perl584delta - what is new for perl v5.8.4

perl584delta - perl v5.8.4 での変更点


This document describes differences between the 5.8.3 release and the 5.8.4 release.

このドキュメントは 5.8.3 リリースと 5.8.4 リリースの変更点を記述しています。


Many minor bugs have been fixed. Scripts which happen to rely on previously erroneous behaviour will consider these fixes as incompatible changes :-) You are advised to perform sufficient acceptance testing on this release to satisfy yourself that this does not affect you, before putting this release into production.

多くの細かいバグが修正されました。以前の間違った振る舞いに偶然にも 依存していたスクリプトはこれら修正が互換性のない変更と 考えるかもしれません:-)。このリリースを製品に組み入れる前に、 バグ修正が影響を与えないことを確認するために十分な受け入れテストを することをお勧めします。

The diagnostic output of Carp has been changed slightly, to add a space after the comma between arguments. This makes it much easier for tools such as web browsers to wrap it, but might confuse any automatic tools which perform detailed parsing of Carp output.

Carp の診断出力がわずかに変更され、引数の間のカンマの後にスペースが 追加されました。これにより web ブラウザのようなツールが自動折り返しを 行うのがとても容易になりましたが、Carp の出力を詳細にパースする自動ツールを 混乱させるかもしれません。

The internal dump output has been improved, so that non-printable characters such as newline and backspace are output in \x notation, rather than octal. This might just confuse non-robust tools which parse the output of modules such as Devel::Peek.

内部ダンプ出力は改良され、改行やバックスペースと言った表示できない文字は 8 進数表記ではなく \x 表記になりました。 これは Devel::Peek といったモジュールの出力をパースする堅牢でない ツールを混乱させるかもしれません。

Core の拡張

Malloc wrapping

Perl can now be built to detect attempts to assign pathologically large chunks of memory. Previously such assignments would suffer from integer wrap-around during size calculations causing a misallocation, which would crash perl, and could theoretically be used for "stack smashing" attacks. The wrapping defaults to enabled on platforms where we know it works (most AIX configurations, BSDi, Darwin, DEC OSF/1, FreeBSD, HP/UX, GNU Linux, OpenBSD, Solaris, VMS and most Win32 compilers) and defaults to disabled on other platforms.

異常に大きなメモリブロックを確保しようとするのを検出するように ビルドできるようになりました。以前はこのような確保はサイズ計算時に 整数が桁あふれして間違った割り当てを引き起こしました。 これは perl をクラッシュさせ、理論的には「スタック破壊」攻撃に利用できました。 ラッピングのデフォルトは、これが動作すると知っているプラットフォーム (AIX のほとんどの設定, BSDi, Darwin, DEC OSF/1, FreeBSD, HP/UX, GNU Linux, OpenBSD, Solaris, VMS, ほとんどの Win32 コンパイラ)では有効、 それ以外のプラットフォームではデフォルトでは無効になっています。

Unicode Character Database 4.0.1

The copy of the Unicode Character Database included in Perl 5.8 has been updated to 4.0.1 from 4.0.0.

Perl 5.8 に含まれている Unicode Character Database は 4.0.0 から 4.0.1 に 更新されました。

suidperl less insecure

Paul Szabo has analysed and patched suidperl to remove existing known insecurities. Currently there are no known holes in suidperl, but previous experience shows that we cannot be confident that these were the last. You may no longer invoke the set uid perl directly, so to preserve backwards compatibility with scripts that invoke #!/usr/bin/suidperl the only set uid binary is now sperl5.8.n (sperl5.8.4 for this release). suidperl is installed as a hard link to perl; both suidperl and perl will invoke sperl5.8.4 automatically the set uid binary, so this change should be completely transparent.

