB_THREADED

If set to a true value, indicates to the debugger that the code being debugged uses threads.

真の値にセットされると、デバッグするコードがスレッドを使うことをデバッガに 示します。

PERL5SHELL (specific to the Win32 port)

On Win32 ports only, may be set to an alternative shell that Perl must use internally for executing "backtick" commands or system(). Default is cmd.exe /x/d/c on WindowsNT and command.com /c on Windows95. The value is considered space-separated. Precede any character that needs to be protected, like a space or backslash, with another backslash.

Win32 版だけのもので、 "バッククォート" コマンドや system() を実行するために Perl が内部的に 使わなければならない代替シェルを指定します。 デフォルトは WindowsNT では cmd.exe /x/d/c、Windows95 では command.com /c です。 値はスペース区切りと考えられます。 空白やバックスラッシュのような、保護する必要がある文字の前には バックスラッシュがつけられます。

Note that Perl doesn't use COMSPEC for this purpose because COMSPEC has a high degree of variability among users, leading to portability concerns. Besides, Perl can use a shell that may not be fit for interactive use, and setting COMSPEC to such a shell may interfere with the proper functioning of other programs (which usually look in COMSPEC to find a shell fit for interactive use).

COMSPEC の値はユーザーによってかなり様々で、移植性の問題を引き起こすので、 Perl はこの目的に COMSPEC は使わないことに注意してください。 さらに、Perl は対話的な用途には向かないシェルも利用できますが、 COMSPEC にそのようなシェルを指定すると他のプログラム (普通は対話的な用途に適したシェルを探すのに COMSPEC を使います)の適切な 利用を邪魔するかもしれません。

Before Perl 5.10.0 and 5.8.8, PERL5SHELL was not taint checked when running external commands. It is recommended that you explicitly set (or delete) $ENV{PERL5SHELL} when running in taint mode under Windows.

Perl 5.10.0 と 5.8.8 以前では、PERL5SHELL は外部コマンドを実行するときに 汚染チェックされませんでした。 Windows 上で汚染モードで実行するときには、明示的に $ENV{PERL5SHELL} を 設定(または削除)することを勧めます。

PERL_ALLOW_NON_IFS_LSP (specific to the Win32 port)

Set to 1 to allow the use of non-IFS compatible LSPs (Layered Service Providers). Perl normally searches for an IFS-compatible LSP because this is required for its emulation of Windows sockets as real filehandles. However, this may cause problems if you have a firewall such as McAfee Guardian, which requires that all applications use its LSP but which is not IFS-compatible, because clearly Perl will normally avoid using such an LSP.

1 にセットすると、IFS 非互換の LSP (Layered Service Providers) を 使えるようにします。 Perl は普通 IFS 互換の LSP を探します; Windows のソケットを本当の ファイルハンドルとしてエミュレートするために必要だからです。 しかし、これは全てのアプリケーションが IFS 非互換の自身の LSP を使うことを 求める McAfee Guardian のようなファイアウォールでは問題が起きます; 明らかに、Perl は普通そのような LSP を使うことを避けるからです。

Setting this environment variable to 1 means that Perl will simply use the first suitable LSP enumerated in the catalog, which keeps McAfee Guardian happy--and in that particular case Perl still works too because McAfee Guardian's LSP actually plays other games which allow applications requiring IFS compatibility to work.

この環境変数を 1 にセットすることで、 Perl は単にカタログに挙げられている もののうち最初の適切な LSP を使用し、これにより McAfee Guardian は 幸せなままです--そしてこの特定の場合においては、McAfee Guardian の LSP は 実際には動作するために IFS 互換である必要があるアプリケーションのために 小細工をしているので、 Perl も正しく動きます。

PERL_DEBUG_MSTATS

Relevant only if Perl is compiled with the malloc included with the Perl distribution; that is, if perl -V:d_mymalloc is "define".

Perl が Perl 配布パッケージに含まれる malloc ルーチンを使って コンパイルされている場合にのみ有効です; つまり perl -V:d_mymalloc が "define" の場合です。

If set, this dumps out memory statistics after execution. If set to an integer greater than one, also dumps out memory statistics after compilation.

