perl-5.24.1
shift ARRAY
shift

Shifts the first value of the array off and returns it, shortening the array by 1 and moving everything down. If there are no elements in the array, returns the undefined value. If ARRAY is omitted, shifts the @_ array within the lexical scope of subroutines and formats, and the @ARGV array outside a subroutine and also within the lexical scopes established by the eval STRING, BEGIN {}, INIT {}, CHECK {}, UNITCHECK {}, and END {} constructs.

配列の最初の値を取り出して、その値を返し、配列を一つ短くして、すべての要素を 前へずらします。 配列に要素がなければ、未定義値を返します。 ARRAY を省略すると、サブルーチンやフォーマットのレキシカルスコープでは @_ を、サブルーチンの外側で、eval STRING, BEGIN {}, INIT {}, CHECK {}, UNITCHECK {}, END {} で作成された レキシカルスコープでは @ARGV が用いられます。

Starting with Perl 5.14, an experimental feature allowed shift to take a scalar expression. This experiment has been deemed unsuccessful, and was removed as of Perl 5.24.

Perl 5.14 から、shift がスカラ式を取ることが出来るという 実験的機能がありました。 この実験は失敗と見なされ、Perl 5.24 で削除されました。

See also unshift, push, and pop. shift and unshift do the same thing to the left end of an array that pop and push do to the right end.

unshiftpushpop も参照してください。 shiftunshift は、 poppush が配列の右端で 行なうことを、左端で行ないます。