Paul Szabo は suidperl を解析し、知られている脆弱性を取り除くための パッチを当てました。現在のところ suidperl に知られている脆弱性は ありませんが、過去の経験から言うと、これがずっと続く自信はありません。 もはや set uid された perl を直接起動することはなく、 #!/usr/bin/suidperl を起動するスクリプトの過去互換性を維持するための 唯一の set uid されたバイナリは sperl5.8.n です このリリースでは(sperl5.8.4)。 suidperlperl のハードリンクとしてインストールされます; suidperlperl は両方とも set uid されたバイナリである sperl5.8.4を起動します。従ってこの変更は完全に透過のはずです。

For new projects the core perl team would strongly recommend that you use dedicated, single purpose security tools such as sudo in preference to suidperl.

新しいプロジェクトのためには、suidperl よりむしろ、sudoのような専用で 単一目的のセキュリティツールを使うことをコア perl チームは強く勧めます。


In addition to bug fixes, format's features have been enhanced. See perlform

バグ修正に加えて、format の機能が拡張されました。 perlform を参照して下さい。


The (mis)use of /tmp in core modules and documentation has been tidied up. Some modules available both within the perl core and independently from CPAN ("dual-life modules") have not yet had these changes applied; the changes will be integrated into future stable perl releases as the modules are updated on CPAN.

コアモジュールとドキュメントでの /tmp の(誤)使用は整理されました。 Perl コア内と独立した CPAN と両方に存在するモジュール ("dual-life modules")ではまだこれらの変更は適用されていません。 変更は CPAN のモジュールが更新された時点で将来の安定版リリースの perl に 統合されます。



There is experimental support for Linux abstract Unix domain sockets.

Linux 抽象 Unix ドメインソケットに実験的に対応しました。


Synced with its CPAN version 2.10

CPAN バージョン 2.10 と同期しました。


syslog() can now use numeric constants for facility names and priorities, in addition to strings.

syslog() はファシリティ名と優先度の指定に、文字列に加えて数値定数も 使用可能になりました。


Win32.pm/Win32.xs has moved from the libwin32 module to core Perl

Win32.pm/Win32.xs は libwin32 モジュールからコア Perl に移動しました。


Detached threads are now also supported on Windows.

detach されたスレッドが Windows でも対応されました。



  • Accelerated Unicode case mappings (/i, lc, uc, etc).

    Unicode 大文字/小文字マッピング(/i, lc, ucなど)が 高速化されました。

  • In place sort optimised (eg @a = sort @a)

    その場でのソート (@a = sort @a)が最適化されました。

  • Unnecessary assignment optimised away in


      my $s = undef;
      my @a = ();
      my %h = ();
  • Optimised map in scalar context

    スカラコンテキストでの map が最適化されました。


The Perl debugger (lib/perl5db.pl) can now save all debugger commands for sourcing later, and can display the parent inheritance tree of a given class.

Perl デバッガ (lib/perl5db.pl) は後で利用するために全てのデバッガコマンドを 保存できるようになり、また与えられたクラスの親継承木を表示できるように なりました。


The build process on both VMS and Windows has had several minor improvements made. On Windows Borland's C compiler can now compile perl with PerlIO and/or USE_LARGE_FILES enabled.

VMS と Windows でのビルドプロセスはいくつか細かい改良が行われました。 Windows Borland C コンパイラで、PerlIO と USE_LARGE_FILES を有効にして コンパイルできるようになりました。

perl.exe on Windows now has a "Camel" logo icon. The use of a camel with the topic of Perl is a trademark of O'Reilly and Associates Inc., and is used with their permission (ie distribution of the source, compiling a Windows executable from it, and using that executable locally). Use of the supplied camel for anything other than a perl executable's icon is specifically not covered, and anyone wishing to redistribute perl binaries with the icon should check directly with O'Reilly beforehand.

Windows の perl.exe は「ラクダ」ロゴアイコンを持つようになりました。 Perl に関してラクダを使うことは O'Reilly and Associates Inc. の商標であり、 その許可の基に使用(ソースの配布、そこからの Windows 実行ファイルの コンパイル、その実行ファイルのローカルでの使用)しています。 perl の実行ファイルのアイコンとして以外のこのラクダの使用については 含まれていないので、このアイコンと 共に perl バイナリを再配布したい人は 予め O'Reilly に直接確認するべきです。

Perl should build cleanly on Stratus VOS once more.

