名前

perldelta - what is new for perl v5.14.1

perldelta - perl v5.14.1 での変更点

説明

This document describes differences between the 5.14.0 release and the 5.14.1 release.

この文書は 5.14.0 リリースと 5.14.1 リリースの変更点を記述しています。

If you are upgrading from an earlier release such as 5.12.0, first read perl5140delta, which describes differences between 5.12.0 and 5.14.0.

5.12.0 のような以前のリリースから更新する場合は、まず 5.12.0 と 5.14.0 の 違いについて記述している perl5140delta を読んでください。

コアの拡張

No changes since 5.14.0.

5.14.0 からの変更点はありません。

セキュリティ

No changes since 5.14.0.

5.14.0 からの変更点はありません。

互換性がなくなる変更

There are no changes intentionally incompatible with 5.14.0. If any exist, they are bugs and reports are welcome.

故意に、5.14.0 から互換性がなくなるようにした変更はありません。 もし 5.14.0 との互換性がなければ、それはバグですので、 どうか報告してください。

廃止予定

There have been no deprecations since 5.14.0.

5.14.0 以降に廃止予定になったものはありません。

モジュールとプラグマ

新しいモジュールとプラグマ

None

なし

更新されたモジュールとプラグマ

  • B::Deparse has been upgraded from version 1.03 to 1.04, to address two regressions in Perl 5.14.0:

    B::Deparse はバージョン 1.03 から 1.04 に更新され、Perl 5.14.0 での 二つの退行が修正されました:

    Deparsing of the glob operator and its diamond (<>) form now works again. [perl #90898]

    glob 演算子とそのダイヤモンド (<>) 形式の逆パースが再び 動作するようになりました。[perl #90898]

    The presence of subroutines named :::: or :::::: no longer causes B::Deparse to hang.

    :::::::::: という名前のサブルーチンがあっても B::Deparse が ハングアップしなくなりました。

  • Pod::Perldoc has been upgraded from version 3.15_03 to 3.15_04.

    Pod::Perldoc はバージョン 3.15_03 から 3.15_04 に更新されました。

    It corrects the search paths on VMS. [perl #90640]

    これは VMS での検索パスを修正します。[perl #90640]

削除されたモジュールとプラグマ

None

なし

文書

新しい文書

None

なし

既存の文書の変更

perlfunc

  • given, when and default are now listed in perlfunc.

    given, when and defaultperlfunc に記載されました。

  • Documentation for use now includes a pointer to if.pm.

    use の文書に if.pm へのポインタが含まれるようになりました。

perllol

  • perllol has been expanded with examples using the new push $scalar syntax introduced in Perl 5.14.0.

    perllol は、Perl 5.14.0 で導入された新しい push $scalar 文法を 使った例が追加されました。

perlop

  • The explanation of bitwise operators has been expanded to explain how they work on Unicode strings.

    ビット単位演算子の説明は、Unicode 文字列に対してどのように動作するかの 説明が追加されました。

  • The section on the triple-dot or yada-yada operator has been moved up, as it used to separate two closely related sections about the comma operator.

    3 ドット(ヤダヤダ)演算子の節は強く関連しているカンマ演算子に関する節と 離れていたので、上に移動しました。

  • More examples for m//g have been added.

    m//g に関するさらなる例が追加されました。

  • The <<\FOO here-doc syntax has been documented.

    <<\FOO ヒヤドキュメント文法が追加されました。

perlrun

  • perlrun has undergone a significant clean-up. Most notably, the -0x... form of the -0 flag has been clarified, and the final section on environment variables has been corrected and expanded.

    perlrun は大幅に整理されました。 最も注目するべき所は、-0 フラグの -0x... 形式が明確化され、 環境変数の最後の節が修正、拡張されました。

POSIX

  • The invocation documentation for WIFEXITED, WEXITSTATUS, WIFSIGNALED, WTERMSIG, WIFSTOPPED, and WSTOPSIG was corrected.

    WIFEXITED, WEXITSTATUS, WIFSIGNALED, WTERMSIG, WIFSTOPPED, WSTOPSIG の起動文書が修正されました。

診断メッセージ

The following additions or changes have been made to diagnostic output, including warnings and fatal error messages. For the complete list of diagnostic messages, see perldiag.