設定されると、実行後にメモリ状況が表示されます。 1 を超える数値が設定されると、コンパイル後にもメモリ状況を表示します。

PERL_DESTRUCT_LEVEL

Relevant only if your Perl executable was built with -DDEBUGGING, this controls the behaviour of global destruction of objects and other references. See "PERL_DESTRUCT_LEVEL" in perlhacktips for more information.

Perl の実行ファイルが -DDEBUGGING 付きで構築された場合にのみ有効です; このオプションはオブジェクトやその他のリファレンスのグローバルな デストラクタの振る舞いを制御します。 さらなる情報については "PERL_DESTRUCT_LEVEL" in perlhack を参照してください。

PERL_DL_NONLAZY

Set to "1" to have Perl resolve all undefined symbols when it loads a dynamic library. The default behaviour is to resolve symbols when they are used. Setting this variable is useful during testing of extensions, as it ensures that you get an error on misspelled function names even if the test suite doesn't call them.

1 にセットすると、 Perl は 全ての 未定義シンボルをダイナミック ライブラリをロードしたときに解決します。 デフォルトの振る舞いは使われるときにシンボルを解決します。 この変数を設定することで、拡張機能のテスト時にたとえテストスイートが 呼び出さなくても関数名のスペルミスによるエラーを確実に受け取ることが できるので便利です。

PERL_ENCODING

If using the use encoding pragma without an explicit encoding name, the PERL_ENCODING environment variable is consulted for an encoding name.

use encoding プラグマを明示的なエンコーディング名を指定せずに使用した場合、 PERL_ENCODING 環境変数がエンコーディング名として使われます。

PERL_HASH_SEED

(Since Perl 5.8.1, new semantics in Perl 5.18.0) Used to override the randomization of Perl's internal hash function. The value is expressed in hexadecimal, and may include a leading 0x. Truncated patterns are treated as though they are suffixed with sufficient 0's as required.

(Perl 5.8.1 から; 新しい意味論は Perl 5.18.0 から) Perl の内部ハッシュ関数のランダム化をオーバーライドするために使います。 値は 16 進数で表現され、先頭の 0x を含んでいてもかまいません。 切りつめられたパターンは、必要な分の 0 が前置されているものとして扱われます。

If the option is provided, and PERL_PERTURB_KEYS is NOT set, then a value of '0' implies PERL_PERTURB_KEYS=0 and any other value implies PERL_PERTURB_KEYS=2.

オプションが指定されて、PERL_PERTURB_KEYS が設定されていないと、 値 '0' は PERL_PERTURB_KEYS=0 として扱い、その他の値は PERL_PERTURB_KEYS=2 として扱います。

PLEASE NOTE: The hash seed is sensitive information. Hashes are randomized to protect against local and remote attacks against Perl code. By manually setting a seed, this protection may be partially or completely lost.

ハッシュの種は微妙な問題であることに注意してください。 ハッシュは Perl コードに対するローカル・リモート攻撃から守るために ランダム化されます。 手動で種を設定することによりこの守りは部分的に、あるいは完全に失われます。

さらなる情報については "Algorithmic Complexity Attacks" in perlsec, "PERL_PERTURB_KEYS", "PERL_HASH_SEED_DEBUG" を参照してください。

PERL_PERTURB_KEYS

(Since Perl 5.18.0) Set to "0" or "NO" then traversing keys will be repeatable from run to run for the same PERL_HASH_SEED. Insertion into a hash will not change the order, except to provide for more space in the hash. When combined with setting PERL_HASH_SEED this mode is as close to pre 5.18 behavior as you can get.

(Perl 5.18.0 から) "0" または "NO" を設定すると、同じ PERL_HASH_SEED でのキーの探索順序は毎回同じになります。 ハッシュへの挿入は、ハッシュの容量が増える場合を除き、順序を変更しません。 PERL_HASH_SEED を設定することと組み合わせると、可能な限り 5.18 より前の 振る舞いに近づきます。

When set to "1" or "RANDOM" then traversing keys will be randomized. Every time a hash is inserted into the key order will change in a random fashion. The order may not be repeatable in a following program run even if the PERL_HASH_SEED has been specified. This is the default mode for perl.