Perl は Stratus VOS でもう一度クリーンにビルドできるべきです。


More utf8 bugs fixed, notably in how chomp, chop, send, and syswrite and interact with utf8 data. Concatenation now works correctly when use bytes; is in scope.

より多くの utf8 バグが修正されました。特に chomp, chop, send, syswrite と utf8 データとの相互作用が 修正されました。use bytes;スコープ内での文字連結が正しく 働くようになりました。

Pragmata are now correctly propagated into (?{...}) constructions in regexps. Code such as

プラグマが正規表現の (?{...}) 構造の中に正しく伝播するようになりました。

   my $x = qr{ ... (??{ $x }) ... };

will now (correctly) fail under use strict. (As the inner $x is and has always referred to $::x)

のようなコードは use strict の環境では(正しく)失敗します (内部の $x は常に $::x として扱われるからです)。

The "const in void context" warning has been suppressed for a constant in an optimised-away boolean expression such as 5 || print;

「無効コンテキストでの定数」警告は 5 || print; のような、 最適化によって除去される真偽値表現での定数に関しては 抑制されるようになりました。

perl -i could fchmod(stdin) by mistake. This is serious if stdin is attached to a terminal, and perl is running as root. Now fixed.

ミスにより、perl -ifchmod(stdin) できるようになっていました。 これは標準入力が端末に接続され、perl が root で実行されているときに 重大な問題でした。この問題は修正されました。


Carp and the internal diagnostic routines used by Devel::Peek have been made clearer, as described in "Incompatible Changes"

CarpDevel::Peek で用いられている内部診断ルーチンは "Incompatible Changes" で記述されているようにより明確になりました。


Some bugs have been fixed in the hash internals. Restricted hashes and their place holders are now allocated and deleted at slightly different times, but this should not be visible to user code.

ハッシュの内部表現に関するいくつかのバグが修正されました。 制限ハッシュとそのプレースホルダは少し異なるタイミングで割り当て及び 削除されますが、これはユーザーコードからは見えないはずです。


Code freeze for the next maintenance release (5.8.5) will be on 30th June 2004, with release by mid July.

次のメンテナンスリリース(5.8.5)は 2004 年 6 月 30 日にコードフリーズされ、 7 月中旬までにリリースされる予定です。


This release is known not to build on Windows 95.

このリリースは Windows 95 ではビルドできないことがわかっています。

Reporting Bugs

If you find what you think is a bug, you might check the articles recently posted to the comp.lang.perl.misc newsgroup and the perl bug database at http://bugs.perl.org. There may also be information at http://www.perl.org, the Perl Home Page.

もしバグと思われるものが見つかったら、 comp.lang.perl.misc ニュースグループに 最近投稿された記事や http://bugs.perl.org にある perl バグデータベースを 確認してください。 Perl ホームページ、http://www.perl.org にも情報があります。

If you believe you have an unreported bug, please run the perlbug program included with your release. Be sure to trim your bug down to a tiny but sufficient test case. Your bug report, along with the output of perl -V, will be sent off to perlbug@perl.org to be analysed by the Perl porting team. You can browse and search the Perl 5 bugs at http://bugs.perl.org/

もしまだ報告されていないバグだと確信したら、そのリリースに含まれている perlbug プログラムをを実行してください。 バグの再現スクリプトを十分小さく、しかし有効なコードに切りつめることを 意識してください。バグレポートは perl -V の出力と一緒に perlbug@perl.org に送られ Perl porting チームによって解析されます。 Perl 5 のバグについては http://bugs.perl.org/ で閲覧及び 検索することができます。


The Changes file for exhaustive details on what changed.

Changes ファイルに変更点の完全な詳細があります。

The INSTALL file for how to build Perl.

INSTALL ファイルに Perl のビルド方法があります。

The README file for general stuff.

README ファイルに一般的なことがあります。

The Artistic and Copying files for copyright information.

Artistic 及び Copying ファイルに著作権情報があります。