以下の追加や変更が、警告や致命的エラーメッセージ含む診断出力に行われました。 完全な診断メッセージの一覧については、perldiag を参照してください。

新しい診断メッセージ

None

なし

既存の診断メッセージの変更

None

なし

ツールの変更

None

なし

設定とコンパイル

  • regexp.h has been modified for compatibility with GCC's -Werror option, as used by some projects that include perl's header files.

    regexp.h は perl のヘッダファイルを含むいくつかのプロジェクトで 使われている GCC の -Werror オプションとの互換性のために修正されました。

テスト

  • Some test failures in dist/Locale-Maketext/t/09_compile.t that could occur depending on the environment have been fixed. [perl #89896]

    dist/Locale-Maketext/t/09_compile.t のテストのいくつかが環境に依存して 失敗する問題が修正されました。[perl #89896]

  • A watchdog timer for t/re/re.t was lengthened to accommodate SH-4 systems which were unable to complete the tests before the previous timer ran out.

    t/re/re.t のための監視タイマが、以前のタイマが終了する前にテストを 完了することができない SH-4 システムに対応するために、延長されました。

プラットフォーム対応

新しいプラットフォーム

None

なし

中断したプラットフォーム

None

なし

プラットフォーム固有の注意

Solaris

  • Documentation listing the Solaris packages required to build Perl on Solaris 9 and Solaris 10 has been corrected.

    Solaris 9 と Solaris 10 で Perl をビルドするために必要な Solaris パッケージの一覧が修正されました。

Mac OS X

  • The lib/locale.t test script has been updated to work on the upcoming Lion release.

    lib/locale.t テストスクリプトが、今度の Lion リリースで動作するように 更新されました。

  • Mac OS X specific compilation instructions have been clarified.

    Mac OS X 固有のコンパイル手順が明確化されました。

Ubuntu Linux

  • The ODBM_File installation process has been updated with the new library paths on Ubuntu natty.

    ODBM_File インストール処理は、Ubuntu natty の新しいライブラリパスに 更新されました。

内部の変更

  • The compiled representation of formats is now stored via the mg_ptr of their PERL_MAGIC_fm. Previously it was stored in the string buffer, beyond SvLEN(), the regular end of the string. SvCOMPILED() and SvCOMPILED_{on,off}() now exist solely for compatibility for XS code. The first is always 0, the other two now no-ops.

    フォーマットのコンパイル表現は PERL_MAGIC_fm の mg_ptr 経由で 保管されるようになりました。 以前は通常の文字列の末尾である SvLEN() の向こうの文字列バッファに 保管されていました。 SvCOMPILED() と SvCOMPILED_{on,off}() は XS コードとの互換性のためだけに 存在するようになりました。 最初は常に 0、後の二つは何もしなくなりました。

バグ修正

  • A bug has been fixed that would cause a "Use of freed value in iteration" error if the next two hash elements that would be iterated over are deleted. [perl #85026]

    反復される次の二つのハッシュ要素が削除されたときに "Use of freed value in iteration" エラーが出るバグが修正されました。 [perl #85026]

  • Passing the same constant subroutine to both index and formline no longer causes one or the other to fail. [perl #89218]

    同じ定数サブルーチンを indexformline の両方に渡してもどちらかが 失敗しなくなりました。[perl #89218]

  • 5.14.0 introduced some memory leaks in regular expression character classes such as [\w\s], which have now been fixed.

    5.14.0 では、[\w\s] のような正規表現文字クラスでメモリリークを 起こしていましたが、これは修正されました。

  • An edge case in regular expression matching could potentially loop. This happened only under /i in bracketed character classes that have characters with multi-character folds, and the target string to match against includes the first portion of the fold, followed by another character that has a multi-character fold that begins with the remaining portion of the fold, plus some more.

    正規表現マッチングでのエッジケースではループになる可能性がありました。 これは /i が適用されている状況下でのマルチ文字を畳み込んでいる 大かっこの文字クラスで、マッチングするターゲット文字列に畳み込まれる 一つ目の要素に引き続いて畳み込みの残りの部分から始まるようなもう一つの マルチ文字畳み込み文字が続いている場合にのみ起こります。

     "s\N{U+DF}" =~ /[\x{DF}foo]/i

    is one such case. \xDF folds to "ss".

    はそのようなケースの一つです。 \xDF"ss" に畳み込みます。

  • Several Unicode case-folding bugs have been fixed.