"1" または "RANDOM" を設定すると、キーの探索はランダム化されます。 ハッシュにキーが挿入される毎に、順序はランダムに変わります。 順序は、PERL_HASH_SEED が指定されていても、プログラムを再び実行したときに 再現できません。 これは perl のデフォルトのモードです。

When set to "2" or "DETERMINISTIC" then inserting keys into a hash will cause the key order to change, but in a way that is repeatable from program run to program run.

"2" または "DETERMINISTIC" に設定すると、ハッシュへのキーの挿入によって キーの順序が変わりますが、プログラムを再び実行したときには再現可能です。

NOTE: Use of this option is considered insecure, and is intended only for debugging non-deterministic behavior in Perl's hash function. Do not use it in production.

注意: このオプションはセキュアではないと考えられていて、Perl のハッシュ関数の 非決定的な振る舞いのデバッグ専用であることを意図しています。 製品で使わないでください。

See "Algorithmic Complexity Attacks" in perlsec and "PERL_HASH_SEED" and "PERL_HASH_SEED_DEBUG" for more information. You can get and set the key traversal mask for a specific hash by using the hash_traversal_mask() function from Hash::Util.

さらなる情報については "Algorithmic Complexity Attacks" in perlsec, "PERL_HASH_SEED", "PERL_HASH_SEED_DEBUG" を参照してください。 Hash::Util にある hash_traversal_mask() を使うことで、特定のハッシュに 対するキー探索マスクを取得および設定できます。

PERL_HASH_SEED_DEBUG

(Since Perl 5.8.1.) Set to "1" to display (to STDERR) information about the hash function, seed, and what type of key traversal randomization is in effect at the beginning of execution. This, combined with "PERL_HASH_SEED" and "PERL_PERTURB_KEYS" is intended to aid in debugging nondeterministic behaviour caused by hash randomization.

(Perl 5.8.1 から。) これを "1" に設定すると、実行開始時にハッシュ関数、種、どの種類のキー横断 ランダム化が有効かに関する情報を画面(STDERR)に出力します。 これは "PERL_HASH_SEED" および "PERL_PERTURB_KEYS" と組み合わせることで ハッシュのランダム化による非決定的な振る舞いのデバッグを助けることを 目的としています。

Note that any information about the hash function, especially the hash seed is sensitive information: by knowing it, one can craft a denial-of-service attack against Perl code, even remotely; see "Algorithmic Complexity Attacks" in perlsec for more information. Do not disclose the hash seed to people who don't need to know it. See also hash_seed() and key_traversal_mask() in Hash::Util.

ハッシュ関数に関する情報、特にハッシュの種は 微妙な問題 であることに 注意してください: これを知ることで、リモートからでも Perl のコードに対して サービス拒否攻撃を仕掛けることが出来ます; さらなる情報については "Algorithmic Complexity Attacks" in perlsec を参照してください。 知る必要のない人々に対して ハッシュの種を公開しないでくださいHash::Utilhash_seed()key_traversal_mask() も 参照してください。

An example output might be:

出力の例は以下のようなものです:

    HASH_FUNCTION = ONE_AT_A_TIME_HARD HASH_SEED = 0x652e9b9349a7a032 PERTURB_KEYS = 1 (RANDOM)
PERL_MEM_LOG

If your Perl was configured with -Accflags=-DPERL_MEM_LOG, setting the environment variable PERL_MEM_LOG enables logging debug messages. The value has the form <number>[m][s][t], where number is the file descriptor number you want to write to (2 is default), and the combination of letters specifies that you want information about (m)emory and/or (s)v, optionally with (t)imestamps. For example, PERL_MEM_LOG=1mst logs all information to stdout. You can write to other opened file descriptors in a variety of ways:

Perl が -Accflags=-DPERL_MEM_LOG で設定されていると、環境変数 PERL_MEM_LOG を設定することでデバッグメッセージのログ出力を有効にします。 値は <number>[m][s][t] の形式で、number は書き込みたい ファイル記述子番号 (デフォルトは 2)、文字の組み合わせはメモリ (m) と SV(s) で、 オプションとしてタイプスタンプ (t) です。 例えば、PERL_MEM_LOG=1mst は全てのログ情報を標準出力に出力します。 応用として、開いている他のファイル記述子に書き込むこともできます:

  $ 3>foo3 PERL_MEM_LOG=3m perl ...
PERL_ROOT (specific to the VMS port)

A translation-concealed rooted logical name that contains Perl and the logical device for the @INC path on VMS only. Other logical names that affect Perl on VMS include PERLSHR, PERL_ENV_TABLES, and SYS$TIMEZONE_DIFFERENTIAL, but are optional and discussed further in perlvms and in README.vms in the Perl source distribution.