    いくつかの Unicode の大文字小文字の畳み込みのバグが修正されました。

  • The new (in 5.14.0) regular expression modifier /a when repeated like /aa forbids the characters outside the ASCII range that match characters inside that range from matching under /i. This did not work under some circumstances, all involving alternation, such as:

    (5.14.0 からの) 新しい正規表現修飾子 /a/aa のように繰り返すと ASCII の範囲外の文字で /i の基では範囲内の文字とマッチングする文字を 禁止します。 これは、以下のような、全ての選択を含むある種の状況では動作しませんでした:

     "\N{KELVIN SIGN}" =~ /k|foo/iaa;

    succeeded inappropriately. This is now fixed.

    これは間違って成功していました。 これは修正されました。

  • Fixed a case where it was possible that a freed buffer may have been read from when parsing a here document.

    ヒヤドキュメントをパースするときに解放されたバッファから読み込めることが あったケースを修正しました。

Acknowledgements

Perl 5.14.1 represents approximately four weeks of development since Perl 5.14.0 and contains approximately 3500 lines of changes across 38 files from 17 authors.

Perl 5.14.1 は、Perl 5.14.0 以降、17 人の作者とコミッタによって、 38 のファイルに約 3500 行の変更を加えて、 約 4 週間開発されてきました。

Perl continues to flourish into its third decade thanks to a vibrant community of users and developers. The following people are known to have contributed the improvements that became Perl 5.14.1:

Perl は、活気のあるユーザーと開発者のコミュニティのおかげで 20 年を超えて繁栄しています。 以下の人々が、Perl 5.14.1 になるための改良に貢献したことが 分かっています:

Bo Lindbergh, Claudio Ramirez, Craig A. Berry, David Leadbeater, Father Chrysostomos, Jesse Vincent, Jim Cromie, Justin Case, Karl Williamson, Leo Lapworth, Nicholas Clark, Nobuhiro Iwamatsu, smash, Tom Christiansen, Ton Hospel, Vladimir Timofeev, and Zsbán Ambrus.

Reporting Bugs

If you find what you think is a bug, you might check the articles recently posted to the comp.lang.perl.misc newsgroup and the perl bug database at http://rt.perl.org/perlbug/ . There may also be information at http://www.perl.org/ , the Perl Home Page.

もしバグと思われるものを見つけたら、comp.lang.perl.misc ニュースグループに 最近投稿された記事や http://rt.perl.org/perlbug/ にある perl バグ データベースを確認してください。 Perl ホームページ、http://www.perl.org/ にも情報があります。

If you believe you have an unreported bug, please run the perlbug program included with your release. Be sure to trim your bug down to a tiny but sufficient test case. Your bug report, along with the output of perl -V, will be sent off to perlbug@perl.org to be analysed by the Perl porting team.

もしまだ報告されていないバグだと確信したら、そのリリースに含まれている perlbug プログラムを実行してください。 バグの再現スクリプトを十分小さく、しかし有効なコードに切りつめることを 意識してください。 バグレポートは perl -V の出力と一緒に perlbug@perl.org に送られ Perl porting チームによって解析されます。

If the bug you are reporting has security implications, which make it inappropriate to send to a publicly archived mailing list, then please send it to perl5-security-report@perl.org. This points to a closed subscription unarchived mailing list, which includes all the core committers, who be able to help assess the impact of issues, figure out a resolution, and help co-ordinate the release of patches to mitigate or fix the problem across all platforms on which Perl is supported. Please only use this address for security issues in the Perl core, not for modules independently distributed on CPAN.

もし報告しようとしているバグがセキュリティに関するもので、公開されている メーリングリストに送るのが不適切なものなら、 perl5-security-report@perl.org に送ってください。 このアドレスは、問題の影響を評価し、解決法を見つけ、Perl が対応している 全てのプラットフォームで問題を軽減または解決するパッチをリリースするのを 助けることが出来る、全てのコアコミッタが参加している非公開の メーリングリストになっています。 このアドレスは、独自に CPAN で配布されているモジュールではなく、 Perl コアのセキュリティ問題だけに使ってください。

SEE ALSO

The Changes file for an explanation of how to view exhaustive details on what changed.

変更点の完全な詳細を見る方法については Changes ファイル。

The INSTALL file for how to build Perl.

Perl のビルド方法については INSTALL ファイル。

The README file for general stuff.

一般的なことについては README ファイル。

The Artistic and Copying files for copyright information.

著作権情報については Artistic 及び Copying ファイル。