Perl と VMS 専用の @INC のための論理デバイスを含む、 変換が隠されたルートとなる論理名です。 VMS の Perl に影響を与えるその他の論理名としては PERLSHR, PERL_ENV_TABLES, SYS$TIMEZONE_DIFFERENTIAL がありますが、これらはオプションです; 詳細については Perl ソース配布パッケージの perlvmsREADME.vms で 議論されています。

PERL_SIGNALS

Available in Perls 5.8.1 and later. If set to "unsafe", the pre-Perl-5.8.0 signal behaviour (which is immediate but unsafe) is restored. If set to safe, then safe (but deferred) signals are used. See "Deferred Signals (Safe Signals)" in perlipc.

Perl 5.8.1 以降で有効です。 これに unsafe をセットすると、Perl 5.8.0 以前のシグナルの振る舞い (直接的ですが安全ではありません)が復元されます。 safe をセットすると安全な(しかし遅延する)シグナルが使われます。 "Deferred Signals (Safe Signals)" in perlipc を参照してください。

PERL_UNICODE

Equivalent to the -C command-line switch. Note that this is not a boolean variable. Setting this to "1" is not the right way to "enable Unicode" (whatever that would mean). You can use "0" to "disable Unicode", though (or alternatively unset PERL_UNICODE in your shell before starting Perl). See the description of the -C switch for more information.

-C コマンドラインスイッチと等価です。 これは真偽値変数ではないことに注意してください。 これを "1" にセットすることは(どんな意味においても)「Unicode を 有効にする」ための正しい方法ではありません。 しかし、「Unicode を無効にする」ために "0" をセットすることは出来ます (あるいは Perl の起動前にあなたのお使いのシェルで PERL_UNICODE を 未設定にすることでも出来ます)。 さらなる情報については -C スイッチの説明を参照してください。

SYS$LOGIN (specific to the VMS port)

Used if chdir has no argument and HOME and LOGDIR are not set.

chdir の引数がなく、HOME と LOGDIR がセットされていないときに使われます。

Perl also has environment variables that control how Perl handles data specific to particular natural languages; see perllocale.

特定の自然言語に特有のデータを Perl がどのように扱うかを制御する 環境変数もあります; perllocale を参照して下さい。

Perl and its various modules and components, including its test frameworks, may sometimes make use of certain other environment variables. Some of these are specific to a particular platform. Please consult the appropriate module documentation and any documentation for your platform (like perlsolaris, perllinux, perlmacosx, perlwin32, etc) for variables peculiar to those specific situations.

Perl および様々なモジュールと、テストフレームワークを含む構成要素は、 ときどきその他の特定の環境変数を使うかもしれません。 その一部は特定のプラットフォームに固有です。 そのような特定の状況に特有の変数については適切なモジュールの文書と (perlsolaris, perllinux, perlmacosx, perlwin32 などのような) プラットフォームの文書を参照してください。

Perl makes all environment variables available to the program being executed, and passes these along to any child processes it starts. However, programs running setuid would do well to execute the following lines before doing anything else, just to keep people honest:

Perl は、実行されたプログラムへの全ての環境変数を利用可能にし、 子プロセスが開始されたときにはそれらを渡します。 しかし、setuid で動作するプログラムは何かをする前に、単に人々に変な気を 起こさせないために以下のコードを入れておくのがよいです。

    $ENV{PATH}  = "/bin:/usr/bin";    # or whatever you need
    $ENV{SHELL} = "/bin/sh" if exists $ENV{SHELL};
    delete @ENV{qw(IFS CDPATH ENV BASH_ENV)};